❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選んで焼き付けた悲しみの痕。(辿り着けるまで・5)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨日は
ライブ前の最後の練習だった。


ギリギリで
やっとセットリストを決めた。



最後の練習で
少しでも
イメージを描けたらと願い
臨んで居たのだけれど…



それどころではなく
過ぎてしまった。





息が吸えないんだ。

吸い込めないんだ。


持病は
こんなにも急激に悪化してしまうのか
それとも
ただ疲れて居るだけなのかは

その時点では
わからないのだけれど
おかしい事は明らかだった。



息継ぎをする所で
息は
ほんの少ししか吸い込めないまま

次の歌詞が始まる。


歌声は出せなくなる。


顔は苦痛に歪む。

胸が苦しくて
倒れそうになる。


辛くてたまらなかった。



このままでは
歌にならない。



当日もこの状態なら
やっと決めたセットリストも
変更するしかない。



歌う事は
どんどん苦しくなってゆく。



あといくつステージに立てるのか
先行きは
日増しに見えなくなってゆく。





日曜日はライブだ。

その次は決まって居ない。


どうか
これが最後にならぬようにと
何度も祈り
願って居る。


もし。


最後のステージに
立たなければならないのならば

その時は
今回のような
ライブバーのブッキングでのライブでは無くて


自分で考えて
選んで決めたステージで

在って欲しい。



人生の最後のステージが
明後日には
まだなって欲しくない。



どうか
まだ
息が吸い込めますように。

息継ぎが
自力で行えますように。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・バグトル
    (ライブ終了は22時)

