❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

育たない心を植え付けられた者の1人として。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆





シルバーウィークの始まりに
一泊だけ
自分に
ご褒美の小さな旅をあげた。



ずっと

もう一度行きたいと
思って居た場所。





このブログの中で
過程を綴りながら

そこにも書いて来たが



嘗て

結婚と言う契約に
恵まれた事が在る。



でも
私の結婚は
穏やかでは無かった。



お相手の家族には
全く歓迎もされなかったし


今だから
はっきり言えば


とても粗末に扱われての
嫁入りだったなぁと

申し訳ないが思う。



当時は
私なんかは
そんなもんだろうなと


無理矢理
飲み込んでもみたけれど


今になって思えば
残念な事は多々在る。



でも。


それが
私の選んだ結婚だったし


大事なのは
お相手の家族では無くて
私とお相手。

当人同士なのだから


そこがしっかりして居れば
問題ないと
今は思う。




私の場合は


私も
お相手も

共に

家族には恵まれて居なかったから


基本的に
帰れる場所を持っては居らず


そんな私達が
日々を支え合うのは

相手の家族では無く
お互いでしかないのだから


ふたりさえ
想い合って居れば良いと言うのが


私の考えと

先にはなって行った。




静かに籍を入れただけ。


挙式もして居ない。


新婚旅行もして居ない。



大きな貯蓄も無かったし
親が
させてくれるような家庭でも
なかったしね。





コツコツとお金を溜めて

後々に
写真だけは写した。

ひらひらふわふわのウエディングと
ピンク色のドレスを着て
写真は写して置いた。



あと。


一泊だけ旅行をした。



当時は
3匹の猫たちも居たし
予算も少しだったから
一泊だけ。



その時に行った場所に
もう一度行きたいと
ずっと思ってた。





私なりにだけど

すごくすごく頑張って来た。

これでもね。

めっちゃ頑張ってみた。


我慢いっぱい続けて
頑張って頑張って。



我慢して
我慢して
我慢して。



やっと

摂食障害と
自傷癖からも

距離を置き始めて。



やっとそこまで来たのに


失ったものの方が
既に
遥かに
多くて大きくて。



もう
使い果たしながらも
逃げる場所も無くて
命を削るように留まって。



そんな中で
愛おしい命を看取り

毎日は
とてもとても寂しくなって。




それでも
押し殺して
日々生きてみたけれど


我慢し過ぎた気持ちは

プツリと

途切れてしまった


気がしてた。




正直な気持ちを言えば

本当に
もう
人が嫌だとも思ってた。



僅か数人
ほんの2人とか3人とか
それ以外の人達は
信じる事も出来なくなってきていた。




結局は

私を傷付ける。

奪ってくと

思えて
仕方なくもなってしまった。





現実から離れて
穏やかに過ごせる時間が欲しいと

何よりも欲しいと

物凄く思って。



そこに行こうと思って


一生懸命目指したら
今度は交通事故。





もう駄目だった。


心が
限界を超え過ぎて居た。


だから行った。


ずっとずっと。


もう一度行きたかった場所。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック




このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






現地では
いくつかの場所を巡った。


中でも
1日目に
ホテルにも寄らずに直行した場所は

一番行きたかった場所だった。



電車を降りてから
海の見える道を歩いた。


少し歩けば到着。


幸い
その日は混んでは居なかった。





到着と同時に始まったのは
セイウチのショー。

興味なかったはずなのに
観てはまった。



可愛くて面白い。


ショーを進行する
飼育員の
お姉さんとお兄さんが


物凄く素晴らしかった。



ショーの後は
セイウチが
客席まで回って来てくれる。


触らせてくれるのね。



これは触っておかないと後悔するって

思って
タッチした。



ぎゅっと
肉が詰まったような弾力と
ひやっとした体温と
べちょっと濡れた固い毛皮と
生臭さ。


満喫してしまった。





お目当てはマナティだった。


約10年程前に観てから
記憶して居た感じとは
かなり違って見えた。


自分の記憶の曖昧さが残念だった。


でも

雰囲気は一致してた。



巨大な身体で
あまり動かなくて。



たまに
息継に
水上に上がってゆく。




水底で
死体のように動かない。

不思議な生き物だ。



かなり長い時間観てた。



自分で食べに行けない子が居るみたいで
飼育員さんが直接与えてた。





お目当てではなかったのに
はまったのは

アザラシ。




何頭もが
勢いよく泳ぎ回って居る中で

1頭だけ


一か所で
ずっと立ち泳ぎしてた。



良く見ると
上から僅かに水滴が落ちてきていて
それが当たる位置で
立ち泳ぎをしてるみたいだった。



疲れるのか
暫くすると
少し泳ぎに行くのだけれど


また戻って来て
同じ場所で立ち泳ぎ。





同じ水槽の中には
もう1頭
個性的な子が居て


その子は
ずっと
隅っこで逆立ちをして居て


それもおかしいのだけれど

それ以上に
立ち泳ぎは
面白くて可愛くて



そこだけで
何十分居たか
わからない位だった。



その横に居た
ゴマフアザラシも面白かった。


愛嬌が在って可愛くて。

個性豊かなんだよね。





ここにはジュゴンも居る。


以前に来た時には
2頭居たのにね。


今は1頭だけ。





全部じっくりと観て回って。


少し休憩して。



ジュゴンと
マナティと
アザラシには
再び会いに行った。


座り込んで
じーっと観てた。




そこで
5~6時間は滞在してた。

だって
約10年振りの
焦がれた場所だったからね。

身体の限界まで
居座ってた感じだった。





これまでの人生よりも
これからの人生は
短いのだし


身辺は
どんどん整理して

死後に
備えてゆかなくてはいけないと


とても考えるようになった。




だから


少し前までは

ぬいぐるみや
玩具を
沢山買ったりして
持って居たけれど


もう増やさないでおこうと思って

自分では
買わなくなって居たのだけれど。




この旅で

食事以外に
ひとつだけ
自分にプレゼントをした。



手の平に
ちょこんと乗っかる
セイウチのぬいぐるみ。


あともうひとつ。


1000円で
記念写真を写して貰った。



写りはイマイチ(笑)



まささんが
いつも写して下さる
月下陽香の写真の方が
ずっとずっと
自然でキレイで印象的。


だけど記念に残しておいた。





2日目は
細切れにいくつか回ったけれど 


朝早く出発して向かった初日は
夕方までここに居てから
チェックインして
少しの散歩と夕食をした。


2日目の事は次に書こうかな…







この10年間で
2回目の
一泊二日の旅。



行って良かったと
とっても思ってる。



私には
こういうのは
本当に滅多に無いから。


時間も身体もお金も必要な
こういう時間は
余程の事が無ければ
手に入らないものだから。



事故後の痛みは
鎮痛剤を飲んでも
感じながらの

ゆっくり歩行での旅だったけど


行って良かった。







親には
育てては貰えなかった私の心は 


こうして


とてもとても

少しずつ


自力で
見たり感じたりしながら 


考えて

巡らせて


やっと
少しだけの成長を



うんざりする位に
繰り返しても

人並みには遠いのだろう。



自分の中に在る

育たないままの精神の形が


最近
やっと
とてもよくわかるように思う。




だから私は
私の中のイ
ンナーチャイルド(アダルトチルドレン)と
向き合って日々を過ごす。



その中での
この2日間は


良い刺激で在ったと


思えるんだ。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