❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

孤独の中で「生」を選ばせた私。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



陽射しの強さに
肌がヒリヒリと痺れる。


連日の夕立には 
少し迷惑もしてる。


毎日は

ひたすらに過ぎる。



在る頃から
どんどんと強まり 

最近では
異常な程に育ち 

胸を占める想いが在った。


「あと少ししかない」。




色々な意味が在る。


ここに暮らせるのも
本当に
あと少しになってしまったようだ。



そして
この身体は 

どうしても
悪化してゆく事も 
ひしひしと感じて居る。



自分の身体が
どれ程に正常ではもう無いのか 
自分が
一番にわかってしまい 

恐怖と不安は付き纏う。




ここに居られなくなると言う事は 

月下陽香の終わりも意味してる。


現在のギタリストと
共に在れない活動は 
もう出来ない。


この身体と精神では
もう出来ない。



身体も
既に 
音楽活動の中で
身動きが取れなくなって居るのだから 

時間の問題ともいえるが 


そうでなくても 

また
新たな土地で

一から 
環境を作れるほどの 
余裕もチカラも
もう底を尽きて居る。



そう言う意味で

「あと少ししかない」

と言う焦りと共に 


命も
もう
周りの皆ほどには長くないのだろうと 
とてもとても思えてしまう状況に 
更に
その焦りと悲しみは増す。




身辺整理にムキになる。


徹底的に物を捨てて 
次々と捨てて。



毎日の
小さな出来事の
ひとつひとつに気を向ける。


夕食の小鉢ひとつでも 
一生懸命考えて作る。


一口を食べる幸せを 
もう忘れないように刻む。


「今の内」。

全ては「今の内」。



そして。


やり残した事は無いか
日々巡らせる。


せめて
あと一度 


長い時間の板の上に立って
納得をしたい。







「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









私は
このブログ
「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」に 


なんて無い日々の出来事や
想いだけでは無く 


この人生の過程も書き遺してきた。



摂食障害者で在り 

自傷癖者で在った年月
の出来事 



その私が
発症から今日まで 
生きて来た過程を 


自分なりに
沢山 
ここに 
言葉として書き遺して居る。



ここがいつまで在るのかわからない。

いつかは消える。

ネットのゴミになって消える。


ただ
まだ
今はここに在って。


更新も難しくなって居るけれど 


時々でも
まだこうして 
言葉を紡いで生きて居られてる。





過程を綴って来た中で 

私は
両親についても多くを記してきた。



大きな抑圧と
深い束縛で 
私を洗脳して壊した母親。


私の上司の女になって 
妹を連れて消えた母親。



残された父と 
残った私も 
関係は上手くはいかなかった。


それでも

「親だから私がしなくてはいけない」

と思う思考にも叩かれて 


私は
私なりに
一生懸命に 


その関係の
修復や継続に
注いでも来たと思う。



それでも
とうとう心が途切れて。


もう無理だと思った。



これ以上
こんな状態が続けば 

私は
私を殺してしまうと思った。


死にたくてたまらないと思った。



父のそばに居るだけで 
苛立って冷静ではいられなくなって 
声を聞くだけで
吐き気を覚えるようにもなった。




次第に
冷たい言葉しか父に吐かなって。

私は
父との交流を絶った。


徹底して避けた。

電話も出ず。
留守電もオフ。



それは 

2年以上…

もう
3年とかになってしまうように思う。



今はそうしたいと思った。

でないともう駄目だと思った。



人なんて 
何をどんなにどうしようと 

最後には
きっと必ず
どこかに後悔を知る。

そう思って居る。



ならば 
私は

もうそろそろ 

自分の心を
大切にしてみたいと
心底思い始めた。


必要以上の我慢を
しなくてはいけないと 

どうしても
思考はその方向へと動き 

壊れてしまう繰り返し。



嫌な事は嫌だと言いたい。

出来ない事は出来ないと言いたい。


でも出来ない。


拒否出来ると言う事は 

相手に
きちんと受け入れられて居ると
案じて在るからだと思う。



私が
自分の意見を述べた時に 


それが
相手には同感では無くても 
認めて貰える関係性が 

私には無さ過ぎたようにも思えた。



自分に正直に在りたい。

出来ない事は
出来ないと

断れる関係性こそ 


出来る時には
一生懸命に
本気で
見返り無く与えられる
繋がりでも在るだろうにと思えた。





私には 
付き合いの在る親戚も居ない。

父しか居ない。


なのに私は父を遠ざけた。

独りにした。



自分を責めなかった日は無い。


それでも
今はそうするんだと決めて居た。


だから
とことん無視してやった。






少し前から
知らない番号の着信が続いて居た。


先日葉書が届いた。


大人になってからは
数える程しか会った事も無く 
顔もわからない叔父さんからだった。



色々と在るとは思うが
一度連絡が欲しい

との事。

兄(私の父)が
胃の摘出手術をするからと。





私の心は大きく動揺をした。


とても冷静で 
とても揺れて居て 
叔父さんに連絡をして。


その後。


父の家の番号にかけた。



やはり冷静では無かったんだ。
番号を間違えて掛けた。
2回目に父にかけられた。


受話器の向こうの父の声。


父は

私の声がわからなかった。



久し振りに 
久し振りに 
45分話した。



身体の事 
手術の事 

近況 


そして

なぜ
私が父を避けてきたのか。





受話器の向こうの父は 

もう
最後の酒かも知れないと 
叔父さんと飲んで居た後だったらしく 

酔ってはいたけれど 


もう

酔っぱらって居ても

私に
毒を吐かなかった。


泣いて居た。



叔父さんからの連絡は
父が頼んだ物では無かった。


父は
私には言わずに居るつもりだったようだ。





会わずに居た年月に 

一時期は
ピークの頃よりも20キロ程痩せたらしく 

それでも最近は食欲も在り 
少し太った位だったらしい。


自覚症状はないのに。

胃の全摘と
腸もかなりを摘出する可能性があるとの事。






酒癖の悪い人だった。
本当に苦労した。

だけど本当に酒が好きな人だった。


食事は不摂生で 

私が一緒に暮らさなくなってからは 
ずっとずっと
まともな食事なんてしていなかった。



いつも
同じような惣菜や弁当で 
後はアルコール。


少しのゴルフと
アルコールが
楽しみな人だった。




その父から 

神様は 

胃袋を

ごっそり奪う。





私ならどうしただろうか。


もう
思う存分に飲んで食べて 
死んでしまうのかも知れない。

子も居ない私には 
愛する人が居なければ 
延命する意味が無い。




父は 
胃を全摘しても 
生きる事を選んだと言って居た。



その決断を

独りでした父は

どんなに
悲しくて苦しかっただろうか。





私は
やはり後悔をした。


遠ざけた3年。

孤独にさせた3年。



でも。

思う。


そうして居なければ 
今の私は無い。



こうして
また父と話す私は
きっと居ない。



疲れ果てて 
それこそ 
こうなった父を
見捨てたかも知れない。



父も変わって居た。

声を荒げなくなって居た。





きっと
無駄では無かった3年だと
思えるように 

これからの事を考えて居る。




まず
明日父に会いに行く。


胃を失う前の父との
最後の食事をする。



明後日の朝から
父は入院をする。

だから
何でも沢山食べる事も出来ない。



胃に優しい物を少量 
下ごしらえをしてる。


手料理も
もう
3年程食べさせてやっても居ない。



作って持って行く。



本当はいけないけれど 
父が望むから 
少しだけアルコールも持参する。

高い美味しいビールを
少しだけ飲ませてあげたいと思う。


お昼に
少しだけ食事をして
来ようと思う。




16日か17日には
手術の予定らしい。


事情を話したら 
店長がお盆休みをくれた。


うちの職場は
お盆休みは無いのに。


だから少しは会いに行けるだろう。





例えば
一緒に暮らすとか 
そう言うのは
今は考えられない。


環境的にも無理だ。


私も
そこまで背負えるほどには 
全てに置いて復活もして居ない。




でも。

今は
今出来る事をしておきたい。





父にパジャマを買ってきた。


父に何かを買う事が
久し振りだった。



迷って選んで買ってきた。






毎日は
どこかで大きく動揺を連れて居る。



きっと大丈夫なのだけれど。



今は涙がやたらと出るから 


必死になって
笑って動いて 

動揺を遠ざけるようにしてる。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: