❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



あちこちが死んだまんまだ…。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



私の感情は 


あちこちが


死んだまま。




もう
これ以上は耐えられない
なんて言う所は 

とっくに過ぎて 


それでも
繰り返しに
我慢を重ねて 


砕けてしまったまま。





音楽に復帰してから。


辛い事は沢山在った。



身体にも
心にも
環境にも 


苦しい事の方が
遥かに多かった。



特に
人間関係では 

一生消えないだろう傷も
あちこちに深く負った。





そして
今。

それらのどの時よりも 

私は
傷み切って居て 


きっと

今が一番苦しい。



希望が
欠片も残って居ないようで 


苦しい。






サボテンの花が咲き始めた。


そんな出来事が


一番


私の心を支えてる。






「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







世の中はゴールデンウイーク。


私は
本業をこなしながら 

副業はカレンダー通りに出勤。

特別な予定は入れて居ない。




仕事の合間 

少しずつ集めた時間に 
サボテンに触れる。



小さな鉢植えがまた増えた。

挿し木でコツコツと増やして居る。



サボテン以外は
花も木も買わなくなったし 


サボテンも
基本的に
在る物を増やしてるだけだったけれど 


緋牡丹は
3つ買い足してみた。






植物は一々喋らない。


私に対して 
痛む言葉を向けない。


失礼な事も 

図々しい事も 

踏み込んだ事も 

一々言わない。



言われたくない事 

聞かれたくない事を 

一々言わない。


何も押し付けはしないけれど 
与えてくれる。



今の私が
何よりも欲してる 

静かな一瞬を 

必ず与えてくれる。






見様見真似で
接ぎ木した物も 


どうやら
成功してくれたようで 


生きてくれている。


違う物同士が

繋がって 

与え合い 

ひとつの物として
生きて居る。







今日から5月。


22日には
ステージに少しだけ立てるのに 



まだ
私の心は

悩んで迷って
苦しんだまま。



だけど

これは
その日も歌うだろう。





この楽曲の歌詞の
原点となる物を書いたのは 
20代の時だった。


その数年後 
結婚を決めた時に 


私の心は
2人の男性の間で揺れ動いた。



結婚へ進もうとして居る彼と 

彼から私を奪いたかった元彼と。



悩んだ挙句
私は
元彼を選ぶ事は出来なかったけれど 


その人と付き合って居た頃に 


彼との関係は 


「雌雄モザイク」のように感じて 



だから

それを思い描き 
書いた詞が 
原点となった。




私が選ばなかった彼は 

今 
遠い土地で
奥さまと
彼らしく生きて居る。



私達は
もう連絡も取り合わないが 

今でも
互いに 
互いの事は大切に想って居る。


声を聞く事も 
顔を見る事も無い。


だけど知って居る。



私達は
命が尽きるまで 


ある
ひとつの

同じ「言葉」と共に

約束を守りながら生きてゆく。



互いに
今沿う者を
一番に守りながら 
大切にしながら 



深い場所で

1本 

糸を絡ませたまま 

二度と会う事も無く 
残りの人生を生きる。





歌詞を書いておくね。




【 モザイク 】 

       作詞作曲・月下陽香

もしもあたしが
明日死んだなら 
あたしの骨はあんたが食べてね

あんたの胃で静かに消化して 
その体の一部にしてね


肌や声や傷痕の
細胞の隅々まで 
捕まえて
抱きしめて
あたしを行き渡らせて


あの世でひとりぼっちになったら 
脱け殻の体をどこに沈めたらいいの?
待ち疲れて嘆く前に 
その指を絡ませて 
同じところへ出させて



もしもあんたが
先に逝ったなら 
すぐに
この手首を切り落として

あたしが逝くまで待っててね 
迷わず辿り着けるように


腰も舌も唇も 
力尽きてしまうまで
もっと気持ち良くして
あたしの為に使うの


この世でひとりぼっちにされたら 
冷えきった体を
誰にゆだねたらいいの?
繰り返しに悶えるなら 
その指でかき混ぜて 
繋がってイカせて



このまま
ひとりぼっちにしないで 

熱くほてる体を
他に預けろと言うの?

夕べもそうしてくれたように

その指を絡ませて 
同じところへ出させて 
その指でかき混ぜて 
何度でもイカせて



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでも
歌ったんだよね。




30分だけの
出演のイベント。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
検索。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
ランキング参加中。