❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が止まらない今日に思い知る置いてきぼり。(ライブのご報告1/2)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



2017年の
2月11日の出来事を綴らせて下さい。


ここに残させて下さい。






この日の朝 
メールを頂きました。

ライブに行くよって。

会場までの送迎も任せとけって。



まだ
私の持病がここまで悪化してはおらず 
夜もライブバーに遊びに行けて居た頃 

よくご一緒に遊んで下さるお兄さん
(おじさん…だね(笑))が
おられました。


月下陽香のギタリストさんの
古くからのご友人の方で 

私の面倒をよく見て下さる方でした。


でも
私があまり外出出来なくなって 

もう2年程お会い出来ずに居ました。

その方からのご連絡でした。



この日は
大阪でも雪がチラついて。


寒い中

私は
大荷物を抱えて
電車を乗り継いで
会場に行かなくても良くなり 

帰りも

終電を気にせずに
会場に居られる事となりました。



迎えに来て下さって 
向かう道のり。


久し振りに会う私に
その方は
「しわが増えた」と言いました。



そりゃそーだ。


その方はお喋りがとてもお上手で。

お店に着くまで
私は
悲しみに浸る暇もなく 
沢山話して笑って居られました。




お店に着けばもう
HAT TREATさんは到着されて居て 
先にリハーサルをして下さって居ました。



「会場の匂いだ」って思いました。


私の 

本当は大好きな
ライブバーの音と匂いと灯りの色味。

出来るならば
いつだってここに居たいと思う空気感。




マスターが
お店にお花が届いて居る事を教えて下さいました。


ステージを見ると
素敵な花束が飾られて居ました。


お名前を見て驚きました。


とても大切で
今でも心に想う方からでした。



大阪で音楽に復帰出来た時 
そのきっかけを下さった 
当時のバンドのリーダーさんからでした。





当時
私が生み出した沢山の楽曲には 
彼に受けた影響が大きく在りました。


選んだ言葉や描いた光景には 
彼に与えられたヒントもとても在りました。


暗い楽曲を責められる事が多かった当時 
彼は私の理解者でした。



彼とは
いくつかのすれ違いを上手く越えてゆけなくなって 

共に活動してゆけなくなってしまって。


以来それっきりになっていて。

私は
それをとても後悔して居ました。


彼との出会いが無ければ 
きっと

月下陽香は生まれなかったから。



思い出す事は沢山在りました。


元気で
幸せで居て欲しいと思う人の
ひとりでした。



その方から届いて居た花束には 

胸にこみ上げる感情がありました。


救われるような想いがひとつ 
この胸にありました。



泣きそうになって我慢して。

今日は
彼もステージに居てくれるんだなと思いました。




HAT TREATさんのリハーサルが終わって 

月下陽香がリハーサルを始めました。



ここ数年の月下陽香は 

スタジオで練習しておらず 
いつもカラオケボックスで生音で練習しているので 

ステージで音を出すと
まず戸惑います。


直ぐに取り戻せるけれど
リハーサルはまず戸惑う。


ストレス性の難聴になって以来
片方の耳が聴こえにくい事も 
日常ではあまり困らないけれど 
この時だけは一瞬とても困る。



でも 

特に
この日の会場のライブスペース音さんは
いつもすごく歌いやすいんですね。



リハーサルと本番の違いも
ほとんど感じないので 

すぐに慣れるし
それを維持出来ます。



ただ
私の発声は 
私の問題だから。


これが一番の問題で。


やはりリハーサルから苦労しました。



でもね 

リハーサルは
その瞬間のチェックでしかないしね。


本番の瞬間瞬間の勝負でしかないから 
これはもう
全部受け入れるだけです。





リハーサルの途中 

客席に
1人の男性が入ってこられました。

共演者様の関係者様かと思って居ました。



大きな荷物を足元に置いて 
静かに座って 
ビデオのセットをして。


ん・・・
月下陽香を撮ってる?

なんだかそんな感じのような・・・って感じで。



でも
ライブって

色んな方が写真や動画をSNSにあげて下さったりするので
気にする事も無く。



リハーサルを終えた時 


その方が
私にお声をかけてこられました。


んん?

彼は私を知って居られるご様子で。

でも私はわからない。



目を見れば
見覚えが在るのですが 
確信に結び付かない。


似てるだけかも知れない。


だって
その方がここに居る訳が無いから。

って事は誰だぁ?? 



こんなにも
頭の中に?が渦巻いた事も
これまでになかったかと思うような
はてなの渦。




すると彼が
「○○の・・・」って
絶対にわかる言葉を言って下さって。



やっと頭が理解。



目を見て
「似てる」と思った私の記憶は
正解でした。


でも。

ここは大阪市中央区。


その方のお住いは
現在
青森県なんですよね。



まさかでしょ?

なんで居るの?って

頭の中ぐるぐる。


やたら声を上げて驚いて居たように思います。



この寒い中 
飛行機で 
大阪にホテルまで取って 
会いに来て下さるなんて 


欠片も想像した事がなかったのです。



感動とか
喜びとか
そんなのぶっ飛ばして興奮。

本番はまだ先なのに
じわーっと涙。



鞄から取り出して渡して下さったのは 

お土産のお菓子とキティちゃん。

そして可愛らしいピンク色の花束。



飛行機の中が暑かったから…って
心配そうに出して渡して下さいました。



あー・・
この子は一緒に飛行機に乗って私の元に来てくれたんだと

感動しました。





この方は 
雪で1時間程遅れても
飛行機に乗って 

大事にこの子を連れて 

大阪まで来て下さったんだと感動しました。

ギタリストさんにまで
お土産を持って来て下さって居て。


時間もお金も沢山使って
会いに来て下さった事が
うれしくてたまらないけれど 


嘘みたいで 


夢みたいって
こういう事を言うのだと思いました。


ここまで
「夢みたいだ」って思える出来事も
滅多に無いと思います。







間もなく開店。
沢山の方々がご来店下さいました。

いつもいつも支えて下さる方々のお顔も
次々と。


直ぐにお店は満席になりました。





開店1時間後 
HAT TREATさんのライブがスタート。




この日のライブの写真も 
まささんが沢山写して下さいました。

とっても沢山
この日を残して下さいました。



まささん 
いつもいつも本当にありがとうございました。



時々ね 
まささんのカメラを
奥さまが持ちはる時が在ります。

写真を頂く時に 

その沢山の中のどれかは 
奥さまが写して下さったのかなって
思ったりします。




この記事だけで終わらせるのが
勿体なくてたまらない想いが在り。

書き足らない想いも在り過ぎるので。




この記事の後に 

もうひとつ 


恐らくは明日にでも 


この夜のライブの事を 

そこにはライブ内容を 

セットリストも含めて
書き残しておこうと思っています。



そこに
頂いた写真を沢山アップしますね。


ここを気に掛けて下さる
HAT TREATさんのファンの方がいらっしゃいましたら 


ハットさんの写真もアップしますので 


どうかご覧下さい。

お願い致します。





話は戻り 
HAT TREATさんのステージ。



もう始まりからノリノリです。


とにかくカッコ良くて
お客さまとの一体感もすごい。



スタートを確認後
私は
一度控え室に行き着替えを済ませて
再び会場で観覧。



カッコイイ。



HAT TREATさんは 
月下陽香が一番大好きなミュージシャンさんです。

そして一番お世話下さった方々でもあります。




この日は
おふたりのバージョンでのご出演でしたが 
パワフルで圧倒されます。


私は
会場の一番後ろで観覧するのが好きです。



前の席は
自分の後ろに座られている方を気にして固まってしまう。


後ろだと
安心して
会場全体の雰囲気と共に楽しめるから 

後ろが好き。




ステージのおふたりは
ものすごくカッコ良くて 

お客さまの背中がとても楽しそうで。


会場は熱気であふれていました。




また
こんな光景を観れるのかな・・・


私は
またこうして
この位置から 
HAT TREATさんのステージを観れるのかな・・・


とても考えて居ました。





ステージもあと数曲となった時に 

HAT TREATさんが演奏して下さったのは 
月下陽香の楽曲。



私が
月下陽香になる前のバンドの頃から歌って居た楽曲。



バンドでしていた楽曲は
月下陽香になるに当たり
半分以上は封印されたのだけれど 


これは
月下陽香がファーストアルバムにも収録した歌。


私にしては
ものすごく珍しく前向きな歌詞の歌。



バンドを始めるきっかけとなった
当時のリーダーさんが
とても好きだと言って下さって居た楽曲のひとつ。



月下陽香の「十字路―クロスロード―」。



贈って頂いた花束の飾られたステージで 
大好きなHAT TREATさんが
その楽曲を奏でて下さいました。

泣きそうだ。

ここでも思いました。






最後まで
ものすごく盛り上がった
HAT TREATさんのステージが終わり 


暫くの時間を挟んで

月下陽香と井上タイキのステージが始まりました。





ステージでは泣かない。

私はそう決めて居ます。



歌う私が泣いてしまえば 


聴く人が観る人が
冷めてしまうように思えて。



歌は
受け取る側で彩られるものなのに 

こちらで押し付けるものになってしまうように 

ある頃から思うようになって。



ただでさえ出にくくなった歌声も
更に出なくなるし。

泣かないって決めて居ます。



でも

始まりから


泣きそうだと思いました。


私は
