❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

己に刺したトドメ。-出来るだけ孤独では無い状況で方法を選べたら良いけれど…-(私なりの答え・5)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



外は雨降り。


しとしとと静かな雨降り。



止んだと思えば
蝉が競い合うように鳴き始め
薄曇りの空の下は
湿度が高く

暫くすれば

また
静かに雨が降る。




「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック





過程を書き終えてから 自分なりの答えを少しづつ書き始めて居る。

【「本当に自傷を自覚させたのは。」(私なりの答え・1)(2015.7.11)】

【「心に垂れ流す痛みの形。」(私なりの答え・2)(2015.7.11)】

【「結局はずっと壊れたままで。」(私なりの答え・3)(2015.7.16)】

【「インナーチャイルドと共存が出来れば。」(私なりの答え・4)(2015.7.19)】






摂食障害になり始めた頃
すごく怖かった。


私はまだ小学生で。

誰にも言えなくて。


このままどうなってゆくのか
怖くてたまらなかった。



自傷行為を覚えて
益々恐怖は増した。


なぜ
自分が
そこに快感を覚えて居るのか

自分が異常で在る事は
24時間を怯えさせた。




自分は

恐らくは
摂食障害者で自傷癖者で在ろう事に
次第に気付いてはゆけたが


摂食障害も自傷も

30年も前の日本では
現在ほどに
聞き慣れた言葉では無く


今のように
ネット環境も無かった
当時の
まだ子供だった私が


孤独にそれを知れるまでには
年月が過ぎ去った。





自分が
摂食障害者だと
自傷癖者だと

知っても

ならば
どうすれば良いのか
どうなってゆくのか


365日が
恐怖に包まれていた10代だった。

【「1・自傷と共に生きてきた過程。」(小学生の私)】

【「2・自傷と共に生きてきた過程。」(中学生の私)】

【「3・自傷と共に生きてきた過程。」(高校生の私)】





20歳を越えても
私は身動きが取れなかった。


その頃の事は
過程を書き続けた記事の中に記して居るけれど。




学費や生活費にも
追われて居たし
支払いも抱えて居たし

経済的には
いつもとても苦しくて


病院に
いつでも行ける状況では無かった。



必要な薬を貰う時と
後は
体調的に
どうしようもない状況に陥った時だけ。



精神の通院に掛ける
お金も時間も無かったし


その内に商売も始めて
顔も知られた土地で
小さな田舎には
数も無い精神科での治療を
堂々と始める事は不可能でもあった。



ずっと怖かった。

ずっと。
ずっとずっと。





人と会って
楽しい時間を過ごして居たとしても
怖いんだ。

心の中で思うんだ。


私は違うんだなって。



当たり前のように
食事をして笑ってる人を前に
自分には
それも出来ない事を感じてしまう。



私の向かい側の席で
知人は
美味しそうに食べて居て。


共に食事をして居る私は


今食べて居る物を
早く吐き出さなきゃと

どこで吐けるだろうと


知人との会話も上の空で
考えて居たりして。




情けなくて
悲しくて
恐ろしい年月だった。

【「4・自傷と共に生きてきた過程。」(大学生の私)】

【「5・自傷と共に生きてきた過程。」(20代前半の私)】

【「6・自傷と共に生きてきた過程。」(20代後半頃の私)】






大阪に越して来て
カミングアウトして

身体も精神も
通院が始まった。


結婚をして
2年間は専業主婦をさせて貰った。



時間やお金を気にせずに
通院できる環境を与えて貰えた。



精神科は
いくつか行ってみたが
どこにも私の心は馴染めず。


それらの出来事も
過程を綴る記事に記してきたが


恐らくは
始めに選んで行った病院で
大きな過ちを起こされた事が
原因なのだろうけれど


私は精神科医を信用できず。



数年彷徨いもしたが
受診しなくなった。


そこに居ても何も変わらないと
自分なりに確信をしたから。




身体は
改めてあちこち検査をされた。


いくつかの持病が在る事は
わかっていたけれど

それらは見事に悪化しており

また
顎には
沢山の腫瘍が出来て居たり


これから先の人生で
私が向き合う病は
摂食障害と自傷以外にも
いくつも在る事を改めて知り
うんざりだった。





その頃には
我が家にもパソコンが在り
ネット環境を持てて居たから
何でも検索が出来た。



身体については


病状から検索し
自分が
一体どんな病気なのか考えたり


病名がわかれば

その原因や症状
治療方法や
予想される経過を調べたり。



いくつもの病院を回っても
判明出来なかった時などは

検索をしまくって

そうする程に恐怖が増して
狂いそうにもなったり。




摂食障害や
自傷癖についても
沢山検索をしてた。


あれもこれも
実践をしてみたり

決め付けて思い込んだり


時には
洗脳でもされたかのように
のめり込んだり。




その都度
私は

希望よりも
絶望を
感じて居た事は


今でもリアルに感情となり感じられる。







同じ名の病気でも
人により症状は様々だ。


進行の状況にも

持ち合わせた体質や
感じ方にも

それぞれに違いが在る。


同じ薬が効くとも限らない。



完治した人の
掛かり付け医に
治療を受けても

自分も治るとも限らない。


自分が合うかどうかはわからない。



何をどれだけ試しても
どこも合わなくて

次々と
時間とお金を注いでも

行き着く場所が見付けられなくて


途方に暮れる事も
きっと多々在る。



とりあえずは
やってみないとわからないのだけれど…。




情報に溢れた現在の中で
全ての情報を
鵜呑みにしても壊れてしまうし


情報によれば
返って
精神的不安を太らせるだけで
良い方向に作用しない物も多い。



情報とは
出来るだけ
上手に付き合えた方が良い。


知れる事は
幸せな事だと思うけれど
不要な物を
知り過ぎる必要は無い。



情報を得る際に
選ぶ事も大切だ。


自分で選んだ情報だけが
正しいとは限らないけれど

自分で選んだものなら
その中身を知る為に
注ぐ時間も
意欲的に捻出出来るしね。







摂食障害や自傷癖から
離れて生きるようになれるまでに

私には
30年もの年月が必要だった。




しかし。

それは
本当に必要だったのだろうか。



もっと早くに
克服できる方法が
在ったのではないだろうか。



わからない。

きっと在るんだろなとも思う。




ただ
私は

私の経験や
性格や
環境や思考から


孤独な闘いを選んだ。


結果30年が過ぎた。


人生のほとんどを
そこに奪われた。


楽しくない人生だ。


そう。

ちっとも面白くなかった人生。





それでも私は
孤独に
30年を掛けなければ
結局は
抜け出せなかったんだとも思う。


そう思うようにしてる

とも言えるけど…。






自傷をしなくても
何とか居られるようになって
1年が過ぎる頃から

2年間

ここに過程を書き続けた。



当時は
まだ
自傷したくてたまらなかった。



何かにつけて


切りたくて

焼きたくて

吐きたくて

たまらなかった。



ひたすら我慢。



発狂しそうな我慢。



リモコンはいくつ犠牲になっただろう。


口をタオルで押さえて

「あーッ」って叫んで

リモコンを叩き付けて
踏み付けて
破壊して


気を反らした夜も沢山在った。



それでも

耐えて
書き続けた2年間。





過程を書き続ける事は
とても苦しかった。


心にも身体にも
まるで拷問だった。



腕を切るよりも
痛む作業だった。



未消化な記憶を
文字にしてゆく作業は
過酷だった。




それまでの
孤独な30年間の自傷よりも

大きな

自傷行為のようだった。




しかも
全然すっきりしない。



腕を切れば
焼けば

嘔吐すれば


すっきりする感覚が在ったけれど


記憶を捲り
文字にして
曝け出す作業は


そのほとんどが苦痛だった。



私は
その2年間でくたくたになった。


痛みに疲れ果てた。



私にとって

この


孤独に耐えながら

自分の足跡のキズグチを捲りながら

それに対する人々の言動に
苦しみながら


書き続けた行為は


これまでの
あらゆる自傷行為に


トドメを刺すような

月日だった。



そうしながら。


切らなくても生きて居る私を見付けた。




でも
きっと
やっと

半歩か一歩位

距離を置けただけ。



いつだって戻れるんだろう。



だって
そうして生きて来た年月の方が
ずっと長いのだから。







今の所の私は
克服した人のひとり。


だから
これは

今の所の私の
考えでしかないけれど。




私のような方法は
きっとあまりオススメは出来ない。



出来れば

自分が信じられる医師を
見付ける努力をした方が
良いかも知れない。


そして

何よりも思うのは

独りじゃない方が良い。



家族や恋人が

本当に
理解をくれる信じられる対象で在るならば
支えて貰う方が良い。



私に
もしも
信頼できる頼れる家族が居たならば


私は
こんなにも長い年月を
苦しまなかったのかも知れない。


って言うか


そんな家族が居たら
こんな風になってないんだろうけどね。





今も苦しんで在る人に


打ち明けられる存在


打ち明けても
変わらずに繋がれる相手


支えて貰うのではなくて
支え合いながら
目指してゆける相手 


否定せず理解をし

愛してくれる人が
居てくれたらと 願う。




それこそ

ネットからの情報や
医師の一言二言に

うろたえて

不安を露わにするような人では無くて



どっしりと構えてる
大木のような人が居てくれたらなと
これは自分にも願うよね。



もたれても
びくともしなくて

近寄れば
風雨から守ってくれるようなね。




残念ながら
そう言う人の存在に
恵まれて居ない人がきっと多い。



でも
出来れば


孤独に
何十年も
苦しまない方法を見付けて欲しい。





私は私なりに
その為にどうすれば良いと思うか

これからも
少しづつ書いてみるね。


よく考えながら。


言葉に出来たものから
書いてゆくね。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