❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

本当に自傷を自覚させたのは。-私が自傷から離れる為に課せた自傷- (私なりの答え・1)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



私が

最後に
腕を切ったのは

2012年の6月だった。



その頃

月下陽香の活動の中で

私は
大きなストレスを感じて居た。



私にとって歌とは

心の中の
最も大きな痛みを
傷を

訴える場所だった時代は長かった。



誰にも言えない想いは
歌に込められた。



上手く伝えられない苦しみや
抱え続ける劣等や
得られない悲しみ
背負わされる荷物

全ての苦痛は

歌の中に込められた。



歌を歌う時だけ


きっと
私は

誰にも言えない想いを

歌うと言う手段で

吐き出せていたのだと思う。


どう伝わるかはわからない。


それは聴き手の自由。


どう思われても
そこに否定はしない。



だけど

共にステージに立つ
メンバーやサポーターには

からかわれたり
否定されたりはされたくない。


ただでさえ

人前に立つに当たり


物凄い
緊張と恐怖感から

目一杯勢い付けて
飛び出さなければならない私には



共に立つ者に
受け入れられて居ないと感じる言動は


孤独に突き落とされるんだ。





2012年の6月。

私はイベントを立ち上げて居た。



音楽活動をして居た時間は
トータルすれば
そこそこ長い。


でも
自分の誕生日に
ステージにたった事が無かった。



身体が歌える内に
一度
誕生日に
ステージで歌っておきたかった。


だから
誕生日に
ブッキングライブを立ち上げて居た。



出来れば楽しんで迎えたかった。


だけど
当時の月下陽香の環境では
無理だった。



ボロボロに磨り減らした。


どう考えても
筋の通らない意見を

ひたすら

我慢して

飲み込んで耐えて居た。





そこに向かうには

腕を切って焼かなければ
居られなかった。



ライブが近付く程に
傷が増えた。


夜な夜な

リビングで腕を切り

ライターで炙ったドライバーで
手首を傷付けた。



そうして
少しづつ消化させなければ
パンクしてしまうから。


生きてステージに向かう為に
傷付けた。




周りに気付かれぬように
傷を隠した。


仲の良い人達には
知られたくない。



未だ
自傷行為をしなければ
在れないなんて
知られたくないと思った。




でも

私を自傷に導いた相手には

わざと
見せ付けるような行動もした。





このイベントを終えてから

私は
自分の音楽環境を変えた。


やっと
筋の通らない否定はされなくなった。


そうしたら
切らなくても
何とか過ごせるように思えた。



自傷行為は
出来ればもうしたくないけれど

しなくては居られない。



だけど
しなくても居られそうな気がした。


だけれど
頻繁に
自傷したくはなった。


その都度苦しんだ。



何か起こる度に思った。


切りたい。
焼きたい。
吐きたい。


もうやってしまおうよ。




だけど
懸命に
その感情と闘いながら


翌年2013年から


月下陽香は

摂食障害者で在り
自傷癖者で在った事を


ステージの上で掲げるようになった。



同年の7月からは
ここに過程を綴り始めた。






自傷行為と言われるものは

身体を

切ったり
焼いたりして

傷付ける事だけでは無い。



自殺行為の
真似事だけでも無い。



様々な形が在る。




摂食障害と
自傷を
覚え始めてからの出来事を
日々記事にしながら



私は


我が身を
切らなくても
焼かなくても


結局は
自傷行為を
日々

重ねてたのかも知れない。





誰にも言わなかった事も

言えなかった事も

きっと
言わない方が良い事も


書いて来た。


世界中の誰もが見れる
この場所に。




それこそが

これまでで
最大の


自傷行為で在ったのでは無いだろうか。




記事を書き始めた頃にも
思った事が在った。



私にとって

自分のこの活動までもが
自傷行為では無いだろうかと。


そうかも知れないと
その時は思った。


確信では無くて
なんとなく。







今年の七夕に

丁度2年目に当たるその日に

私は過程を書き終えた。


そして思った。




摂食障害と
自傷癖を

晒し掲げ

ステージに立ち


ここに
過程を書き続けた

この行為は


やっぱり自傷だったんだろうと。



これまでに
30年間も続けて来た
あらゆる自傷行為よりも


己に課せた
大きな
自傷行為だったように思う。






それはとても辛かった。


始めは


熟れたままの記憶を
ひとつずつ取り上げる事で
消化に導ける想いも在った。



でも
全てがそうではない。



自分の現実と
日々向き合う作業は

とても
孤独で
過酷だった。





私が
自分の身体を
傷付ける行為をしなくなって
そろそろ3年。



でも

その間も


私は
結局は


自傷を課せて在ったのかも知れない。



そんな気が
今はして居る。



それをして
苦しみ抜いたから


私は

自傷から
離れられたのかも知れない。





自傷行為をしなくなった理由は

私の中に
いくつか在るのだけれど


一番大きな理由は
それかも知れない。




そして
それをする私を
受け入れて応援して下さる人達も
居てくれた事は大きい。






過程を書き終えて

私は


やっと
自傷行為から

離れる第一歩を

踏み出した気がしてる。






私が

こんな人生を生きる事になった

原因や理由
そして
今に繋がれた答えを


これからは
少しづつ書いてゆく。




書きながら
更に探してゆくように思う。







「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック







きっともうすぐ梅雨明け。


今日も暑い。



この夏は

昨年には出来なかった分も
仕事を頑張りたい。


そして
無理し過ぎない範囲で
出掛けたい。



昨年は観れなかった
花火が観たいな。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: