❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いても泣いても寂しくて壊れそうなのに。(ライブのご報告2/2)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆





前回の記事は 
12日に更新しました。



「最後かもしれない」

と言う覚悟と 


見えない明日と 


「どうかもう一度」と

願い想込めて 


これ以上詰め込めない位の
想いを込めて 


遂げたライブの
ご報告を書かせて頂きました。


【涙が止まらない今日に思い知る置いてきぼり。(ライブのご報告1/2)(2017.2.12)」】






そこでお伝えしました。


その記事には続きがある事を。


いつも
沢山のライブ写真を残して下さった
まささんが 

今回も沢山写して下さった写真を 

ここでご紹介させて頂きたくて 

共演頂いたHAT TREATさんの写真も
ご覧頂きたくて。



そして 


今回のステージでの
セットリストも
きちんとご紹介しておきたくて。



次回に続くとお伝えしておりました。



その

「次回」は 

出来れば 
前回の記事の翌日にでもと思って居りました。


そう信じてお待ち下さった皆さま
ごめんなさい。



自分が思って居た以上に 

身体にも心にも
ダメージが大きくて 


言の葉を紡いで
画像を選択する
チカラが足りませんでした。



やっと今日 

その「次」の記事を更新させて頂きます。





2017年の2月11日
【Live Space 「音(オン)」】さんにて開催された「月下陽香&井上タイキ ・ HAT TREAT ツーマンライブ」。



開店から次々とお客さまがご来店下さり 
ライブのスタート前から会場は賑やかでした。


お料理も評判の音さんでは 
皆さま
スタート前から
お飲み物だけではなくお料理もお楽しみ下さって 

初対面のお客様同士も
仲良くご飲食下さって居て 

その光景がとてもうれしく思えました。



いつもご来店下さる方々も 
お久しぶりの方も 

皆さま
わいわいと 
笑顔でご飲食下さって居て 


後ろからそれを眺めていると 
とても安心をしました。



私はまた
こんな光景を見る事が出来るのかな…


今日をご一緒下さる方々を
一生忘れないで残りを生きたい。



そう思いました。









この日のライブは
HAT TREATさんのステージで始まりました。


始まって直ぐに
まずは今の内にと
急いで上の階の控室に着替えに上がりましたが 
お客さまの歓声がそこまで届きました。

さすがです!

ご一緒下さる方々が
HAT TREATさんで本当に良かった。

会場の熱気が伝わってくるのです。


急いで着替えて会場に行けばやっぱり☆


もう皆さまノリノリで楽しそうなんです。
皆さまが楽しそうなんです。


月下陽香では 
お客さまを
こんな風に楽しませることは絶対に出来ません。












会場の一番後ろから観ていると 
ハットさんが弾けるほどに 
お客さまの肩が揺れる 
髪が揺れる 
手拍子が始まる。


お馴染みさんも 
はじめましての方も関係ないんです。


みんなが平等に楽しいのです。

それって誰にも出来る事では無いんです。



人気のある方々は沢山居らっしゃいます。

でも 
こんなふうに 
そこに居るみんなが
それぞれに楽しいステージを魅せられるミュージシャンは 
少ないと思います。



HAT TREATさんは 

月下陽香にとって 

大きな大きな憧れで在り 
尊敬する方で在り 
大ファンでも在る方です。


私は幸せやと思いながら観覧しました。






HAT TREATさんのステージで 
温まった会場で 

後半にステージに立つのは


月下陽香と井上タイキ。



つい先ほどまで 
ノリノリで手拍子してた空気が
一気に落っこちます(笑)


月下陽香ですから。


手拍子が必要な楽曲もありません。


そう。


月下陽香ですから・・・(謝)





