❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局はずっと壊れたままで。-小学生の頃からの摂食障害と自傷の代償-(私なりの答え・3)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック






過程を書き終えてから
自分なりの答えを
少しづつ書き始めて居る。

【「本当に自傷を自覚させたのは。」(私なりの答え・1)(2015.7.11)】

【「心に垂れ流す痛みの形。」(私なりの答え・2)(2015.7.11)】




今日はこの続き…と言うか

この仲間に入る記事を
少し書こうと思う。





30年間の過程を
記事として書き始めた
2013年の7月7日。

一番初めに掲載したのはこの記事だった。

【「腐ったパンと壊れた少女。」(小学生の私・1)(2013.7.7)】





私が摂食障害者となり始めた時

私は
まだ小学校の低学年。


食べられなくなって
無理矢理食べて吐いて。


そうなった時
まだ私は
本当に子供だった。



摂食障害が始まり

その後
間もなく
身体を傷付ける事を覚えた。



そこには


なぜ
自分はそんな事をしてしまうのか

わからない恐怖や


それをする事で
この先どうなってゆくのか

悪い事ばかりを想像しながら
怯える想いや


悪い事をして居ると
自分を責める気持ちが

いっぱいに在って。



それでも

どうしても
それらは

私には
やっと出会った快感でも在り


絶対に
隠し通して居たい

秘密でも在った。





2013年の七夕に

その記事を書いた頃の私は



私が
摂食障害者となり
自傷癖者となった
一番の原因は

「母親」だと思うと書いて居る。



何よりも
絶大な影響を与え

私が
そこへ向かう事を選ぶ人となる

原点を作り上げたのは

「母親」だと

今もそう思って居る。



ただ

過程を書き続けてきた中で
はっきりと確信できたのは



原因は

「母親」だけでは無いと言う事。


「父親」も

そこには
とてもとても大きく
関わって在った事だった。




親になるべきでは
無かっただろう2人でも

一見人並みな未来を描き 


そこに
自分たちが在れると
勘違いをし 

セックスをし 


この世に 
血を引く生物を
生み出してしまった訳だ。



そして
それを 

壊れた玩具に

してしまったんだろうと。


思う事は多かった。





それについては 

もう少し
言葉を整理してから


また書いておこうと思って居るが…。








どんな答えを
胸に感じて在ろうが


私が
30年間もの間



きちんと食事を出来ずに
生きて来た事は確かだ。

拒食と過食嘔吐の繰り返し。




その結果


やっと

自ら指を突っ込んで吐かぬとも


私は


一般の日本の成人のようには
食事をする事が出来ない。



例えば

ランチセットとか
そういう量を
胃が受け付けない。


ファミレスなんかでは
沢山のセットメニューがあって


例えば
ハンバーグと
サラダとスープと
あとライスorパンみたいな

組み合わせが選べるメニューも
充実してるけど

私には選べない。



食べ切れないし

食べ切れても
消化が出来ないんだ。




食べた物は胃に留まり
腹部の張りを感じ
苦しいまま翌日になれば


気持ち悪くて動けなくて

物凄い吐き気に襲われて


目の回りに
点々と
あちこちに紅い斑点が吹き出す位に

苦しんで

吐けば


そこには
前日の食事が
押し出されて出て来る。




少しづつならば
受け付けてくれるから

一度に
沢山は食べないように気を付ける。


現役真っただ中の頃に比べれば

少しづつ
受け付けられる量は増えてはきているが



それでも
ごく一般的な量は
一度には食べられないし



出勤前などは

消化不良を起こさないように
消化に良い物を
数口だけ食べたら
薬とサプリメントで乗り切る事も多い。





摂取した食事が

胃を通過できても

排泄してみれば
まともに消化が出来て居ない事も
日常。



錠剤でさえ

少し大きなものになると
溶かせないままに
排泄されてしまう。

そりゃ効かない訳だ。




持病の進行により
投薬を見直す度に

体内で消化できるかどうかから
考えなければならない。



消化機能は
まともに動いて居ない。


それを助ける為の薬も
ずっと飲み続けて生きて居る。





ずっと
常に
摂取出来ない状況に
置かれ続けた体は


ほんの少しでも
吸収しようとする。


生きようとする。


だから
多くは食べられなくても
痩せこける事もなくなってくる。



少しづつの食事でも

消化出来る食材からは
体は必死で得ようとする。



加齢と共に
代謝も悪くなるから

食べて居なくても
痩せられなくもなってくる。




10年前の私は

まだ
現役の摂食障害者で

今よりも10若いから
代謝力も在り


その頃は
5号の服でも大きかった。



最近は

まだ
人並みには食べられなくても

当時より
食べられるようにもなってきたし


歳も10増えて
代謝も劣って来たのだろう。



7号サイズを
普通に着て居られる。



健康になりながら
体重が少し増えるなら
良いけれど


病気だらけで

栄養不足なのに
太ってくのは
とても醜く思えて
嫌だから


気を付けながら
食べる事と向き合い始めて居るけれど


これだけ長い年月を
摂食障害と暮らしてしまうと


参考に出来る物も少なくて
孤独に
研究してくしか無いのだろう事も
現状。




しかも

手術を繰り返してしまった顎は
噛めない物も色々在って

せっかく
障害と離れて過ごせるようになっても


私の食生活は
いつも限られている。




楽しくはないよね。



おいしそうだなって思った物を
色々と考えずに
口に入れるなんて事が出来ない。


必ず
消化出来るだろうか
考えてから

量を考えて

口に運ばなければいけない。




きっと

死ぬまで

私は

周りの人達が楽しむようには
食事を楽しむ事を知らずに
生きなければならない。


例え克服できてもね。

ずっと続いてく。




こんなにも長い年月を
共存してしまえば

無かった事にはならないんだ。




私を
障害者にしたのは
きっと「親」だ。



私の場合はそうだと思う。


だけど

なったのは
「親」じゃなくて「私」。


させた親は
何の責任もとってはくれない。



全て
孤独に背負うのは
私自身。


これが

30年もの摂食を
正常に行えなかった
人間の真実なんだろうね。






私みたいな子供を
作り上げてしまいそうな
大人が居るならば

考えて欲しい。



子供は
親を
まず信じてる。


子供は親を愛してる。


愛されたいと願ってる。



その想いを利用して

過ちを押し付けないで欲しい。



壊れてしまった時に
その後の人生で

背負う荷物を

親が
肩代わりなんて出来ないのだから。


【「腐ったパンと壊れた少女。」(小学生の私・1)(2013.7.7)】



これがきっと始まり。


この頃からずっと。

今も。


私は
食事にいつも苦しんで居る。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。