❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

死にたかった年月の方が長いのに。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



今 
突然に
様々な出来事に襲われ 


毎日は 

目まぐるしく
忙しく 


日に
何度も 
変わりゆくスケジュールを確認し調整し 


これからの
すぐ先に
受け入れなければならない現実を 


受け止めて居るようで 


本当は
まだきっと 

どこかでは
嘘のようでも在り 


しかし
本当は
そうでは無い事も
理解出来て居り 


とにかく 

本当に本当に 
今日の私には 

身体にも
心にも 

余裕なんて無くて 


暫くは休日も無い状況で 


いくつもの事を
同時進行させながら 



死なずに
殺さずに
在れるやり方を 


思考を止めずに考え続けて居る。




もう既に体調が悪い。

それでも
今は
もう止まれない。
それどころでは無い。



ひとつひとつ
起こす言動を自分に問う。



それは
絶対にしなければならないのか。


それをしない事で後悔をするか。



後悔をするくらいなら 
しておく方が良い。



やらされてる訳では無い。

押し付けられて居る訳でも無い。


今は
自分で選んで動いて居ると思う。

そうしようと思って
そうして居る。




ひとつ
据えた腹が在るから。

今はそうしてる。









「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









昨年の今頃は 

私は
交通事故に遭って 

以来半年間
きちんと歩けずに過ごしてた。



今年の8月は
 
3年近い年月 
距離を置き 
顔も見なかった家族が 

胃の全摘手術をする事となり 


それを知り 
先日会って来た所だ。


前回の記事にも触れて居る。

【「孤独の中で「生」を選ばせた私。」(2016.8.7)】





久し振りの顔は
とてもとても痩せて居た。

とてもとても。


本当にとても。



病院で止められたそうだが 

本人の希望も在り 
少しだけビールを持って行った。



胃を取られてしまう前に 
大好きなアルコールを
飲んでおきたかったようだ。

もし私だったら
きっと飲むと思うから止めなかった。



しばらくは飲めないし 
その後も
もう
これまでのようには飲めない。


だからもう
酒癖で人を傷付ける事も
無くなるかも知れないね。



入院前日に
少し飲んでおきたいと 

発泡酒を買って来て欲しいと言われた。



覚悟を決めた最後のお酒なら 
ビールにすれば良いのに。


だから
値段も高めのビールを選んで持って行った。


手料理と 
お寿司とお造りと。
持って行った。



昼食に少し飲んで
久し振りに話した。


夕食は独りにしてしまうけれど 
少しのビールと夕食を置いて来た。




数時間 
久し振りに親宅で過ごした時間 


翌日から入院するから 
冷蔵庫の整理や掃除をして。 


ご近所で唯一
うちのミカタをしてくれるご夫婦に
ご挨拶をしたり。


そこでは
知らなかった事を沢山聞いたり。





何よりも理解出来たのは 

当人が
とてもとても寂しかった事。



私が 

本気で
疲れ果てて距離を置いた事に対して 


在る頃から
とても自分を責めて
悔やんでいたと言う事。



睡眠薬とアルコールで 
死を選ぼうとした事。


生きる選択に行き着いた時に 
孫の顔が見たいと
つくづく思ったらしい事。





この家族が
今の感じで 

それこそ10年とか昔なら… 


私も
ひょっとしたら
産む事を選んだりしたかも知れないけれど。


それは
もしかしたらの話であって。 


何がどう変わろうが
もう叶えては上げられない。



仮に私が子を産んで居たとして 

そこには
以前の家族が 
大きく関わるはずで…。



そんな事になったら 

私は

子と親の世話に追い詰められて 

当時は猫の看護もして居て。


きっと
私の精神は破壊されて 


夫婦は
間違いなく 
自分の両親のように破綻するだろうし 


私と
私の親に育てられたなら 

その子は
もう一人の私になってしまうだけだろう。



自分の感情で
安易に選べない。


子供は
寂しさの穴埋めでは無い。



幸いなのか 
残念なのか 
もう適齢期でもないし 
身体も悪いしね 


これからの手術もあるから 

そんなのは
親の
叶わない夢の欠片でしかない。


話を聞いてあげるだけ。
特にきっと
今は不安なのだろうから。




それよりも 
私は
これからをどうすれば良いのか 


考えて考えて 


私まで
胃が痛い連日を過ごしてる。


衝撃が
心に大き過ぎたんだよね。



知って以来ずっと 
脳みそフル回転で考えながら 

ずっと 

やたら喋ってたり 
動いてたり。

何かがおかしいままだしね。





仕事もあるし 
自分の通院も生活もあるから 

親のそばで泊まり込む事も 
親をここに呼ぶ事も出来ない。



でも
落ち着くまでは
極力行こうと思いながら 
スケジュールを調整していて。



まずは

月曜に入院した親が 
これから手術を受けて
術後が落ち着くまでの事と共に 

退院後の生活に起こるトラブルを
ひとつでも回避して 

健康を取り戻してゆく準備を考えて居る。




とにかく
早急に
親宅にクーラーを付けたい。

壊れたままになって居た。


あんな暑い中で 
術後の身体が
耐えられるとは思えない。

高いのは買えないけれど 
手配を始めた。




処方食も 
胃がん患者用の物は見付からなくて。


でも
介護食で使えそうなものがあったから 
カタログをさっき注文した。



毎夜 
翌日からやる事を紙に書き出して 

翌朝から 
ひとつずつ
潰してく繰り返し。





数年振りに
親の顔を見た帰りに 

友人のお店に寄った。


小さなお土産を届けたかったのと 

何よりも彼女の顔が見たかったのだと思う。



この先
親に会いに行く度に寄れる訳では無いし 

とてもお顔が見たくて
突然に寄った。

少し話せてほっとした。
会えてほっとした。





親は
私の顔がわからなかった。

「変わった」と何度も言って居た。



数年振りだからだと思ったけれど 

なんと
友人も 

始め誰だかわからなかったと言って居た。




きっとね 
やっぱりね 


このほんの数日とかで 
目一杯に考えて走り回って 
張り詰めて
無駄に気を張って居るからだろうね。



数日で一気に老けた気がするわ…。

私。







死にたくて

死にたくて 

たまらなかった時代が在る。


長い長い時代。



私の人生は

まだ 

摂食障害者で在った年月の方が長いし 

死にたいと思いながら
生きて居た

時間の方が

遥かに長い。




生きて居て良かったと 
生きて居たいと 

とてもとても
苦しくても 

まだこの世に在りたいと 



こんなにも
強く願うようになったのが


きっと
この1年とか2年とかのように思う。



本当にここ最近の事だと思う。



自分が
スピードを上げながら朽ちゆく現実を
ついに心底に感じるようになり 
そう思い始めた。



そして

そうなったこのタイミングで 

親は
胃袋を失う事となった。



酒が好きで好きで 
酒癖がとても悪くて 
飲んでは人を傷付けて。


そんな親から
神様は
胃袋を没収する。





私も
いつ同じ目に合うかわからない。


拒食 
過食嘔吐を繰り返して

何十年も傷めつけてきた内臓は 


親以上に 
いつ同じ状況に追い込まれるかもわからない。




親が癌になったのは 

最悪な食事バランスと 
大量のアルコールと 

何よりも

「寂しさ」と「ストレス」

だったのだと思う。


これは全部繋がる。



手を繋いで 
人も自分も
駄目にして来たのだと思う。





今年の夏は
きっとあっという間に過ぎる。



どうか
これ以上悪化せずに 
生きて在りながら
越えさせて欲しいと 

物凄く願う。





想い事を
目一杯に走り書きな感じだね。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