❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

痛みに埋もれたままでは悲し過ぎてしまう。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



ベランダから 

窓際から 

今日は
何度も空を覗いて居る。


美しい水色の空に 
ぽつぽつと浮かぶ雲は 
とてものんびりとして居る。




私は

基本的に 
日々に
「暇だ」と感じる事が無い。

ゆっくり過ごす事もとても少ない。



本業は独りで行って居る。

全てを独りで行うから 
手間と時間が必要となる。

器ひとつ仕上げるまでには
最短でも2ヶ月を要する。



副業は
日曜祝日以外の週に4日〜6日 
朝から出勤して居る。

最近は人手不足で
ほぼ連日の残業。



朝5時半に起床して
出勤し残業し 

帰宅後に本業をし 

合間には 
通院と家事を消化したならば 
余る時間なんて無くて 


何かを起こす為には 
相当な無理をして
時間を絞り出すしか方法はない。




この夏は 
先月から
1日の休みも持てないままだった。

親の手術の為に 
本業を強引に止めて 
毎週のように
親の家と入院先の病院に通った。



24時間
回り続ける思考に 

激しく息切れをしながら 

それでも

止まる事無く走り続けるような1ヶ月。



幸いに
親は先日退院をし

毎週のように通い続ける生活からは
解放されて 

私は
私の
本来の忙しい生活の中に戻ってこれた。




この1ヶ月で 
体重も落ちたし 
肌もボロボロになって
しわも増えた。

髪も沢山抜けたし 

生理も先月から止まってしまってる。



身体のケアを意識しながら 
途中で止めるしかなかった本業を 
必死で早送りしながら進めてる。




今日は
朝から本焼き焼成中。


ご依頼の器の納期が迫って居る。

それに 
お祝いとお誕生日を兼ねて 
本当ならば
今日届くように送りたかった器も 

本焼きが間に合わぬままに 
やっと今焼かれている状態。



温度の管理をしながら 
空を覗いて。


少し先に 

まだ
生きて在れるように 

願う想いが在る。







「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】








ここを長く読んで下さって居る方に 
メッセージを頂いた。


その方は
以前に 

私なんかの言葉や歌に 
とても影響を受けたと
話して下さった事が在る。


有難い事だ。


こんな偏在なイキザマを 
受け止めて
感じて下さるなんて 

本当に有難い事だと思う。



その方は 
私を 


自分の
考えや生き方を
変えてくれた人の1人だと

おっしゃって下さった。



私に対して 


「陽さんは
 人の心に大きな影響を与えて
 生き方や感じ方を変えてくれるチカラがあります。」




言って下さった事が在った。



そしてこの度は 
先月から私が書いて居た
親の事について 
メッセージを下さった。


「お父様の人生も
 陽さんが変えられたのだと思いますよ。」

と。





私は
このブログに
何度も書いて来た出来事の中に 

楽曲や表現を 
奪われた 
盗まれた 
壊された事が

在る経験が在る。



今でも傷は癒えていない。


信じて居た者達にされた
それらは 
余りにも在り得ないと思える現実で 

私の心を
大きく裏切り
斬り付けた出来事だった。



それに対しても
言って下さった事が在る。


「盗られたり真似をされるのも
 きっと
 陽さんが
 相手の心に影響を与えすぎてしまうからかも知れないですよ。」

と。


「影響力を持って居る事に自信を持っていて下さい。」

と。




影響。


私自身は
あまり
人の影響を受けて変わるタイプでは無い。



痛みの実体験から 
変化を探すタイプで 

人の真似も好きな方では無いから 


良いなとか 
素敵だなとか 
想う事は沢山あっても 

だから変える事は少ない。



果たして
自分が
誰に
どんな影響を与えて居られるのかどうかは 
わからない。


でも
もしそれも本当だとしたら…

少し救われるような気がしたリした。






私の大好きな歌姫さまのひとりは 

とても美しい歌声と 
深い深い優しさを持って居て 


ご自身の毎日も
とても忙しく
大変で在るにも関わらず 


いつもいつも 
周りの人達に 
愛を与えて下さる方。


決して
押し付ける事も無く 
決め付ける事も無い。


ただ 
そっと寄り添いながら 

辛い時には 
その優しい手を差し伸べて下さる。


そんな人は少ない。


人は
それぞれに 
関わりが深まる時期こそ在れど 

結局は
自分の望みに叶わなければ 
遠退いてゆくように思う事も多い。



でも彼女は違った。




今年
月下陽香は
今日までに
1度だけライブをさせて頂いて居る。


そのライブも
彼女が
お声を掛けて下さって
実現した物だった。



彼女の歌の
ピアノ伴奏をされて居られる方のイベントに 
月下陽香も参加させて頂いた。



でも
それ以来

ステージを決められぬまま 
月日は流れていった。

苦しい苦しい毎日。




もう
回数をこなせない。



例えば
ほんの15分や20分の出演でも 

30分でも
1時間でも 

私にとっては苦痛は変わらない。


そこに辿り着くまでの練習 
当日の移動や歌に注ぐ体力 
精神力は 
長くても短くても
ほぼ変わらない。



しかも

月下陽香は 
基本的に
オリジナル楽曲でステージを展開して居て 

全ての楽曲が
基本的に長めの構成となっていて 


例えば
30分弱のステージなら 

ほとんど喋らずに
急ぎまくっても 

短めの楽曲ばかり選んでも 

4曲で限界。



だから 

それ以上に短い時間では 
申し訳ないけれど
厳し過ぎて 

出演を考える事が出来ない。



やりたい楽曲を
選ぶ事も出来ない状態で 

やりたいステージが出来ない上に 


たまにしか立てないステージを 
楽しみに想って下さって
遠方からも駆け付けて下さるお客さまにも 

2曲とか3曲とかしか
出来ないようなステージなら 

申し訳なくて
やりにくい想いも在る。



身体も

環境も 

もう
思うようには動かせないクセに 

そう言う希望を捨てる事も出来ない。




大勢が集まって
披露し合うセッションでは無く 

ライブとして板の上に立つならば 

表現にはこだわりが強いから 
やはり
その願いだけは捨てられない。




それでも
今の内に
もう少しステージの上に立って居たい。


なぜなら
私には

もう

あまり時間が無いから。




次を決められずに苦しんで居た
月下陽香に 

歌姫さまは
再びお声を掛けて下さった。
ご一緒しませんかと。


それも
また
意見の押し付けでは無く 
こちらの状況を
とてもお気遣い下さりながらのお誘いだった。


嬉しかった。

とても。

有難くてたまらなかった。


だけど
直ぐに返事をする事が出来なかった。



自分の体調や 
仕事の事や環境 
そして父の手術。

考える事が在り過ぎて 
お返事をするまでに1ヶ月かかった。





先日
やっと決心して 
お返事をした。

ご一緒させて頂きたいと 
メッセージを送って。

今日は
先程
主催の方にもメッセージを送信出来た。





2016年11月6日(日)

詳細はまだ未定。

場所は 
今年5月にもお世話になった
東梅田のB-flatさんになるかと思います。


色々と決まり次第 
ここにご報告させて頂きます。





今年
月下陽香がステージに立てるのは 
これが最後だと思います。

ひとりでも多くの方々に
ご来店を頂けたならとても幸せです。





私の身体に同居する
いくつかの持病は 


ほんの
2年とか3年とか前を思い出して 

今と並べたならば 


随分と
悪化をしてしまいました。




あの頃は
まだ 

歌う事は喜びでした。



でも

もう 

歌う事に喜べる私が 
見当たらなくなりました。


歌声を発する行為は
私には 
もう苦し過ぎるのです。


痛みや
痺れや
息苦しさに 
辛くてたまらないのです。



これは 
同じ苦痛を知らない人には
わからない事です。



自分にとって
とてもとても大切な事が 

大きな苦痛となってゆく悲しみは 

本当に
たまらなく
大きな苦痛です。



目指す場所も無いままに 

それこそ
死にたくなる一瞬が在る程の
しんどい練習を

重ねる事も 


もう
心は受け付けなくなりました。



目指す場所も無いのに 

命を削って練習をして 

一体何になるのか 
わからなくもなりました。




先月は父の事も在り 
1日の休みも無かった私は 
1日も練習をしませんでした。

出来ませんでした。


不安でも在りましたが 
安心もしました。


あんな苦しい想いを
しなくても良いと思うと 

少し楽でした。





今月に入り 
1ヶ月ぶりに歌いました。


今の自分が
どれくらいの歌声を出せるのか 
向き合ってみて。



落ち込みました。

1ヶ月ぶりで在る事も 
体調の悪さも在るのでしょうが 

やはり
持病の悪化も

また

新たに思い知りました。



もう
思うようには歌えない。

現実に砕けそうになりました。




あんなに歌いたかったのに 

歌は
私の生きる術だったのに 


ステージは
私の居場所だと信じて居たのに 


そんなのは
もう
昔の話なんだと思いました。




でも 
このまま
静かに消滅する事だけは

したくないとも

強く思って居ました。



まずは 
痛みだけに埋もれるような練習から
抜け出したいと思いました。





歌う事は
もう
私には
楽しみではなくなったのかも知れません。


でも。


「伝える」

と言う事に

こだわる表現は 

まだ
私には
喜びで在るようには思えました。



何を伝えようか 
どう伝えようか 

それぞれの楽曲を 
どう表現してみるのか 


そこに注ぎ 
辿り着く喜びは 

まだ
残って居るのではないだろうかと。





退院後 
魂が入れ替わったかのように 
穏やかに向き合い始めた
父の様子も 

私を動かしたひとつです。







「大丈夫。君は愛される。」


少し前の私よりも 

その意味が
分かるようにも思えるのです。





11月6日。


月下陽香としての私が
今年最後に目指す場所はそこです。


よろしくお願い申し上げます。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