ライブの翌々日にね 

頑張って 観たんです。

この日を映して居たビデオ。


いっぱい泣いて観たんです。




やっぱりね 

私は
始まりからいっぱいいっぱい過ぎてました。



でもね 
観て思いました。



あの時の私は 

始まりの 

ステージに向かう何秒かが 
数分に感じてたんですね。


とてもとても長く感じて 
焦りに押されました。


始まれば 
余りにもあっという間に思えて。


悲しみはどんどんと胸に重なりゆくのですが 

ビデオを観れば
それなりの時間の経過が在った事がわかりました。




何を話して居るのかわからなくなって 

記憶は空白でしたが 


自分が心配していたよりは
まだ 
いつもの月下陽香に近い雰囲気での 

最低限の流れは
保てて居たかも知れないと 


これだけは少し安心しました。




動画は
整理してからYouTubeにアップしますね。


ライブ後も
ずっと
電源が切れるまで録り続けて居たので 


ご来場くださった沢山の方々が写っているまんまなので 


ライブだけに整理してから 
その分だけアップします。





今回のライブで演奏する楽曲を選ぶに当たり 

私は
沢山の諦めを繰り返しました。



どうしても
もう一度歌っておきたいと
思う楽曲が在りました。




月下陽香は

自身のオリジナル楽曲を掲げて活動してきました。



私は

私の歌に

私のイキザマを
注ぎ捧げて

表現をしてきました。




私の歌は私の人生でした。



全てが現実でした。


実体験しか歌いませんでした。



私が
月下陽香のステージで 

未経験の事を

わかったふりして歌った事もありませんし 


人の表現を盗んで

利用した事もありませんでした。



もちろん

最後まで 


月下陽香は
月下陽香として晒すものしか
選ばないと決めて居ました。



でも。


もう一度歌っておきたかった楽曲の
いくつもを諦めました。



繰り返し過ぎた
顎の手術で

思うように動かない顔 


持病の悪化で
思うように吸い込めない息。




見苦しく
聴き苦しく
のた打ち回る歌は
見せたくありません。


そんな姿は

見られたくないのです。



現状で 

たとえギリギリでも 

最低限
きちんと歌える物しか 

見せたくはありません。



それは絶対的な答えでした。



なんやかんや言うても元気そうやんかって
言って貰える

月下陽香を見せて居たいのです。

魅せて居たいのです。






だから
諦めたけれど 


歌いたかった楽曲のワンフレーズを 

ステージまで
歩きながら 口ずさみました。


最後まで諦めの悪い女なんです。



「垂れ流しの偏在は 熟れた嘆きとうたうたい」


ファーストアルバムにも
セカンドアルバムにも
収録した楽曲でした。





井上タイキが待ってくれているステージに上がり 
1曲目は「モザイク」。



この楽曲はよく 
セクシーなエッチな歌と間違われました(笑)。


始まりの歌詞も

「もしも私が明日死んだなら 私の骨はあんたが食べてね」

ですもんね。


サビでは

「その指を絡ませて 同じ所へ出させて」

「その指でかき混ぜて 何度でもイカせて」

って歌詞ですもんね。


エッチなサイトにも貼り付けられてました。

どないやねん・・・ね(笑)



まぁ
そんな誤解をされるだろう事も狙ってましたが 



もともとは

「雌雄モザイク」

から描いた世界でした。



同じひとつの体の中に
雄と雌のふたつの性を持ちながら 

いつも一緒なのに

決して結ばれはしない上に 

他の何かとも交われない悲しみを

表現して居ました。





2曲目は「浮草情火」。



かつて長い年月を
水商売の世界で生きて居た私が

出会った
数え切れないホステスさん達の中で 


強烈に記憶に残る3人を浮かべて
描きながら 

己の不足と重ねた楽曲です。





3曲目は

「月は陽に焦がれ」。


セカンドアルバムにも収録した楽曲です。


大阪に私は逃げて来ました。

色んな事があって逃げて来ました。



私には
帰る場所が無かったから 
逃げて来る事が出来ました。



いつも孤独だったけど 

だから
その時の自由を選択できました。


でも

結局はね 


逃げて来てん。



それを告白した想いの詰まる楽曲でした。







4曲目は「さくら」。





今回のライブに当たり 
歌いたかった楽曲をいくつも諦めた中で 

求めた歌でした。


もう一度歌いたかったと
10年前に思い 
捻じ伏せた歌でした。



諦めを重ねる中で 
ギリギリ過ぎるチャレンジをしました。


相棒さんが奏でて下さいました。





これでもかって勢いで 

これまでのライブでも
何度も撒いて来た花びらを
散らしました。


ごめんねマスターって
ちょいと思いながら。


うりゃーっと

ひらひら


撒き散らし。







ステージの後 


私がバタバタして居る間に 

何人もの人たちが
拾い集めて
片付けて下さって居た全てが 

撮りっぱなしのビデオに収められて居ました。



みんなやさしいや。。


また泣いちゃったし。



私は
いっつもみんなに助けて貰ってる。



本当に助けてくれてる人達は 
それを主張しないの。

言わないの。
いつも。


自分がやってあげたよって
言わないんだ。


やってくれてるのに 

一々言わないの。


そういうのがすごくね 

改めてわかった。








拾ってくれてた人達 
誰一人 
言わなかった。


拾っといたよとか 

言わなかった。



当たり前みたいに
集めて片付けてくれてた。



また使えるように 
月下陽香のステージのお道具箱に 
きれいに入れてくれてました。





5曲目は「アゲハ蝶」。



月下陽香は
この数年は 
井上タイキにだけ奏でて頂いて来ました。



そこに行き着くまでは 

模索して悩んで無理して
やってみて失敗して
苦しんで壊れて。


そんな繰り返しでした。




すごく苦しかった夏に 


体調も最悪で 
自転車もこげなくて。


杖代わりみたいに自転車を押しながら 

焼け付けるようなアスファルトの反射を
痛く感じながら 

少しずつ歩いて居た時に 


足元に居た
擦り切れたアゲハ蝶の抜殻。


そこに重ねた想いが歌となり 


近年はよく歌って居た楽曲でした。





6曲目は「許されて在る。」。





この楽曲は
ファーストアルバムに収録したのに 

ステージで歌った回数は

とても少なかったんです。



でもね 
これを出した後ね 


相棒さんが 

この曲聴くと何だか泣けるって
言ってくれたのは覚えてます。

彼はもう忘れたかもやけどね(笑)



前回のステージで
改めて歌おうと思って。


今回も選びました。



YouTubeにアップしたら 

MCでは
それについてお話しているので 
ご覧ください。





7曲目は「伝えたい事」。


これはもう
長く歌って居ませんでした。



最後にステージで歌ったのは
何年前だったんだろうか…。



何年か前まで 
まだ
可愛い感じでの演出をして
歌う事にしていた歌でした。


私的には
珍しく

ラブソングのつもりの歌詞の歌です。


私の中にも
これでも存在する 


きっと
可愛らしいだろう気持ちや 
求める感情を 
綴った楽曲です。



セカンドアルバムにも収録した楽曲。



君にも伝えたい
「キレイだね…素敵だね…」。

君にだけは伝わって欲しい
「ほんとはね…ずるいんだ…」。



かつて。

この歌詞を書いた時 

私の中には 
背の高い 
心の細い 
私には優しくて 
不器用で孤独な 
大切な男性の姿が在りました。





8曲目。


きっとね。

皆さまがアンコールを下さる事はわかって居たのです。



都合良いよね。

でもね。
HAT TREATさんがご一緒です。


彼らは
共演者をほったらかしになんてしない方々です。



だから甘えて向かってました。

頂けると信じて居たから。


それを踏まえて
セットリストを悩んで選びました。


ずるいでしょ?



でも
一応は
主催で踏ん張っても来たイベントなので 

それは許して下さいね。





この8曲目に選んだのは 

現時点最後のCDに収録した

「癒え待ち野バラ」。



この収録は
本当に過酷でした。


持病の悪化への自覚が日々強まる恐怖と 


そして 
この頃は 

大事な大事な我が子の命が
いよいよ召されるのであろう
ギリギリに立たされていたから 

何か月も
仮眠で繋いで居た過労と。



もうボロボロでした。

身体も心も。


ギリギリ過ぎてました。


なのに
残しておかなければと思った。


きっと


あと少しだから。



看護と介護で仕事も止まっての収録に
必要な経費にも
実際苦労してました。


そしたら 
相棒さんが少しカンパして下さって 

友人が 
応援だとお金を包んで下さいました。



そんな中で生み出したCDの
最後に収録した楽曲。


これまで
思って居た以上に否定をされました。



月下陽香を
きちんと知って下さって居るとは思えない人達に 
言われた言葉は
聞きたくなかった言葉でも在りました。


傷付きました。


なぜこの歌がこうなったのか 

一度も
ここを読んだり
ライブに駆け付けたりしてくれた事は無いだろう人達の言葉は 

胸に痛く刺さりました。


CDを買ってもくれないけれど 
意見だけ突き付ける。



そんなのは当たり前ってわかって居ます。

表現は

否定されて始まる事も 
これでもわかって居ます。


でも 
怖くなって
悲しくて
苛立って
歌いたくなくなったりもしました。


だから
しばらく歌わないでいました。

練習でも歌わないでいました。




けど 
そんな人達はきっと
月下陽香にとって大切な人では無いんですよね。

その人達が居なくても 
私の今日は変わらない。

そもそも表現は自由でしょ?。

嫌なら関わらなければ良い。
お互いに。


人は
誰と関わるのか選んで良いのだから。

これは仕事じゃない。


自分の命を消化してゆく為に
必要な
心の真ん中に在る炎であって 


誰もに否定されても
仕方ない代わりに 


必要以上に
傷付く必要も無いはずだ。



何か月も悩んで 
やっと 
周りを見渡した時に 

実際に助けてくれない人達の言葉に 

いちいち傷付いて
立ち止まる

自分の弱さに気付きました。



だから歌わなきゃと思いました。

歌っておかないと後悔すると思いました。





もう最後の楽曲なんだ。


そうか。


もうそうなんだ。



私が私に言います。


覚悟しなさいと。



でも違う私は叫びます。



お願いだから

歌だけは奪わないでと。




歌いながら
客席を見ながら 

色んな想いと出来事が浮かびました。



7分近くある楽曲なのに
あっという間。


あっという間。


月下陽香のステージ。

あっという間。






みなさま 
ちゃんとアンコールを下さいました。

ありがとうございます。



ここまでは
こうなると 
頭の中では計算もしながら
選曲をして来た想いも在ります。


きちんと考えてきています。


それでもいっぱいいっぱいで 
胸がいっぱいで 
上手く進行できなかったけど 


でも 
ここまで来る事は決めて
向かってきたのです。





この日は
頂いたアンコールにも
お話する時間を頂きたいと思いました。


そこで話す事は 
さすがに考えては居ませんでした。


感情で良しと思いながら 

ひとつ言い聞かせて居たのは 
冷静を投げてはいけないと言う事。


あと。

相棒井上タイキさんに
感謝を伝えたいと言う事。


そして
皆さまへの感謝を
己に植え付けておきたいと言う事。





泣かないと決めて居ましたが 

途中で言葉が発せなくなりました。


わーって泣いてしまいそうなのを
噛み締めて耐えれば 

次の声が発せられないのです。



でも
どうしても 
板の上で発しておきたい言葉が在りました。

残しておきたい想いが在りました。





私ね 
相棒さんとは 
一番長く奏でてこれました。


それは
彼がいつも
最終的には守ってくれはったからです。


他の誰もが投げ出した 
私のおもりをしてくれはったんですよ。


きっとね。

私は

こんなに偏在で面倒くさいのに 

彼はね
私を突き放さなかったし 

いつも
寄り添う方法を捻出してくれたんですね。



私ね 
彼との出会いは 
何よりもの贅沢な贈り物で 
一番の自慢で 
宝物で。


これからあと何年生きても 


きっと
これ以上の人は居ないと思うんです。




