❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼け付く悲しみを刻まれて過ぎれば。(辿り着けるまで・8)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





28日は

やっと
今年2回目のライブだった。



まささんが
この日のステージも
写真を残して下さった。



翌日

昨日の月曜日は

念の為
副業の方は
休みの希望を出しておいたから


朝6時前に起きる必要は無かった。



午前中はゆっくりして
午後から
本業をしようと思って居たが


余りにも不調で辛くて通院し
午後の仕事も翌日に回した。



結局は
大きくダウンしてしまった。



通院後も
少し動いては
座り込み横になり

痛みと息苦しさと
悲しみに


くたくたになって過ごした。



ゆっくりお風呂に入って
出てきたら

ギタリストさんからの
着信とメールが。



ライブを頑張ったご褒美を
持って来てくれていた。





お供えのお花と
大好きなエールと。



シロツメクサみたいな
ピンク色の花は初めて見た。



シロツメクサを見ると

何だかうれしくなる私は
物凄く気に入ったのだけれど

名前がわかんないや。。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】

【「失うばかりでわからなくなって。」(2015.6.29)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】

【「どんなに孤独な痛みでも。」(辿り着けるまで・4)(2015.6.25)】

【「選んで焼き付けた悲しみの痕。」(辿り着けるまで・5)(2015.6.26)】

【「死に怯えた記憶はまだ褪せないままに。」(辿り着けるまで・6)(2015.6.27)】

【「敷き詰められてしまう痛み。」(辿り着けるまで・7)(2015.6.28)】






前回の記事には

6月28日(日)の
ライブのご報告をさせて頂いた。



駆け付けて
見守って下さった皆さまに
支えて頂いて 


だから
耐えて終われたライブだったと

とても思う。



お店も素敵で
他の出演者様も
素晴らしくて優しくて


ギタリストさんも居てくれて



それでも
痛みと息苦しさに
辛くてたまらなくて。



良いライブしたくて
楽しい夜にしたくて

自分に沢山の声を掛けて


ギリギリまで
出来る限りの事をして。



やっぱりダメなのかなって
思ってしまいそうな私が
必死になって
探しまくった希望が


会場に
駆け付けて下さった方々の
存在


だったのだと思います。


ありがとうございました。





今日は
過程の続きに書き戻りますね。





過程の中の私は

2014年の夏に居る。


7年間

布団に横たわる事も
出来ない生活だった。



それだけ
看護は過酷だった。



介護と共に
埋め尽くされた
最期の2ヶ月程は


自分の通院も出来なかった。



市販の薬で
無理矢理誤魔化しながら
耐えて過ごした。



体調は
日々

悪化してゆく事を
とても感じて居た。




愛おしいものを看取り

私は


7年振りに
布団の上に
横たわる生活に戻れた。



やっと通院も再開した。



検査をすれば
持病は
かなり進行してしまって居た。


特に
呼吸器疾患は進行して居た。




私の肺は
80代の老人の
平均程の量しか
呼吸が出来なくなって居た。


吸いこめる量も減って
吐き出せる力も
弱ってしまって居た。



このまま放置すれば

近い将来
酸素ボンベを連れて
生活しなければならなくなる。



少しでも
現状を改善させて
今後の進行を遅らせてゆく為に


治療を受ける事にした。



看る立場を終えたのだから

自分のケアを真剣に始めた。



とても辛い毎日だった。




薬が合わなくて

毎日
吐き気と共に在った。


吐き気を止めれば
蕁麻疹が噴き出る。


繰り返し繰り返し。



毎日毎日
吐き気と蕁麻疹の繰り返し。


内臓にまで
蕁麻疹が広がって
呼吸困難になるほどの
酷い拒絶反応にも
耐えるしかなかった。

【2014年8月】




介護も看護も終わった。

布団で眠れるようにもなった。



静かになった家に
じっと居る事は辛い。


どこかに出掛けたい。


先に予定も立てたい。


やっと自由になったのだから
外に向かいたい。





月下陽香の練習も
看取るまでの数ヶ月は
ほとんど出来なかった。

やっと出来る2時間程でも

なかなか家を出られなくて

ギタリストさんを
待たせる事も多かった。





身体は
とことん疲れて

心は
深い喪失感に在った中

まずは練習をしようと思った。


ギタリストさんと過ごしたいと思った。



練習を始めた。

彼と過ごす時間は
いつも楽しいけれど
歌う事はとても辛かった。



顎の痛みと
息苦しさは

歌う事だけでなく

もう
話す事も辛かった。



歌えば思い出してしまう


悲しみの焼き付いた
ステージの記憶も
痛くてたまらなかった。



それでもがんばってみたけれど


次のライブの予定も無いのに
痛みに耐えて
息苦しさを我慢して
練習を続ける事に


私はついに耐えられなくなった。



しかも
毎日
とても辛い副作用に苦しみながら

それでも練習をしたいとは
もう思えなかった。



ギターを背負って
単車に乗って
我が家の近くまで
練習の為に出て来てくれるのに


2時間や3時間の中で
数曲しか歌えないような状況は


ギタリストさんにも
申し訳なくてたまらなかった。



もう駄目だと思った。

潰れちゃうなって。

歌が大嫌いになるなって。




私は
暫く練習を休みたいと
ギタリストさんに伝えた。


もう本当に。
本当にくたくただった。


もう
どんなに頑張っても
頑張っても

我慢が出来なかった。




予定では
とりあえず1ヶ月。


私は
歌わないと決めた。


歌わなくて良いと思うと
やっとひとつ
小さな安心を感じた。


歌えない焦りよりも
歌わなくて良い安心の方が
大きく感じた。


辛い治療にも安心して向かえた。



自分の治療で
誰かに迷惑を掛けなくて済むと思えたら
自分を責める感情が減って
治療を受けられた。




始めは1ヶ月のつもりだったけれど…


結局は
2ヶ月以上の時間
月下陽香は練習から離れた。





ほとんどを
自宅と病院で
過ごして居たような感覚。



どこかに出掛ける
体も精神も
見当たらなかった。


ただただ耐えた。
我慢するしかなかった。

そして
こつこつと歩いた。




看取るまでの数ヶ月は

息を切らして
必死になって
流動食等の買い物に走る以外は


基本的に
床の上に座って過ごしてた。



小さな身体に
目線を合わせて


床の上で
座ったりしゃがんだり。



うたた寝をする時もそうだった。




呼吸器が悪化して居る上に
足の筋力も落ちてしまって居た。


前職で傷めた膝の治療も始めた。



体力をつける為にも
呼吸の練習をする為にも

一生懸命歩いた。


出来るだけ歩いた。



通院や
スーパーへの買い物も
出来る限り徒歩で行い


毎日
少しでも必ず歩く事は続けた。




どんなに体調が悪くても
少しでも歩こうと
頑張っていた。




だけど
特別
外出が出来る状態では無かった。


人と会える心境でも無かった。





この年の夏

遊びに出掛けたのは一度だけ。


20年近い付き合いになり

看護と介護に苦しんで居た月日も
いつもいつも気に掛けて
助けて下さった方が
お誘いを下さったから。


その方のお誘いだったから
私は出掛けた。




誰の歌も聴きたくはなかった頃
自分が鼻歌も歌えなかった頃
人が楽しんでるステージなんか
観たくなかった頃



それでも
あの方の歌なら聴きたいと思えた方の
出演されるお祭りに
行こうと言って下さったので 


ギタリストさんも一緒に3人で出掛けた。




会場に着いて少しした頃

私が
この日聴きに来た
出演者さんがご来場された。


私を見付けた時の
その方のお顔と第一声は
とても覚えて居る。




その日は
がっつりステージを観ると言うよりも

ステージを観ながら
おしゃべりしたり
ビールを飲んだり。


じっと観るのではなくて

人の集まる空気を感じて
音楽に触れる事に
感じる怯えを忘れて


そこに在れる雰囲気に
とても救われた。



ライブハウスで
じっくり聴き込むステージなら

あの時の私には
耐えられなかったと思う。



悲しみが
焼き付いたステージで
着た浴衣を着て行った。

【「傷んで知るものを。」(2014.7.13)】



これは

この先の病状で
これからも
その都
度変えたり加えたり
し続けてゆくことだけれど



何とか
今の自分に合う
薬やケアを見付けられて


少しだけ歩けるようになって



鼻歌位は
時々でも
口ずさむようになれるまでには


2ヶ月以上の月日が過ぎてしまった。




練習の再会を考え始めて


まずは
ギタリストさんと散歩をした。


リハビリみたいな感じ。

家の近所を一緒に歩いた。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】



季節は

もう
秋に辿り着いてしまって居た。


続きはまた。






ライブで頂いた桃。

昨日頂いた。
美味しかった。
とっても。




父と
電話での会話すら
避けて生きる事を選んだ
この2年半。



それまでの数年


この時期には
父から桃が一箱届いてた。



食べ切れないから
人に配るだけなんだけどね。



父の暮らす町には
美味しい名産の桃が在るからね。


特別
何かしてくれる人じゃないんだけど
なぜか桃は送ってくれてた。

何かのついでだったのかな?



私が
本気で限界を超えて

父を避けて生き始めて。

桃は届かなくなった。



別にね
そんなのはいいんだ。
それで良いんだ。



久し振りに頂いて食べた桃。
おいしかった。
心にも体にも。
美味しかった。



大切な人が
遠方から持って来て下さった桃。


この身体の
細胞の隅々まで
行き渡らせて命にしたい。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。