今すぐにでも泣けてしまう。



我慢我慢。





「これが最後かもしれない」


そう意識して決めた
この夜のステージ。


いつもは
頭の中にストーリーが在ります。



その日のライブで
私が表現したい
物語と言うかドラマと言うか 

そういう筋書きが1本あります。



でも
この日は空白でした。


言いたい事は沢山沢山ありました。



なのに
どれも言葉として繋がってゆかないのです。



だらだらと
まとまりのないMCは嫌いです。


そういう事はしないように
これでも心掛けて来ました。


次の曲に繋がるような

どこかで
必ず
冷静なMCをして居たいと思って来ました。



だけど
この日は出来ませんでした。


ぐだぐだと繰り返してしまう。

だらだらと足踏みしてしまう。


涙をこらえれば 
無音が出来てしまう。




自分が何を話して居るのかも
瞬間瞬間で見失うのです。



想いが溢れ過ぎて 

表現にならないのです。


ただ
時間がものすごく早く過ぎ行きました。





早く進もう 

行かなきゃと 

焦り背を押す私と 



終わりたくない 
まだここに居たいと 

駄々をこねて
立ち止まろうとする私が 


並んでそこに居るのです。




沢山の諦めを飲み込みながら
選んだ楽曲を 
思考を重ねて順を決めて 
描いて居たはずのステージは 


ボロボロになってしまいます。



情けない。




それでも
皆さまがとてもとても見守って下さって居る事は
心底感じて居ました。



私が
言葉を噛んでも迷っても 
涙をこらえて黙っても 


応援の声は聞こえても 

それ以外は
私の想いを待って見守って下さって居られる事が
とてもとても伝わりました。




思うように発声できなかった歌もありました。

歌詞もいくつも間違えました。


冷静に

頭の中で歌詞を捲る事も 
この夜は出来ませんでした。



だから
やっぱり後悔はしてる。



もっと
冷静に立てる自分を
作り上げて向かえれば良かったって。





7曲があっという間に終わり 
8曲目 

最後の楽曲だと思うとたまりませんでした。


まだビデオも観ていなくて。



見れば思い出せるのでしょうけれど 

振り返っても思い出せません。



感情の限界を超え過ぎて居て 


記憶が抜けてしまって居ます。






8曲目が終わり 

頂いたアンコール。



これはもう
この曲だと決めて居ました。


「キズグチイバラ」



そして。もうひとつ。


HAT TREATさんも演奏に加わって下さって 


ユタカさん 
ヒロ星さん 
タイキさん

3人に弾いて頂いて歌わせて頂いた


「我も奏で者」






終わりました。


一度休止符を打つ事を決めて
目指したライブが終わりました。





終了後
ユタカさんが 
色紙を下さいました。


私の知らない所で

会場の皆様にご記入いただいた物でした。



昨日は見れなくて。

今日大事に読みました。


泣きました。






今日は
ずっと泣いて居る感じでした。




わーっと泣くのではなくて 

ずっと
じわーっと
涙が出続けるような感じでした。




お風呂に使った時に 

声を上げて泣きました。



止められなかった。


もうどうする事も出来なくて 

わーわー
しくしく泣きました。






ステージを下りる時 
板に手を当てました。



もう一度戻ってこれたなら良いのに。


ありがとう。


そんな想いと
離れがたい未練心が在りました。




ステージを下りた時に 
泣いて抱き締めて下さった女性がおられました。


「生きてきてよかったと思った」と。

「待ってるから必ず戻って来て」と。



抱き締めて
CDをお買い求め下さいました。



いつもご来店下さる方々も
お買い求め下さった方々がおられました。




月下陽香は
これまでに
3枚のCDを生み出しました。



必死になって 
お金も体も命も注いで 
頑張って頑張って
生み出しました。



一度
楽曲を殺される経験をした私は 
もう二度と同じ想いをしたくなくて 
生きて在る内にと 
沢山の無理をして 
CDを生み出しました。


これも頑張ったなぁと

本当に私頑張ったなぁと 
思ってやれました。





沢山の方々が言って下さいました。


いつでも帰っておいで 

戻っておいで。


待ってるから。


大丈夫。

お願い。





歌が在ったから
生きてこれたのに 


歌が無かったら
死んでしまうだろうに 



この数年はとても苦しみました。



動けなくなってゆく身体や
歌えなくなってゆく呼吸器に 
とてもとても苦しみました。



月下陽香は
もっとステージに立って居たいのに 


出来ない事を悔やんで
自分を責めました。

出来ない自分を責めました。



ステージの予定も無いのに 


その都度
寝込む程の苦しい練習を重ねる事にも
疲れてしまいました。



練習が嫌になってゆく事も責めました。

ギタリストさんにも申し訳なくて 
自分を責めました。



大好きな歌が
大嫌いになってゆく想いに 

24時間を狂わされそうでした。



辞めたいと何度も思いました。

もう嫌だと思いました。



でも
歌いたいとも思い続けました。



どうすれば良いのかわからなくなりました。




ステージは

私みたいな偏在を受け入れて下さる 

たったひとつ 
私が本当の私で在れる場所でした。



それを失えば 

私の心が死んでしまう事は
確実だと思えました。




毎日は
何も面白くない
目指す場所のない繰り返しになる。

それも嫌でした。




ステージの上で 

歌いたい 

奏でたい 

演じたい 

魅せたい 

想いや過程が
沢山沢山在りました。




でも
このままが続けば 
私の心は壊れると確信が在りました。


限界を超え過ぎたんだと
思い知る日々でした。



ずるずると引き摺りながら
自然消滅はしたくありませんでした。



これで食べて居るプロではないクセに 

私は

必要以上に
命を削らなくてはステージには立てなくて。



そのやり方も
どこまでが正しいのか見失いそうでした。





一度止まろう。


ずっと走って来たのだから
一度止まりたいと思いました。


でも。



そうする事は 

結局は
本当の終わりに繋がるかも知れないとも思いました。




数年前までのように 

あちこち出掛けて 
人脈を広げたりする事も出来ません。


SNSを沢山使って
人との繋がりを広げてゆける程のチカラも
現状では残って居ません。



出掛ける事も出来ず 
繋がりも持てず 
知り合いにも会いに行けないような環境で 


一度辞めてしまえば 


もう
そこに帰れるきっかけなんて 

どこにも無いのだろうと言う事もわかって居るから 
苦しみました。




だけど 

もう 

毎日のように 

以前のように動けない自分を
責め続ける事が苦し過ぎました。



すでに
月下陽香は


この3年 

年に1度や2度しか 
ステージに立てていないのです。



そして
それを責めて苦しみ続けて来たのです。




立たなければならないと
決める選択しか出来ない自分の思考を変えなければ 

何もかもが砕けてしまうと思いました。




止まろう。

止まると決めてそれを伝えよう。


休んで良いと言う選択を
自分に植え付けよう。


そして少し楽になろう。




次のライブが決まって居なくても良い 

毎週練習にすり減らさなくても良い 


歌いたい時に歌って良い 


そういう考えを
自分に与えてみたい。




しばらくは
練習を頑張る事もしない。


やらなきゃいけないと
起こすやり方はしない。


その中で
歌う事を考えてみたい。





歌う事が

どれ程に必要で 

どのやり方ならば
喜びを感じて継続できるのか 


それとも
もう
私にはそれは無理なのか。




直ぐに
焦りを覚えて痛みだす性格なので 

まずは

○ヶ月とか 

自分の中で決めて 


すこーんと歌を投げ出してみれば 
何か見えてくるだろうか。




こうして居なくても
滅多に立てなくなったのだと 
言い聞かすと


少しだけ寂しさがマシになる。



ステージに立てない事を
責めるのではなく 



それが

選んだ現状だと思えれば 


自分を
少し許してやれるかもしれない。






ライブの後 


私がバタバタして居る間に 


私が
大量にステージの撒き散らした桜の花びらを 
拾い集めて片付けて下さって居た方々が居られました。


ありがとうございました。





多くの方々が
お帰りになられた後は 


数人のお客さまと
タイキさんと
ユタカさんと
遅くまでお話して居ました。


ここ何年も
こんな時間も持てずに居たので 

とてもとても嬉しくて
沢山笑いました。







あと2ヶ月後には 

大阪では桜が咲いています。



その頃
私は 

少し先に

何かしらの希望を見付けて在れるのでしょうか。




今夜は
きっとまた泣いて。

明日も泣いて。


動画を確認してまた泣いて。


それをYouTubeにアップ出来たら。



その頃からは
少し
冷静に考えれたりしてるのかな・・




大事な命を亡くした時のような
穴が
今はぽっかりと空いています。








次回に記事には 
ライブのセットリストと写真を書かせて下さいね。







まささんに頂いた写真の中の
自分を見て思いました。



記憶の中の母の顔に似て居ると。



父に会いに行くと
ご近所さんが言います。



「お母さんにそっくりやね」って。



今の私の歳の母を
私は知りませんが 


母は
こんな風に老いて行っているのかも知れないですね。








★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。