❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き付いた悲しみを越えたくて。(辿り着けるまで・13)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



小雨が
時折降り落ちる
曇り空。


しばらく

色々と

考え過ぎてしまっているからか


消化器系の調子がイマイチだ。




癒える前に
また
次の傷が増えてくようで


どこまでを
我慢して
受け入れるべきなのか
わからなくなる。



深呼吸をして

自分にしかわからない

自分の
身体や
仕事や
心境や
環境を考えて


順番を決めるならば



まずは
毎日の仕事を頑張りながら

次に
日々の体調と
心境を
極力守りながら



ここに書いて来た記事を
書き終えたいと思う。




その後は

伝えなければならない方には
想いを伝え

そして
ここにも書いて来たように


自分の
これからを
自分で
考えてゆきたいと思う。

自分で
決める事が大事だ。


自分で決めるから
責任を取れるのだと思うから。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】

【「失うばかりでわからなくなって。」(2015.6.29)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「この痛みが誰にも伝わらないんだ。」(辿り着けるまで・10)(2015.7.3)】

【「それすらも自傷ではないだろうかと。」(辿り着けるまで・11)(2015.7.4)】

【「暗闇の中で目指す場所は。」(辿り着けるまで・12)(2015.7.5)】







今日も続きを書いてゆくね。



過程を綴る記事は

小学校の
低学年の私から始まった。



そして

その過程の中で


私は
2015年の4月を生き
5月に存在をしてる。

【2015年4月】

【2015年5月】







2014年の5月24日

2014年内で
たったひとつ
立てたステージは


私にとっては
余りにも
深い悲しみが焼き付いて



私の喪失感は
その
痛みを越えられぬままに
月日は
苦痛の中過ぎゆきた。




そして。


約1年ぶりとなる
2015年5月16日に


再び
板の上に立てる機会を頂いた。



月下陽香には
ひとつだけ
希望が与えられた。


出演は初めてのお店。

ギタリストさんとご挨拶にも伺った。

【「そこに葬り捧げ確かめるもの。」(2015.5.7)】



ステージに立てる実感に
心は震えた。


喜びだけでは無くて。

不安や恐怖にも震えた。






ステージに向けて
練習に励む日々。


私の中に
生まれた感情が在った。




それは

昨年の末頃から
想い始めてはいたものの


日々の
余りにもの痛みの中で

思考を
付き進められぬまま


それでも
自分が決めた所まで
辿り着けたなら


その後の月下陽香は
どう在りたいのか


問うて在った事への
答えに
少し近い感覚だった。




久し振りだった。


とてもとても
久し振りに。

この歌を歌いたいと。



ステージの流れがどうとか

CDに収録してるからとか

摂食障害と
自傷癖を掲げて居るからとか


そういう事に関わらず

歌いたいと


心が思った楽曲が在った。



自分の楽曲の中で
とても嫌いだった楽曲。



一般受けを考えて

ファーストアルバムに
収録はしてみたけれど

やはり
好きにはなれなかった楽曲。


なのに
とてもとても
歌いたくなった。



この歌が
好きだと


初めて思えて

歌いたいと思った。



5月16日に向かうんだ

ととても思った。

怖くても
辛くても
悲しくても。


そこに私は向かうんだ。



そして。


自分に芽生えた感情を

これから
静かに向き合って

自分の心の声を聞きながら
考えてゆくんだ。

【「嘆きに埋もれさせないで。」(2015.5.9)】






一生懸命だった。

物凄く。


大事に想いながら
ステージを目指した。


喜びも感じて
ステージを目指した。

【「キズグチに触れて選べば良い。」(2015.5.12)】

【「痛む悲しみに上書きを。」(2015.5.16)】






目指しながら
仕事も探し続けた。



本業は
幸いに
その月は大きな仕事が入って
落ち着いて居た。



ライブの月と重なったのは 
