❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後」の意識に付き纏う悲しみ。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



このまま
死んでくんだろうなって 

思わない日は無い。



この数年を掛けて

その恐怖は重ねて育ち 

この1年程は
心のその底から笑えた日が
思い出せない。



作り笑いは得意だったのに 
演出は得意だったはずなのに 
もう嘘も付けない。


こんな状態が続いたら 


私は
必ず自殺すると 


本気で思う毎日だった。




歌は

私にとって

たったひとつの 
許された場所だった。


たったひとつの 

私の偏在を許してくれる場所だった。


他のどこにも持ち込めない 
誰にも打ち明けられない 
自分の中の真実を 

晒して在れる
たったひとつの場所だった。




若かりし頃の私は 

音楽が無ければ 
現在の私には
生き付けて居ないだろうと思う。



結果的には

人生の
半分以上の年月を囚われてしまった 


摂食障害と自傷癖に 


ここまで生き付く前に

命を奪われて居たのだろうと思う。



死にたいと
毎日のように思いながら 

それでも
生きる事にすがれた背景には 

確実に「歌」が在った。




過去に一度
歌声を失った年月が在る。


その日々の苦しかった事。


生活に
当たり前に聞こえてしまう音楽の全てが
私を痛め付けた。


毎日に大きな不足が在った。



足りなくて足りなくて
狂いそうだった。


他に何かを探して 
空いた穴に埋め込んでみても 
どれもしっくりはこなかった。



だから
私は

歌に戻る為に 

血を吐くような訓練をした。


治療に耐えて 
1日もサボらずに自分に課せた。



そして戻って来た。

やっと戻って来た。

大阪で音楽を始めた。


とは言え怪しいものだ。


心の中ではわかって居た。
どれもこれも偽者のくせにって。


だけど 
それでもすがった。


私には時間が無い。


わかっていたから。

あと少ししかないって
わかっていたから。



本物を探して
時間を経過するならば 

そうではなくても 

動いて居る時間に当てて
走り抜きたかった。


どれもこれも
まともでは無くて 

そんなのは
直ぐに破壊してしまうのに 


それでも 

そこに 
それまでの大きな不足を摩り替えて 


小さくときめいて在れるには 
十分にきらめいていた。




だけどね。

いつも奪われてしまう。


やっぱり壊されてしまう。



まるで
そういう運命に呪われているみたいに 


振り返れば


ずっと
現在に至るまで 


私はいつも 
人に
大事な物を盗られてしまう。




それでも
足掻いて足掻いて 

月下陽香は始まった。


やはりそこでも不足だらけ。


いつもいつも
重荷を背負わなきゃ 
ステージは得られなかった。



ただでさえ
持病の悪化してく身体は 

ストレスで
いつもいつもボロボロだった。


そうであっても 
板の上に在りたかった。

とにかく歌って在りたかった。



歌えるならば 
我慢も出来た。

必死になれた。




その

歌を 歌うと言う動作も 


この3年程は苦しくなってきていた。


それまでは 
無理をすれば 
歌う事も出来たし 
ライブバーに顔を出したりする事も
出来て居たのに。



身体はどんどん辛くなって。


それでも

無理して
一生懸命出掛けても 

傷付く事に 

心も耐えられなくなっていった。



そうしてる内に 

物凄く無理をしても 
やっと年に2~3回
出掛けられるかどうかになって。


ライブも
年に1度や2度でも苦しくなった。



夜出掛ける事もなくなった。


朝起きて
出勤して 
本業と家事と通院をすれば 

後はもう
何も出来ない生活になった。



そうなっても 
騙しだましでも
歌声を発せられた内は 

まだマシだった。


持病の悪化は速度を速めて 


私は
発声に苦しむようになった。



辛くてたまらなかった。


ライブなんて年に1回や2回なのに 

毎週のように練習をして 

そこでどんどん悪化して 

苦しんで苦しんで 


もう嫌だと
練習の度に思うようになった。


相棒さんにも申し訳なくて。


でも
練習日の前夜には胃痛が酷くなって。

練習に行く事も辛くてたまらなかった。



まだ少し前までは 
相棒さんにも
その深刻さは伝わって居なかったと思う。


私の本当の危機感は
伝わって居なかったと思う。


私が
一々細かい状況報告を避けて来たし 

かろうじて
誤魔化しも出来て居たのだと思う。




だけど
とうとう 
それも出来なくなった。


練習は最悪だ。

時には倒れそうな状況にも陥る。


それでも弾いてくれる相棒さんには
感謝しかない。




昨年は
2回だけ立てたステージの上で 

私は 
現状を知られぬように必死だった。

短い時間のステージだったけれど 
とても苦労した。


どうすれば観客にばれないか 
張り詰めて居た。


何人かの人達は言ってくれた。

持病の悪化を感じさせないと。


有難かった。
