❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらかが死ぬまで。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



悪いのは

私では無いと
思って居る。



100パーセントかと
問われたならば

わからない。




もっと早くに 

ここまでに
なってしまうまでに 


もっと
厳しく
真実を伝えてみるとか 

感情のままに
ぶつけてみるとか 


出来て居たならば 



もしかしたら 
事態は
ここまでには
悪化して居なかったのかも知れない。




相手が相手だから 

必ずしも
そうとは 
全く言えないけれど 


少なくとも 


限界を
超え過ぎるまでの我慢を
繰り返し過ぎた事で 


私は

もう 

修正の出来ないだろう所まで 
千切れてしまったのだから 


そこまでに
行き着いてしまうまでに 


この心が 

常に
小さくも
吹き出して居られたならば 


取り返しのつかない
噴火をしてしまう事は
無かったのかも知れないとも

考える想いは在る。




でも。

それが出来るような環境は 


生まれ落ちた時から

私には
与えられて居なかった訳で 


我慢をする事しか
教えられては来なかった訳で 


それをさせてくれるような相手では 

始めから
なかった訳で。



結局は 

関係を
壊してしまうか 

私が
壊れてしまうか 


どちらかしか 

選べる未来は
与えられて居なかったようにも感じて居る。






今日の大阪の空は青くて。

雲も無くて。


白い月が浮かんでた。



何だか
ちょっと間抜けにも見える 

昼間の空に

浮かぶ

白い月。


夜空の月と同じなのに 

愛嬌が在るように思えて
愛おしさが増すのは 


私だけかな・・・。







「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック




こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









家族って一体なぁに?


結局は

私には
未だにわからないものだ。



ひとつだけわかるのは 

私にとってのそれは 

世間で
一般的に言われる枠には
入らないだろう 


自分で決めた
僅かな者だけでしか

ないと言う事。






血の繋がりってのが在る。


この身体に
流れてしまって居る血。


父親の精子と
母親の卵子が
結び付いてしまったが為に 

出来上がってしまった

私と言う生き物は 


殺した母と
切った父の

混ざり合う血が流れて居る。



そう思うと吐き気がする。

空えずきが始まる。

ぞっとする。


とても悲しいけれど

それが現実。




一般的に捉えたならば 

血の繋がる者達は
「家族」だろう。


社会的にも
科学的にも

基本的にはそうだろう。




だけど 


当たり前に 
その 
血の繋がりだけが
家族では無い。


育ての親だっているだろう。


結婚相手の親族は 
自分の家族にもなるだろう。



この身体に
同じ種類の血が流れて居なくとも 


「家族」で在る関係も
色々と在る。


それは
とてもそうだと思って居る。





でも 

だからと言って 
日々
様々に関わる

血の繋がらない人達に対して 


まるで
「家族」のように想う事も無い。


当たり前にね。


ものすごく親しくして頂いて居る人達も 
「家族」では無い。




かと言って 


私にとっては 
実際に
血の繋がる人間たちは

「家族」では無い。





私と
血の繋がる者達は 


自分が得をする為に 

楽をする為に 

私を必要とはした。



自分の嫌な事をさせる為に 

自分の立場を良くするために 

利用出来る私だけを
求めた。



自分が辛い時だけ 

優しい顔と言葉で近付いた。



愛されたかった私は 
自ら喜んで利用もされた。



でも

見返りは

いつも 
束縛と抑圧と
洗脳でしか無かったのだろう。




私が
本当に辛い時 
困った時 

どうしようもない出来事に
巻き込まれた時 



助けてくれた者は

ひとりも居なかった。


更に
悪化させる者は居ても 

誰も助けてはくれなかった。



ずっとそう。


私の本当の痛みに 
真剣に傾けてくれた 
血の繋がる者は 

ひとりも

居なかったんだよ。
本当に。





血の繋がる者達は 

実際には
沢山存在してる。


父も生きて居る。


母も妹も 
どこかで生きて居るんだろう。



父の
親も兄弟も 

その子供たちも 


母の親も姉妹も 
その子供たちも 


沢山存在はしてる。



だけど 

誰とも
私は
交流をして居ない。


会った事も無い親族も
沢山居てわからない。


そう言う環境に
置かれて
育ってきたし
生きて来たし。


だからわからない。




父以外は 

私が
今ここで暮らしてる事も知らない。


私が
ここに居る事を知って居る父とは 


私が
選んで
連絡を取らなくなって 

約2年程だろうか。




限界を超え過ぎて 
私は父を拒絶した。


これ以上
我慢を重ねて受け入れて居たならば 


私は 
自死してしまうか 
精神が壊れてしまうと 


本当に本当に
真剣に
深く強く
そう思えたから 

拒絶した。



殺されてしまうから。


生きて在る為に 
不要な関係を絶った。





それが
正しいのかと問われれば 

正直わからない。

自信は無い。



だって 

心のどこかでは

”血の繋がる者“は
「家族」だろうと 


やはり
考えてしまう私が居るから。



なのに 
それを拒絶する自分は 

とても悪い事をして居るように 
思ってしまう
思考も在るから。



だけど 

間違って居るかと
問われたならば 


「間違っては居ない」と
答えられる私も居る。



その私は


胸を張り 
背を伸ばし 

心の中 

大きな声でそう言って居る。






母の事はね 

もう死んだと思ってる。


そう思える私に
40年近く掛けてなったから。


もう他人よりも遠い。



もし 
この先に 

本当に
母親が他界した時に 


奇跡的に
私が 
何らかの方法で
それを知る事が出来たとしても 


私は
葬儀に行く事も無い。

墓に参る事も無い。



妹が
例えば
結婚しても 
死んでも 
わからなくて当然。


だから
もう
何が起きても関係ない。





だけど
父はそうはいかない。


仕方ないけれど
それは現実。






遠い昔に 

母は
妹を連れて 

父と
私と
ゴミを

置いて行った。



私は 

父を好んで居た訳では無いが 

母に着いてゆく位ならば 

その
束縛と抑圧から解放されたくて 

父を選んだ。



母に着いてゆけば 
金銭には困らない。

社会的にも得られる物が多い。



それでも 
もう
その就縛から解かれたくて 

金にも困り続けるだろう
その環境を選んだ。




ここには 
まる2年をかけて 
私の過程を書き遺して居る。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック






沢山書いて来たが 

私は 

どちらかを
選ばなければならない時に 

父を選んだのだ。





限界を超え過ぎて 
連絡を絶つ選択をしたが 



父に何かが起きれば 

私に連絡が来るだろう。




父は
友人も少ない。

外に出るタイプでも無い。



でっかいテレビを置いて 
散らかりまくった部屋で 
昼夜問わず
飲んで居るようなタイプだ。



あっという間に老け込むのだろう。

交流が無いと
人は老けるしボケてゆく。



悪くなる状況の中で 

進歩してゆく医療に 
長くだけ
生かされたりするのかも知れない。



そうなった時に

私はどうするだろう。




引き取る考えはない。

世話をする気も無い。


何も遺してくれなくて良い。

1円も残してくれなくていい。



だけど 

注ぐ気持ちも
もう無い。






日々にふと思う。


そこまで

想いは強く固まってしまう所まで

追い詰められて
こうなったのに。


思ってる。




私って

きっと
最低なんだろうなって。



自分を責める。



だけど

もう背負えない。


もう無理だ。


殺されてしまう。




なのに自分を責める。



どっちかが
死んでしまうまで 


この
感情のせめぎ合いは



続くしかないのだろうね。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。