❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

キズグチが生んだ果たし状。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



この1ヶ月弱。


降り掛かる出来事に対し

思考は
余りにも目まぐるしくて 

休まる時間が無い。



時間も体力も金銭も 
ひたすらに
注ぎながらの日々を重ねてる。




目一杯に悩んでる。


だから

一生懸命に笑ってる。


前を見るしかないのだから。




一生懸命に
毎日を消化してる。


全ての仕事に 
一生懸命取り組んで 
大切にこなして 

職場やお客さまとの
会話のほんの一言も 
大事に大事に感じながら 

受け止めて居る。




長年の摂食障害から 

消化能力が酷く劣り 

消化も排泄も苦労しながらの生活は 

人並みに生きようとする程に 
毎日苦労するけれど 


口に出来る
食べ物の一口一口が



どれ程に有難いか 
身体と心に刻みながら 
暮らしてる。



笑ってる。

一生懸命笑ってる。

大変だから笑ってる。



油断すると
笑顔を忘れてしまうから 


意識して笑ってる。

とてもとても笑ってる。









「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】










親はまだ入院中。


手術は無事終わったから 
私に言わせれば 
1日でも長く入院して居てくれる方が 
食事の心配も要らず有難い。



先日見舞いに言った。


腹の真ん中 
ヘソから上を真っ直ぐ
縦に15センチ以上になるだろうか 

傷がまだ 
ホチキスで口を止められた状態で残って居た。



術後は 
両の下腹からも管が出て居り 
トイレも行けないから管で繋がれて居て 
背中にはブロック麻酔の管 
腕には点滴の管 
と言う状態だったけれど 

もうトイレも自分で行けるし 
腹の管もひとつになって居た。


出来るだけ歩くように言われていて 
腕からの点滴をガラガラと引き連れて 
腹からの管が繋がる袋もそこにぶら下げて 

よたよたと歩いても居た。



その日は
術後初めて水を飲んだらしかったが 
ほんの10CCほどで
満腹になってしまったそうだった。



胃袋が無くなったのだから 
仕方ない。
空腹感も無いらしい。
そりゃそうだね。



これから
毎日毎日気を付けながら 
今の身体で食べてゆく訓練を重ねるしかない。


今までのように 
人ばかり頼らずに 
言い訳して逃げずに 
生活を改めなければ 
生きてはゆけない。


この人に一体どこまで出来るのか 
想像するだけで 
自分に降り掛かるだろう重荷に 
胃痛が増す。




病院に行く前に 
親の家に寄った。

壊れたままのエアコンの設置工事をして貰って 
その間に掃除をした。



もう・・・。酷い。


長年の空き家ならともかく 
なぜ 
人が暮らしてる家が 
あそこまで汚れるのか。

ゴミ屋敷と言われても仕方ないような状態。



関わりを絶って居たこの3年近く。


それまでは
私は
行く度に大掃除してた。

いつもいつも
ゴミだらけでホコリだらけで 
雨戸まで締め切ったままで。


あちこち
必死で掃除しなくてはいけない
繰り返し。


私が最後に行った時以来 
手付かずに思えるような 
滅茶苦茶な家。



私は
この家に行っても
泊まる事は無い。
トイレも使わない。
お風呂にも入らない。

汚くて使いたくない。


いつもいつも掃除しながら 
嫌で嫌でたまらなくて。


3年振りに行けば 
やっぱりまた 
私がするしか無い事になって居る。


もううんざり。



今回は受け入れて我慢した。

目眩がしてくるまで
ひたすら掃除した。


古い家だから
あちこちボロボロなのは
もう仕方ない。

それと汚いのとは違う。



もう
言葉にするのが
恥ずかしくて情けない程に酷かった。



掃除して
掃除して
掃除して。


キッチンには 
介護食のお粥や冷凍食品も 
栄養ドリンクやゼリーやスープ 
経口補水液 

思い付く食料も
出来る限りストックしてきた。




「もう知らないよ。」
「最後のチャンスだよ。」

心の中で繰り返してる。



胃袋全部没収されて 
痛い怖い想いして 

いい加減
今度こそ変わらなければ 

私は
もう
欠片の後悔も無く親を捨てる。

今度は本当に捨てる。




時間が許す限り掃除して 
車には
大量のゴミを詰め込んだ。

これもいつもそう。


親の家に行くと 
帰りの車はゴミでいっぱい。




掃除された部屋に 
「おかえり」って迎えて貰った事は
たった一度も無いや。


一度でも
そう言う事

よく
親がしてくれそうな事

されてみたかったんだよ。


得られないってもうわかってるけど。




出来る範囲で片付けた部屋。


親がいつも座る場所に
座れば直ぐにわかるように 

テーブルの上に 

新しいエアコンの説明書と
リモコンを並べて置いた。


介護食の事を書いた物や 
必要な物を置いて。


そこに 

先日書いた手紙を置いた。




手紙。

私に言わせれば 

最後の
果たし状
かも知れない。



ずっと言いたかった事を書いた。

親に対して 
親の最低な性格も言動も 
訴えた。


変わらなければ
次はもう無いと言う事も書いた。




退院日は
まだ決まって居ないが 

恐らくは平日で 
私は
仕事が在るから迎えに行く気は無い。


退院するのだから 
自力で帰れるはずだし 
自分の生活を
出来る限り犠牲にはしたくない。


もう
この1ヶ月は 
十分に犠牲にして来たし 

退院は 
自立への始めの一歩だから 
自分で頑張ってくれたら良い。



胃袋を失った身体で 
やっと家に帰って 
片付いた部屋に入り 

新しくなったエアコンを付けて。


親は手紙を読むのだろう。


心は大きく痛むだろう。



それで良い。
痛む程良い。

二度と忘れぬ位に 
痛んだ方が良い。


酒に逃げられない生活の中で 
やり直した方が良い。

生活する事を考え直した方が良い。



まだ60代。

自分で出来る事は
自分でする気力を
まともに立ち上げて欲しい。


お互いに
自立してこそ
支え合えるのが 
在るべき繋がりなのだと思う。




仕事も家事も通院も 
当たり前に詰め込んで
繰り返される日々の

隙間は全て 

親の世話に注いで過ぎゆく今月。


その更に隙間に 
ある場所に寄った。



30分弱程の時間で済む位の事なのだけれど 

ここ何年か 
もう一度見てみたいと思って居た景色が在った。



現在のそこが
どうなっているのか知りたいと
思っても居た。




まだ

家族は4人だった。


父と母と私と妹。

社宅で暮らしてた頃。

今でも夢で見る事が在る。



学校の帰り 
大きな道の信号。

青になったら渡る。


そこからは
もう社宅が見える。

長い長い道。


少しだけカーブしながらの1本道。


両サイドは畑。

畑に挟まれた道を 
もう見えて居る社宅まで歩く。


その道はとても長かった。
社宅は見えて居るのに 
遠かった。



昔歩いた通学路。

車で走って貰えた。

景色が変わり過ぎて 
記憶と重なるものが見当たらなくて 
迷って。

ナビで辿り着いた。



驚いた。

道の狭い事狭い事。


子供の私には
広かった記憶が残って居たのに 
実際には
狭い狭い道だった。


当時在った物のほとんどが
もう無くて。



見覚えの在る大きな木も 

多分これだろうと思う位で。

当時の友人の家ももう無くて。



記憶の中の大きな道の信号も 
2車線の狭い道を渡る信号で。


信号から見えて居た社宅は見えなくて。


畑だった広い土地には
家がいっぱいで。



恐らくはここだと思いながら
信号を渡り 
記憶の方向へ歩いても

社宅は見当たらず。


信号から
遠くに思えて居た社宅の場所 

ここかも知れないと思った場所は 


これから分譲されるような更地で 
信号からは直ぐで。




幼い子供の視界と言うものを 
初めて
知ったように思った。


子を持つ人なら
気付いて居る
当たり前の事かも知れないが 


私には初めての感情だった。




小さな頃の私が
見て感じて居た景色は 

大人の私には

とてもミニチュアな世界で 


それでも
幼い私には 

広い広い世界で 

とても眩しかったのだと言う事。




もう

何も無いんだと思った。


当時はもう別世界で。

どこにも無い。



今を生きて居ると言う事なのだろう。




私の中に
ずっと住み付いて居る
もう一人の私。


インナーチャイルド。

アダルトチルドレン。



幼い私は
少しだけ
大人になりたがって居るように思えた。


私の中の幼児は 

最近は走り回らない。


もう
沢山の玩具が無くても
不安にはならない。






月下陽香は
今月は
1曲も歌う事無く過ぎる。

相棒さんの顔も見ていない。


毎日は 

副業に疲れ果てながら 
本業を続け 

家事をこなし 

通院をし 

使い果たして過ぎゆく繰り返し。



ただでさえ 
そうで在り 

ほんの1~2時間の練習すら 

週に一度でも 
生み出す事に 
身体も心も苦労してる。



私にとって 
日々に 
音楽に関われる時間を作る事は 
物凄く
ものすごく 
無理をして調整して 
頑張って頑張って
やっとの事で。



それでも

必死になって 
ものすごく必死になって 
続けて来た事で。


だけれど 

基本的には
いつも 
そこでは
何かを失うようで。

いつも
何かしらに傷付きもしながら 

我慢を重ね続ける事にも果ててしまい。



傷んでも痛んでも続けて来た事が 

今は
どうか
少しでも 

「良かった」と思える形で 

締め括ってゆける環境を
得られたならばと 
一番に願ってる。




少し先にひとつ 
有難い事に
ステージのお話を頂いて居る。


喜ばしい事なのに 
まだ答えを出せない。

お返事も出来て居ない。


連日
背負う者が多過ぎて 
心身共に
朽ちてゆく一方で 


その日までに
私は

月下陽香を仕上げられるのか 

まだ全く描けても居ない。



退院の目処が立つ頃には 
判断をしなければと思う。




私は
このままで
歌を失ってしまうのだろうか。


せめて

思い残す事が
ひとつでも減るように 

やり残した想いが
少しでも数少なく逝けるように 

もう一度 


長いステージに


上がりたい。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