そう見せられた事にほっとした。


でも
それもまた
とても悲しい現実を突き付けられる想いでもあった。





歌は
私には
何よりも必要なものだった。


たったひとつの 
居場所だった。

許される居場所だった。


でも
歌う事は

少しずつ苦しくなって 

物凄く苦しくなって。



必要なのに。

私は感じた。

歌が嫌いになったと 

とても感じた。



歌う度に
死にたくなるほどに苦しい。

辛い、辛い。



歌いたいんだよ。

でも歌えないんだよ。


苦しいの。



耐えて耐えて練習しても 
その後は寝込んでしまう。



それでも

歌への執着は捨てられなくて。


本当に
命懸けで
繰り返して頑張って来たけれど 


限界を超え過ぎたと 
今感じて居る。




2週間後には
今年ひとつだけ決めたライブがあります。


心の中は複雑で。



これを
締めくくりのきっかけにして 

今後は
スタイルを変えながら 
もっと楽な形でも 
たまにはステージに立てる月下陽香になれたらな…

なんて願う気持ちは 

まだ 
欠片でも残っては居る。



だけど 

きっともう
それも無理だと 

理解して居る身体も居る。




一番悲しみを引き摺るのは
きっと 
突然に失う事だと思うから 


自分にも言い聞かすように 

このライブに向かう事を決めて居ます。




「これが最後」

「引退」

・・・・・・・・・・・・




これまでにも 
一時期
練習を休む事にしたりした事も在った。


その時はほっとした。


ずっと辛過ぎたから。

安心した。



でも
それはきっと 
またいつでも再開出来るからだ。

相棒さんは待って居てくれて 

私がやると決めさえすれば 
いつだってまた戻れたからだ。





この数年
練習に使用してきたカラオケボックスが 
明日で閉店となった。


ライブまでに出来る練習は
あと2回だけなのに 

このタイミングで閉店となった。



木曜日 
そこで出来る最後の練習をした。

帰りに 

もう
ここで
月下陽香の練習をする事も
無いんだなって思った。

色んな事あったな・・って。




あと2回練習をすれば本番。


その後どうするんだろう・・・。


練習日に当てていた木曜日は 
その後も
今月は休みを出している。


他の日に変えても
もう良いだろうに。



いつでも戻れる訳では無い
終わりに行き着いた時に 

私は

どうすれば良いのだろう。





今朝は起き上がる事に苦労した。

夕べから酷い体調で。

薬で眠ったけれど 
長い夢を見てた。



夢の中はライブバー。

次にライブをするお店だった。


目覚めて思い起こせば 
現実のお店とは形が違ってたけど 

2月11日にお世話になるお店だった。



間もなくライブが始まる頃で。


マスターが言ってくれるんだ。
「まだこれからだよ」みたいな事を。



そして
始まるステージの上から 
観客の中を探すのだけれど 


店内はとても暗くてよく見えなくて。


目をこらして見つめる先には 
知らない人しか居ないのね。



月下陽香の事を
なーんにも知らない人達の中で 

私は
最後のステージを終えて 

空っぽになって 

明日からの道標を失って。


目が覚める。







苦しくてたまらない。


例えば
出勤すれば 
そこではひとりのパート従業員として存在するし 

本業のやり方を変えてゆく為に 
色々と動いて居る場所では 
思い切り明るく穏やかな嘘も着る。



でもずっと笑ってない。


毎日が辛い。



身体に
痛みや苦しさを感じない時間はないし 

心が悲しくない時間も無い。


心の真ん中に 
大きくて黒い絶望が在って。


それをどう扱えば良いのか 

自分でわからない。




2週間後。


2週間後の今日 


泣かずに居られるのかな…。


残す悔いが
ひとつでも少なく在って欲しい。


そして
出来るだけ 
体調が良いように 


少しでも
身体が楽で 
苦痛少なく動けるように 

無理だとわかりながらも願ってる。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年2月11日(土・祝)
【 H&G企画ツーマンLive!! 】

18:00 開場 / 19:00 開演


♪ 会場 
大阪市中央区・なんば駅からすぐ!
【Live Space 「音(オン)」】


  ドリンク・フードは全て¥500-。
  とても充実したメニューも評判のお店です。

出演:月下陽香&井上タイキ ・ HAT TREAT  

♪ ご来店下さるお客様方へ

   ※ ご入場に当たり
        お一人様¥1000-
     (選べる1ドリンク・1フード付き)
を頂戴いたします。

           宜しくお願い致します。

     … ご来店を心よりお待ち申し上げております。 …

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


◆月下陽香&井上タイキ・11月6日ノーカット。







「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。