❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を掛けなければ行き着けなかった場所に。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



私が


月下陽香として

どのような思考の経路を経て 


また 
いつも本当に大きな愛を与えて下さる方々が 
そこに導いて下さった過程を 


前回の記事には 
近況と共に書いて居る。

【「痛みに埋もれたままでは悲し過ぎてしまう。」((2016.9.10)】



私には限りが在る。

極々一般的なそれとは違う意味で。


だからこそ 
命を削る。


表現とは

私にとってそう言うもの。



今年は
結局
2回しかステージに立てずに終わる。

どちらも30分弱の短いステージ。

やりたいスタイルを選べない自分が
悔しくて

それが一番
音楽に絡む感情の中で 
苦しくてたまらないもの。


でも
自力で起こせない現状には
どうにもならない。



身体も環境も
大きく制限されるようになった私には 
ステージの機会すら 
ろくに手に入れられないもので在る事が
現状の真実だ。


そんな月下陽香に 
お声を掛けて下さり 
導いて下さり 
与えて下さる 

えんちゃんと
tetsuさんに 

大きく大きく感謝します。




ライブ詳細がわかりました。

今年のライブは
2つ共に

歌姫えんちゃんと
ご一緒させて頂けます。




少し前に 
えんちゃんに 
メッセージで言った事がありました。

一緒にライブしたいって。


でも
私の身体も環境も 
悪化する一方で 

私には
何も起こせずに
時間ばかりが過ぎ行く中で 


えんちゃんは 

えんちゃんが動いて 
その願いを叶えて下さいました。



こんなにも
与えて頂ける事に 
心から感謝して居ます。



他の出演者さまは 
この日初めてご一緒させて頂く方々で 
まだ存じ上げて居りませんが 
お会い出来る事が楽しみに想います。


そして
何よりも 

歌姫えんちゃんのステージは 

皆さまにも
是非ご覧頂いて
お聴き頂きたいと
とてもとても思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月6日(日)

オープン18:00  スタート18:30

会場 
【大阪市東梅田 LiveBar B-flat】

※電車でお越しのお客さまは
 ホワイティうめだの地下道を
 歩いて頂くとわかりやすいです。
 泉の広場を目指して下さい。
 広場に着けば
 宝くじ売り場の横の出口のM14の方(左側)を上がり
 そのままコンビニの前を少し歩くと
 「すき家」と「大阪王将」が見えてきます。
 その角を右折し少し歩くと
 右側にグレーのビル 「フジノビルディング」が直ぐに見えてきます。
 そのビルの B1です。

♪tetsu企画番外編番外編

料金 ¥1500+1ドリンクオーダーお願い致します。

出演: 
18:30- リノレア
19:00- Eisaku 
19:30- toutou
20:00- えんちゃん 
20:30- 月下陽香&井上タイキ 
21:00- バンドですよん
     …よろしくお願い致します。…

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









先月の6日から 
今月の6日までに 

私が書いた記事は7つだった。


2~3年前を想い起こせば 
更新は
とてもとても緩やかになった。

それで良いとも
思うようになった。


これ以上の無理を

必要に思わなくなった。




その7つの記事には 
3年近く関わりを絶って居た
父との出来事を書いて来た。


父が
胃の全摘手術を受ける前から
現在までの過程を 
ここに残しておいた。


【「孤独の中で「生」を選ばせた私。」(2016.8.6)】

【「死にたかった年月の方が長いのに」(2016.8.10)】

【「死なずに殺さずに在る為のバランスを問うて。」(2016.8.13)】

【「内臓と引き換えた鍵。」(2016.8.20)】

【「キズグチが生んだ果たし状。」(2016.8.26)】

【「死んだように生きるのか。」((2016.9.1)】

【「心が叫ぶ悲鳴を止める時。」((2016.9.6)】



父とは
ちょこちょこと
ショートメールをするようになった。

打ち間違いもあちこちにあるけれど 
父は
一生懸命メールを打ってくれるようになった。



昨日
父から届いたメールには 
お風呂掃除をした事が書かれて居た。



入院中に
掃除には行ったけれど

余りにも汚れすぎていて 
限界が在った。


まるで
ゴミ屋敷になってしまった
父の家の中の風呂場は 


湯船にも
もうずっとつかる事も無く 

簡単にシャワーを浴びるだけで 

後は
ほぼ放置されて
ボロボロになっていた。


その風呂場を 
丁寧に
一生懸命掃除をしたらしかった。


キレイになったよと
報告があった。


そして

「綺麗になったから入りにおいで」

と書かれて居た。そ


んな言葉を
私に送ってくれる父は 

私には

初めての父だった。





やっと 
今 
父は

本当に
変わろうとして居るように思える。


私が感じるに 

父は
今回
初めて

本当に

心底に

「死」を意識したのかも知れない。




手を繋いで向かったオペ室。


扉から向こうには
独りで 
その足で
入らなくてはならなくて 


そこから生きて帰って来れた時に 

それまでに 

病む程に痛んだ不足は 

自分の感情が
引き留めて居ただけの
過去で在る事を

理解出来たのかも知れない。



父は
胃袋と共に 
過去の憎しみを葬ったのかも知れない。



やっと 
そう思える思考を
知れたのかも知れない。


きっと
気付いた事が在ったのだろうと感じる。




術後
私と居る時に 

父が 

恨み辛みを吐いた事は
現時点で一度も無い。

誰かの悪口を吐いた事も
一度も無い。


私に対して
毒も吐いて居ない。


本当に変わった。

そう思う。




でも 

それこそ
魂が入れ替わったかのような状態でも
無いのだろうとも思う。



そこに近付いてみたい意識は 
自分にも在る事に
気付きながらも 


そこから動き出せなかった思考を 

動かせるように
なり始めたのかも知れない。






穏やかに
在ってくれたらと願う。

もう十分に恨んで来た。

憎んで来た。

羨んで来た。



そろそろ
満ちる感情も
探して欲しい。

毎日を喜んで欲しい。




例えば 

今暮らす家は 
もうボロボロでも 


風呂場が綺麗になれば 
娘に報告したくなるような気持ちや 


トイレを掃除するだけで 
気持ちの良い気持ち 


布団を干して見れば 
横たわる時に
心地の良い気持ち。



そういう事を
感じようと

動ける

心と身体を 

喜んで在れたなら 



きっと 
何でもない毎日は 


平べったい繰り返しでは無くて 

奥行きの在る感情に 
支えられるものへと 


少し変わりゆくのだと思う。




希望を取り戻して
生きてくれたらと願う。


また

時々は
会いに行く私になるから。





私は
今 
初めて 
本当に初めて 
父を好きだと思える。

大事だと 
初めて思った。


生きて居る内に
そう思えた今に感謝して居る。




命を掛けなければ

私達は
想い合える親子には
なれなかった事は
悲しい。



でも
それは仕方ないと理解してる。



私には
そう言う生き方を
神様が与えたのだろう。


不足が
犇めくような
人生の半分以上を
生きてしまった果てに 

やっとそれを知れる生き方を。







今日

荷物を送った。


先日やっと焼き上げた器を
大事な方に送りたくて。


そして
父にも荷物を送った。



雨の中 

抱えて郵便局に行った。


残業後 
本業にかかるまでの合間に 
一生懸命行った。



そんな想いも
届いてくれたらと
思いながら 

喜んで頂けるよう願い 
送った。




身体にも
心にも
環境にも 


日々

虚しさは
付き纏ってしまう。



それでも


誰かを想いながら

何かを起こせる幸せは 


まだ
私にも在る事に

感謝出来る人では在りたい。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。