月下陽香は3番目の出演予定です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】

【「どんなに孤独な痛みでも。」(辿り着けるまで・4)(2015.6.25)】





3月6日以降
足踏み状態に在った
過程を綴る記事を
前回から再び書き始めた。


全てが消化されて
行き着いた訳でも

結末までを
描けて在る訳でも無い。


それでも
書き戻り綴り始めた。



前回の続きを書いてゆこう。

2014年の春の出来事だ。









悪化してく持病。

身動き取れない環境。


ステージに立つ事も
一気に減ってしまった。



前回のライブから
次のライブまでは半年。


ならば
せめて
そのライブに

新しい作品を連れてゆこう。



月下陽香は
レコーディングを決めた。



体力も時間も予算も
非常に限られた中でのレコーディングは
2曲入りのCDにする事にした。




それまでに
月下陽香は
2枚のCDを制作している。



ファーストは
3曲入りの
手作りのミニアルバム。


自分で弾いて
自分で歌う
弾き語りだった。



セカンドは
6曲+1曲入りのアルバム。


これは

私が
メインギターと歌を収録した物に
現在のギタリストさんが
音を加えて下さった。




3つ目の制作となるCD。


出来るならば
もう少し曲数を増やして
アルバムにしたかったけれど


もう
そんな体力も私には無かった。




初のシングルCDとして 


「キズグチイバラ」と
「癒え待ち野バラ」の

2曲を収録する事にした。




「キズグチイバラ」は
それまでにも
ステージで歌ってきた楽曲。


「癒え待ち野バラ」は
未発表楽曲だった。




2曲共に
1日で
収録しなければならないスケジュールでの
強行だった。




楽器演奏は
ギタリストさんの奏でるギターだけ。

歌は私の歌声だけ。


他には
何の楽器の音も無ければ


歌にはハモリすら無い。


最低限の
月下陽香のスタイルだ。




それまでは
楽器と歌は
別録りをして来たが


この時は同時で録音をした。

いつものステージと同じように。




数回で私の体は限界になった。

一気に1曲歌いきれなくなった。


必死で歌いきった所で
あちこち
手直しをしなければ
どうしようもなかった。



もう
少し前のようには歌えない事を
思い知った。




余りにも耳障りに感じる部分は
そこだけを録り直しもした。


音程や音質は
いくらでも
機械で直せてしまうけれど

そこはいじらなかった。



上手く作る事は簡単だけれど
作り過ぎてしまうなら


私で在る必要が
なくなるように思えた。




私が遺したいのは
上手い嘘の歌では無くて

上手くなくても
真実のイキザマで在る事が

正しいと思えたから。



当時のレコーディングの様子や想いは
ここにも書かれている。

【「朽ちゆくまでに。」(2014.4.11)】

【「孤独の中で息を吸う。」(2014.4.15)】

【「キズグチからこぼれる想いをこの夜に。」(2014.4.28)】





何とかレコーディングを終え
音源が出来上がり

ジャケットや
歌詞カードのデザインも仕上がり

入稿も
無事済ませる事が出来


CDは
到着を待つだけとなった。



やれやれだった。


ひとつ終えられたように
思えた時だった。







4月30日

飼い猫が急変をした。





嘗て
我が家には
3匹の猫が居た。



その内2匹が
糖尿病となり

2匹共に亡くなるまでの3年間


私は
この手で
猫の背中に
日に2回のインシュリン注射を打ち


日に何回も


耳の細い血管から
採血をし
血糖値を測定し



生活の全ては
飼い猫の看護を軸にして
過ぎてゆく年月を過ごして居た。

【「知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。」(2013.5.11)】


2匹が召された後
直ぐに

残りの1匹


我が家の猫たちの
最後の1匹に当たる子の
乳がんがわかり


手術をし
またもや看護の日々。



1年後には
乳がんが再発。




苦しい延命はしたくないと思い

残りは
自宅で
穏やかに生きる選択をした。




だからと言って
何もしない訳では無い。


毎日は
また
看護中心の生活となり

長時間の外出も出来なかった。





3年間の看護の末に
看取った直ぐ後に

再び始まり続いた看護生活も


3年目を迎えた

2013年の4月30日。


急変をし

以来
夜も
数時間おきに
状況を確認する生活となり。



それでも
1年を
生き延びてくれようとしていた


ちょうど1年後となる

2014年の4月30日。




再びの急変だった。


この時の急変は

もう
前回のようには
回復も出来なかった。



日増しに悪化してゆく姿は
余りにも悲し過ぎた。



たったひとつのライブまで
1ヶ月を切った時の
大きな急変。




CDの発売も兼ねた
自分で立ち上げたイベントで


月下陽香には
そのひとつしか
ステージの予定も無く


絶対に立ちたいと
願う想いは大きい。



基本的に
やると決めたステージは
何が在っても
キャンセルはしないと決めて居る。



ステージは
お客さまとの約束の場だと
思って居るから

キャンセルなんて出来ない。



でも
愛おしい存在は
日を追う毎に弱ってゆく。



昨日出来た事が
今日には出来なくなって居る。



次第に
看護だけではなく
介護も必要になっていった。





子を持たぬ私にとって

猫たちは
我が子のような存在だった。


早くに親とも離れた私には


猫たちが
誰よりも長い年月を
共に暮らした家族だった。



この時
猫は19歳。


私の人生の半分を
共に暮らしてくれた存在だった。




自傷癖者の私が
傷付ける姿も

摂食障害者の私が
嘔吐する姿も


猫たちは見て居た。


どんな私でも
必要としてくれた。


大切な愛おしい家族。



3匹居た猫たちが
1匹無くなった時は
残った2匹が支えてくれた。


2匹目が居なくなっても
残った1匹が
