❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれた憎悪を殺せたならば。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



事故が起きたのは14日。


もう1週間。


私の24時間は
痛みに満ちている。




事故後
加害者本人からは
電話の1本も無い。


私の中では

必死で
本当に必死になって
我慢しようと
受け入れようと

言い聞かせた想いも

途切れてしまった。



不満が怒りとなる。

痛みは憎悪に変わる。


身体の痛みは苦痛だ。


大きな大きな苦痛。


でも

それ以上に苦痛なのは


憎しみが
この胸に芽生え始めた事。



事故当日から
腑に落ちぬまま

ただ
無理矢理に
我慢して居た感情が


それにより
浮き彫りになり始めた事。



苦しくて耐えられなくて。


悩んで居た時に頂いたアドバイス。



私は
保険会社に電話を掛けて
現状と想いを打ち明けた。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック




このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







物品を
金銭を
たかろうと思ってる訳じゃない。


土下座しろとか
言ってるんじゃない。



加害者は
幸い保険には入って居たから
治療も受けられるし
最低限のケアはして頂ける訳だ。



私が求めて居るのは
誠意の伝わる謝罪。


私を
後ろから
暴走して
ぶつけて
逃げようとした

理由と
真実を知りたいんだ。


その上で
きちんと謝って欲しいんだ。




私の想いを
保険会社から
加害者に伝えて貰ったら
直ぐに電話がかかって来た。



保険会社に言われての
行いだと言う事は

見え見えだ。



それなのに

さも
個人的に心配して
かけて来たような口振りに

苛立ちは増した。




お詫びに伺うとの事。


やっとだ。


こっちから
仕掛けて

やっと。





あくまで
私の物差しでの考えだけれど


普通

まずお詫びするでしょ?



だって
加害者のおばちゃんだけが 
無傷だったのよ。


直ぐに謝罪に来れるでしょ?



身内の者だって人から
軽―く
電話が1本

在ったきりで

納得なんか出来ないでしょ?



馬鹿にしてるよね。


舐めてるよね。

おかしいよね。





日々
この胸には
憎しみが生まれ育ち始めた。


たまらなく苦しかった。



黒い車を見れば足がすくむ。


信号の無い横断歩道は
怖くてなかなか渡れない。


後ろから車の音がしたら
びくっと震える。



身体は痛い。


毎日痛い。


腕の打撲は
落ち着いてきたが


それでも
痛み止めを飲まないと寝付けない。



首は
これからしばらく治療に通う。




これから数ヶ月
これらの苦痛と向き合うのは私。



その上

そこに
憎しみが生まれたら

苦しいよ。


憎しみの感情は

苦しくてたまらない。



毎日
痛む度に
加害者を思い出し
憎んで恨んで。

そんな生活は苦しいよ。




そうなりつつある現状を
どうしても変えたくて。


加害者に会いたかった。



事故当日には会って居る。


その場で
一応の謝罪の言葉は頂いて居る。



それでも
事故の混乱の中で
良く覚えてもいないし


後日
連絡くれるって言ってたし。


だから待ってたのに
連絡も無く。



こちらから
保険会社に伝えて

やっと。



今日

昼前に

加害者が家に来た。


息子さんと一緒に来た。



加害者は
私の親位の年頃のおばちゃん。

息子さんも同世代でしょうね。



本人が来なければ
まず
来るまで会わない気で居たけれど

来たから玄関を開けた。

玄関先での話。

全て録音した。




まずは
ひたすら謝るふたり。




私は

放置された事への不信感も
怒りも伝えた。

勿論
穏やかにね

話したよ。




許そうと
受け入れようと
必死で思って居た気持ちが


日々
憎しみに変わりゆく事が


どれ程に辛いか
伝えた。



毎日
加害者を憎みながら
生きるような感情に
させないで欲しいと伝えた。





そして。


加害者に
聞きたかった事を聞いた。



私にぶつかった時に

気付いてたよね?

当て逃げしたよね?


