❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

癒えぬ深い痛手。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



体調は


今までに無かったような
違和感を連れながら 

ピリピリと
ケアにも臨む物の 


なかなか改善は見られぬままに 


不安ばかりが育ち
怖くて怯えてしまう。



試して見て居る薬にも
効果は感じられず 

嫌な予感が
現実となりゆくのではないかと言う 

とてもとても
嫌で苦しい思考に 

潰れそうにもなる。








「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】










会社は欠勤せずに通ってる。
残業もきっちり終えて帰宅する。


しばらく本業は出来なかった。


家に帰って来るのがやっとで 
もう何も出来なくて
横になって居た。



やっと
この数日は 
少しだけは作陶作業をして居る。






楽曲をまとめて居るファイルが在る。

いくつか在る。


その中でひとつ 
辛くて放置して居るままの物が在る。



捨てようと
思い切って手に取って

中を見た。





ライブの更新が無い限り 
基本的に触って居ない 
サイトが在る。


音楽に復帰出来てから 

一番初めに立ちあげたサイト。


今では
ここ
「癒え待ちよすが」が
メインだけれど 



当時はここが無くて 

その小さなサイトが
月下陽香のオフィシャルサイトだった。

【「陽おふぃしゃるさいと。】


この中の 

楽曲の歌詞を紹介して居る場所に 

ひとつ 
「殺された歌」が在る。



当時のバンドメンバーに
殺された楽曲 

すなわち私の命。

イキザマ散華。




何日もを掛けて
懸命に
言の葉を紡ぎ繋ぎ 

必死で音に乗せて 

歌とした楽曲。




過程を綴る記事達の中で 

何度も書いても来たが 

当時
バンドメンバーの1人が 


この楽曲を盗んで壊した。


歌詞はそっくりそのままで 

何の了承も無く 
全く違う曲を付けて 


正しいのは自分だと言い張り 

あちこちで歌い始めた。



何度も言った。

私は

何度も何度も
何百回も繰り返し訴えた。


それが
絶対にしてはならない事であると言う事。


それでも彼は認めなかった。


私を責め続けた。



彼は
私にとって

許せない人間の1人となった。



今でも許しては居ない。


彼が
目の前に倒れて居て 

その息が途絶えそうであっても 

私は
知らんふりをするだろう。


それ位
私の中で
彼は

「人間」では無い。





その時の 

自分が
メンバーに渡した 

歌詞とコードが書き込まれた
手書きの紙が出て来た。


そして。

彼が 
偉そうに私に渡した 

その楽曲に
勝手に付けられた 
全く違う曲のコードを書かれた紙も出て来た。




ぞっとした。

胃が締め付けられるように痛んで 
息が詰まりそうになった。


当時の記憶がリアルに蘇った。




見るんじゃなかった・・・。



全部捨てた。

ファイルごと捨てた。



私が

自分の音楽のスタイルを


「私なんか」

としか言えなくなったのは 


その経験が在ったからだ。



そして 

いまだそう言いながら 

卑下して
萎縮してしまうのは 


その後
出会い 

心底信じて 
兄のように慕い 

その人の家族まで信じて愛し 
付き合っていた

その人までが 


私の楽曲タイトルを乱用し 
歌詞を無断で引用し 

深く大きく裏切ったからだ。




私は 


月下陽香の楽曲の

「毒華」を歌う度に 
「アゲハ蝶」を歌う度に 
「浮草情火」を歌う度に 


思い出してしまう。


彼にされた事を思い出してしまうんだ。





心から
信じて繋がって居た者に 
一番されたくない事をされて 

言葉だけの詫びを受け 

許せない自分を責め続け 
ボロボロになって。


結局

私は
未だ

萎縮したまま 


しかも 

この身体は
活動をほとんど出来なくなり 


私を
こんな風に傷付けても 
変わらず動ける奴らに 


良い想いは
やはり出来ない。





そんな感情にも
疲れてしまう程の 

体調の悪化と恐怖。



痛むものを
ひとつでも捨てたくて。



ファイルも捨てたし 

関わる物も全部捨てた。


死ね
と思いながら捨てた。






今持って居る幸せを
抱き締めて生きたいんだ。

少しでも

穏やかに生きたいんだ。






大切に想う者に 

斬り付けられたなら 

構えずに
全部受けてしまって 

深い痛手を負い 

元には戻れない。



慕う者に殺されるのは
もう嫌だ。



だから
私は

どこかで
鍵を掛けたまま 


ガラス越しに
人を見てしまうのかも知れない。






本当に辛い時ほどに 

私には
いつも必ず何かが起こされる。


いつもそう。

今回もやはりそう・・。




夕べ遅い時間…

携帯と自宅に掛かって来た
電話の番号は父だった。



一気に胃が締め付けられて 
叫びそうになった。

ぐちゃぐちゃになった。



私の心は
まだ 

父にされた事を乗り越えて居ない。



これ以上
もう背負えない。

声も聞きたくない。


また眠れなかった。



殺されてしまう。
そう真剣に思える。


急いで手紙を書いた。

電話もメールもしたくない。


とは言え
長文を書く想いも無い。

葉書に書いた。

書いて直ぐに投函した。


上手くゆけば
明日には着くだろう。


でも
明日にしか着かない訳で。



今日
この後も
電話が鳴らないか考えると

胃痛で固まる。



こんなのが続けば
本当に死んでしまう。






今朝
蝉の鳴き声が聞こえた。


蝉が鳴けば梅雨が明ける。




夏だ。
夏が来てしまったのに。



何も出来ないよ…。




せめて
当たり前の日々が
奪われませんように 


この居場所だけは
失いませんようにと 


ただ願う。






今日は七夕。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: