❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

なぜ吐いてなぜ切るのだろうか。-切りたくて吐きたい理由よりも知るべき事-(私なりの答え・6)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



競い合うような蝉の声は

強い陽射しと重なるように

夏の暑さを知らしめる。



マンションの共同スペースには
近所の小学生たちが
今年も蝉取りに来る。



子供が苦手な私には
その騒ぐ声が耳に刺さり

作陶中の静けさを乱されて
疲れる。




囚われて
小さなカゴに入れられた
蝉の鳴き声には胸が詰まる。


物凄い声で鳴く。


きっと泣くんだ。



危機感を
剥き出しにしたような叫びだ。


そりゃそうだ。



せっかく生まれて来たのに

やっと鳴き始めたら
囚われて



残りの時間は
そこで朽ちる選択しか
与えられないのだから。







「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック







今日はこのカテゴリに含まれる記事を少し書くね。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







2年間の毎日
記事を書いた訳では無い。



2年間の毎日に
過程を綴った訳では無い。



寄り道もすれば
立ち止まりもした。



でも
毎日考えて居た。


記事を更新しない日でも
違う内容の記事を更新して居る日にでも。


1日も
過去を振り返る事をしないで過ごした事は
無かった。


毎日毎日
次の記事を書いてゆく為に
記憶に追われ続けた。





摂食障害を発症し
自傷を覚えた頃…。



まだ小学生だった頃から
今日までに
生きて来た年月の記憶を捲りながら


体験してきた出来事を
順番に思い返しながら


思い出せる事は
出来る限り記事として来た。





始めの内は
振り返る出来事も
もうかなり遠い昔だ。


未だ痛む覚えも多々在れど
それでも
もう明らかに遠い昔。




覚えて居るひとつひとつを
頭の中で巡らして
言葉にし
文章にしながら


私は
当時の私の感情を確認し


その都度
無理矢理埋もれさせた痛みを
整理して行ったように思う。



馬鹿みたいに
一々と

自分の古傷を確認して

未だ痛むものは
きちんと過去にする為に
書き続けて来たのだと思う。





順番に書いてゆけば
当たり前に
記事は現在に近付いて来る。



現在に近付く程に
書く事は難しくなった。



そこには
未消化な痛みが
まだ沢山散らばって居たし


起きた出来事の中には

現在も繋がりの在る人達も
身近な人達も
登場してしまう事も多く


いくら自分のブログだと言っても

書けない事が在ったり


かなり誤魔化さなければ
書けない時も在ったり。



現在と繋がる寸前には
数ヶ月過程を書けなくもなった。



その間も
1日も欠かさずに


私の頭は
記憶を捲り続けて居た。



最後は苦痛が犇めいた。


息も絶え絶えに
無理矢理
書き終えたような状況でも在った。



どうかな…って
悩みもしたけれど

どんなに考えても


そうなるのが
現状ならば
当たり前なのだろうと思えた。





2年間を掛けて
30年間の私を
記事として来た。


とても孤独に。

とてもとても孤独に。




この3年程は

あらゆる自傷から
距離を置いて
生きる事を始めた。



それでも


何度も
自傷も嘔吐もしたくなった。

したくてたまらなかった。



狂いそうだった。


麻薬みたいだと思った。



腕を切る時
焼く時

嘔吐する時の


その後の快感を
私は知って居る。



それまでの苦痛を
一瞬だけ忘れられるような
独特の快感を知って居る。



脳は
一度覚えた快感を
簡単には手放さない。

忘れない。


その快感に強く呼ばれる。



私の
心も頭も


自傷と嘔吐に
洗脳されきって居た。






自分の人生を振り返り
ひとつずつ
記事を書き続ける作業は


日を追う毎に辛くなっていった。


とてもとても。
苦しくてたまらなかった。



心にも身体にも
大きな負担だった。



知らぬ人達の反応に
傷付き怯え


知る人達の反応や言動にも
また傷付き
人間不信にも陥った。



それでも必死になって
自分が決めた所まで続けた。


自分で決めた事だから。

書くと宣言したのは私なのだから。





人は変わってゆく。

簡単に言った事を撤回する。

その時々の
自分の事情と都合が最優先だから

いつだって背を向ける。



そう思ってしまう出来事にも
沢山遭遇した。



それでも

書きながら気付いた事が在った。