彼女は認めた。




そして。

私は
加害者に
一番聞きたかった事を聞いた。



「なぜあの時 あのような暴走をしたのか。」





事故の後

警察や救急隊が駆け付ける中


まずは
大きな怪我をして居る被害者の手当てに
始めに到着した隊員さん達が
追われて居て


私は軽傷だったから


道の隅で座り込んで
次の救急車を待って居た。



その時
座り込んで居たのは


事故を起こした加害者の
黒い車の後ろ辺りだった。



警官が
加害者として居た話が


少し
この耳に
こぼれて入って来た。



その会話は犬の事だった。

犬の具合が悪くて
急いで居たとか言うような会話。


ただ
一部の会話しか聞こえなかったし


事故直後の
痛みとパニックで
身体も震えてて
ぼーっとしていて

それしか覚えてなかった。



だけど

それがとても知りたかった。



だから
私は
加害者に理由を聞いた。



何度聞いても答えない。



「私がどうかしていたんです。」って。

「私の不注意です。」って。



そう繰り返すばかりで

理由を答えてくれない。




たかが動物の事で
ペットの事で
事故をしたのかと

言われてはいけないから

黙って居るんだろうなと思った。




彼女は言おうとしない。


だから私は言った。



当日
車の後ろで
救急車を待ちながら
聞こえてしまった会話の事。



そうしたらやっと

とてもとても
言いにくそうに
彼女が言った。


飼い犬がとても危険な状態で
急いで居たと言う
あの日の真実。


助手席には
その犬が居て
焦って居たそうだ。





私は

彼女に


自分は

犬では無いが
昨年まで
猫と暮らして居た事


子の居ない私には
我が子のようだった猫を
看取った時の事を話した。


だから

気持ちはわかるんだと。



だから

気になって居て

本当の事を
加害者本人から
聞きたかったんだと。



それでも

あなたの起こした行動は
大きく間違って居ると。




今後も

私が

加害者に対し
不信や不満を抱くような事が続くなら


こちらも
それなりの手続きを経て
出る所へ出る気で居ると
言う気持ち。



そうならないように


きちんと
全ての被害者に
誠実に謝罪して欲しい要求。




近くに暮らして居るのだ。

どこかで会うかも知れない。


その時に


「あいつだ」って

憎しみを呼び起こすような未来に
しないでくれと。





言いたかった事は言った。

聞きたかった事も聞けた。




最後に加害者に聞いた。


「ワンちゃんは助かったんですか?」


彼女は黙った。



私は聞いた?


「死んだんですか?」



彼女は
言いにくそうな顔をして

黙った。



言っちゃいけないって
保険会社から
言われてるのかな?



私は更に問い詰めた。



「生きてはるんですか?」



加害者の顔が
泣きそうになって

「はい」って言った。





腕痛いのに
首痛いのに
腹立ってるのに。



思ったんだよ。


良かったって。


あー良かったって。




ペットの事で
起こした事故で
被害者は複数居るのに
自分と犬は無事なんて
言えなかったんだろうね。



そこで
簡単に言える人じゃなくて良かった。



申し訳なさそうに
「はい」って
言ってくれる人で良かった。





「良かったですね」って。

「本当に良かったです」って。

彼女に言った。



彼女が泣いた。


一瞬
私に近付いて
両手を差し出すようにして
すぐにその手を引っ込めた。



私は彼女の方に手を置いた。


「頑張って下さい」
そう言えた。





疑問は消化した。


顔を見て話せて
本当の事が聞けて
納得もした。


ちゃんと納得したと思う。



加害者との会話の
最後の顔は
何よりも本心だったんだと思う。



言葉でなら何度でも言える。


「申し訳ありません」って。


何回でも繰り返して言える。
簡単だ。


その後の事を考えたら

とりあえず
そう繰り返して置けって感じだろうって

被害者側に立てば
そうも思う。



だから
彼女の
「申し訳ありません」を
私は疑って居たけれど



最後の
謝罪の言葉と顔は
本当だって思った。


そう思えた。



だから大丈夫。


私は彼女を許せる。


これから時間を掛けて

きっと
許してゆける。






空はまだ
曇ったままの雨上がり。


夕方からは少し練習をする。


明日から
副業にも復帰する。



怪我の治療は
恐らくは
2ヶ月程を掛けて
週2回程通院を続ける。



ただでさえ
通院の多い私のスケジュールは
なんだか
えげつない事になる。



これから秋が来て

そ秋が過ぎる頃には

首と肩が治ってたらいいね。






ぽんちゃん。

ワンちゃん
生きてて良かったんだよね。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。