❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

そのキズグチは未だ熟れて在るだろうか。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



植え付けられた

思考の回路は

簡単には変わらない。


そう作られてしまったから 

どんなに努力を重ねても
なかなか変われない。



だから

思考は
とりあえず
おいておいて 


感情に

耳を傾けてみてる。


そんな出来事が多い
2015年だった気がしてる。





何してるんだろうね。

いつも渡してばかりだ。

そう思う事が在るよ。


少ししか持ってないのに 

一生懸命分け与えてしまって 
結局損してるんじゃない?って 

結果を見つめては 


喪失感に
絞め殺されそうにもなった。



自分を犠牲にしてまで 
捧げる事を
もうやめようと思った。


その重みは
誰も理解してくれないから 


ならば

もう 

懸命に手にした 
ほんの僅かな
大切なものは 


自分の為に
繋いで在る方が良いと 

握り締めておくべきだと 

つくづく思い知った。





誰かが
私に
何かを与えてくれる時…。 


そこには
きっと
ほとんど

「無理」はない。


私が思う程 

頑張って
無理してまで

与えたりなんて
してくれてない。




余裕の部分を少しだけ 

手放しても
痛くも痒くもない部分を
少しだけ 

私にもくれただけ。



私が 
この人は違うと 
そうでは無いと 
信じて居られる人達以外は 


結局は
そんなもん
なのではないかと 


深く思ってしまう体験も
多かった事に気が付く。




余裕だけを
分け与える人になれれば 

こんなにも
大きく

多くを失いう事は無い。


きっと

ほとんどの人がそうしてるんだ。




そうして居る人は 

ちゃんと 

損をする事無く 
失う事無く 

時に
人に与えながらも 

自分にもしかっりと得て 

バランスを取って居る。



それが 
失ってまで与えてしまう人の過程も
在っての事とは思わない。


そう言う事も
思い知ったように感じてる。



それを
くみ取れる思考の無い人に
注ぐ時に 

注ぎ方を考えなければ 

根こそぎ奪われて
朽ちる事にも

なるのだろうと。




そんな出来事の繰り返しの中で 
心は荒んでゆくのだろう。


人を信じた自分を責めて 

踏みにじった者へ
抱く痛みに自分を責めて 


自ら
自爆を選ぶ事しか
出来なくなってゆくのだろう。




荒む所まで
乱れて堕ちる前に 


我慢や
無理をして
与える言動を

やめてしまえば良いのに 


どうして
いつもいつも

出来ないままで過ぎたのだろう。






我慢をする。
いつもしてる。
常にしてる。


誰と居ても必ずしてる。


特に
相手が年上となると 
更にそうしてる。

いつも必ず。



とっても
嫌だと思って居ても 

やめてくれと叫んで居ても 

納得出来ないと
怒りを感じて居ても 


まずは

飲み込んだフリをする。



その場で
はっきりと
意思表示する事が出来ない。


そうする事で
その場の雰囲気が
どうなるのかと 考えると

まず飲み込む。


私には
それしか出来ない。



が 

腹の底は

グラグラと
沸々と
煮えたぎり吹きこぼれてゆく。


痛んで乱れて 

心は
どんどんと
焼け爛れてゆく。





このままでは 
この関係がダメになると 

それだけは避けたいと 

足掻くし
もがく。


でも
耐えられなくなってゆく。

ついに心が爆破する。



爆破してしまうまで 

私が
抱え込んで居たなんて 

誰も気付いていないから 


突然に
ブチ切れたかのように受け取る。


でも
そうじゃない。


本当に
私は 


それまでの 
数ヶ月も数年も 

我慢を重ねて居た事は 


誰にも何も伝わって居なかった事に

私は気付くんだ。





どうして?