切りたい。
焼きたい。
吐きたい。


あらゆる自傷が手招きをする度に

記事を書き続ける私は



なぜ
こんなにも切りたいのか
吐きたいのか

何度も自分に問うた。



その都度理由が在った。


親の事だったり
知り合いとの関わりだったり

身体や環境や


その都度
自傷したい理由が
自分の感情の中には存在して居た。




記事を書きながら
その問い掛けが
次第に変わって行った。




私は
なぜ切りたいのか
なぜ吐きたいのか・・・

では無くて 



なぜ
私は

自傷癖者となったのか

摂食障害者となったのか

問う感情が生まれ育って行った。




勿論
それは
これまでにも
何度も考えてみた事だ。だけど


過去に考えてみて居た時とは
違う気がした。



これまでは

よくわからない
ぼんやりとしか見えない
靄の掛かったような中で


手探りで
あれやこれやと手に触れてみては

首を横に振り

触れた何かを
手放す繰り返しだった事に気付いた。




でも今回はそうじゃない。


視界は良好なのだ。


ひとつずつ
確認をして来たから


この胸に散らばって居るものが
色形も
くっきりと鮮やかに見えて居たんだ。





そこで私は

自分が

切りたい
吐きたい理由では無く


摂食障害者となり
自傷癖者となった理由を

常に考えるようになった。

考えられるようになった。



それまでとは違い
とても具体的に
考えられるようになった。




理由はたったひとつでは無い。


でも
私の場合
何よりも大きな理由は

親に与えられた環境に在ったと確信できる。




大きく偏り
異常だった
束縛と抑圧の中で

萎縮して
顔色を伺い
怯えながらでしか
在れなかった

幼少期。


子供らしさなんて私には無かった。


甘え方もわからない。



小さな胸は
いつも我慢をして居た。


何に関しても
自分が我慢しなくてはいけないと
叩き込まれた。



親が私に向ける
嘘も矛盾も
我慢して全て受け止めた。


親の尻拭いも
飲み込んで背負ってきた。



心はいつも不足して居た。


心のお腹はいつもぺこぺこだ。

心は常に空腹だったんだ。



そして

私は

そのままで

大人になってしまった。


それ以上の成長が出来ぬまま
身体だけが
大人なってしまったんだ。




身体は大人になっても
私の中には
成長を拒絶した
子供の私が住み続けた。


遠い昔

与えて貰えなかったものを

ひたすらに求め続けながら


私の中の幼児は
この胸に住み続けた。




親は
私を
正常に育ててはくれなかった。


その能力が無いままに
親もまた
身体だけが大人となり
欲望の果てに
子を産んでしまったように思う。


生んで頂いた事には
感謝すべきだが


はっきりと
失礼な言い方をするならば

私は
犠牲者でも在るだろう。





私にとって
一番の大きな理由は
この幼児の存在だと思えた。


私の場合は
確実にそうだと思えた。



40代を生き始めた私の
頭と心の中には
共存する幼児が居る。

不足したままで
今でも空腹を感じてる。



この子を育てられるのは
きっと私だろう。


私が育てなければ
この子は
一生満ちぬままに
私の中に在り続けて

私自身も
満ちる事は無いのだろう。


【「インナーチャイルドと共存が出来れば。」(私なりの答え・4)(2015.7.19)】


その気付きについては
この記事にも書いたが


理由は
人それぞれに在るだろうと思う。



私の場合は
これだと気付いただけの事。




だけど
それが
とても大事だと確信はして居る。




今日
切りたいと思う理由よりも


なぜ
そんな自分になったのかを
きちんと理解出来なければ


克服への道は歩けない。




私の場合は

記事を書く事で
それに気付けたように思う。



誰もが
同じ事をすれば気付ける訳では無い。



でも

日々に在る
とても辛いと思った出来事の
ひとつひとつを

直ぐに
自傷で処理する前に


書き出して見るのは
悪い事では無いとも思う。


ネット配信する必要は別に無い。


自分への確認をする為に
書くと言う行為は
とても効果的だと思う。





例え
理由に行き着けたとしても

家族や恋人が
環境が

それらを救ってくれない事も在るだろう。


結局は
自力で解決するしかない人も
沢山居るだろう。




だけど
知らなければ
手を打つ事が出来ない。


知れたなら 


そこから
必ず何かが見える。

絶対に。




理由。
原因だね。


それを
自分が知れる為に
どうするべきか


色々と
試してみる事は

プラスに近付くように思う。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: