❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズグチを縫い合わせた夜。(クリスマスライブinライブスペース音)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



昨夜はこのイベントに出演してきました。





まず 


ご来店下さったみなさま 
ご出演のみなさま 

ライブスペース「音」さま 

大変お世話になりました。

ありがとうございました。




年末でお仕事もお忙しい中 

今回も
まささんが駆け付けて下さり 

写真を写して下さいました。


月下陽香だけでなく
みなさまの写真も
沢山写して頂きましたが 


今回は 
贈り物なども沢山紹介したいので 


まささんに写して頂いた物は 
月下陽香だけでご紹介しようと思います。



せっかくの素晴らしいお写真なので 


次回の記事を 
全て
まささんからの写真で
更新したいと思います。


まささん
ありがとうございます。





ボロボロの身体で迎えた
当日でしたが 


心は
必死になって
信じて
願って
向かって居ました。


点滴もして 

出来る限りの薬を入れて 

まん丸に浮腫んで。

鼻はぐすぐすだし 
喉は痛いし。




なぜ
その日だけを狙うように 

歌うには
一番やばい状況に
追い詰められるのか 


悔しくてたまらなかった。



でも
それ以上に悔しいのは 


この半年
抱き締めて痛んで来た想いだ。

それに比べれば 
そんな悔しさは小さかった。


私には

何が何でも 
どんな手を使っても 


この夜を
越えなければならない想いが在った。




今年の月下陽香は 


5月に
1年振りに板の上に立てた。

やっとだった。


1年間
目一杯に悩んで傷んで 

ひとりで沢山沢山泣いた。


そうして迎えた1年振り。



今年は頑張ろうって思って。

翌月にも
もうひとつステージを決めて。


でも…。
そこで深く落ちた。

心が
深く深く落ちて

精神が大きく拒絶をし 
もう嫌だと思い知らされ 

私は
私の思考回路の痛む現状と
向き合う事になった。



どうにかして 
変わりたかった。


何とかして
痛みを塗り替えなければ 
駄目になると思った。


次へ進んでゆこうと 
必死に考えて居た時に 


交通事故。


私は
ただ歩いて居ただけなのに。
事故に遭った。


以来
歩行にまで何度も泣いた。

痛みを感じない日は未だ1日も無い。




次々と
私の
少し先の未来へ向かう道は

塞がれて閉ざされて行った。


それが
どんなに悔しい事だったか 

誰にもわからない。


それが
どんなに痛い想いだったかは 

相棒さんにだって伝わらない。

誰にも伝わらない。


私が
何回ひとりで泣いたか 

本当の事は誰も知らない。






私は 

この25日に懸けて居ました。



取り戻さなければ
もう 
未消化を飲み込めないと 

追い詰められて居ました。


これ以上 
その未消化に
毎日を脅かされたなら 


もう 

もう 
歌いたくないと 

真剣に考えて悩んできました。



きっとね 

今日の記事だけでは
全てを書ききれない。


だから
また

次回にも 
整理して書きますが。


とにかく
もの凄い
想いと願いを込めて
臨んだステージでした。




自分の思考のパターンや 
それにより
途切れてしまった考え 

そこに留まりたくはない願い…。




なのに。

前夜から最悪な体調。

また泣きました。


悔しくてたまらなくて。

でも
負けないと決めました。




友人は
お参りにまで行って下さいました。

月下陽香が歌えるようにと。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック



こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







さて。

今日の記事の後半は
この夜の事を書くね。


想いの底は
また次回に 

まささんの写真と共に改めてね。





2015年のクリスマス☆彡。


イベントスタートは30分押しました。


会場は
穏やかでほっこりしてました。


ご来店下さった方が
沢山ご馳走をして下さいました。


みんなで
楽しく食べたり飲んだり出来ました。









月下陽香は3組目の出演。


翌日壊れても良いと
決めて立ちました。


絶対に
歌わなければ
私は
この痛みに囚われたままになる。


もう嫌だ。

もううんざり。

絶対に越えるんだ。



緊張は
なぜかしなかった。

珍しくしなかった。

楽しくそこに居れば良いと 
言い聞かせて始まった。


声は満足に出ないし 
しんどかったけど 

楽しかった。



歌いたかった歌も歌えた。


カバー曲の練習も始めてるんだけど 

まだ
聴かせられる程でも無いし 


滅多に無いライブで 

今年の絞め括りで立つなら 

やっぱり
月下陽香の歌を歌いたかった。





今回は
着物は着なかったけれど

ワンピースの上には
レースの羽織を着た。


基本的には
月下陽香を忘れずに。


でも

一言も


「摂食障害」と
「自傷」とは

言わなかった。



今回はそうするって決めてたの。

だからそうした。


言わなくても 
もう十分に書いて来たし 

何かしら感じた人が居れば 

ここに来て
知ってくれるでしょう。




ライブの後 

良かったと
言って下さった方が居られて
うれしかった。


月下陽香は
「ロック」だって。


よく
それは言われてきたけれど 

その意味が
私にはわからなかったのね。



でも 
昨夜
そう言って下さった方は
説明もして下さった。



「魂を揺さぶると言った面では
              ロックだ」 と。


そうなんだ~って。
思ったし考えた。

有難い言葉だって思った。





月下陽香の後は
ビンゴタイム♪

いつも駆け付けて下さる真美ちゃんが
1等賞☆。

陽は5等賞をゲットしたよ。




そしてライブ後半。








残念ながら
うちへ帰る終電は早くて。


元気なら
あと10分位は居られたけれど 
まだ走れない体だしね 


時間押して始まったライブは 
最後の出演者さんの途中で
こっそり帰る事となり。



今年も
めちゃくちゃお世話下さったムーちゃんと
一緒にお店を出た。





この日はね 
素敵な出演者様とお話も出来たのね。

ハミングバーズさんてデュオの方々。


私の一方的なお願いを
聞き入れて下さって 


CDを交換して下さいました。



月下陽香とは
全くの
正反対な世界観をお持ちの方々。


だけど 

お客さまを想う気持ちには

共通点を感じる方々。



私は
同じカラーの人と
一緒にライブをするのは 
気が進まない。


お客さまも疲れると思うし 
出演者の個性が
喧嘩し合って
勿体ないと思ってる。



重ならないけれど 
お客さまへの想いに共通する人と 
尊重し合える事がしたい。


このおふたりには 
それをとても感じて 
お繋がり頂きたいってすごく思って。


そうしたら
CD交換して頂けました。


まださすがに今日は聴けてないの。


明日からだね。

名刺を頂いたから 
今日はダウンしちゃったけど 
明日にでもご連絡したいな。



それにね 
友人もね 

好きな方のCDを下さったの。


ご自身の
大好きな大切な物を
贈って頂けるって有難い。

大事にしなきゃいけないと思う。

丁寧に扱いたいと思う。


この年末年始は 
素敵な楽曲が色々聴けるね♪





優しいお土産も沢山頂きました。
音さんに
カエルちゃんも頂いちゃいました。









「今日は楽しかった」って。

すごくすごく
久し振りに思いました。


2年以上ぶりかも知れない。

いや…違う。

もっと前だ。



ライブの日が
こんなに楽しかったのは 

何年も前以来なんだと思う。




だって

私ね 

今回は 


「こんなに頑張ってるのになぜ?」って 

久し振りに
自問自答して無いの。

全部飲み込めてるの。




お店にもご挨拶が出来たり 

他の出演の方ともお話出来たり 

それぞれの演奏も聴けたり 

友人たちと一緒に 
身体に無理し過ぎずに
座る事も出来たし 

飲んだり食べたりも出来たし。



楽しかった。


それってね 


時間を掛けて
お金を使い 
一生懸命
会いに来て下さった方々が 

私に会いに来て下さったのに 


それでも
私を縛らずに
見守りながら
与えて下さった事だと思う。



私が 

こんな風に過ごしたかったって願ってた
ライブの数時間を 

叶えて貰えたなぁって 


とても感謝して居ます。



うれしかった。
たのしかった。

ありがとう。





今日は体は最悪でした。

朝からまた点滴でした。


でも
心は元気に朝を迎えてました。



「楽しかったなぁ」って。

その気持ちが 
支えてくれました。



来年も 
歌いたいって 
心が思えました。


やっと思えました。





私が
こんなにも苦しんできた事は
誰にもわからないと思う。


それが
当たり前だとも思うから

仕方ないとも思ってる。


だけどね。


その苦痛を抜け出す為に 

私 
毎日痛んでた。




その

キズグチを 


みんなが
一緒に

縫い合わせて下さるような

夜でした。





2015年の

クリスマスはおしまい。







はずだったけど・・・。



今日夕方 


今年最後の
サンタさんから
贈り物が届いたよ。



沢山のカイロ。


今年も
ムーちゃんが送って下さいました。



お仕事も
家事も 
物凄く忙しいのに 


そんな中で
いっぱい無理して
大阪までライブに来て下さって 


しかも

その前に 

今日着くように
送って下さって居ました。



ありがとう。
いつもいつも。


愛がいっぱいだ…。


泣きそうだ。





今年ももう少し。

30日までは
しっかり働く。


ちゃんと働く。


そして。


来年の事考えよう。



もう少しだけ
歌えるように。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。