本当に有難いタイミングで。



私は
7ヶ月務めたバイトを辞めて
本業に注ぎながら

ライブの準備にも注ぎ



今後
また始めなければならない副業は
やりたい職業に就きたいと
望み探して居た。


7ヶ月以上
探しても無かったのに。

求人が見付けられた。

直ぐに応募をした。


一次選考に通り
二次選考は試験と面接。


やれる事は全てやってみたと思う。



それは
1年振りのライブの2日前。



それを終えてから

私は
ライブ前最後の練習に行き
当日を迎えた。





その日まで
懸命に積み上げて来たけれど

決して
良い状態で向かえられた訳では無い。



仕方ない。


もう
それが月下陽香だ。


好調で在るなんて
在り得ないと

思っておいた方が無難だ。



自分に
過度な期待を持つ方が苦しくなる。




どうしたって
悪化してくものと
共存しているのだから


不調に落ち込んで居たら
そこで止まってしまう。



何が在っても
ステージに立つのだから


今日を
受け入れるしかないんだ。



これまでだってそうだったんだし。



絶好調で
迎えられたライブなんて
これまでも無かったと思うし。



やりたい事をする上で

必ず
苦痛が共存する事には

もう慣れてるはずなんだ。





前年の
たった一度のライブの時には

すごく遠回りになるのに

ギタリストさんは
我が家の近くまで回ってくれて

しかも
外で長く待たされて

予定時間に間に合わず出掛けた。


看護と介護で
私が
どうにもならなくてね。
沢山外で待たせたの。



だから

この日は
私が
ほんのちょっーとだけど
遠回りして

ギタリストさんと合流して
一緒に会場に向かった。




到着すれば
マスターがあたたかく迎えて下さった。

何だか穏やかだった。

次第に出演者が集まって来る。


主催のHATTREATさんに
お会いするのも1年振りだった。

嬉しかった。
すごく嬉しかった。


久し振りに話せた時間が
新鮮でときめいた。

久し振りに感じた空気が在った。



リハーサルでは
既に体はやばかった。

今日の歌声は
厳しいなととても思った。




でも。

行くしかない。


板の上に。





早い時間から
お客様がご来店下さった。


悲しみが
焼き付いてしまった
1年前のステージを


観届けて下さった方々が
沢山ご来店下さった。


遠方からも
お忙しい中駆け付けて下さった。



とてもとても有難かった。




月下陽香を
忘れないで居て下さった方々に
感謝がいっぱいだった。
本番は体も震えた。




上手く動けなかった。
息も
途中でかなりやばかった。
身体にはかなり辛かった。


でも。


私は
ステージの上で笑った。


泣きそうにもなったけど
久し振りに
嬉しくて笑った。



この夜は

板の上で
ちゃんと笑えた。

【「深い痛みの向こう側へ。」(2015.5.17)】




1年振りの
たったひとつのステージが終わった。


次がまた無くなった。



次が無い苦痛に
飲み込まれる事に
怯えて居た
そんなライブ翌々日。


採用の連絡を貰えた。



【「付き纏う痛みに耐えられるように。」(2015.5.19)】




頑張ったねって

やっとこれからだねって

自分に言ってあげられた。


頑張ってるよねって。



どんなに苦しくても
逃げてないねって。

必ず形にしてるよねって。


身体が辛くても
精神的にきつくても
逃げてないよねって。





だけど
次のステージが無い事は

現実だった。



睡眠は
相変わらず細切れの日々。


せっかく
布団で眠れる環境を得たのに
もう何か月も
上手く眠れないまま。



そこには

沢山の
未消化な痛みが在る事は
自分でわかって居た。


そんな時に
ギタリストさんが
ライブの話を持って来てくれた。



月下陽香は
2年前にも
そのお店に
一度だけお世話になった事が在った。


とても素敵なお店だ。


ただ
その時のライブは


月下陽香には
辛いものとなってしまった。




私の中で
そこでの記憶は
傷んだままだった。

リベンジをしたいと思った。


目指す場所も無いままの練習も苦しい。

私は
そこに出演する事を決めた。

【「傷付いたのか。傷付けたのか。」(2015.5.22)】




もうひとつ
機会を頂けたステージにも
新たに始まる仕事にも
懸命に向かいながら
5月を過ごした。

【「全ての自傷までも己の選択だったのだろうか。」(2015.5.25)】

【「越えられぬ痛みの破壊力。」(2015.5.30)】

【「偏在が人並みを装う為に。」(2015.5.31)】






【2015年5月】



6月を迎え
新しい仕事が始まった。

懸命に注いだ。


仕事はとても楽しかった。

物凄く大変だけれど
楽しいと思えた。





でも
この頃


また
急に
呼吸が苦痛になってきていた。


呼吸器疾患が
悪化してる感覚が在った。



普通の動作では
苦痛は知れている。だけど


歌うとか
走るとか

そういう動作では
違和感がかなり在った。




少し先を描くと
強烈に押し寄せる恐怖は増した。

始まったばかりの仕事は
とても楽しいけれど
体力の消耗は厳しかった。


再び始まった
掛け持ちで働く生活。

練習に全力を注げない。





次のライブが決まって

そこに向かえる事は
心底から嬉しいのに

身体が全くついてゆけない。



ステージに立ちたいのに
立てるスケジュールが存在してるのに


立ちたいと望んで
決めた
得られたステージなのに

どこかで後悔をした。




こんな状態で向かって良いのか

現実を感じる程に
申し訳なくて後悔をしてた。

辛くて後悔をした。








6月は私の誕生月だ。

16日。



私は誕生日を迎えた。



もう
誕生日を
あえて祝うような歳では無い。




でも
今年の誕生日は
私にとっては特別な日だった。




昨年の誕生日は苦し過ぎた。


愛おしいものの命が
いつ消えてしまうのか
日々怯えて過ごしてた。


悲しみの中で迎え
過ごした誕生日だった。


だから
今年は
穏やかに迎えて
新しい1年の
チカラにしたいと願って迎えた。

【「召された日を間近に。」(2015.6.17)】






そして。1年の命日を迎えた。

【「悲しみを抱きしめ続けた月日に。」(2015.6.21)】

【「キズを持ち知りて在る人達。」(2015.6.23)】




1年が過ぎた。


やっと過ぎた。



喪失感と悲しみは
いつもこの胸に在り

沢山思い出しては
沢山泣いた

1年が過ぎた。




もう

昨年の今日の記憶の中に
愛おしいものは居なくなった。



きっと
やっと

また

始められると信じようと

自分に言い聞かせた。





持病の進行はとても感じて居る。

あちこちに
出掛けられるような体調でも無い。



相変わらず
行きたいと思う所にも
ほとんど出掛けられない。




それでも

2015年の誕生日と
命日を迎え



昨年は
悲しみに満ちて居たその日を

新たな年で
歳で
迎え

やっと


悲しみの記憶に

ひとつ
上書きを済ませて思った。






昨年よりも
きっと
穏やかで幸せだと。



身体が
動けなく歌えなくなってゆく
恐怖が日々育ちゆく。



それでも
一生懸命
日々働いて社会に在れる喜びは

前年よりも確かに在った。

【「不安で泣きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】







命日を過ぎ
ライブを控え


私は
やっと
再び

過程の続きを書き始めた。



4ヶ月に近い月日
立ち止まって居た記事を
書ける気持ちになれた。




この日から
今日に掛けても
続きを記して居る。

【「どんなに孤独な痛みでも。(辿り着けるまで・4)」(2015.6.25)】




そして6
月もあと僅か。

今年2回目のステージを迎えようとして居た。

【2015年6月】




続きはまた。








今日も
朝は5時50分起床だった。



いつも乗る電車は

時間も場所も同じ。


乗ってる人達も
いつも会う人達が多い。


朝の電車に乗ると

人それぞれの人生を感じる。




今日も働くんだと思う。


そこに
私も居られる事は嬉しく思う。




スーツ姿の人も
ラフな格好の人も
作業着の人も
色々。



それぞれに

今日の自分の役割を果たしに向かう。



明日も明後日も
私もその中に居る。



来週の木曜日まで休みが無いから
今週は練習も無し。




明日は
少しだけ出掛けられるかな…

七夕のイベント。


翌朝も早いから
外食どころでは無くて
イベントだけ
ちょっと見るだけ。


行ける体調だったらいいな…。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。