❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズグチの種類。-己の思考の癖を知ろう-(私なりの答え・7)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



照り付ける陽射しに
身体中が焼き付けられるようだ。


昨年までよりも今年は辛い。


夏の作業部屋で過ごす事が
とても苦痛。



この状況に耐えるのも
もう限界かも知れないな…。



冷暖房設備を整えるか

夏の作業を減らして副業に励むか。



出来れば
数年を掛けて
本業を副業にシフトしてゆきたいと
この数年考えて居る。

自由な創作をしたいから。


ならば
副業を充実させて
勉強すべきなんだろうね。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック





このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







数日。


沢山の
想いや思考が
吹き出しては
ぐちゃぐちゃに混ざり合って
収集がつかない。



少し前までなら

それでも
無理矢理に形にする為に
時間も
体も
心も
目一杯な無理をして注いだ。



けど
もう
そんな労力は
必要ないと考える。


だから
言葉になるまで放置する。


思考ならそれで良い。


無理矢理に繋げて
形にしてみた所で
無駄に思えてしまうから。





でも
日々の
人との関わりでは
そうはいかない。




想いを
直ぐに言葉にする事が

私は苦手。



会話も

いつも
基本的には
聞き役が多い。


その立ち位置に回るように意識して居る。



相手が

自分から
話したり動いたり
出来ない性格でない限りは

自分から
自分のペースを提案しないようにしてる。


相手が
私のリードを求めてると
感じた時だけは

一生懸命

先に
何か言い出したりするけど。



そうじゃないと感じた時には
極力
合わせて沿うて在るようにして居る。




これはきっと
幼少期に植え付けられた思考だと思う。


これもきっと

偏在で我が儘な
両親が作り上げた


偏在で
馴染めない子供が

大人になってしまった形のひとつ。





そんな私でも

自分の話を
聞いて欲しくて
沢山喋る時も在る。


でも
いつも
その相手は限定される。


私の場合は
そう言える対象は2人位かな…。




大抵は
人の会話を聞いて居る事が多い。


よほど
その時に


その日までに
積もり積もった
我慢の感情が

千切れてさえ居なければ

基本はそうだ。





それは

仕事中でも
プライベートでも
そうなんだけど。





仕事中の雑談なんかは
とっても苦手。


神経は
仕事に全開で向かって居るから
それ以外に傾けられない。



だから
いつも
ニコニコ聞いて居る。


それが心地良い。


相手を知りたい気持ちは
すごく在るから

それが消化されてゆく感覚が
嬉しいし楽しい。




だけど

そうして聞いて居る時に


突然
質問や意見をふられたら
パニックだ。


言葉が浮かばない。


聞き役に徹して居るから
スイッチが入らない。


上手く話せない。
ギクシャクしてしまう。




今の職場は
やりたかった職種で
仕事も楽しいけど

同年代の人達も多くて

皆さま優しくて
会話も楽しい。


だけど
話すより聞いてるのが楽しい。



だから
私は
おとなしい人。


まぁ
本来の私はそうだ。



月下陽香なんて名で
ステージに上がる人間が

そうだとは
信じて貰えないだろうけれど


私は
本来は


目立ちたいタイプでも
リーダーシップを取るタイプでも無い。



できれば
そうしたくないと願って居るタイプ。


どうしても

必要以上に
周りに気を遣って
神経すり減らして
くたくたになるから


静かに
支える側で
存在してる方が向いてる。





スナックで言えば
ママよりもちぃママも方が
本来の私の性格には
向いて居るって感じ。


昔はオーナーママしてたくせにね。





音楽活動でも
イベントを立ち上げたりもしたけれど
本来はそういうのも苦手。


一緒に盛り上げるのは楽しいけれど

独りで背負って
仕切って
引っ張ってゆくのは辛い。



ステージに立つだけでも
大きくエネルギーを消費してしまうのに

自分が主催ってなると
もう使い果たしてしまうのね。
上手に配分できなくてね。






だから

スポーツで例えたなら

団体競技は嫌いなタイプ。



例えば
バレーボールだったら

自分にボールが回って来る事が
もう辛くてたまらない。



良い成績を上げて
自分だけが目立って
認められたいからじゃなくて


みんなが頑張ってるのに

そこで
私がミスをしたら
申し訳ないって思うと
怖くてたまらない。



みんなのこれまでの努力を
私の失敗で
無駄にしてしまったら

申し訳ないって

物凄く思って
しんどくてたまらない。



そんな気持ちに
潰されて萎縮して疲れてしまう。


だから

スポーツで例えるなら
個人競技が向いて居る。


独りで黙々とのめり込めるものが良い。



誰かと共に
成功を分かち合う事は出来なくとも

失敗も
全て
自分だけの責任として

人に迷惑を掛けずに背負えるから。






結局は
いつもどこかでビクビクしてるのかな…。


幼い頃からずっと 


母の
抑圧と束縛の中で
そうしてきたように。



ずっと
どこかでは
怯え続けてるのかも知れないと

思う事が在るよ。







仕事では無くて
プライベートでも

やはり
基本的には

責めるより受ける
話すより聞く位置に

自分を置くように
意識して居る事が多い。



相手の
性別や年齢に関係なく

自分が選ぶ立ち位置は
そこが多い。





その時々の
環境や状況で

話の内容は様々。



起きた出来事や
共通の知人の事
趣味の事
仕事の事

身体の事
家の事…。


愚痴も在れば
嬉しい報告も在る。





直接話を聞くと言うよりも

大勢の中で
場の雰囲気を盛り上げようと

リーダーシップをとるタイプの人や
声の大きい人が


面白い話を
一生懸命してる事も在る。



それは
悪気は無いままに
誰かをからかって居る内容の時も在る。

自分をからかわれて居る時も在る。

悪意のない
からかいだと
わかって居ても

辛い時も在る。
傷付く時も在る。




そう言う時
出来るだけ席を外す。


我慢して感情を持ち帰る。


それが年下でも年上でも。


勝手に傷付いて居るのは
私だけなのに


そこで感情を露わにしたら
その場の雰囲気が
崩れてしまうから。





話を聞くと言うよりも

何かしらの状況に対して

誰かが
私に意見をしてくれて居る時も在る。

やはりまずは聞く。



有難い話も沢山在る。


大人になるほどに
真剣に想って
意見をくれる人は少なくなる。


そんな中で
懸命に関わって頂ける事が
とても有難くて感謝する。




だけど…。


時に
その内容に対して
反論を覚える事も在る。

理解出来ない時も在れば
飲み込めない事も在る。



「そうじゃない」とか
「それは違う」とか

言いたい内容の時も在る。


「言わないで」とか

「押し付けないで」とか

言いたい時も在る。


でもまずは聞く。



そして
言葉に出来ずに持ち帰る。


相手が年上なら特に。


思考は
まず我慢の方向に働く。

一度持ち帰って考える。



その時の我慢が
大きかった時程


持ち帰ってから

悩んで痛んで荒れて
消化するまでに時間が掛かる。


正しい言葉に出来るまでに

とても乱れた汚い時間の中で
居る事しか出来ない。






親は
私に

「許す」と言う経験を与えなかった。


私は

自分の意志を伝える事を
許されなかったし

それを伝えて
叶えられる事も無かった。



母の希望通りの私で在らなければ

否定された。


私自身で在る事を禁じられた。



私には
自分の意見を述べても
許される経験が
大きく不足して居た。



それが
この
面倒くさい性格を作り上げたと考える。






そんな面倒くさい私でも

全てでは無くとも
時期や言葉を選びながらでも

どうしても言いたい事や
感情を


伝えられる人が2人程居る。



そのひとりは
現在の月下陽香のギタリストさんだ。



これまでも
何度か
私は彼に感情をぶつけて居る。




辛いとか
傷付いたとか
嫌だとか



手紙だったり
メールだったり
会話だったり。


やり方はその都度だけど
感情をぶつけた事が在る。





彼はいつもお喋りが上手。

初対面の人とでも気さくに話が出来る。
会話のボキャブラリーも豊富。


いつも周りを笑わせる。
場を盛り上げる能力が在る。



時々
人をからかう事も在る。



私の場合
彼にからかわれる事に
ずっと
深く傷付き過ぎた時期が在った。


いつもいつも言えなくて。
我慢して笑ってた。




彼には悪気はないのだから
私が言わなければ理解出来ない。


彼は
親しみを持って
からかい続けた。


私は心に傷を重ねた。


その結果
とうとう我慢が途切れて
彼に訴えた事が在った。




それを
彼は
受け入れて
受け止めてくれた。



私の気持ちを理解しようとしてくれた。



私の
キズグチの種類なんて

余りにも偏在で

理解出来なくて
当然で在ろうに


否定も
抑圧も無く

理解をくれた。


私にとっては初めての経験だった。



「許される経験」。




その後も
何度か
彼には感情をぶつけた。



どれも

一度持ち帰って振り返り
それでも消化出来なくて
後日ぶつける

と言ったスタイルなのだけど…。



彼は言う。


その場で
どんな言い争いになって
大喧嘩をする事になったとしても


思った時に
言って良いんだよって。




ふーん…。
そうなんだ…。



これもまた
初めての経験だった。



それが出来る性格に
なれるかどうかは
わからないけれど


そう出来たら


きっと
もっと
人との関わりは
楽しくなるのだろうなと思った。





私が少し話したら
それを打ち消して
自分の話を始める人は

私の周りに多い。



例えば 

「体調どう?」って聞いてくれたから
現状を少し話し始めると


最後まで聞いてくれずに


自分の体調の話や
仕事の話
家庭の話が

次々と私にぶつけられる。



自分が辛い事や
抱えている事


そして
それでも自分は頑張ってるんだと言う

訴え。


そして
少ししか聞かなかった私の話に対して


自分は
もっと辛い中で頑張ってるのだから
頑張ってねって

締め括る。



聞いてあげようなんて
始めから思ってない。


聞いて欲しいだけ。

自分が言いたいだけ。



私が
黙って聞くってわかってるから
的にされるのかな…



言える性格になっちゃえば
周りも変わるのかな…。







摂食障害も
自傷癖も
そうなった原因は


何よりも両親に在ると
私は思って居る。



幼少期に与えられた環境
両親の私への育て方が
異常過ぎたからだと
感じて居る。




そこから
私は

摂食障害者となり
自傷癖者となり
30年間。



その都度の
自傷や嘔吐の全てが
両親との関わりで行われた訳では無い。



自分の中の
不安や怯えが
きっと
その都度の
あらゆる自傷を呼び込んだと思う。



なぜそうなるのか。



そこには
上手くこなせない
人間関係も
大きく影響しているはずだ。






2年間かけて
過程を記事にしながら


疑問を
答えに
変えてゆく作業を繰り返し

そう確信をして居る。



確信を
ひとつずつ増やしながら


それは
自己分析に繋がる。




自分の性格を
それまでよりも
理解出来るようになる。



自分の良い性格も
偏った性格も
間違った性格も
見えて来る。





今日
長々と書いて来たこの記事で

私が言いたかった事は


自分を知るべきだと言う事。



自分を知らなくては
修正方向も知れないから


時間をかけても
自分を理解する方法を見付けて欲しい。



私は
記事を書くと言う方法を
見付けたけど


きっと
それぞれに合う方法が在るから。



自分の性格を知りながら

不足を否定はしなくて良い。


認めてあげたら良い。


今はそれで良いのだから。



誰が否定しようが
親がなんて言おうが

自分は認めてあげて良い。


それは間違って居ない。



自分は
この世にひとりしか居ない
尊い存在だと


不足も
偏在も
全部含めて


思い込んで良い。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。