❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

生きてゆく才能が無かったんだね。-生きる条件に気付き始めて-(私なりの答え11)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



私の

良く知る在る人の事を
書いてみたい。



出会ったのは
20代の後半。
15年に近い付き合いになる。




初めて会った日の事は
とても
リアルに覚えて居る。




色素の薄い人だと思った。



肌が白くて 


髪も染めて居ないのに
ブラウンがかった感じで 


黒目も茶色くて。



何よりも
印象深かったのは 


笑顔と声だった。




屈託のない
素晴らしい顔で
大きな声を出して笑う。


本当に
楽しそうに笑う。
はきはきと話す。




羨ましいと思った。


どちらも
私には無い物で 
羨ましくて 
美しかった。




直ぐに仲良くなれた。


それは
きっと 

その人の
人懐っこさのおかげ。



食事に行っても
気持ちの良い人だった。



私が
摂食障害者で在る事を 
始めは
言わないで付き合って居たけれど 


いつも
とても自然に

私の

食べる量や 
箸の動きも

感じてくれる雰囲気が在った。




自分のペースで 
ほとんどを食べ尽してしまう人では無かった。


私が食べたい物を
聞いてくれる。


私が食べれる量を 
食べたい量を
聞いてくれる。



そんな人は
基本的にとても少ない。

滅多に居ない。



大抵の人は 
自分の満腹感が満ちる事が
一番だと
私は感じて来た。



だから
その優しさには 
とても感動した。



私が食べられる状況を
作ってくれた上で 


残りは
残さずに
綺麗に食べ切って 

ちゃんと言う。


「ごちそうさまでした」って。




割り勘の日でも 
ご馳走して下さった日でも言う。


勿論
「いただきます」も
必ず言う。



いつもいつも 


小さな事にも
必ず言ってくれる。


「ありがとう」って。




それまでに

私の周りには居なかった 

潔くて 
美しい人だった。




時間が合えば食事をしたり 
電話やメールもし合いながら 


お互いの家に
遊びに行き合うようにもなった。






初めて
家に伺った時に
まず驚いたのは 
お菓子が沢山在った事。


スナック菓子が好きらしくて 
沢山置いて在った。

食べる事を楽しんで居る気がした。





次に 

これは

一番驚いた事。



テレビを

観ながら笑う事。



外でしか会ってない時は 
一緒にテレビを観なかったから
知らなかったけど 


互いの自宅で
一緒に居ながら 

テレビを付けてたりすると 

観て笑うの。




お笑い番組とか観ながら 
楽しそうに笑ってるの。


びっくりした。





まず

私は 

お笑い番組を見ない人だったし 


つけっぱなしで
オンエアが流れてても 


テレビ観て
ちゃんと笑った事なんて
無かったから。






私は
10代の後半から
大学を出る頃までは 
テレビも持っていなかった。

買えないような生活をしてた。


その後 
先輩の使わなくなった物を頂いて 

家にテレビが在る生活を得た。



テレビは 

観て居なくてもつけてしまう。





ずっと 
シーンとした部屋が辛かった。


静けさの中に居ると 


隣の部屋の物音や
外から聞こえる音などが 
耳について 
とても疲れてしまう。

精神が
変に立ってつかれてしまう。



でも 

そうでなきゃ
居られない環境で過ごしてきたから 


そこから解放された時から 



私は
家に居る時は 

観て居なくても
テレビを付けて過ごすようになった。




音楽を聴く事は出来たけれど 


音楽は 
聴くつもりでないとしんどい。


他にやる事が在りながらでは
聴けない。



音楽は
意識してしまうから

「ながら」では

かけられない。




テレビは

聞き入らなくても良い音が流れて 

しかも 
ページを捲るように
画像も流れてくれて 

部屋の一角が明るい。




だから 

その頃から


私が 
家に居る時は 


BGMみたいに

テレビをつけて
過ごしてしまって居る。




でも 


特別
観て居る番組は
ほとんど無い。



気に入って観るドラマも 
年に2つとか位かな…。



お笑い番組なんて
まず観なかった。




なぜなのか 


その人を見てわかった。



興味は確かに無かった。
それは大きな理由。


では
なぜ興味が無かったのか。





だって。



テレビを観て笑うなんて 

私の生活には
在り得ない現象だったから。



テレビを観て笑う事が 
在り得ない事だったから。



だから 

お笑い番組の存在は
私には不要だったし 


その
存在価値が
わからずに

生きてきてしまったんだなって事。






とても仲の良い 
尊敬も出来る
信じられる人が 


本当に
楽しそうに笑ってる。



一緒に 
テレビの前に座って 


同じ番組を観ながら 

声を出して笑ってる。




それを見た私は 


番組の
内容も面白さも
わからないままに 


一応 
私なりには笑っておきながら 

観察をしてた。




そして 


何年かをかけて
その姿を見て居る内に 



それも


その人の才能なんだなと

気付いたりしてる。










「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック



こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】










毎日が 
楽しくてたまらない人なんて 


もしかしたら 

ほとんど居ない。





毎日

嬉しい事しか無い人なんて 
きっと居ない。





24時間が
 
何一つの 



経験からくる
思考上での 

受け入れや
宥めや
諦めが無く 


ただ

当たり前の自然現象のように 


喜びだけに溢れて
包まれて在る人なんて



きっと居ない。





その人も 
そうだったと思う。


決して
恵まれて
生まれ育ち生きて来た訳では無い。




でも 


誰かを責める事も無く 

己の環境を受け入れて 

苦労も当たり前に理解し 


その中で
自力で成長をし

大人になって来た人だった。




もう嫌だと
何度も思いながらも 


ひとつの仕事を
コツコツときちんと続けて 



親に
恨み辛みこぼす事も無く 


自分の毎日を
守って正しく生きて居た。





そんな

その人は 


本が好き。
音楽が好き。


そして
テレビが好き。



テレビに関しては 


ドラマもバラエティも好きで 
特にお笑いが好き。



真剣にテレビを観る。

好きな番組は
真剣に楽しんでる。







数年前に 

ギタリストさんに
言われた事が在ったなぁ・・・。




人は皆
基本的には
毎日が
楽しい事ばかりでは無い分も 

クスッと笑えたり 
痛みから離れて
笑ったりできる何かを

求めてるものなんだよって。




まさに 

私が
当時驚いた 


その人の行動は 

それだったのかも知れないと
思ったりする。








私は 
今でも 

テレビを観て
本気で笑う事は無い。

いつも
冷静に
無表情で観てるか 


悲しいシーンで
泣いてしまうか。


笑う事は無い。








私の笑顔ってね…。


汚かったなって。



僅かに残した遠い過去の写真に思う。





私の笑顔は 


やっぱり

綺麗じゃないなって 


この数年でも思う。







その時に 



私の事を見て居る人を
意識してしか作れない 
私の笑顔は 

不細工な人形でしかない。






遠い昔。




私が

バリバリのホステスじゃなくて 
彷徨ったホステスで在った頃。





毎週金曜日に通ってくれてた
お兄さんが居た。

車椅子に乗ってね 



それでも来てくれるんだ。
ビルの6階の店まで。



ライブにも何度も来てくれたお兄さんだった。


酒癖がちょっと悪くてね 
メンドクサイ事も正直在ったけど 
優しい人でね。



よく言ってた。



「不細工」ってのは
誉め言葉やって。



「細工してないって事やろ」って。

「だから綺麗って事や」って。






そうかも知れんが 

やっぱり
そうじゃない気がする。




そんな 



縋るような 

都合良い
言葉の解釈や無くてさ・・・。






私に言わせれば

「細工出来る能力すら無い」

って話に 

今ならなる。



所詮は
そこまでって事に
なってしまうんだ。







で。


勝手に脱線しておきながら 


話は
元のその人に戻したいのだけれど・・。







目の前の現象を

きちんと楽しめる人達ってのが 
存在すると



私は在る時気付いた。




そんな場面に 

それまでも
何度も遭遇して居たのに 

その頃まで気付かなかった。







例えば 



ライブ観戦に行って 
会場で座って居ても 


私は
いつも冷静に観てる。



お目当ての方のステージだけは
食い入って魅入るけど 


他の時はずっと 



冷静に 

ステージよりも
周りも意識しながら 
すり減らして観てる。



正直
楽しんでは居ない訳だね。



同じ会場の中で
ステージを
ちゃんと観てる人達の

反応を

見てるのかも知れない。



そして。


自分は
どうしてそこに居れば良いのか
考えて居るのだと思う。





観客に
手拍子を求める演者も居る。


私は
それも
とても苦手で辛い。



そう言うのは 


観て下さって居るお客さまが 
したいと思って
して下さるべき事だと

思って居る。



だから
自分ではしない。


バンドの時は
させられては居たけれど 


月下陽香ではしない。


自分からは
あおらない。




手拍子を求める事が
悪いんじゃなくて。



私が
元々に 

そういう衝動を
持って居ない事が
原因だと思うようになった。







お笑い番組観てても 
なぜ笑えるのかはわからない。


笑えるその人は羨ましいし 
その光景は好きだけれど 

自分では出来ないから

わからないんだ。






でね。



わからないなりに
ひとつ。



わかり始めたのは。





楽しめる自分 

現状の中に 




楽しめる

思考や
感情を

探せる感性を 



育てる努力を出来る人が 




乗り越えてゆけるのではないだろうかと

言う事。






自分がね。


1日


24時間の中の 


一瞬で良いんだ。




作り笑いの微笑みじゃなくて 


ちゃんと
笑って在れる出来事を 



強引に出も見付けられたなら・・・





人生は 
大きく変わるのではないのかなって。



答えでは無いのだけれど。




確信に近い所で

悩みながらの

やっとこさ書く





ひとつの


新たな定義。







★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: