❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏在は私以外にも多々在るだろうに。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



自宅マンションの
一番小さな部屋は

私の工房になって居る。


一角には


楽器や
ステージで使う物


オモチャや
ぬいぐるみや
小物等が置かれているが



残りのスペースには


電動ろくろと
電気窯

土や
釉薬
成形道具などが置かれて居り


出来上がった陶器たちも

そこに保管されている。



世の中に
沢山沢山居るだろう

創作陶芸作家の中の

思い切り隅っこの方の

これでも1人だ。



でも
それだけでは
安定した高給なんて得られない。


現在では
小さく小さく続けてるだけだしね。



だから働きにも行く。


週に4~5日は
フルタイムでは無いけれど
朝から出勤して働く。


現在は
総合病院門前の調剤薬局で
調剤補助の仕事をしてる。


午前中は
白衣の下は
汗が伝う位に忙しく動き回る。


身体も頭もフル稼働。

帰り道はいつもぐったり。


帰宅後にも

まだ
本業であると考えて居る陶芸の仕事が
在ると思うと
心はげっそりとなる。


それでも
両方ともに
やりたいと思う仕事。




そうなれるまでには

やりたくない仕事も
必死でしてきた。

勉強もして来た。


やりたい事をする為には
そんな過程はきっと必要。


その我慢を経ての
何とか踏ん張ってる今。





職場の横には銀行が在る。

建物を囲むように在る花壇には
いつも
色々と花が育てられて居る。


色々な花々の中
ひとつだけ

季節外れの向日葵が
日々茎を伸ばして居た。



細い細い茎。


丁度
高速道路で陰になりやすい場所で。


太陽を目指して求めて
細い茎を
長く長く
ひょろひょろと伸ばして居たけれど

力が足りなかったのかな…


ぐにゃーって
曲がって
下を向き始めてて。



どうなるのかなって心配して居たら

在る時

銀行の方が
茎を壁で支えられるように結んで下さって居て。


そこからは
順調に背を伸ばして。

私の背の倍以上の高さになって。



出勤日は行きも帰りも見上げてた。


「おはよう」って。
「おつかれ」って。




少し前にね
やっと花が咲いたんだよ。

小さな花だったけど

日に日に大きくなって

今は
良いお顔を

お日さまに向けてる。



とても素敵。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック



このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






今日贈り物が届いた。

友人が
お礼に送って下さった。


とっても高級なお菓子みたい。。
楽しみ。うれしいね。





贈って下さった方は

まだ
毎年うつわの展示会を開催して居た頃に
知り合った女性。

40代後半のお姉さま。



私のうつわを気に入って下さって
これまでにも
色々とお買い求めも下さった方。





大きな病気をされて
暫く入退院を繰り返して居られた。

何度かお見舞いに伺った事が在る。



初めに伺った時には
とても落ち込んで居られたけれど

私が
お見舞いの品に添えた
綺麗な絵の描かれたか
葉書サイズのカードを
とても気に入って下さって

その時のお顔は
一瞬晴れやかに見えた。



だから
次に伺った時は
ポストカードを色々とお持ちした。


少し体調が良くなった頃伺えば


姉さまはベッドの上で
絵を描いて居られた。


絵葉書って言って良いのかな…。


とっても素敵な絵を
葉書に描いていらっしゃった。


本当に素敵で。



退院されたら
皆さまに観て頂いたらいかがですかって
話はしてた。



でも
現実に
それが出来るかと聞かれれば

わからなかった。



それでも
姉さまは
ベッドの上で描き続けた。


そして
今年初夏に退院。


その後も

治療をしながら
少しづつ体力をつけながら
描いて居られた。





今の仕事に就く前に
少しの間だけ

やりたい仕事では無かったけれど
収入を考えて
お世話になって居た会社が在って。


そこのお客さまでも在った方が

クラフトの教室をされている。


我が家の
すぐご近所に教室が在る。



年に3回か4回か
生徒さん達が展示会を開催される。


1日だけの
お昼前から夕方までの
数時間の展示会。


ご家族やお友達が遊びに来て下さる
小さな展示会。


私自身も
何回か伺って
先生ともお話して居る。






そこって

きっと

月下陽香で言えば
ライブだよね。
ステージだよね。



そこに
姉さまも加われたら素敵だと感じて
思いきって紹介をしてみた。


そしたら
想像以上に良い感じになって。

少し前。
素敵な妄想が現実となり。



ある土曜日の
11時から15時半だけの展示会で

その教室の生徒さんの作品と
姉さまの絵が
コラボをされた。



このブログは
まだ
色々と
メンタル面でのランキングにも参加して居るままなので

写真や名称は掲載しないでおくけれど

とっても素敵だった。





会場は


今日よりも
昨日よりも
ずっとずっと

まだまだ
滅茶苦茶に
事故後の身体が痛んで
歩けなかった私でも


10分で確実に辿り着ける位近くだったから

通院後
張り切って向かった。




会場で
生徒の皆様や先生方
お客さま方が
ちょっと召しあがって頂けると良いなって思って
洋菓子の詰め合わせを持って行った。




会場は
ほっこりとした雰囲気で賑わって居た。


受付について
直ぐに
姉さまは気付いて下さって

駆け寄って下さった。




「ありがとう」って
いっぱいいっぱい
何回も言って下さった。


私の右手を

両手で握って
さするようにしながら。



入院中痩せこけてしまった身体は
随分と元に戻って来たけれど
まだまだ華奢な指。


描き重ねて来た

「生」にすがり
焦がれた指だ。

優しかった。





話したい気持ちは沢山在った。

伝えたい言葉も沢山在った。


今言いたいなって思うような

もう
数日前から
想い続けて居た言葉も沢山在った。



姉さまも
私の存在を
とても気にして下さって居た。


だけど
その日は言うのをやめた。




他にも
姉さまに会いに来ておられる方々が
きっといらっしゃるだろう。


もしかしたら
滅多にお会い出来ない遠方の方だって
いらっしゃるだろう。




私は
自分の体調と精神状態が良ければ

いつでも

メールでも電話でも出来るのだ。



今日言いたいのは
自己中心的な感情。

自分の満足感を
満たしたいだけの
悪く言えば暴走。




今日の主役は私では無い。

姉さまなんだ。


辛い治療にも耐えて
寂しい入院生活にも耐えて
やっと迎えた


今日は

たった数時間の
姉さまのステージだ。




自分に置き換えると
とても沢山の想いが溢れる。


やっとの
たったひとつのステージで 


一番
色々背負って
追われて
気にしてるのは

本人なんだ。



会場を与えて下さる方への気遣いや

共演者の方々への挨拶や

ご来場くださったみなさまに
ちゃんと
平等に
お話したり
お礼を伝えたい気持ち。

物凄くわかる。



月下陽香として
私がステージに立つ時もそうだよ。



至らないけれど。
いつも
まだまだ至らないのだけれど。



限られた時間に


ステージに立つ
衣装や心の準備もしながら


お店さまにもご挨拶して

出来るだけ
お金を落としたりしなきゃって思うし


共演者様とも
滅多に無い機会だから
交流もさせて頂きたいし



何よりも
全てのお客さまと
少しでも
平等にお話がしたい。



月下陽香なんて
年に数回しか
ライブ出来ないから

すっごくすっごく

その数時間は大事。



取り返しのつかない
二度と帰って来ない
やり直せない時間。




そう考える気持ちで
自分と重ねれば

絶対に邪魔したくないよね。



だって

私は

姉さまに対して想うそこに
「愛」が在ると
自信を持って言えるから


それは
正しい「愛」だと思うから


絶対に

その場を
助けても邪魔はしたくないんだ。



絶対に
その日その時必要な事だけしたら


後は
静かに埋もれてた方が良い。


それが私の想う「愛」。



だから
お茶出しとか手伝える事をしたら
後は静かな観客になって
隙を見て黙って帰宅した。




姉さまの絵は素晴らしかったよ。

涙でそうで
歯をぐーって食い縛った。


素晴らしかった。





そういう

私の考え方と
とった行動を

物凄く理解して下さった姉さまは



私が
この夏
伊勢で
買おうか悩んで諦めてしまったお菓子を
取り寄せて届けて下さいました。



私に対して

とても嬉しかったと
助かったと
言ってて下さいました。


喜んで下さって良かった。 



自分なりの価値観が伝わった事に
とても救われる気持ちがしました。




もうずっと
苛立ちながらも
自分を責め続けて
悩んで居た事が

ひとつ

消化に向かわせる方向を
向けるかなって

思わせて貰う事も出来た。




理解して貰えるって
力になるんだね。



押し付けるよりも
理解される事は


物凄く
深い感情を

与えてくれるんだね。





うれしいね。

大事に食べて
踏ん張らないと。



やっとね


事故後の痛みが
少し穏やかになってきていて


ずっと
途中で立ち止まって居た
いくつかの

伝えたい想いと


改めて向き合って居る。




やっと
これから
また少しずつ


まずは

この数ヶ月の

感情と思考の整理から。



そして

何よりも優先すべきは
日々の仕事と通院。


身体のケアをしながらの


無理す過ぎない



心のケア。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。