❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独な痛みは誰にも伝わる訳が無いのに。(辿り着けるまで・9)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





これまでで

恐らくは
最も最悪な体調のままで


どんなに頑張っても

少しの回復も出来ずに
望む事になったライブは


先月の28日だった。




月下陽香にとっては


1年振りに
やっと辿り着いた
2つだけのステージの
最後のひとつだった。




月下陽香は
良い状態で
その日を迎える事が出来なかったのに


会場に駆け付けて下さった方々に

とてもとても救われた夜だった。


皆さまが居て下さらなかったら
笑う事は
もっと辛くてたまらなかっただろうと思う。



痛みも
息苦しさも
少しも楽にはならなかった。



ステージの上でも
痛くて息苦しい。



月下陽香には

現在

素晴らしい音を奏でてくれる
ギタリストさんが居て下さって居る。



彼が居てくれなかったら

月下陽香は
もう歌えないんだと思う。



この身体で
独りで

ギターを抱えて
弾きながら歌うなんて

無理だ。



自宅で
胡坐描いて

弾きながら

ぼそぼそと
口ずさむ位で
精一杯で

板の上になんて

立てやしないのだろう。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】

【「失うばかりでわからなくなって。」(2015.6.29)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「死に怯えた記憶はまだ褪せないままに。」(辿り着けるまで・6)(2015.6.27)】

【「敷き詰められてしまう痛み。」(辿り着けるまで・7)(2015.6.28)】

【「焼け付く悲しみを刻まれて過ぎれば。」(辿り着けるまで・8)(2015.7.1)】







過程を綴る記事の中の私は
前回
2014年の秋に辿り着いた。



愛しいものを看取ったのは6月。


その後
日常を取り戻そうと

通院も練習も再開して
頑張ってみたものの
それは難しかった。




歌うと言う動作は

私の身体には

常に
痛みを伴う
息の苦しい
辛い動作となって居た。




少しだけ後ろ

ほんの3年程前までを
振り返れば



発声は

もっと楽で
伸びて
気持ち良くて


痛みは
当時も在れど


現状ほどの苦痛でも無く


たとえ体調が悪くても
精神的に落ちて居ても


今よりも
ずっと楽に
ライブをして居たのに。




歌う事は
当時も
既に辛くても


今よりも

ずっと

心地よくて
気分の良い
楽しい行為だったのに。




いつの間にか
歌うと言う動作は

だた辛いだけの動作となって居た。


歌う度に
身体を痛めて傷めて

心を落としてゆくんだ。





月下陽香は
練習を休む事を決めた。


練習を休み
治療をしながら

とても
地味に静かに

深い喪失感と
寄り添って
過ごした月日だった。



2ヶ月を越えて練習をしなかった。



やっと
鼻歌を口ずさめる自分になれた時には

季節はもう秋で
曼珠沙華が咲いて居た。   



続きを書いてゆくね。







喪失感は
日々
この胸に根を張り続けた。


深く深く根を張り


やがて
この胸に茂って行った。



毎日
寂しくて悲しかった。


悲しくてたまらないけれど
切りたいとは思わなかった。



様々な苦痛に襲われる度に
自傷行為で
それらを消化しなければ
在れなかった年月は

とても長い。

30年を越える。



傷付ける行為から
離れて生きられるようになって


この頃は
2年が過ぎた頃だったけれど

切りたいとは思った。



傷付けたいとは
とても思った。


切りたくてたまらないけれど
我慢をしてた。



けど
この頃は
物凄く苦しいのに
切りたい想いは
無かったように思う。


吐きたくはなった。

でも切りたくはなかった。




心には
希望なんて無いのに。


身体が傷付く絵面を
描く事も
しんどく思えた。






身体には
当面を維持してゆく為の
薬と治療が見付かったから


喪失感に
飲み込まれてしまわぬように


少しづつでも
動かなくてはいけないと思った。




とは言え
数年前のように

音楽関係の店に
遊びに行くような体調では全く無く


人のライブ観戦に伺えるような
心境でも無かった。



まず私に出来るのは
月下陽香の練習だった。



本当に有難い事に


自分の勝手で練習を休止し
自分の勝手で再開をしたいと言う私に


ギタリストさんは
付き合って下さった。



2ヶ月以上を過ぎて
彼の音で歌う練習を始めた。




腹から声を出す事は
一度も無かった2ヶ月。


始めは
声が全く安定しなかった。


自分なりも
発声を
身体が思い出せるまで

繰り返すしかなかった。



繰り返しながら

これまでの発声では
無理な事も理解した。




これまでも

手術や治療の度に 

それまで積み上げて
やっと身体に叩き込んだ
自分なりの
発声のスタイルを

変えて来なければならなかった。



何度も何度も


身体が
何かを失う度に

辛い想いをしながら
研究をし変えて来た。



観て
聴いて下さる人達に


苦しさが極力伝わらぬように


歌う自分が
極力痛みを感じぬように。



口の開け方や
首の角度や
息を吸い込む姿勢や間隔
足腰の踏ん張り

数え切れぬ回数


振り出しに戻されるように
繰り返してきた。



また
そこからの始まりだった。


仕方ない。


私が歌いたいならば仕方ない。
受け入れるしかない。



弾いてくれる人が居てくれるから
繰り返してゆける変化なんだと
とても思った。






月下陽香が
練習を再開した頃
大きな問題が起きた。



仕事でお世話になってきた店の
閉店が決まった。

自社ビルの建て替え時期でも在り
景気の低迷も在り


閉店となった。



それまで

実際に作品を見て頂けたり
打ち合わせの場にも利用できたり
展示会を開催したり


作家として働いてゆくに当たり

そこには
とても助けられた。



賃貸住宅に暮らし
そこの一部屋を工房として
創作をしている私には

とても有難い場所だった。



でも
そこが無くなる事となった。

【「朽ちたならキズグチには新たな種を。」(2014.10.7)】


そこに
大量に置いて居た作品を
引き取りに行かなくてはならない。


前もって梱包に伺い
後日取りに伺った。

【「嵐の中で始まり終わり。」(2014.10.14)】





サヨナラの多い年だと思った。

とても思った。


2014年は
失う1年なのかも知れないと
とても思った。



動ける身体
歌える精神

愛おしいものの命

長年の友人


サヨナラが
次々と突き付けられるように思えた。







夏に比べれば
身体は
何とか動けて居る。


生活も立ててゆかなければならない。


家でじっとしていても
喪失感に痛むだけだ。



やりたくて資格も取得した仕事に
再び就きたくて探したが

通える場所の求人には
出会えなかった。


求めた職種では
全く無かったが

自宅近くの
家族経営の会社の求人を
見付けた時に

行ってみようかと考えた。



初めての職種で
大変だろうけれど


外に出て
人と関わり
収入を得る事は

とても大事で必要な事だ。



面接に行けば
即日採用となり
働き始めた。

【「矛盾無き人を知り在れる事。」(2014.10.30)】



仕事はとても大変だった。

毎日ボロボロに疲れ果てた。

身体にはとてもとても辛かった。


それでも
外に出る事は
私の喪失感を
ほんの少し救ってくれた。

【「失うばかりでわからなくなって。」(2014.12.12)】



懸命に働いた。


時に
目一杯
ここに嘆きながら。


それでも懸命に働いた。



通勤路に居る野良猫に会う事が
当時とても楽しみだった。


毎日のように探してた。



私の
喪失感に満ちた心の穴に

一番
優しく寄り添ってくれた猫だった。

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】

【「自傷も嘔吐も掲げ立ち続けて。(現在に向かう私・33)」(2014.12.28)】




遊びに行く事も無く

ライブの予定も無く


毎日は
使い果たして働いて

一生懸命歩いて


2014年が終わろうとしてた。





周りは楽しそうだった。


ライブやイベントで
知る人達は
皆楽しそうだった。



置いてきぼりだった。



そこに行ける
身体も
心も
持ち合わせて居ない私は


独り
置いてきぼりだと

感じずに在れなかった。




ステージも
楽しめる出来事も

持てないままの月下陽香は


ただ懸命に書いて居た。



記事だけは
ここに

懸命に書いて来た。



それはそれは

膨大な
時間と
体力と思考を注ぎ


命を削るように

記事だけは書き続けて来た。




ランキングサイトに参加して
過程を書き綴り始めて



知る人も知らぬ人も
始めはやたらご訪問下さり


知る人には
激しい賛否両論をされもしながら



それでも
応援を下さる知る人達は
クリックで投票下さったり
メッセージを下さったり

助けて下さった。



冷やかしもほとんどなくなり

訪問者数も落ち着き



知る人達の中にも
離れてゆく者も現れ



意見を
色々と述べた人ほど
その時に
自分が言った事を忘れて
自分を守った。




それでも
私は
私なりに


ここに
約束を果たしてきたと思う。



決意をして書き始め

どんなにすり減らしても
書き続けた。



最後まで
書き終えると言う

約束を


信じて読み続けてくれる人達にも

自分にも

嘘つきにならぬように。




孤独に痛みながら
書き続けて来た。



この年最後の記事はこれだった。

【「傷に始まり傷を重ねて傷付いて終えるこの年に。」(2014.12.31)】





続きはまた。







6月28日を終えてから。


体調は全く回復出来ず。
悪化してくばかり。

とてもとても辛くてたまらない。



ただ
仕事は楽しいから 
その時間だけは
そこに集中して
苦痛を少しだけ忘れられる。




本当に
物凄くしんどくて
調子が悪くて

それでも


仕事も家事も
ちゃんとしながら

いっぱいいっぱいだから



現状に
精神は追い詰められて
不安定で


静かに過ごして居たいと
ひたすら願ってる。




今日は夕方から練習。

少しの時間だけ。



身体は
歌えるような状況では無いけれど


来週は仕事で練習出来ないし

ギタリストさんに会えたら
少しは
気持ちが晴れてくれないかなって。



とっても思うから
練習する事にした。



ライブの
小さな打ち上げ気分で行けたらいいな。


お菓子持って行こう。



話も
少し聞いて貰えたら有難いなぁ…




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。