悲しみを支えてくれた。


最後の1匹となった猫は
最後の我が子だった。


これまでの
どの子よりも


恐らく
私は
可愛がって居ただろうとも思う。




そんな存在が

日々
死へと近付いて行く現実は


私の胸を締め付けた。



毎日は
本当に本当に
悲しくて
苦しくて
辛かった。


とてもとても辛かった。



こんな苦しみは
感じた事が無いと思うような
強烈な苦痛だった。





当時の私が
どんな看護と介護をし
どんな生活をして居たか

どんな想いで世話をしていたか


この頃の
あちこちの記事に書き記されている。

【2014年5月】

【2014年6月】





辛い延命はしないと
決めて居たのに


ほとんど食べられなくなった我が子に


私は
流動食を与える決断をした。



生きて欲しくて
死なれたくなくて

悩んで悩んで選択をした。




小さな口をこじ開けて
シリンジで流し込む。


辛そうだった。


それでも
飲み込んでくれた。




始める事を決めたと言う事は

止める時も
自分が決めなければならないと言う事。


食べられないこの子に

与える事を決めた流動食を

止める時

それは
この子を餓死させると言う事。



私が殺すって事なのかもしれないと

とても悩んだけれど
与え始めてしまった。



この子が
流動食を
本気で嫌がる時がきたら…


その時は
諦めて見送ろうと

自分に言い聞かせた。




5月24日には
ライブが決まって居る。


まだ
お世話になるお店に
挨拶にも行けて居ない。


ゴールデンウイークにでも
行かなくてはと思って居た所での
急変。



一度に
ほんの少ししか
受け付けない流動食は
数時間おきに与えなくてはいけない。



流動食の合間の数時間

家に置いて行く事は
苦しくてたまらなかったが


挨拶に
必死で伺った事を覚えてる。



笑える心境でも全く無くて

帰宅後は
ろくに眠れぬ夜が
また続くのに

頑張って飲んだ事も覚えてる。



店を出たら
駅まで走って
心配で
締め付けられながら
帰った事も覚えてる。



帰宅後
生きて居る姿にほっとした。

直ぐに流動食を与えて

また朝まで

リビングの床の上で丸まって
2時間
3時間おきに
流動食を与えながら


朝が来たらまた夜まで


同じ事を繰り返し


トイレに行くのも
限界まで我慢をして
扉を開けたまま
済ませるような状況だった。






ライブは近付いて来る。

病状は悪化してく一方。



どう考えても

自宅に残して
外出できる状態では無い。



共演者の方は
「キャンセルしてもいいよ」と
声を掛けても下さった。




止めたかった。

本当に。


こんなにも
ステージを
止めたいと思った事は無かった。




初めて
ライブをキャンセルしたいと
心底思った。



だけど出来なかった。


何ヶ月も前から告知をして
CDの発売のお知らせもして来て

ご来店下さいと

お買い求め下さいと

お願いをし続けて来て


自分の都合で
そこに行かない事を
選択する事は


どうしても出来なかった。



泣きわめいて
大暴れしたい位に

辛かった。





でも
行く事を決めたのは私だ。


我が子を置いて
現地に行く事を決めたのは私だ。






ライブ当日は

猫が
私以外に唯一なついて居る人に
看て居て貰う事にした。


とは言え
看るというよりも
見る事しか
その人には出来ない。



何か在っても
何らかの処置も何も出来ない。

流動食を与える事も出来ない。



何か在ったらす
ぐに連絡をくれる事と


私が居ない時間の流動食を
病院にお願いをしたから
連れて行って欲しい事をお願いして


行く事にした。



準備はしっかりしてはきたけれど
予定通りには動けず。



家を出ないといけない時間になっても

様子がおかしくて
家を出られずに




心配して
遠回りして
我が家の近くまで来て
荷物を持ってくれて

一緒に行こうとしてくれている
ギタリストさんも

物凄く待たせての
出発になってしまった。




レコ発も兼ねたイベントは
いつもより荷物も多い。


ご来店の約束をして下さって居た
友人が


遠方から
わざわざ早くから出て来て
荷物を運ぶのを手伝ってもくれた。



会場に着いたのは
約束の時間より
とても遅れてしまって居て

リハーサルも始まって居た。




きっと
私を心配して
そうして下さって居たのだと思う。


共演者の方々が
いつもよりも
声を掛けて下さったように思う。



でも

どの会話も
私の心は
ピリピリと張り詰めて

心は
そこには在れずに
聞く事しか出来なかった。



沢山のお客さまがも
ご来店下さり

CDも沢山お買い求め頂けて


本当に
有難い1日だったけれど



どうしても
心は辛くてたまらなくて。



これまでに経験した
どのライブよりも
悲しくて



私の胸では

ステージに
大きな悲しみが焼き付いて


その後1年
立てない事となってしまった。




自分で決めたのに

ライブ出演を決めたのは
自分なのに



後悔をした。



ステージに立った事を
とても後悔した
ライブだった。



この時のライブの事はここに書いて居る。

【「こぼれた想いに咲くイバラ。」(2014.5.25)】

【「不足の武器で殺せないもの。」(2014.5.26)】




そして。

その時のライブはこれ。



悲しみに溢れてしまった

それでも
そんな月下陽香を
皆さまが
見守り救って下さった

ライブだった。


【 2014.5.24 ライブノーカット 】



・・・セットリスト・・・

1・浮草情火(うきくさじょうか)
2・烙印
3・モザイク
4・癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-
5・キズグチイバラ




続きはまた。






先日
やっと
1年の命日を迎えたばかり。


まだ
思い出すと悲しくて辛い。


記憶と向き合うのは
簡単ではないね。



でも
私には必要なんだと思ってる。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。