それはきっとね 


私が
「お利口さん」で居るからだ。



相手の言い分が
理解出来て居なくても
不満でも 

受け入れたように振る舞う。



相手が言って欲しいだろう言葉を
選んで答える。


だから
相手は

事態は治められたと思う。


当然だろうけれど

本当はそうでは無い。



その後も
自分なりに 

出来る限り 

相手のして欲しいだろう事を
懸命に先読みして
動こうと

努力する。


時間も体力も金銭も 

出来る限り
相手より多く注ぐために

無理をする。



そうしながら
自問を続ける。


続けて続けて 

失ってゆく。

沢山の物を失くしてく。





我慢しないやり方を 
探してゆかないと 
知ってゆかないと 


私は
全て失って
壊れて朽ちてしまうと 

とてもとても思った。



嫌な事は嫌だと 
辛いと 

それには深く傷付いて居ると 


伝えられる自分に
なってゆかなければ 


何もかもが嫌になるだろう。



心底
そこに立ち尽くした2015年。



来る年には 

そこから
少しでも

前に歩めたらと考える。








「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック



こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









2013年の
七夕から 

丸2年を費やして
書き続けた 


摂食障害者で在り
自傷癖者で在った

過程。




今年の
月下陽香のステージは

たったの3回。


その2回目は 

過程を書き終えるほんの少し前で 


私は 

七夕には ど
んなに強引で在ろうが 
過程と現在を繋げて 

次へ進みたいと 

数ヶ月前から考えて居た。



だから 
七夕前のライブ 
今年2回目のライブは 

本音を言えば特別だった。


2013年から始めた 
晒して掲げ立つ
月下陽香劇場の 

ひとつの締めくくりだった。



体調は最悪で 
余りにもギリギリで 


それでも 
そこは大切なステージだった。


何が起きても
最後まで立つと
決めて居た。


本当に
最悪な状況に陥っても 
私には相棒が居る。



ステージの上には 
私と相棒が居る。


それで
十分に何とでも出来る。


月下陽香&井上タイキの
ライブなのだから 
それが正しい。


私達はまだ
3~4年の活動だけれど 

その意識は強く持って居る。



ボロボロで立ったステージは
特別だったけれど 


だから
更に
苦痛に満ちて

幕を閉じた。


私の中に残ったのは
大きな痛みだけになったと感じてた。



このままでは
もう
月下陽香は笑えないと 

本当に真剣に悩んでた。



誰にも伝わりはしない
深い深い痛み。



私が
今の私を支える上で 

一番大切に想う 

歌の活動は 


半年間 
ただただ
大きな苦痛で 
地獄だった。




でも
今年の半分を苦しんだ想いは 

今年のクリスマスに
ひとつ脱ぎ捨てる事が出来た。


ちゃんと出来た。


そう思う。


私は
私なりに 

苦痛に満ちた記憶を
ひとつ

塗り替えたはずだと思える。



それに至るきっかけや 
チカラを与えて下さった方々に 

深く感謝して居ます。

ありがとうございます。



今年のクリスマスには 

月下陽香としても 
うたうたい陽としても 

幸せな
時間と
出会いと 

大きな喜びと 
楽しむ気持ちを

与えて頂きました。




その日の事や想いは 
ここにも書いています。

【「キズグチを縫い合わせた夜。(クリスマスライブinライブスペース音)」(2015.12.26)】

【「キズグチの上にこの足で立つ時。(ライブinライブスペース音)」(2015.12.30)】

自分なりに 大きな痛みを消化した足跡です。





そして。

今年は
生まれて初めて 

父から離れて 
年の終わりを過ごせて居ます。



自分の生活だけを
大切に
過ごす年末。


こんなのは
本当に生まれて初めて。



この想いを 
信じてくれない人の方が 
きっと沢山居られるのでしょうけれど 


私が書き綴った 


摂食障害者で在り
自傷癖者で在った

過程を記した記事を 


大事にお読みくださった方々には 


きっとご理解を頂けると思います。



その事も
少し
先日の記事に書いておきました。

【「オマエがクタバレ。」(2015.12.28)】





今の所ですが。

私の2015年の終わりは 
穏やかです。



「穏やか」は

私が
最も強く求める感情です。






今年も

沢山の応援を 
やさしさを 

ありがとうございました。



今年も
たくさんの方々が 


この

「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」

お読みくださいました。

ありがとうございます。



みなさまの今日が
穏やかで在りますように。


良いお年をお迎え下さいますように。

心から願います。





偏在な毒を吐き続ける
月下陽香
では在りますが…


どうか

来る年も
お繋がりを頂けますように 


お願いを申し上げます。







★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