❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

真実は膿を溜め込んだまま。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



何重もに
重なる

かさぶたは 


少し押せば 

ブヨブヨと揺らぎ 

まるで
歯を支えられなくなった歯茎のような 


もう
立ち直れはしない傷みまでを感じ 



一見は
治まりつつ在るようで 


実は
その奥には 

未だ

膿が
水溜りのように

集まって熟し 


奥の方が痛む事を 

この胸は知って居た。



もうずっと前から。

知って居た。



どうにかして 
傷を治そうと 


出来る限りの事を試しては来た。



歌も
仕事も
人との関わりも。




膿を隠すように
かさぶたを
重ね着る事は
出来て居たはずだった。



でも奥は癒えない。


じゅくじゅくと熟れたまま。



熟れて
熟れて

異臭を放つ。




いつも無理をするから。


歌も仕事も。


特に
人との関わりは 
私には難しく 

常に
本当の自分を隠しながらで無ければ
在れなかったから。



いつも必ず
大きな大きな我慢をしてた。

必要以上に我慢をしてた。



我慢して我慢して 

時間もお金も精神も 
犠牲にしてまでも
注いで 

失ってしまう。



心の真ん中の
とてもとても
大切な物を 
失ってゆく。

繰り返し繰り返し。



時には
人の一言一言に 
必死で反応しては
応えて 


残りのチャンスまでも
無くしてしまう。



言った人達は
覚えてなんか居ないのに。






私は
とても苦しんで居る。


今に限ってでは無い。


ずっと続いて来た事。





一度は失った歌声。

血を吐く想いで
年月を掛けて
やっと戻れた歌の世界。



それは永遠では無い。
長く続く物では無い。

ごく僅か 
恐らくは
数年の
限られたもの。



今の内にと
必死で走りながら進む道は 
いつも誰かに邪魔をされながら 

それでも
もがいて足掻いて 

命を掛けて進んで来たけれど 

とうとう
もう動けなくなって。




例えば…。
知り合いのライブひとつ 
イベントひとつ 
出掛ける事も難しい。


行きたいと
会いたいと
思い描く事は多々在る。

それでも行けない。



仕事と通院と家事を
コツコツと真面目にこなせば 

動ける身体も 

人と会って話せる精神も 

もうどこにも残って居ない。


電車に乗って
現地に辿り着き 

そこで
笑って話して楽しめるとは
もう思えない。


更に
そこから帰宅して
翌日も変わらずに出勤できる程 

私の身体は元気では無い。




もう
ずっと
歌う事が辛い。


身体には
とても過酷だ。


だから歌うのは苦しい。



でも
それは

きっと
歌が嫌いになったのではないのかも知れない。



手持ちのCDも
もうほとんどを捨てた。

日々に音楽を置く事はとても少ない。


音楽は悲しみを突き付ける。

失ってゆく悲しみを知らしめる。



もし
今の私が 

少しの無理で 

少しの頑張りで 

行きたい所に行ける状態で在るならば 


ここまで苦しみはしない。



人が居る場所へ
辿り着き過ごせる私ならば 


ここまでの悲しみを
連れ歩いても居ない。



もっと簡単に 
次のステージの予定も立てて 

そこに向かう為の練習にも
向かって在れるのだろう。




例えば 

短い時間とか 

もっと気楽に参加できそうなものに
出演する事などを
考えてはどうか 

と 
言うような事を言われた事は何度か在る。



それはそれで 
応えようと頑張ってみたりもした。


その上で思う。


それは

やっぱり 

動ける人の意見でしかない。



例えば
それが 

30分でも 
60分でも 


私にとっては
同じ位の命を削る。


だから
数はもう出来ない。


だからこそ 
ある程度の時間が欲しい。



滅多に出来ない 

年に1回とか2回とか 
そんなチャンスしかないのが 
もう現状で 


それよりも
ずっとずっと多い数の練習のほとんどは 

目標も無いままに
酷使する繰り返しでしかないのは 

ひたすらに苦痛になる。



同じ
命を削るなら 

ある程度の時間の中で 

選曲に広がりを持てる範囲で 

セットリストを練り 
世界を描き 

目標に掲げ
重ねる練習がしたいし 


そう言う練習が出来るステージが
ひとつで良いから欲しい。




少し前までなら 

2年程前までなら 


無理をしてでも
自分で立ち上げる事も出来たのだろうけれど 

もうそれも出来ない。

裏側で走り回る事も
もう出来ない。





もう
あまり
ここにも居られない。


残りの時間をどうすれば良いのだろう・・・。


毎日考えて居る。


考えて考えて 


まだ何も見えてこない。







「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】








2週連続で練習を休んで 
今週は少しだけ練習時間を作れた。


会えなかった間にも
ギタリストさんは
差し入れを届けてくれて居たけれど 

会うのは3週間ぶりだった。



練習とは言っても
2曲しか歌って居ない。


雑談
(と言うより「ぼやき」やね)して

おやつ食べて少し飲んで。

鍼灸師さんの彼に鍼をして貰ってたり。



練習に使って居るカラオケボックスは 
夏休みの学生たちがいっぱいで 

どの部屋からも 
歌声が聴こえて楽しそうで。


私達の部屋だけが 
音も切られて
とても静かで。





このところ
時間を集めては
掃除ばかりして居て。


過去に関わる物を
次々と捨てていて。


大阪に来る時に
少しだけ残して持って来ていた写真とかも 
次々捨てて。





過去に

自傷姿を
写真として

晒したポスターの原盤も

とうとう捨てて。


大阪で
やっと

音楽に復帰した時の
バンドの音源も捨てた。




思い出したい過去は
私にはとても少ない。


振り返る過去の中に 


今よりも
大きな幸せなんて

きっと無い。



過去は

汚点でしかない。


引き継ぐ子が居る訳でも無い。


懐かしく見直す事だって
無いのだから 
要らないだろう。



でも
ちょっと笑える気がする写真が出て来て。
ギタリストさんにも見せてみた。





時代を感じる写真。


生き延びてしまって
40代を生きて在る私の20年程昔。


「 1970年代 」 と言われる時代に
生まれた人達には
雰囲気が伝わるかなぁ・・・


まだ
ハードロックバンドで歌ってた頃の
スタジオでの写真。


今も繋がってくれて居る
大切な女性がひとり居るのだけれど 

彼女と出会った頃だったなぁと思う。





あとは
この数年後の証明写真。


多分
履歴書に貼った残りなんだけど‥。


一体私は
どこを受ける為に 
この写真で履歴書を出したんだろうね。




今 
日々悩んでるけど…。


そんな今よりも 

この頃は

孤独でたまらなかった。



今よりも

周りには

「仲間」みたいな人達は沢山居ただろうし 

音楽仲間も多かったし 

色んな仕事してたから知り合いも多かったし 

同級生ともよく遊んだりもしてたけど。




まだ 

摂食障害も

自傷癖も 

誰にも言えないままで 



毎日のように 

嘔吐や自傷を繰り返しながら 


隠して
装って 

男に依存して

歌に依存して 

酒とタバコにしがみついて 


早く死にたくて
死にたくて 

息をしてた

長い長い時代。





このブログの記事に 

それらの過程は
もう
いっぱい書き遺したけれど 


そう 


そんな時代だった。



毎日が冷たい時代。


心の指先は
いつも
凍えて
震えて居ながら 


途方に暮れて居た時代。








この週の後半は
副業は休みを貰って居る。


通院が沢山在って。

今週なら休みを貰えそうだったから 
そこに検査をずらして詰め込んで 
副業は少し連休。


合間に
少し買い物に出掛けた。



置き物とか 
オモチャは 
もう買わないで居たいと思って居るのに 


買ってきてしまったのは
この子。


玄関の門番にした
ブタちゃんの「ぶちこ」。



「ぶちこ」って言う名前の競走馬が居るけど 

我が家の「ぶちこ」はブタちゃん。


今日も
これから検査。


帰宅後は掃除と本業だね。






次に歌えるのはいつだろう・・・。


良かったらYouTubeご覧下さいね。









★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: