❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

命を掛けて私を終える為に。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



突然に
秋めいたかと思えば 


季節が
数歩下がったような蒸し暑さに
包まれた数日。


とは言え
季節は着実に歩を進めており 

また
今夜からは
大阪も気温が下がると言う。




毎日
どのくらい働いて居るんだろう…。


副業だったはずの仕事は
ずっと残業続き。


本来は
日に4~5時間程の
パート従業員だったはずなのにね。


今は 
平日は
基本的に朝から夕方まで勤務してる。

5時半に起きて 
8時過ぎに会社に着いて。

帰宅はずっと18時まわる。


それだけなら普通だけど 
そこからすぐに 
休む間もなく本業をしてる。


あっという間に時間が過ぎて。


お風呂だけはちゃんと入りたいのと 
少しでも夕食をきちんととりたいのと。


そう思えば
本業も21時頃には終わらせたい。


そして
結局は
急いで入浴して食事して。

また朝が来るんだ。



平日にやり残してしまう本業は
週末に持ち越される。


あれ…?
休みはどこ?



通院時間が
一番のんびりしていて 

でも

通院は 
この所は
毎度のように 
現状を突き付けられて 

苦しいばかりで。



目一杯無理して
必死になって 
週に一度の
僅かな練習時間を作り出しても 


歌う事に対しての
苦痛と悲しみに
壊れる寸前だと感じてる。





冷え込む前に
整理して植え替えてあげたかった植木たちも 

水をやるだけの状態。


春に沢山増やした
小さなサボテンたちは 

それでもすくすく成長して 

昨日
気が付いた。



花が咲いてる子が居た。


それにすら
昨日まで気付かなかった。


玄関先に並べていて 
毎日
何度も
前を通るのに。


ゆっくり
足を止めて眺める時間も
持たない私で

ボロボロになってた。



気付いて
しゃがんで覗き込んだら


 「咲いてるんだよー」って

一生懸命言ってるように感じた。






「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









相変わらず
夢の中では
自傷行為が行われる。


その度に

自傷癖も
摂食障害も

結局は

死ぬまで付き纏うのかと思う。

【「夢の中までも自傷と嘔吐を引き連れて。」(2016.10.15)】




それでも
そこにだけは戻らないで居たいと 

ものすごく思う。


そして

ものすごく
ものすごく思う。


歌えるのは
本当に
あと少しだから 

やりたい事を

遂げて終わりたいと。




今年は
2回だけ
ステージに立って終える事となった。


その最後は11月6日。

もうすぐだ。


30分程の短い時間ですが 
ご来店頂けると嬉しく思います。

ご都合にご無理が無ければ 
宜しくお願い致します。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016年11月6日(日)
オープン18:00  スタート18:30 会場 ★【大阪市東梅田 LiveBar B-flat】

♪tetsu企画番外編番外編
チャージ料金 ¥1500+1ドリンクオーダーお願い致します。
出演:18:30- バンドですよん ・ 19:00- リノレア ・ 19:30- Eisaku
20:00- えんちゃん ・ 20:30- 月下陽香&井上タイキ  21:00- toutou
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




今日は
月下陽香の練習をする。


最近はずっと 
出来ても2時間で 

それも雑談しながらで 
歌うのは少し。


ライブが決まって
歌う曲数は
出来るだけ増やして居るが 
どうにもならない。



今日は何曲歌えるんだろう。


3時間位ねばれるのかな…。


そうしなきゃと思うけれど 
もう辛過ぎてたまらない。




持病の悪化の中で 

一時期は

歌声も失くした。


もう歌えない事に

毎日は
痛みが付き添うようだった。


テレビの音楽番組も観なかった。

歌えない自分が
惨めで観れなかった。


CMで流れる音楽すら
胸を抉った。


歌は
私にとって

たったひとつの 

自分で在れる場所だったのに。


失った私は 

真ん中がいつも空っぽで 
大きな心残りが
毎日を苦しめた。




血を吐くような訓練をした。

練習というよりも訓練。


毎日毎日繰り返して。


医師も難しいと言った歌声を
私は取り戻した。


でも
それは
限られたものであることも

私は理解して居た。



こんな発声で 
この身体が
長くもつ訳が無い。

この負担に
この身体が
長く耐えられる訳が無い。


持病の悪化も
止める事は出来ない。




私は急いだ。


やっと取り戻した 
時間の限られた歌声。


今の内にと

もう

必死で走って来た。




私の足はいつも 

私の
その危機感を
理解してくれないままに
近付く人達に

大きく止められた。


沢山の邪魔もされた。


立ち直れないような傷も
付けられたままだ。




大抵の人は笑った。


疑って
からかって 


私の

本当の
痛みも
焦りも 

信じてもくれなかった。



それでも私の心は叫んだ。

必死で走った。


だって

今の内。


もうすぐ歌えなくなる。

あと少ししか出来ない。


今の内。

今の内。


この危機感は
今でも
誰にも伝わらないように思えて

悲しみが増す。




本当に

私は
私なりに
命を掛けて

この数年 

大阪で音楽活動をして来た。



3年程前までは 
ものすごく無理をすれば 
音楽の在る場所に出掛ける事も出来た。


身体も時間もお金も
目一杯無理しても 
必死で出掛けまくった時期もあった。

そこだけに必死なって
注いで居た時も在った。



でも
次第に出来なくなった。


この数年は 
ライブバーに出掛ける事も
ほとんどなくなった。


そんな事が出来ない身体に
なってしまった。





命を掛けて 

イキザマを晒して込めた 


大切で
大好きだったはずの
自分の楽曲たちも 


自分で作ったものなのに 
歌えなくなっていった。



歌いたくて

歌いたくて 

歌いたくて
たまらなくて 


他の何を犠牲しにてでも
歌いたかったのに。



ついに
私の身体は 

歌う事にも
耐えられなくなってきてしまった。


何をしても
もう
誤魔化しも出来なくなった。



大好きだった歌は 

苦痛でしかなくなってしまった。



歌いたいのに。

あと少しだとわかるから 
あと少し
歌っておきたいのに 

もう辛い。




今日が練習だと思うだけで 
泣きそうな位辛い。



ギタリストさんは 

こんな私なのに 

私の為に
ギターを弾く為に 

遠い中
ギター背負って来てくれるのに。


少しでも
私が楽しくなるようにと 

色々持って来てくれたり 
話をしてくれたり 


私の為にしてくれるのに。



出来れば…

出来る事ならば 

弱音を吐かずに 
楽しそうに 
練習する私だけを

見せて居たいのに。



出来ない。

「辛い」って
「しんどい」って

言ってしまう。


これが反対の立場だったら 
辛いだろうなって思うのに。

言われる方も
すごく辛いだろうなって思うのに。

言ってしまう。



耐えられなくて言ってしまう。


相棒さんに
申し訳ないなとか 
有難いなとか 
思ってるのに。

「辛い」って。

言ってしまう。




歌う事が辛い。

ものすごく辛い。


1曲も
楽に
発声ももう出来ない。


苦しさと痛みで 
苦しくてたまらない。





命懸けで帰って来たの。
音楽の在る世界へ。


今度
そこから消えたなら 

もう二度と戻っては来れない。


もう二度と
うたう世界には
戻ってこれない。



これが最後。


私の人生で
最後の音楽生活。


板の上で
光を浴びて立てるのは

あと本当に少しだけ。


一生懸命作ったCDも 
未来には
在庫は全部ゴミなだけ。




今年は
短い時間のステージを
2回だけで終わる。


それでも
私の体には苦しくて。


本当は
今でも終われるくらいに苦しくて。



けれど
これでも
大切に向かって居る。


お誘い下さった歌姫さまと
主催者様に
感謝して向かって居る。






だけど
このままじゃ
大きな大きな後悔を残すのだと思う。


これで終わりにだけは
してはいけないと
自分に言い聞かせて居る。



このまま
プツリと消えても 

誰も気にも留めないかも知れない。

どうでも良い事かも知れない。



でも

自分の中では
とても大きな事だ。


また 
音楽番組も避けて 
全ての音楽を恨んで 
生きてゆく私には
もうなりたくない。

あんな苦しい時代の私には
戻りたくない。



どんなに何をしてみたところで 

残す悔いが
ゼロになる事は無い。


癒えない傷は在り続けるだろうし 

どんなに避けても 
知ってしまうだろう
知り合いの音楽活動に 

感じる痛みが全くなくなる事も無いだろう。



それでも 

少しでも悔いを減らしたい。



命を掛けたのだから。





今年はこれで終えるけれど・・・。

来年には
この想いを
少しでも形にしたい。


そうして 
全てを終える準備をする。



このままじゃ



死にたくなってしまう。



我慢をし過ぎて
断念を詰め込むのではなくて 


やりたい事を 
全てでは無くても 
出来る限り詰め込める形でのステージに 


ちゃんと立ってから
終えたい。




だって。


本気で

命を掛けたのだから・・・。






先日

新しいスケジュールノートを買った。


3年目のリラックマだ。


このノートが気に入って居る。


最低限のページだけが
ちゃんと在る所が好き。


無駄に色んなページがあっても 
重いだけだから。


これが私にはぴったり。




これに
ライブの予定を書き込めるのかな…。

ご一緒頂ける人達が
見付けられるかな…。






命を掛けて
始めたから 

命を掛けて

終えて 


自分の中に

「納得」の種を


植えてやりたい。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: