❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と嘔吐が快感だと知ってしまった者として。ー依存の原因はインナーチャイルドだと自覚してー(私なりの答え・9)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



素晴らしいと感じる人は
何人か居る。


心から

尊敬や憧れなどを抱いて
絶賛出来る人達が居る。




知り合いにも居るけれど。


歴史上の人の中では
自分が知る範囲での
その人の遺した出来事などで
そう感じて居る人が居たりもする。


テレビの中の人でも

ニュースやワイドショーから伝わる
イキザマや人柄からの
自己判断でしかないけれど

凄いなって
素晴らしいなって

感じる人達が居る。




全くそう思わない人も居る。


それどころか
いつも
どこかで疑いの感情を抱いてしまうような
信じられない人も居る。



自己の感情を絡めての
自己判断でしかない
振り分けなのだけれど。


でも
ふと考える事が在る。





全てを持って居る人なんて
この世に居るのかな…


不足を

一切感じない程に

与えられて得て
完成された人なんて居るのかな…



居ないんじゃないかなって
私は勝手に思ってる。


真実を知らないから
そう勝手に想像してるのかも知れないけれど。






「欲しいもの」。


人が
それぞれに想う欲しいもの。



これは

お金とか地位とか
生活とかだけではなくて

内面的なものも
ひっくるめて。


欲しいもの。



きっと
それぞれに
色々と在るんだろう。





既に手に入れて居るものも
色々と在るだろう。


家族だったり
恋人だったり

環境だったりが

与えてくれているものだったり


自力で手に入れたものだったり


手段は個々に違えど

永遠を問わずに
仕分ければ

手に入れて在るものも
在るだろう。




そうでないものも在るだろう。


誰にも
与えて貰う事も無く

自力で得るには難し過ぎて


手に入れられぬままに

諦めたり
焦がれたり
妬んだり
羨んだり


途方に暮れたり。



どんなに
求めて生きて居ても


まだ
手に入らぬものも在るだろう。





既に
手にして在るものの
尊さはわかって居るはずなのに


どうしても

得られなかったものが

日頃
目に付いて仕方ないのも

人なのだろう。



だから


人よりも
もしかしたら
持って居るかも知れない事よりも


人よりも
手に入れて在れて居ない出来事に


不足を大きく感じて
強く
求めたくなるのもなるのだろう。



持って居ないものほど
心の目に付くのだ。


不足程
気に掛かり


時に
惨めさすら感じてしまう事も在る。



それが
成長前の人
なのではないかと

自分も見て
周りも観て


感じたりする時も在る。







「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック




このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】


そして
今日は

ここに振り分けたいと思う記事を書いて居る。








歩けないのか
歩かないのか
どっちなんだろう? 


笑えないのか
笑わないのか
どっちなんだろう? 


言えないのか
言わないのか

どっち?


眠れないのか
眠らないのかどっち?





関わりたくないのか
関わりたいけれど
立ち止まって居るのか
どっち?



切りたくないのか
切りたいけど我慢してるのか

どっち?



食べたいのか

太りたくないのに
食欲に勝てずに
食べてしまってるだけなのか

どっち?




働けないのか

決して
何も出来ない訳では無いのに
結局は
そこから逃げて居るのか

どっち?





その選択は
病なのか
事情なのか
やむをえない環境なのか

それとも

楽さを覚えた精神なのか。


理解出来ない出来事も
世の中には多々在る中で

色々と考えてしまう。







過程を綴る記事の中で

私が
何度も書いて来た事が在る。



私は
摂食障害者で在り
自傷癖者で在った

約30年間の人生で


きっと
最も感じて来た感情のひとつ。





私は

自傷の快感を知って居る。

嘔吐後の快感も知って居る。


身体を傷付ける事で
得られる

快感を

知って居る。

たまらない快感だ。



いけない事だと思ったり
もう止めようと考えたり

何度も何度も繰り返しても


そこから
離れる事は出来なかった。

その快感を
捨てる事は出来なかった。



言い方を変えれば

その快感が無ければ
私は
それに囚われた30年間を
生き延びては
来れなかったかのかも知れないとも
言えるように思えるほど

その快感は凄まじかった。



脳みそは忘れない。

麻薬みたいだ。


人は
一度覚えた快感を
そう簡単には忘れない。



もう切らない
もう吐かない

何度もそう誓っては 

そうはなれなかった30年を
過ごしてきて思う。




「依存」ってそんなもんだ。


自傷でも嘔吐でも

例えば
酒でもギャンブルでも。


依存は恐ろしい。

その力は本当に凄まじい。




そう考える私から見れば

先に書いた


“選択は
 病なのか事情なのか
 やむをえない環境なのか

 それとも楽さを覚えた精神なのか”


と考える
自分の中の思考の行方は

「依存」と手を繋ぐ。


きっとその一部なんだと
私の考え方は結び付く。




依存する時に。


人は

自分の都合の良い言い訳をしたくなる。



その言い訳をする自分は

それが
本当は


自分が
楽を出来る逃げ道を
必死で正当化して
弱者で在り続けられるように

計算してる事も知って居る。



全てでは無くてもね

そういう時が在る事も
そう言う人が居る事も
知って居る。


自分もそうした時代が在るしね。


ずっと
そうしてるまんまの人達も知って居るしね。





どうすれば
そこから抜け出せるのかなって

最近よく考えて居た。



自分と


自分が
素晴らしいと思う人達や

疑問に思える人達を

沢山
心に想い出しながら
よく考えて居た。





先にも書いた

“歩けないのか
 歩かないのかどっちだろう?”



自分にそう問うたなら
どっちなんだろうか。




自分が

どっちに居るのか


自分を甘やかす言い訳をせずに
冷静に判断出来る思考を
まずは持たなくてはならない。


まずは
正しい自覚が出来なくてはならない。



その後は

そこから

言い訳の場に戻らずに

何度引き戻される事になっても
己との闘いを始められたなら

その時は

必ず人は前に進む。




それはとんでもなく難しい。

言葉で言うように
簡単には出来ない。




摂食障害と自傷癖の
約30年間の過程を
私はここに書いて来た。



そこでは

簡単には


「摂食障害者で在り
 自傷癖者で在った20年間と

 カミングアウトをして
 克服の為に過ごした10年間」

などど書いても居るが




実際には
10年間なんて年月では無く



もっと長い時間を


もう止めようと
止めたいと


数え切れなく思い
言い聞かせながらも


そこから抜け出せずに
過ごしてしまった事実が在る。




依存は

そこそこ大きな決心なんかでは
乗り越えるなんて
絶対に出来ない。

抜け出す事なんて出来ない。





だけど

自分が
どっちに居るのか

冷静に正確に
判断して
受け入れられたなら


まずスタートには立てると思う。




スタートに立てる所まで
自分を導けたなら

その後に
どれだけの時間を掛ける事となっても


自分の力で

心も身体も
どんな形で在れ
前に進ませてゆける。




スタートに立ち
歩き始められても

ほとんどの人達は

そのままに
前にだけ歩める事は無いだろう。

何度だって呼ばれるのだと思う。



覚えてしまった快感は
いつまでも手招きをするんだ。



どんなに強い意志を持って
向かったつもりでも

きっと必ず打ちのめされる。



強く掲げて向かった人ほど
自分を責めて痛む事にもなる。




何度呼び戻されても良い。


何度呼び戻されても
そこは
一度スタートに立つ所までを
自分に勝ち抜いた人には

もう振り出しでは無いのだから


自分を責め過ぎずに
繰り返し向かってゆけば

何も変わって居ないようでも

必ず
前に進んでいるのだと思う。




その繰り返しでも
諦めずに
重ねてゆく中で


ある時

変化に気付ける時が来る。




そうなる為には


なぜ

自分が
その依存に陥ったのか


原因や理由を


自分が
明確に理解出来て在る事が大切。



始めは

たとえぼんやりとでも

それに対して
想像でしかない
原因や理由でも


持って居れば違う。


克服に向ける自分と向き合いながら

原因や理由を
明確にしてゆく事も出来る。




そうなれた時に初めて


過去には何が在ろうが

その人自身が

現在に説得力を持ち


得たものに
光を当てて生きてゆけるのだろうと


素晴らしいと感じる人達を見て居て

想う。



痛む経験をしながらも
人を導いてゆけるような
チカラを持つ人達は
そこを越えて在るのだろうと。





私は
そこまで行けるような人間では無い。


ここに
沢山の過程を書いて来たけれど

実際に書いて来て思う。



私は

多くの愛や影響を
与えられる人間では無い。




だけど

リアルに関わる
身近なミカタを
心底愛しながら

偏在な私にも
与えられたものを意識して
幸せを感じて生きる

未来を
手に入れて在れたらと


最近は思う。





だから
私はよく

「インナーチャイルド」(アダルトチルドレン)についても書く。

【「インナーチャイルドと共存が出来れば。」(私なりの答え・4)(2015.7.19)】



私が

摂食障害者となり
自傷癖者となった原因は

そこに在ると
明確に自覚を出来て在るから。




私は
自分の中の幼児と
今仲良く過ごしてる。



摂食障害や
自傷癖と
共存してしまう人達には 


「インナーチャイルド」と言われる状況を
抱えて居る人達は
実際に物凄く多い。




育てて貰えなかった心を
持て余してしまうんだ。



極端に
大人の自分と

極端に
幼児のままの自分が

ひとりの同じ人の中に居るから

バランスが崩れてしまう。




私が
摂食障害者となり自傷癖者となり始めた時


私はまだ子供だった。


ランドセルを背負い
小学校に通う低学年の女子だった。




やっと
この数年を
自傷と嘔吐から
離れて生き始めた私は
40代を生きるおばちゃんになってしまった。



その
今の私の中にも
幼児の私が
今日も生きて居る。


【「摂食障害と自傷癖とインナーチャイルドの個人的バランス。」(2015.9.13)】

【「インナーチャイルド(アダルトチルドレン)は今日も生きて居る。」(2015.9.27)】


アンバランスは相変わらずだ。



それでも

そんな自分と向き合いながら

今日も
本当の完全な克服を目指して
生きて居る。


きっと
まだ
そこまでは辿り着けていないから。



結局は
死ぬまで
そうしてるのかも知れないけれど

仕方ない。


それが私なんだろう。







最近は

体力的にも
精神的にも

もう
少し前程頑張れない。


持病も悪化してく中で


それでも
これでも


一生懸命
仕事して
家事して通院して

やっと少しだけ
何とか
音楽にかじりつきながら


こうして発信を続けてるけど。



少し前までなら
無理をすれば出来た事も
もう
無理をしても難しい。



だから

とても時間を掛けての
少しずつでしか
実行も出来て居ないのだけれど。




「インナーチャイルド」との付き合い方については

もっと
きちんと
わかりやすく

ここに書いておこうと

とても思って居るから


読みたいと思って下さる方が居て下さったなら
待って居て下さいね。





今夜は中秋の名月。

明日はスーパームーン。

【「特集・中秋の名月」(アストロアーツさんのツイートから頂きました。)】



夜空を見上げてみようと思う。



身体中の痛みを
抱えながら

明日からも仕事だからね。



少しでも
越えてゆけるチカラを
引き寄せられるように


願って月を見る。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。