❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

暗闇の中で目指す場所は。(辿り着けるまで・12)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



ふと気付いた。


新しく始まった仕事。


考えてみれば
入社から1ヶ月過ぎてたんだ。



早かったなぁ…

楽しいからだろうね。
大変なんだけど
楽しいから頑張れてる。



ちょっとした事も嬉しい。


勤務終了時間が重なった人と
駅まで一緒に歩きながら
なんて無い会話をしたりしてると
そこに馴染めてる事が嬉しい。


任される仕事が増えてくのも嬉しい。

毎日沢山の薬と会えるのも楽しい。


掛け持ちは体にはとても辛い。


でも

楽しいから
帰宅後の本業も頑張って向かえる。


この状態が続けば有難いなぁ…



月下陽香の予定は何も無し。

目標の無い練習だけ。


また
苦しくて壊れてしまうのかも知れない。



ただ。

今日の時点では
それについて悩んでは居ない。



今の月下陽香は
2年掛けた記事を
書き終える事に
向かって居る。



そして。


気持ちや考えや
想いを
ちゃんとお伝えしたい方が居て。


冷静に言葉を綴ろうと
メールを打ち始めた。



体調と付き合いながら
仕事をしながら

そして
記事を書きながら

こぼさずに伝えたいから

数日をかけて
したためている。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】

【「失うばかりでわからなくなって。」(2015.6.29)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「孤独な痛みは誰にも伝わる訳が無いのに。」(辿り着けるまで・9)(2015.7.2)】

【「この痛みが誰にも伝わらないんだ。」(辿り着けるまで・10)(2015.7.3)】

【「それすらも自傷ではないだろうかと。」(辿り着けるまで・11)(2015.7.4)】





過程の中の私は

2015年の2月を生き始めて居る所に在る。

【2015年2月】



2015年が来れば
きっと
もう少し楽に生きられるはずだと
祈るように待ち侘びた新年も

開けてみれば
日々は苦痛に溢れて居た。



毎日は
バイトだけでも
くたくたで

それでも本業も続け

家事をすれば

心身共に
襤褸布のようだった。



次のステージも決められず
目指す場所も無いままに
使い果たした身体で


痛みや
息苦しさに耐えて
練習する事も

辛くてたまらなかった。



少しでも
体力がつくように
呼吸の練習も兼ねて
毎日歩いた。


見慣れた景色を
晴れない心のまま
歩いてた。



日々
絶望は増してゆき
この胸一杯に広がって行った。

【「絶望の日々。」(2015.3.6)】

【「疲れ果てた私。」(2015.3.8)】





前年の5月に
ステージに立って以来

月下陽香は

ライブもしなければ

音楽関係の店や
イベントにも

知り合いのライブにも
行かなかった。



2015年が明けてから
一度だけ
ライブに伺ったが

それだけだった。



精神的にも苦しいが

日々
使い果たして働いて居る私には

遊びで出掛ける余裕なんて
無かった。



一生懸命働いたら

自分の自由の為に使う
時間も体力も残って居ない。


悔しくも在った。



ここまでの苦労をして
働かなくとも
遊んでる人達は
鬱陶しくも思えた。



益々孤独に感じた。


私の痛みは
いつも誰にも伝わらないから。




そんな時に
月下陽香のギタリストさんが
ライブに出演する事となった。


彼は
私と共に活動をして下さって居るが


月下陽香だけで
弾いて居る訳では無い。と



ても人気者で
とても上手い彼は
あちこちで活動して居る。



前年の5月の
大変だったライブの帰り道

遠いのに
車で送って下さった方と共に
出演をすると聞き
伺ってみようと思った。


行った事の無い場所。


電車に乗って出掛けてみれば
少し気分も変わるかなと思った。


初めての場所でも
現地に着けば
ギタリストさんも居るし
行ってみようと思った。



だけど

そこで
私は
更に深い絶望に飲み込まれてしまった。



誰かに
何かされたり言われたり
した訳では無い。

そこでは
皆さま優しくして下さったし
良いライブで素敵な夜だった。


だから苦しかったのかも知れない。


辛くてたまらなくて。
耐えられなかった。

【「寂しさに狂う。」(2015.3.9)】





2013年の七夕から
書き続けて来た

摂食障害と自傷も過程を綴る記事は


この頃から
書けなくなって居た。


過程の中の私が

直ぐそこまで辿り着いて
書けなくなった。




そこに在る痛みの数々は

まだ
余りにもリアルで


実際に

じゅくじゅくと熟れ
ズキズキと痛んで在り


私は
まだ

それらを
直視して文字にする事が出来なかった。



3ヶ月を越えて
4ヶ月近く

続きを書き事からは
離れて記事を書いた。





精神は落ちてゆく。


歌が苦痛に満ちてゆく。



昨年末から
薄っすらと
描き始めた

今後の展開も


余りにも
非現実的に想えても来る。



睡眠薬頼りの眠りも
安定しない日々

【「絶望は精神的死。」(2015.3.11)】



眠れない理由は
いくつも在る事を
日々感じてた。


そのどれもが
未消化のまま
私を苦しめて居た。



とてもハードな仕事の掛け持ちに
連日の不眠はとても堪える。


睡眠薬に頼りながら
細切れの睡眠を得て
過ごして居たが

ちょっとしたパニックを起こし


もう
睡眠薬も使ってはいけないんだと思った。

益々眠りも難しくなった。

【「壊れ狂う夜。」(2015.3.14)】





日々に感じて居たのは

悲しみと我慢。


そして
積もり積もって

朽ちゆく心。

ストレスは半端なく膨れ上がった。

【「耳鳴りのような奇声を上げて。」(2015.3.26)】





もう駄目だと思った。

もう限界を超え過ぎて居た。



その頃

前年の5月のライブに
共に出演をして居た

月下陽香とは
これまでにも
多数のイベントをご一緒下さって居る

HATTREATさんから連絡を頂いた。



HATTREATさんの
ブッキングライブイベントに
出演のお誘いを下さった。


HATTREATさんなら


月下陽香が
摂食障害と
自傷を
掲げたステージを今はして居る事も
知って居て下さる。


私の事も
ギタリストさんの事も
知って居て下さる。



私が
とても大好きで
尊敬している
ミュージシャンでもいらっしゃる。



出たいと思った。


HATTREATさんのお誘いなら
ユタカさんがご一緒下さるなら
きっと大丈夫。


月下陽香は
もう一度立てるはずだ。



直ぐにギタリストさんに相談した。

ライブに出るか出ないか
決めるのは私だけれど
スケジュールは
彼にも都合が在るから
確認をした。


彼は大賛成だった。



月下陽香に

たったひとつ
1年振りのライブが決まった。




嬉しかった。

物凄く嬉しかった。



心の中で
ずっと降り続けた雨が
上がったようだった。



体調はずっと悪い。

仕事と家事と通院をすれば
相変わらず遊びにも行けない。

日々のどこにも余裕なんてない。



だけど

何よりも辛かった
目標も無いままの
痛む練習から

解放された。


辛い練習に
意味が持てた。

それが何より嬉しかった。

【「召されて骨となれど。」(2015.3.20)】





前年の
たったひとつのライブの後

私は

一度
ユタカさんに感情をぶつけた事が在った。


それをした私は
正しいとは思えなかった。

そんな事が在ったのに


彼は
月下陽香に
救いの手を差し伸べて下さった。

有難かった。

【「植え付けられた悲しみの行方。」(2015.3.22)】





5月にはライブが決まった。

そして
5月納品の大きな仕事が入った。


5月に
やり遂げなければならない事が
2つも出来た。



目指して生きられる生活が
少しの間だけ得られた。


ハードな副業も
もう限界だった。



やはり
やりたい仕事がしたいとも思って居た。


5月を目指して

バイトを辞めて

資格まで取得して
やりたいと思って居た仕事を
探そうと思った。


バイトは4月で退職を決めた。

【「キズグチを吐き出して。」(2015.3.27)】







2015年の3月も終わろうとして居た。

【2015年3月】


仕事の掛け持ちもあと1ヶ月。


それを越えれば
5月は
本業だけで
目標に向かえる。


あと少しだと言い聞かせ
4月を生き始めた。



毎日のように
歩く事も欠かさなかった。



ステージに立ちたいから
毎日毎日
ただただ地味に耐えて続けた。





2015年の4月。


私には
ひとつ目指して居た場所が在った。


とても会いたい女性が居て。

そこに行けば
お会い出来る事を知った日から
そこを目指して居た。



音楽のある場所に
行こうと向かうのは
この年ではやっと3回目。



電車と徒歩での移動は
私の身体では
まだ
片道1時間程がやっと。


それ以上になると
疲れ過ぎて

その後数日がとても辛く

上手く維持出来なければ
寝込んでしまう事も在る。


目指して居るそこに辿り着くには
もう少し動ける身体が要る。



こつこつこつこつ
毎日積み上げて目指して。

その日を迎えた。



小さな小さな一人旅。


楽しかった。
とても楽しくて嬉しかった。

【「そこには必ず悲しみが在ったんだ。」(2015.4.23)】


ここに辿り着けた事は

私にとってはひとつの自信になった。


ここまで来れるようになれた事は
心に大きな力となった。


そこで会えた方が
握って下さった手に伝わる

彼女の指先の冷たさは
優しくて温かだった。




毎日を積み上げながら
私は4月を生きて居た。

【2015年4月】





約7ヶ月務めたバイトも
退職し
5月を迎えた。


ゴールデンウイークは
ギタリストさんと出掛けたりも出来た。

【「死を目の前に何を思おうか。」(2015.5.4)】




【2015年5月】

月下陽香は
1年振りの
たったひとつのステージに向かって居た。



続きはまた。









過程を綴って来た記事は

もうすぐ
そこまで来て居る。


手を伸ばせば届きそうな過去。


つい先日のようだけれど
何か月も前のようにも思える。



もうすぐ今日と手を繋ぐ。




どれだけの時間を費やし

身体と心を注ぎ

思考を巡らせ

痛んで泣いて

やっとここまで来れたのだろうか。



あと少し。

あと少しだ。



そこまで辿り着いてから
私は次を考える。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