❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知る不足が減らす傷。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



子供たちは夏休み。

世の中は連休。

私には関係ないね。


でも
詰め込まずに過ごしてる。



日頃が
掛け持ちの仕事で
常に詰め込んで
息切れ状態で生き延びてるから

たまには
そうでない数日も欲しい。



少し仕事をして

少し外にも出て
人とも会い

少し
ひとりで静かに楽しむ時間も持ち

身体を休める意識もして
過ごす3日。



記事の更新以外
パソコンもほとんど立ち上げない。



6月から始まった仕事も
少し慣れて
勤務日も増えたから


身体はかなり疲れてるし
来週には検査も在るし

ちょっとくらい
静かに過ごしたりしたいんだ。





想い起こせば
私の場合。


中学の頃からずっと。
ずっと。
忙しく暮らしてきた。

いつも働いて来た。


お小遣いも貰えなかったし
お年玉も取り上げられたし
自由になるお金が欲しくて
中学から働いてた。



父子家庭になてからは
自分の
生活費や学費を賄う為にも働いた。


短大だけど
自力で卒業する為に働き
その後もずっと
働き尽くめだった。



結婚してからの2年間程だけ
専業主婦で居させて貰った。

身体が
あちこち壊れ過ぎてしまって
働ける状態ではなく
その間私は社会から消えた。



しかし
その後は
持病を抱えても
摂食障害や自傷癖と共存しても
何かしら仕事をして来た。


週に数日のバイトから
少しづつでも働く事を始めて
継続して居る。



今時は
小さな子供を持つ女性でも
多くの人が
何かしらのパート勤務に就いて居る。
専業主婦も少ない時代。




私は
子を持たなかった。


この世に
命を生み育てる選択をしなかった。


している人は凄いと思う。

そんな凄い事をしながら
仕事もしてる人達は凄いと思う。



それに比べれば
私なんて小さい。


だから
せめて社会に存在をして
出来る限り収入を得て
納めるものは納めて
生きて居ないといけないととても思う。




「働かざる者喰うべからず」。

これは
小遣いも与えてくれなかった親に
叩き込まれた意識。


私は
幼い頃から

自分で稼げない内から意見をするなと

叩き込まれてきた。



自分で稼げない者に
自己主張する資格は無いと
母はいつも私に言った。


そんな母は
私が小学生の頃までは
父の稼ぎに文句ばかり並べて
自分は
のんびり専業主婦だった事に

私は
大人になってから気付くんだけどね。




そして
つくづく思うのは


頑張れば出来るのに

その頑張りをせずに
甘えて存在する事が
私は苦手だと言う事。



結局は
甘え下手とでも言うのか


楽をする事への罪悪感が強かったり


上手に甘えて
生きて在れるタイプの人達が

羨ましくも在りながら

自分は
そうなれない事を感じて居たり。


そう在ってはいけないと思う意識は
消えないと言う事。




結局
親の洗脳を
今も受け続けてるようで
残念なんだけどね。



でもまぁ
それなりに。


詰め込まず過ごしてるこの3日。


明日から
来月頭までは忙しいからね。


今日の内に
少しでも
充電出来たら良いんだけどな…。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック






過程を書き終えてから 自分なりの答えを少しづつ書き始めて居る。

【「本当に自傷を自覚させたのは。」(私なりの答え・1)(2015.7.11)】

【「心に垂れ流す痛みの形。」(私なりの答え・2)(2015.7.11)】

【「結局はずっと壊れたままで。」(私なりの答え・3)(2015.7.16)】

【「インナーチャイルドと共存が出来れば。」(私なりの答え・4)(2015.7.19)】






土曜日に
夕方から出掛けたのは
山上に在る遊園地。



自宅から
1駅電車に乗れば
そこからケーブルカーに乗り告げる。


ギタリストさんと出掛けた
3~4時間の小さな外出。



もう何度も来てるけど
2年間は
看護やら介護やらで来れなくて。


久し振りのナイター営業に遊びに行った。



リュックには
ビールとお菓子とおつまみと。

山上は冷えるから
上着も持って。


一駅先で待ちあわせて
そこからはケーブルカー。



ケーブルカーは
犬の「ブル」と猫の「ミケ」が
交互に走って居る。


私はミケの方が嬉しい。


行きは「ミケ」に乗れて
テンションアップ。



珍しくとても空いて居て
ちびっこや
お年寄りを気にしなくても大丈夫で
一番乗りの乗車で。


一番前を陣取った。


ミケの目玉から前が見える。

これから山上に向かう道。





ミケの目玉の真裏位に座って
発車まで
ギタリストさんと話したり
一緒にお菓子をつまんだり
窓から顔を出して独り言言ってたり。


とってもご機嫌だった。



シートも「ミケ」と「ブル」。

可愛いよね。


中に流れるアナウンスも
何だかわくわくするんだよね。


教育テレビとかの
歌のお姉さんとかお兄さんが
喋ってるような感じの
車内アナウンス。



ケーブルカーは
途中で一度乗り換えが在って。

そこからは
楽器のケーブルカーか
お菓子のケーブルカー。





山上に着けば

ナイター営業でしかみれない
イルミネーションに飾られて居て


新しいアトラクションが増えて居たり
色々と整備されて居たり。



すごく小さな遊園地でね

乗り物も
小さな子供さん向けのものがほとんど。


入場料無料で

いつの時代の物だろう?って思うような
ゲームとかも在ったりしてね。


お化け屋敷のアナウンスは
何度聞いても笑えるんだ。



で。
その前には
ぱんださんが居たよ。



これは前は無かった。


ぱんだ模様に植えられた花々と
それを写した柱。





ビールが楽しみで
早く飲みたかったけれど

先に
お気に入りのうさぎさんをチェック。



やっぱり可愛い。

ここで一番のお気に入りはこの子だ。





ご挨拶して
写真写して
握手して。


その横のベンチで
ビールを飲んだ。

横から見てもキュート。



ギタリストさんが
むしゃむしゃ食べてる姿が
可愛くて面白かった。





日が暮れてゆく
空や山や
行き交う人や
虫や花を観てた。


コーヒーカップをぐるぐる回しまくって
悲鳴を上げて笑ってる
女の子たちが居たりしてね。


そういうの見てた。



その後はぐるっと歩いて。


ナイターが始まったら
ぱんだのアトラクションに乗ろうと思って居たけれど

その日は寒くて
その気にはなれず。


乗ってる人達を観てた。



もう少し暑くなったら
ぱんだに乗ろう。


夏の山上は
すごく気持ち良いんだよ。


涼しくて

大阪の夜景が見下ろせて。





帰り道は「ミケ」に巡り合えず。
「ブル」に乗車。


途中で
すれ違う「ミケ」を
見えなくなるまで見てた。



「ミケが良かった」と
ぶちぶち言ってる40代女と

それを見て笑う
60代のギタリストさん。


どんな風に見えてるんだろうね。





私の中のちびっこ
インナーチャイルド(アダルトチルドレン)は
とても満たされて帰宅した。







私の中に

住み続ける

幼児の私。



私は

出来る環境に在れる時には
その相手をするように
心掛けるようになった。



幼児の私と
話も良くするようになった。



幼児の私が望む体験を
与えられる時には
与えるよう意識して暮らしてる。



大人になってゆく為に。

崩れたバランスを補ってゆく為に。
そうしてる。




親は
私に与えてくれなかった。


私は
とても不足したまま

この胸には
成長を止めた幼児を
住まわせて生きて来た。



子を持たない私は

子育ての経験は

チャンスは二度も在ったのに
放棄してしまった。



せめて
この

自分の中に居続ける幼児を

育てて

自分も
大人になれる道を歩きたい。

【「インナーチャイルドと共存が出来れば。」(私なりの答え・4)(2015.7.19)】





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。