❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中の嘆きと毒と。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



とうとう
カレンダーは
12月を記し始めて 


それは

今年最後の1ヶ月の始まりで 



一番 
こうなりたくは無かった形で 


月下陽香も 
私個人も 

12月を迎える事となってしまい 


それが日々一番に苦しい。




例え
回数は少なくとも 


せめて
楽しい思い出を
きちんと刻み残せて居られたら 


まだ
この痛みは
大きくマシだったのだろうととても思う。



また。

また。


辛い感情を焼き付けたまま 
引き摺ったままで 



今年も終えてしまう事が 


私の毎日に陰を連れてくる。



しかも

事故後の傷が数日痛みを増して居る。


不安に壊れそうになる。








「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック





こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









何かを
“してあげよう”と
想う気持ちが在れば 


何をしても正しい訳では
きっと無い。



そこに
想う気持ちが在れば 

何をしても正しい訳では無い。






父がそうだった。

父に対して私は
ずっとそう思って居た。





自分がやりたくない事や 
わからなくい事や 
面倒な事は 


全て私に任せてきた人だった。


母が居なくなってから 

私は父にはとても振り回されてきた。



異常な我慢を積み上げて来た。


その
沢山の出来事は


これまでに 
ここに
沢山の記事としても書いて来た。



何でもかんでも

「頼んどくわ」・・・。


その一言だけ。



そう言えば
私が

全部引き受けて何とかするから。


その為に

私が
心も体もボロボロに酷使してる事なんて 
理解しようともしない。





まだ私が10代の頃から 
ずっとそうだった。



父が
誰かの結婚式に呼ばれたなら 
葬儀に伺うなら 


着る服 
包むお金 
ご挨拶 

全部
私が段取りをしなくてはいけなかった。



年賀状も
いつも 
父の分まで書かされた。


私が嫁いだ先に送る年賀状まで。


そんなもん
義父も義姉も気付いて
馬鹿にしてるのに。



知り合いに何か贈り物をしたいと言っても 
結局は「頼んどくわ」…。


父より忙しくて
父より身体も悪い私が 
必死こいて買いに行くんだ。

菓子折り1つ位
自分で買えるはずなのに。





年末には必ず 
新年を迎える準備を任された。


母が出て行ってからは 

私がして当たり前だと
決め付けられて居た。



女の私が 
娘の私が 

嫁の代理をするのが当たり前だった。



そんな状況での正月の準備は
また特別で。


その量もえげつない。



1週間程の食料を
全部準備した。


食事も
つまみも
アルコールも。




12月は大嫌いだった。


年末には

何日もかけて
父の為の用事に使い果たし

酷い体調でしか
新年を迎えられないのが
恒例だった。



父は良く食べる。

予定の無い休日は
四六時中飲む。



10代の頃から 

3段重のお節を作り 
鍋いっぱいの雑煮を作り 
保存食をたっぷり作り 

つまみやハムを買い揃え 


新しい下着や歯ブラシまで買い揃え 

父に渡す事を繰り返してきた。




かかる費用は
言えば払ってはくれるれど。
そんなの常識よね。


時には
1万とか色を付けてもくれたけど。

お礼のつもりみたいだったけれど 
そんなの要らないんだよね。



そんなの要らないから 

自分の事は
自分で出来る
大人

になって欲しかった。


1万とか貰ったって 


私が
注いで失う
時間や体力や精神力は 


そんなんじゃ足りないし 

代わりにはならないんだよ。



私が失うものは 
お金や品物には
代えられないんだよ。


わからないだろうけど。





何年か前からは 
お節は
買った物を送るようになった。


もう疲れ切ってしまって。


私にも
仕事だって在るし 

昨年までは
病気の猫ちゃんのお世話もしてたしね。



私だって
歳もとれば 
持病もどんどん悪化してくしね。



何よりも

もう
精神的に
本当に限界だった。



20年以上
我慢し続けて 


もう
どんな我慢も出来ないと思う所まで
行き着いてしまった。




それでもね 

ちゃんと注文して送ったよ。



お節を買う位 
今時どこででも出来るでしょ? 



別に
特別大きなデパートとか行かなくても 

スーパーでもコンビニでも 
お弁当屋さんでも売ってるし 

「買いたい」って店員さんに言えば 
ちゃんと手続きもしてくれるでしょ…



だけど
そんな事も
父は自分ではしなかった。


私に言うの。

「頼んどくわ…」って。

定年して毎日が休日になってもね。

だからちゃんとしてきたよ。



でも
もう本当に辛くてね…。


父の電話にも出なくなったら。


留守電には


「ばかやろう」って 

「くたばりやがれ…」って

入ってたよ。


情けないね。






父はさぁ 

私に対して 


自分は
父親らしいことをしてるとか 


きっと
どこかでは思ってる。


そう思いたいと思ってる。



自分の感情を 
そう思るように処理したいから 


だから
時に
小さなお金をプラスしてくれたり 


突然に
何か買い与えようとしたりする。




結婚が決まった時もね 
そんな感じ。



独り暮らしの
家具と家電を持ち寄って
同棲を始めて
結婚に至った私と主人は 


共に母が居なくて 

共に父親を軽蔑して居たし 

片親で親戚も少ないし 

大きな貯蓄も無かったし 



見栄を張って
結婚式を挙げる気持ちも無ければ 



共に使用してきた物で 
生活は出来るのだし 



結婚してから
少しずつ揃えてゆけば良いと
思って居たから 


特別な事は何もしなかった。



主人の親に私は


「口は出さんが金も一銭も出さん」って

言われた嫁だったしね。




そしたら 

ある日
父が突然に 
私を迎えに気て 

家電量販店に連れて行って 

最低限の電化製品を買ってくれた。



有難いけど。
本当に有難いけど…。
とてもとても助かったと思ったけど…。



突然過ぎて 

引っ越し先の部屋のサイズとか 
どんな家電が在るとか 
何も調べても居なかったしも 

何が欲しいとか
考えても無いし 

父に気も遣うしで 


使うのは私なのに 
父の言いなりの中での 
一番安い物に決めるだけだった。




あの時
父は 

自分は父親らしいことをしてやったって言う
満足感を買ったように思う。


あと 

主人やその家族に 
俺はこれだけ持たせてやったと言う
見栄も必要だったんだと思う。



私を想っての行動だけでは無くて 
そういう感情も
どこかに大きく在ったんだと思う。



私に言わせれば 

どれも 
欲しい物では無かったし 

そんな事で大きな顔するなら 



もっと前に 
もっと苦しかった時に 
まだ学生の頃に 


なぜ
家事の全てを押し付けたのか 


学費や生活費を
助けてくれなかったのか 


そっちの不満の方が
大き過ぎて 

有難みが失せるんだ。






私が嫁に行ってからは 

やはり
親なんだし 

関係をやり直した方が良いと 


父との距離を
近付ける努力を
滅茶苦茶した。


物凄く我慢して頑張ってみた。



家に招いたりね 

本当に
物凄く頑張った。




だけど

いつも我慢。


我慢我慢我慢。


我慢して
先読みして
動きまわって
体調崩して。


我慢我慢。




そんな私に 

父は
時々 

突然

何かを買ってくれた。



突然アクセサリーを買ってきたり 
家電を買ってきたりした。

自分が買ったけど
要らなくなった物も
全部持ってきた。


“してあげている”って感じで。




私には全部要らない物。


申し訳ないけれど 


父は
私の趣味も知らないし 
私が必要として居る物も知らない。


父の要らなくなった物を
持ってこられても 

家はゴミ箱でも無い。




全部眠ったまんま。

クローゼットの奥で死んでる。


自己満足で与えても 
無駄だと思うんだ。



そんなに
何か与えてあげたいって思ってくれるなら 


必要な物を知る努力だって
してくれてもいいんじゃない?






そんな事言ったら 
我が儘とか
贅沢とか
言われるかも知れないけれど 


子供の頃からの
父との関係の中で 


今の私はそう思う。



いつもいつも
先読みして
引き受けて
背負って
動いて 


私 


我慢して
無理して
頑張って来たから。



父はそれをしない。



自分が良いと思う物は
私にも良いと思って居るのかな… 

私もそれが嬉しいはずだと 
思い込んでるのかな…




父が
私に対して

“してあげている”と思い 


そう決めつけて 
起こす言動は 


私には
苦しめる
「押し付け」でしかない事は

多発してきた。


私だけでは無く 

時には

私の周りの人達までを巻き込んで 
気を遣わせ 


嫌な想いをさせて来て 


その都度
私はお詫びをしてた。





きっと

父は 

父の中の 
自己満足を 


何よりも優先して居る。



父なりに
心配もしてくれての事であったとしても 




「そこで言うべき事か」

「そこで起こすべき事か」


「それを父が決めて良い事か」


そう言う事を
まず考える回路が無い。




それが
迷惑になる事も在るって事を
考えない。



言いたい
やりたい
自分の感情の

満足を

求める感情が一番大きくて 


それを押し付けてるだけなのに。



しかも

それによって起きた
全ての事への
後処理は 

全て私なのに。






私が

娘として求めてたものは 
何も貰えてないまんまだって事にも 


きっと
一生気付いてはくれない。




最後に留
守電の声を聞いたのはいつだったかな…


今年のまだ前半だ。


以来留守電も聞いて居ない。



今年は
初めて
自分の事に注いで
12月を終えられるのかな…





少し前に冷蔵庫が壊れた。

大変な想いをして買い換えた。


事故後
思うように仕事の出来ない現状には
痛い出費だった。



それでも
自分で選んだ冷蔵庫は
とても気に入って居る。

楽しく喜んで使ってる。



毎日使う物だから 
大事。


毎日使う物でなくても 


とてもとても
特別に
大事な事が在る。



そこに

喜べない
楽しめない出来事を

刻まれると 

嫌な記憶になって 



それはずっと変わらない。






その場の状況や
相手の立場を

感じ取れない言動は 


そこに
どんなに想いが在っても 


傷付けて
背負わせるだけになる事も
沢山在る。



そこには
想いが在る事に
理解を求められても 

辛い。




だって
こっちは 


そんなのはわかっていても 


とてもとても迷惑な時だって
在るのだから。


こっちにだって

その場の立場や 
そこでの責任が

在るのだから。





2015年の終わりの1ヶ月。


仕事は忙しくなりそうだ…
特に副業の方ね。



今年も咲けたね。
偉いね。

私は枯れてるのにね。





こっちは
もうすぐ咲き始めるね。


偉いね。


私の今年は
くたびれて
荒んで終わりそうだ。






12月になってしまったなぁと 
思う程に 


今日は

やたら
ぐちゃぐちゃと


考えてしまった。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。