❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死に怯えた記憶はまだ褪せないままに。(辿り着けるまで・6)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



明日となりました。



1年振りに
ステージに立てたのは先月。


明日は

今年
やっと2回目のステージ。



来月以降ライブの予定はありません。



秋頃に出来ればと
願ってはいるけれど

それもどうなるかわかりません。



物凄く気を付けて
懸命にケアをしながら
目指してきたけれど


ライブを明日に控え
体調は見事に最悪です。




歌うに当たり
何よりも怖いのは
息が吸えない事。


一昨日の練習は

ライブ前
最後の練習だったのに


息継ぎで
息が吸い込めず

ただ苦しいだけで過ぎてしまった。




持病の悪化であるならば


果たして
明日を
何とか出来るのかどうかも


わからない今日に
在る。




それなのに
少し先に
願いを
いくら強く持った所で


描ける景色に
光が見えなくなる。



今日も1日
必死でケアに励んで居る。


どうか歌えるように


どんなに苦しくても
それを誤魔化せるように


願い
祈り
ケアして居る。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・バグトル
    (ライブ終了は22時)

月下陽香は3番目の出演予定です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ご都合や体調に
ご無理が無ければ
ご来店頂けますように
お願いを申し上げます。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて
現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】




過程を綴る記事は
現在の私へ繋がる時代に辿り着き
書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】

【「どんなに孤独な痛みでも。」(辿り着けるまで・4)(2015.6.25)】

【「選んで焼き付けた悲しみの痕。」(辿り着けるまで・5)(2015.6.26)】






4ヶ月近く
止めてしまって居た
過程を綴る記事を

前々回から
再び書き始めた。




記す過程の中の私は
2014年の春に在る。



記憶を掘り起し
巡らすと言うよりも


つい先日を
振り返るような作業。




そこで感じた悲しみも
まだとても生々しく
感情の中には
存在をして居るし


起きた出来事も

まだ
痛む分析の途中で


消化に行き着いて居ない事も
多々在る。



あちこちが
まだ
見事に熟れたままなのだ。




だから
当時の写真を
記事に添える事も
ほとんど出来ない。


まだ
それを
観て選べる私ではないから。



だから
当時の記事を
リンクさせながら
出来事を記して居る。






2014年5月24日。


これまでに出演した
どのライブよりも

私には
悲しみが焼き付いた
ステージだった。



レコ発も兼ねた
大事なイベント。



それでも

これまでの
どのライブよりも
出来る事ならば
止めてしまいたいと思う位に

辛い1日だった。



看護と介護で
体も心もボロボロだった。


練習もろくに出来なかった。




死なないでくれと

どうか
今日に死なないでくれと

生きて待って居てくれと

それだけを願いながら


泣かないように
耐えるだけで
いっぱいだった。




共演者の方々も
お客さま皆さまも

とても
温かく支えて下さった事が

ただただ救いだった。


【 2014.5.24 ライブノーカット 】




ライブを終えてからは

24時間
看護と介護に
追われるだけの毎日だった。




当時の
看護と介護について

ここに
事細かく綴る事は
まだ余りにも苦しい。




この手の中で召される
6月22日まで

基本的には
どの記事にも
状況は記されて在る。



乳がんと
糖尿と
腎不全の猫との

看護と介護の
最期の約1ヶ月を



お読みになりたい方は


2014年
5月と6月の
記事へのリンクを載せますから

選んでお読みくださいね。

【2014年5月】

【2014年6月】





24時間
目を離せないような生活だった。


トイレもお風呂も
急いで済ませて
夜も僅かな仮眠だけ。



仕事もろくに出来ずに 
貯金を崩して耐えた。


買い物にも行けない。


ギタリストさんは
よく差し入れを届けてくれた。


何か要る物は無いか
欲しい物は無いか
いつも気に掛けて
食料などを届けてくれたりした。




ライブにも来て下さる
大切な人達も

流動食を送って下さったり

お金を送って下さったりして

助けてくれた。




有難かった。
本当に。


それまで
深い仲だと
とても親しい友人だと
思って居た人達ほど

声のひとつも
掛けてはくれなかった。



友達って呼んでもいいのかな?って
思ってたような人達ほど


声を掛け
リアルに手を差し伸べてくれた。



私の気付かない内に

私の関わる人達は
変化してたんだなと
とても思った。


友達だとか
親友だとか

私が
それまでに
勝手に思って居た関わりが

いつの間にか
無くなっていた事に気付いた。







どうか生きて。

毎日願った。


食事は
ほぼ流動食。



それでも
たまに
一舐め位してくれる時があって


たとえ一舐めでも
してくれる内は

まだ
生きようとしてくれて居るはずだと信じ


あらゆるフードを買い込んでは


絞ったり
湯がいたり
磨り潰したりして


ずらりと並べては

口を付けぬままに捨てた。


毎日
山盛りの生ごみが出来た。


毎日
何千円と言うフードを
開けては捨てて

流動食には
栄養剤も入れて与えた。




まともに動けなくなった体は
痩せ細り

3キロあった体重は
半分の1.5キロまで落ちた。



耳も聞こえなくなり
目もほとんど見えなくなった。



フラフラな足で

それでも
自力でトイレに行こうと


転びながら
トイレを目指し
やっとの排尿。



それも
次第に間に合わなくなる。

気張る力も無くなり
排便も出来なくなり


マッサージで
便を肛門付近まで運び
出してやらなくてはいけないようにもなった。







6月16日は
私の誕生日。


どうか
一緒に
誕生日を迎えてくれないかと
願った。


一緒に生きて居て欲しいと願った。



リビングで
付き添ってうたた寝の毎日。



誕生日の朝

もう鳴き声も出さなかったのに


鳴いた。

声が聞けた。



フラフラなのに
私の足に乗っかって
起こしてくれた。



可愛かった。
とってもとっても可愛かった。


愛おしかった。

たまらなく。
愛おしかった。

愛おしかった。

【「置いて逝かないで。」(2015.6.20)】

【「迎える死に怯えながら。」(2014.6.12)】

【「明日が見えないけれど。」(2015.6.16)】





誕生日を共に過ごした6日後

とうとう
神様は
愛おしいものを
そばへ呼び寄せようとして居た。


もう
十分に頑張ったと言うことなのだろう。



私は死を感じて居た。
確実に感じて居た。




この手の中に
抱きかかえた
小さな体。

指先は
ずっと胸に当てて

心臓の動きが止まるまで
確かめて居た。



痙攣を繰り返して。
息が止まった。


19年間を
共に過ごした
家族が召された。




2014年6月22日。

私の願いを全て叶えて
愛しいものは抜殻となり

一晩を
亡骸と過ごして

骨となった。

【「あと少しの命と。」(2015.6.20)】

【「私が殺してしまうのか。」(2014.6.21)】

【「昨夜召された愛おしい命。」(2015.6.23)】





続きはまた。





明日も骨を連れてゆく。

もう苦しい留守番はさせない。


明日のステージに
どうか納得して立てるように
とても願う。



どうかどうか
明日が最後にならないようにと

願う。





ご来店のご連絡を下さった皆さま
ありがとうございます。


お気を付けて
会場までお越し下さい。



明日は
極力体を休めながら準備をし
会場に向かいます。



準備も沢山ありますし

移動は
沢山の荷物を持って
1時間以上かけての
電車移動です。



会場に着けば
リハーサル等
バタバタして居ますし

その間
携帯は
バッグの中に入ったままです。


電話やメールは
当日はほとんど出来ません。




お店の場所がわからないとか
ライブについてのお問い合わせ等
御座いましたら

お店にお電話を頂ければ

私が着替え中などでしたら
ギタリストさんに
説明して頂く事もできますから

お願い致します。





では。

頑張って
明日の本番まで
ケアに注ぎます。



お会い出来る事に感謝致します。


ありがとうございます。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。