❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体も心も激痛にもう限界だと自覚したんだ。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



限界だ。


痛み過ぎて限界。



動いて居る間
身体はずっと痛い。


物凄く痛い。


それでも
立ちっ放しで

我慢して
我慢して
働けば


帰り道は

一歩一歩は
数センチずつのゆっくりで

走る痛みに

泣き出してしまいそうな程

辛い。



痛い。

本当に痛い。

物凄く痛い。


整形外科では
誰も理解してくれない。


大袈裟に振る舞う
交通事故被害者扱い
されてるよな対応。



整骨院では
丁寧に手当てをしてくれるけれど

そこに
即効性は何も無い
手探りだ。




痛みに耐える毎日に

ストレスは
恐ろしい程に太りゆく。


心の中を充満してく。

醜い程の太り様だ。



朝起きれば

口の中までに激痛。


鏡の前
覗き込めば

舌には
全体的に
口内炎が吹き出して

いびつな色形になって居た。



こんな場所まで
傷めつけないでくれよ。


やってらんない。







「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック



このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】








定期的に訪問するブログは
いくつか在る。


でも

毎日
必ずお伺いする事は少ない。


メンタル的にきつい時には
更新の有無に関わらず
訪問して
読みたいと思う物は
ほんの数か所。



いつ伺っても

どの言の葉にも
棘の無い場所は

本当に少ない。



その中で

この数ヶ月
必ず訪れるブログが在る。




長年の
約20年にも及ぶ摂食障害から
やっと抜け出し始めた
歳も近い女性のブログだ。


彼女の精神的障害は
摂食障害だけでは無い。


他にも
いくつかの病と共存をして居る。



その原因の根本には
虐待が在った。



精神科にも
多くかかったものの
最終的に
彼女は
精神科を頼らずに
障害を乗り越えて居る。


精神薬が
摂食障害を治す訳では無い事を
経験の中で学び


自分のやり方で
克服へ向かって居る。




そこに行くと
気持ちが少し落ち着く。



それは


きっと
彼女が正直だからだと思う。


わからない事を


自己の実体験では無い
研究と分析だけで
理解したような事も
言わないし

押し付けも
決め付けもしない。



根掘り葉掘り
詮索はしないが

掛けられる声には
とても丁寧に
正直に答えてる。



年上にも年下にも
尊敬を表現はしても

絶対に
上からものを言う事は無い。


年上には丁寧に

年下には
とても身近な友人のように


言葉を選んで
真っ直ぐ向き合って居る。



自分の意見が
正しいと

決め付ける表現もしない。




素晴らしいと思う。



自分の経験を根に
きちんと想いを伝えてる。


沢山のアドバイスもするけれど
どれもが優しい。




そして
ちゃんと言葉にしてる。


その日の想いも

障害との日々の向き合い方も


同じ痛みを持つ人達へ
伝えたい想いも


きちんと
わかりやすい言葉で
日々表現をしてる。



素晴らしいと思う。



それは

彼女が
痛みを乗り越えて
今を生きて在る証だと思う。



言葉に出来ぬ感情は

まだ
ただの感情でしかない。



言葉に出来る所まで辿り着いて

感情は

理解となり
分析も出来
飲み込んでゆける。






私は

ここに

2013年の七夕から
2年間をかけて


摂食障害者で在り
自傷癖者として生きた過程を
書き遺してきた。



そして
少しづつ

そこを抜け出した私の答えも
書き始めて居る。



でも

このカテゴリへ収めたい記事は
今足踏みをしてる。


書きかけたまま
いくつかの記事は
未完成でストックされたままだ。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






彼女の記事を見て居ると

その言の葉の全てには 

言葉に出来る所に在る
強さが犇めいて居る。


本当に素晴らしい。



だけど。


今の私には無理。

どんなに頑張って見ても
足踏み状態は変わらない。




それはなぜだろうか。


ずっと考えて居た。


考えて考えて
昨夜も眠れぬ中で
感じた。




私は今


この環境と
身体に

起きて居る

激痛に

日々の24時間を
苦しんで在る。



それが

今日の何よりもの足枷。



この激痛から逃れられたなら

きっともう少し
心は冷静になれるだろう。


少しは笑う事も出来るだろう。


加害者を許すプロセスを
歩き始める事も出来るだろう。


でも今は無理だ。


身体に走る激痛は
耐えられない苦痛なんだ。




そして
もうひとつ。


とてもとても大きな足枷に
掛けられて居る

「おもり」が

在る事に改めて気付いた。



それは何だろうか。





あまりにも

何度も
何度も
何度も

ずっと
繰り返されてきた現象に

とうとうキレてしまった気持ちだ。




これまでの
私の人生で

必ずと言える程に
起きて来た現象。


ギタリストさんも言う事が在る。


“やっとって時程

  必ず何かに邪魔をされてしまうね”  って。





大きな困難を越えて

やっと
次へ向かえると思えば

何かが起こる。



頑張って頑張って

これが最後の勢いで

今度こそと注げば

また何かをされる。




何故なんだ?

いつもそうなんだ。

それはそれは

見事に。



やっとの想いで
辿り着き


これからだと
そこに立てば


必ず

誰かが何かを起こして

それまでの努力を無駄にしたり

後処理だけを
押し付けて
逃げたりするわけだ。



その度に

我慢して我慢して飲み込んで
我慢して。


数え切れなく繰り返されて。



とうとう…



ぐしゃっとね 


心が潰れてしまった私は

物凄い迷路の中を


痛みながら彷徨ってる。




だから

誰かを導く言葉よりも


自分が

現状の感情を
整理してく為の言葉を

選ぶことが

今の私には多くなる。


これは


過程を振り返り整理するよりも
難しい。

そして
めんどくさいし

とても疲れる。


だけど

今は


それをしなければ
前に向かって
歩けないのかも知れない。






どうして今なのか

どうしてここなのか


それは
今日
ここで起こさなければならないのか


それは
今日の私に
絶対に
言わなければならないのか



そして


どうして
それらを
最後まで
責任をとらずに

乱しただけで逃げるのか。



理解が
どうしても出来ないままに

突き付けられて

背負わされる


苦痛。



必死になって

我慢重ねて

耐えて
耐えて
辿り着いても


必ず
乱されて
無駄にされてしまう



注いでも

注いでも

ひとつも
満足を得られないままに

取り繕って飲み込む本音。






摂食障害と自傷癖から
やっと
距離を置き始めた私は




激痛の走る現状の処理と


余りにも
繰り返され続けた
人間関係に

置いて行かれた荷物の処理に

悩みまくっている。








もしかしたら

そこには

私を思いやってくれる
優しさも在ったかもしれない。


そう言える事も
全く無かったとは思ってはいない。



それでも


それを
与えるタイミングを間違えたり

やり方の選択を誤れば

消えない傷を与え
後悔を突き付け
責任を追わせて

深い悲しみに
突き落とす行為にもなる事を

忘れないで欲しいと思うし


自分も
忘れてはいけないのだと考え直す。




与える側は気付かないからね。


与えると言う
自己満足の方が
遥かに勝ってしまうものだからね。



そこが


やっと辿り着いた

「たったひとつ」である事にも



もしかしたら
それは

最後かも知れない程に
特別な事である重要性は


そうなると


人は気付かない者だからね。





もしくは

完全に
自己の欲と
それを満足させたいが為の
押し付けで在る事も
実際にあるよね。



きっと
こっちの方が多い。

遥かに多い。



最近でこそ
私が関係を絶ってしまって居るけれど


幼少期からの
私と家族との
関わりみたいな感じだ。




自分は

言いたいんだからとか

自分は

して欲しいのだからとかね。



こっちの都合がどうよりも


今の
瞬間の

自分の

感情と欲望を
満たす為に


拒絶する前に

まず
我慢して飲み込んでくれる私を
利用する。



私なら
なんだかんだ言っても

それこそ
しつこく頼めば

折れてやってくれるだろう。


断りなんか出来ないだろうって。


そんな感じ。


父とかは
まるでそうだったと思う。




私にとっては

ものすごく大切な瞬間で
とても貴重な時間で在るのに


わざわざ
そこを狙う必要はないだろうに


自分の

その
瞬間の感情の処理の為に

私を動かして奪う。



頑張れば
自分でも出来るだろう事を


面倒だからと
わざわざ
その瞬間を狙って

私に押し付けて

自分は
のんびりゴロゴロしてる。






私に対して起こす事に 
後処理もしないで去るくせに。


自分の方が正しいと思ってる。


瞬間の感情で
深く考えもせずに
言動を起こして
丸投げしても


私なら
何とかしてくれるだろうし

自分で片付けなくて良いから

楽でしょうね。






何回とか
何十回とかの話じゃない。



何十年も
繰り返されてきた


同じ分類の
多様な
数多くの出来事。




それでも
必死になって
頑張って来ていた


心も


この数年は

疲れる一方だった。








なぜなら


私には

明らかに


動ける時間が
限られてしまったからだ。


残りの自由も
限られてしまったからだ。





「あと少し」
しかない中での


「ほんの僅か」に分類される


たった1日に

たった数時間に


狙いを定めたかのように
突き付けられる出来事に




心は

もう限界だと


大声で叫び



とうとう
千切れてしまったんだ。






伝わる人が居てくれたら救われるのになぁ…


って
気持ちがいっぱい。



ただ

「うん、うん」って。


聞いて貰えたら
少しは救われるのかな…



いつも
そうはならないからね。








明日も通院。


でも
もう
バスも辛いよ。

めちゃくちゃに痛いんだ。



それでも

今日も
一生懸命
6時間立ちっ放しで働いて

電車通院して
家事もして



頑張ったねって

自分に言ってあげる事にする。





早く

身体の痛みが癒えて


心の傷と
向き合えたらいいなぁと





願う。






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。