彼だけは
私を傷付けないと思いこんで居たけど 
勝手にめちゃくちゃ傷付いた出来事も在りました。

もう駄目だと思う事もありました。


だけどね 
彼は向き合ってくれはりました。


彼は
私から逃げなかった。

絶対に逃げなかった。



彼が居てくれなかったらね 

私は
月下陽香を
もうとっくに諦めて居ました。


もう 

嘆きながらも
歌を辞めて居ました。



私の我が儘を
いつも
ひょひょいっと受け入れてくれはりました。


私ね 

すんごい勝手な自信もあったんですよ。


すごく揉めた頃
彼に言って頂いた言葉を
ずっと抱き締めて居て。



私が
どんなに悪い子になっても 
彼だけは
私の想いに
まずは耳を傾けてくれはると。


勝手に信じて今日まで生きてました。



この日も

始まる前に 


「大丈夫だからね」って

言ってくれはりました。



彼は
私にとっては
それ位に特別な存在。



だから
彼の事を話したかったのに 

言葉に詰まっては涙をこらえる繰返しの
みっともないステージ進行で。


なのに
会場の誰もが見守って下さいました。
あたたかかったです。




選んだ楽曲は

「キズグチイバラ」。


だってこれしかないんです。




キズグチに種を植えて欲しいと
私は繰り返し言いました。


最近は
自分の傷に
繰り返し種を埋め込みながら 

これからに怯えて居ました。



この日
この夜に 

私は

この痛みに

種を
またひとつ植えました。



少しの時間の先に 

もう一度咲けたなら 


「戻って来たんかい」って笑って 

花見でもして欲しいと言いました。








この後 
もうひとつ。

もう私のやりたい放題ですよね。



何年か前に
HAT TREATさんと 
ツーマンライブをして頂いた時にもね 

この楽曲をみんなで演奏しました。



あの頃はまだ 
この身体が 
もっと動けて居て 
ライブバーに遊びに行ったりも出来ててね。


楽しかったよ。

週末は出掛けて。

色んな人達に会えて居ました。





この日は
お家の事情で 
カホンのたむさんとはご一緒出来なくて。


心の底から優しさの滲み出るお人柄と 
淡々とこなしながらも 
ポイントを絶対に外さないパフォーマンスは 
私のお知り合いの方々も楽しみにされていたので 
残念でしたが。


ユタカさんと 
ヒロ星さんが 
もうその分も 
奏でて包んで歌わせて下さいました。



楽曲は
「我も奏で者」


こんな月下陽香でも 

一奏で者で在ると 

どうか言わせて頂きたいと言う願いを込めました。





歌い終えたら。おしまいです。





「これが最後になるかも知れない」


それを掲げて向かいました。


嘘じゃなくて。

本気で。


もう限界を超え過ぎて居たのです。



ひとつ区切りの宣言をしてから 

向き合う事を私は求めました。





本音の
一番の願いを言うなら 


歌を辞めたくはありません。



どんな形にせよ 

まだ 
何とか歌える内は 

歌って在りたいと

心底願って居ます。





でも。

このままでは自死してしまうのではないかと思う程に

日々追い詰められた3年間でした。



その想いの分析を 
この次の記事に 

また近い内に書こうと思います。






私は

ここに 
想いを言葉にして
書き放つ事で

己に向き合えてきたので 

そうしてゆきます。



SNSもろくにしていないので 

ここを知る人も少ないですが 


月下陽香をご紹介したいと思って下さる方は 
どうぞご自由に 
このブログのリンクを貼って下さい。








最後の楽曲の後 

ステージの上で 

ユタカさんから色紙を頂きました。


ご来店下さった方々が書いて下さった言葉が在りました。



この日ビデオを録りっぱなしで放置して居ました。


月下陽香のステージ前から
電池が切れるまで
回し続けたビデオには 

沢山の方々が映っていました。






ステージの後で
皆で写真を写した時 


私がバタバタして居る内に 
私が撒き散らした花びらを拾い集めて下さって居る方々・・・



また
次の記事に 

それにも触れたいと思います。



何よりも

今の想いを書きたいです。



この
瞬間的な感情や 


現時点から見つめる

少し先。


まずやりたい事。




気に掛けて下さる方々に 

お伝えしたいです。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。