❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この痛みが誰にも伝わらないんだ。(辿り着けるまで・10)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨日の練習に
持って行ったお菓子のひとつは
かっぱえびせんだった。


このキャラクターが
面白くて好き。




キャラクターと言えば

朝日放送の「エビシ」?


とっても興味が在る。

とってもとっても気になる。



出勤日の朝は
5時50分に起きる。


“おはよう朝日です”が
終わった頃に出掛ける。



じっくり
テレビを観てなんか居られないけれど

そこに出て来る 

ピンク色の
えびっぽいキャラクターが


とっても気になって居る。






夜な夜な


痛みを
呟きに吐き出しては

翌朝には
消した数日。


とても苦し過ぎた。


そうしなければ壊れると感じた。



昨日は
ギタリストさんに
話を聞いて貰った。




ライブの後から
ずっと
苦しんで居た事の

状況を説明して

気持ちを聞いて貰った。



ボロボロの精神状態だったから
聞いて貰いたかった。



状況を
理解して聞いてくれた。


だから
数日振りに
少し楽になれた。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】

【「失うばかりでわからなくなって。」(2015.6.29)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「敷き詰められてしまう痛み。」(辿り着けるまで・7)(2015.6.28)】

【「焼け付く悲しみを刻まれて過ぎれば。」(辿り着けるまで・8)(2015.7.1)】

【「孤独な痛みは誰にも伝わる訳が無いのに。」(辿り着けるまで・9)(2015.7.2)】







過程の続きを書いてゆくね。


今日は
少しだけになるけど

書くね。






過程の中の私は
2014を終えた所を
生きて居る。


多くを失った1年だった。



これまでの
どの年よりも
悲しみの深い年だった。



命を看取って以来
一度もステージに立つ事は無く


持病の悪化を
少しでも遅らせる為の
治療を受け


コツコツと
体力作りにも励み

バイトも始め


日々使い果たして暮らした。




2014年もあと少し。


5月以降
ステージにも立てずに
今年が終わる事には

やはり痛んだけれど


ステージに立つ心境にも
なれないままだった。




そんな時に
大切に想って居た人に
された出来事に
大きく大きく傷付いた。

【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】



許せなかった。


許そうと
許さなければいけないと

何度も自分に言い聞かせたが


煮え滾る程に怒りも覚えた。



それは
恐らくは
私が最もされたくはない事だった。



知って居ただろうに。


過去にも
同じような事をされて
とても傷付いて


未だ
トラウマとなり
痛んだままで在る事も


この方は知って居ただろうに。




大事な
特別大事な
友人のひとりだった。

その人の家族までもが
大切な存在だった。


とても大切に想って居た人に
された行為は


たまらなく苦しくて
腹立だしくて
許せなかった。



大きな裏切りだった。



一度だけ
メールで謝ってくれた。


だから
許さなければいけないのだと
必死で思い


長い手紙も書いて送り


何とか消化しようと
努力を重ねた。



だけど
気持ちは落ち着かぬままに
年末を迎えた。

【「傷に始まり傷を重ねて傷付いて終えるこの年に。」(2014.12.31)】





静かに年を越した。


自宅で
静かに
2015年を明かした。



元旦は早朝から出掛けた。



元旦に履こうと
毎日眺めてた
ヒツジのソックスを履いて出掛けた。

【「キズグチをあやすように。」(2015.1.1)】


出来れば
この年は
穏やかに暮らせるよう願った。


出来れば
前年よりも
ステージに立てるよう願った。


寂しさを越えられるよう願った。



この年の始まりを
とても待ち侘びて居た。



前年に
余りにも失い過ぎたから


新しい年になれば
少しは
何か変わってくれるだろうと


祈るように
待ち侘びて居た

2015年だった。





年始の
数日の休みも
その後も

日々コツコツと歩いた。



通院も
バイトも
本業も家事も

毎日一生懸命やった。



寂しさに飲み込まれてしまうから
懸命に動いた。



練習も続けた。




だけど
練習は
日増しに苦しくなっていった。



もう
何度も書いて来たが

歌う行為は

私には
どんどん苦痛になってきていた。



常に痛い。
常に苦しい。



それでも練習をするのは
ステージに立てるからだろうと思う。


そこを目指すから
痛みにも耐えられるんだ。




しかし
月下陽香には何も無かった。


先に目指す場所が何も無かった。



音楽関係の店などに出掛けて
出演の機会を
頂けるお願いに伺う程には

まだ
身体も回復出来ては居らず


どうすればよいのかも
わからなくなっていった。




歌う事が
嫌で仕方なくなった。

苦痛でたまらなくなった。


わーって
声を上げて
大泣きをして
放り投げたい程

歌が嫌になって行った。




バイトは大変だったし

ライブも決まって居ないのだし。



1月は
2度しか練習をしなかった。




それでも


ギタリストさんは
必ず
近くまで出て来てくれる。



寒い寒い中

雪がチラつくような日も
ギター背負って
単車に乗って来てくれる。




申し訳なかった。


申し訳なくて
たまらないのだけれど


歌う事が辛くて辛くて


2時間や
3時間の練習で
数曲しか歌えずに
終える事も多かった。



それでも彼は来てくれた。



月下陽香の練習日である
木曜日が来ると
彼と過ごした。



次第に
木曜日が怖くなった。


水曜日から
もう
胸が苦しくなってしまう。



自分が
月下陽香として
どうするべきかとても悩んで居た。



月下陽香は
何も出来ぬまま止まって居る。



私を裏切り傷付けた人は
変わらずに活動も出来て居る。



憎悪は増してしまう。


そうなる自分も責めてしまう。



私は眠れなくなった。


毎夜毎夜
まともに眠れなくなった。

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】




続きはまた。





七夕のイベントに
お誘いを頂いた。


私の分も買って下さった。



行けるかな…



来週は出勤が多いから心配。

行けるように頑張りたいな…。










痛みを吐き出しては
消した数日。


とても苦し過ぎたんだ。


そうする事でしか
しのげなくて。



それも
正しいとは言えないが
そうして過ぎた。





どん底の体調に在る時に。

座って居るだけでも
大変な位に
辛い時。


時々酸素を吸ってなきゃ
苦しい程に辛い時。


それでも
一生懸命普通に振る舞ってる時に。



そこに
どれだけ
大きな優しさと愛が詰まって居ると
知って居ても


起きた出来事に
感情を処理が出来なくなって居た。



やっと今朝

少し気持ちを片付けた。


ギタリストさんが
状況を感じ取ってくれた事が


私の痛みを
少し整理してくれたように思う。






月下陽香は
独りでは何も出来ない。


弾いてくれる
ギタリストさんが居てくれて


出演させて下さる
お店様が居て下さって



応援して下さる
駆け付けて下さる方々が

いつも
支えて下さって居るから


月下陽香は活動する事が出来る。



感謝して居る。

本当に感謝して居ます。

私みたいな
我が儘で偏在な人間を

受け入れて
応援して下さる事

気に掛けて
繋がって下さる事

大切にして下さる事


本当に
心から感謝して居ます。


皆さまのおかげ。


本当に
全ては皆さまのおかげなんだ。






皆さまに生かされて
今在れる
私が


月下陽香として
活動するにあたって。


いつも考えて居る事があってね。




それは


どう在るかとか
どうなってゆくかとか

そう言うのは
私が決めるんだって事。


何がしたいのか
考えて選ぶのは

自分。


月下陽香のプロデュースは
私。

そして
時に相棒さん。

それだけ。




それでも

相棒さんでさえ

やり方や
選曲について
特別な意見はしない。



相棒さんが
演奏して下さってこその
月下陽香のステージでも

彼が

選曲に意見したりする事は無い。



私は
相棒さんには
色々な相談もするけれど


それに対しての
答えはくれても

意見は
押し付けないで居てくれる。


アイデアは沢山くれるけど
選択は任せてくれる。



これ以上は

たとえ
たった一人の
信頼できる相棒さんにでも


踏み込まないで欲しいと思う

ラインが

私には在る事を
とても理解して下さってるんだろうと思う。



だから
自分も気を付ける。


根掘り葉掘り問うたり
縛り付けたりは
しないようにしてる。




もし
仮に


誰かが言ってくれた通りに
従って
活動をしてみた時に。



仮に
それが失敗に終わっても

責任は
私が取らなければならないと思うから。


意見した人が
背負ってくれる訳じゃないでしょ?



大阪に来て
音楽活動に復帰出来てから
色んな事が在って。



言われる事を
我慢して
飲み込んで
従っても

責任だけが

私に残されて
苦しかった時期が
長かった事も在ってね。



だから

私はソロ活動に変化したから。


バンドでも
デュオでも無く



月下陽香は
相棒さんが居るけど
ソロなのね。



自分で決めて
自分で
責任を取らなければいけないと
思って選んでるんだ。





活動のあちこちに
苦痛を感じて在る現在も


そこで
何もせずに
嘆いて居るだけではなくて。



見せない所では
色々と試してもみてるのよ。


ただ
まだ
それらは


一々
報告をしたい所までは
到達をして居ないし


見せたくないから
見せないだけで。








私には

本当に幸せな事に
ご心配下さる方々が
何人も居て下さって。


とっても有難く思うのだけれど…。



こんな頼りない月下陽香でも
そう考えて
踏ん張って居るので


温かく
お見守り頂ければ
うれしいです。








さて。


月下陽香は
次のステージの予定が
全く無くなりました。



また
苦しい練習が続くんだよね。


でも
今は仕方がないとも思う。


身体も環境も
全ては少しずつだから。






私ね

2013年の七夕から綴って来た

摂食障害と
自傷の

過程を記す記事を


あと少しで
書き終えたいと思って居ます。



そこまで辿り着いても居ないのに

他に
手を付けられる程
毎日に余裕は無いしね。




カミングアウトして

ステージにも
掲げて

闘って立ってきた

私を


信じてくれて
答えを待って居て下さる
人達に向けて


ちゃんと記事を書き終えてから


初めて
次へ進んでも良いよって


自分から
月下陽香に
言ってあげたいなって思って


頑張って来たんだよね。




もう少しで

過程は
現在と手を繋ぎます。



これでも
物凄い苦労をして
書き続けて来ました。



こんな
我が儘な奴ですが

応援して頂けると
しあわせです。



お願いを申し上げます。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。