❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなに孤独な痛みでも。(辿り着けるまで・4)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



先週から
とても調子が悪い。



新しい仕事も
始まったばかりだし
仕方ない事は
自分でわかってる。



だけど
やっぱりしんどい。



日曜日には
ライブが在るのにと思うと

焦りと落ち込みに襲われる。



次のステージは決まって居ない。


決められるチャンスに
恵まれたとしても
何ヶ月か先にしか
立てないと思う。



どうしても
もう体が無理だ。


数ヶ月先にひとつ

この体で
自力で辿り着ける場所で
立てる機会を頂ける事を
とても祈る。



先には何も無いままに
目指すのは日曜日。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・バグトル
    (ライブ終了は22時)

月下陽香は3番目の出演予定です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



月下陽香の
他の出演者様は
3組共に
今回初めてお会いする。


良い雰囲気で過ごせる
一夜になればうれしい。




お店は駅から直ぐです。

「あびこ駅」2番出口を
階段を上がって出たら

そのまま真っ直ぐ

左側の並びを意識しながら
歩いて頂ければ

看板が見えてきます。



お車でお越しの方は 

お店の並びに在る
フレンドリーさんの裏側に
コインパーキングが在ります。



ご都合やお身体に
ご無理でなければ

是非ご来店下さい。


お願いを申し上げます。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】




過程を綴る記事は
現在の私へ繋がる時代に辿り着き
書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】






3月6日以降


過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居た。



振り返る過程が
直ぐそこまで繋がって

思い知ったのは



私はまだ

その頃に感じ覚えた痛みを
越えられては居らず


言葉に出来ぬ程に
様々な出来事が

未だ
分析にも至らぬ所に

在ると言うことだった。




分析し
理解し

消化をする為に
書いて居るはずだろうに


それが
まだ出来ぬままに


記事にし続ける事に

心が
付いて行けなくなったように感じて居た。



だから離れてみた。


言葉に出来るまで
待つ事にしてみた。



4ヶ月近い時間を

続きからは離れて
記事を書きながら


そろそろ

書き戻ってみようかと
思い始めた。




過ぎた時間に感じた
痛みの全てに


私は


分析や
理解や
消化を
出来た訳では無い。



未だ熟れたままで
痛み続けるものも多い。



だけど

それも
正直に
書いてゆけば良いのではないかと
思い始めた。



書くと言う行為は

それを重ねる事
そのものが

乗り越えてゆける答えに

きっと
繋がるように
私は思う。



想いを
気持ちを
出来事を

言葉に表せない内は


理解を始める第一歩も
踏み出せて居ないのではないかと

私は思う。



どんな
苦しみも悲しみも
苛立ちも
怒りも


言葉に出来始めたならば


そこが
始まりなのではないかと考える。



ならば
その始まりに立つ事を

私は
続けた方が良いのではないかと思った。








過程を綴って来た記事は
ここまで。


2014年を生き始めた頃までを
記した所で止まって居る。

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





ボロボロに疲れ果てた体を
酷使するしかない環境の中で

私は2014年を迎えた。


その年の始まりに
絶望を感じる程の
衝撃的な痛みが
胸を貫いた。


私は
深く深く傷付いてしまった。



大切な大好きな人の言動に

それまで
積もり続けて来た我慢も
プツリと切れてしまった。



この胸には
地雷を踏まれた痕のような
大きな大きな穴が空いた。



当時の記事のあちこちに
そこで悩み考えた事が書かれている。

【2014年1月の記事】

【2014年2月の記事】





この経験は
とても辛かったけれど

人との関わりの中で
自分に欠けて居る重要なものを
知れるきっかけともなったように思う。



その出来事が在ったから

現在も
信頼は失われずに
持ち続けて居られている。







本業だけでは安定しない収入。

当時
私は

前年に取得した資格を
活かせる職に就いて居た。



当時の記事には
基本的に
良い事しか書かないで居たけれど


その環境は酷かった。


それは
月日が流れた後で
ここにも記した事が在る。

【「矛盾無き人を知り在れる事。」(2014.10.30)】




動ける人達を羨んで見ながら
置いてきぼりの想いを
いっぱいに抱えて

独りで
毎日懸命に学び
取得した資格。


やりたかった仕事。



この胸には
日々
そこへの不満と苦痛が
次々と生まれ育って行ったが

私はそこにしがみついた。




持病の悪化は避けられない。


速度を送らせる事は
出来るだろうが

治りはしないから
悪化はしてゆくものだ。



でも
この時期の苦しい環境は
悪化の速度を
物凄く速めた。


しかも
足も傷めてしまい
少し歩く事も難しくなった。



ドクターストップは
当たり前に突き付けられた。


それでも我慢をしてみた。


やりたい仕事だと思うと
続けなければならないと思った。


だけど

体と共に
心も
疲れ果てていった。




私は
こんなにも苦しい想いをして
この職に就く為に
学んだ訳では無いだろうに。



ドクターストップを撥ね退けてでも
そこにしがみつく想いは

とうとう途切れてしまった。


私は退職を決めた。



その日の事も記したが

当時は
その職場の
良い事しか書いては居なかった。

【「キズグチから吹き出す想いを吐き出して。」(2014.2.20)】





くたくただった。


毎日は本当にくたくただった。


ライブ予定は
ひとつだけ在った。



大好きなミュージシャンの方々と
立ち上げたイベントが
ひとつだけ

5月に決まって居た。



それ以外には
ステージの予定は無かった。




出来るならば
もっとライブをしたい。


でも
この体にはもう出来ない。






まだ動ける内に
悔いを残さぬよう
やり遂げておきたいと

懸命で
駆け足で
活動をして居た頃



足を引っ張った者達が
憎いと思った。



散々
足を引っ張って
傷付けて


限りが在る私の
動きを止めておきながら


自分は
動ける体で

自分の過ちも否定して


活動を続けてる奴等が
憎いと思った。




あの時
お前が
私の邪魔さえしなければ


私の中の失望は

ここまでも
大きくは無かっただろう。



お前のせいで
悔いばかりが残ったままに

ついに
動けなくなってしまったじゃないか。

時間を返してくれよ。





前年の11月のライブ以来
どのステージにも立って居ない。

でも…もう出来ない。


たったひとつの
5月のイベントまで
ライブ活動をしない事に決めた。


悔しいけれど
悲しいけれど
決めた。






この先
少しだけ先には
歌えなくなってしまうだろう。


その確信は
日々大きくなる。

怖くてたまらない。
辛くてたまらない。




私が
歌って在った証を
遺したい。


歌えなくなった後も

私の歌を
そばに置いて欲しい。


たまには聴いて欲しい。


そばに
そばに置いて欲しい。






ライブはしばらく出来ないけれど

半年振りに
やっと立てるステージに

ひとつ
作品を持って行きたかった。



私は
したいと思って居たレコーディングの
決行を決めた。


その為の楽曲の制作を始めた。





理解されない孤独に
そっと
手を添えてくれるような歌を
作りたかった。


どんなに辛くても
「大丈夫」だと
言ってくれる歌を
作りたいと思った。



頭に浮かぶ光景は

過去の記憶と重なって
現在の私の
偏在と同化する。




自分の心を覗いて

奥底に耳を澄ませて

言の葉を探す日々だった。



アコースティックギターを
膝に抱えながら

言葉を書き出しては
音に乗せる。

繰り返し繰り返し。




やっと生み出した楽曲を
ギタリストさんに託した。


そして練習を重ね
レコーディングに臨んだ。




とても悪い体調と
毎日の看護。


体力も時間も予算も
とても限られている中での

強行だった。


どんなに無理をしても

ここで
遺して置かなければいけないと思った。



CD制作は
最後になるかも知れないから。



もう
こんな夢も
見れなくなる日が
近いとわかったから。





このレコーディングの為に
生み出された新曲は

『癒え待ち野バラ』



月下陽香の代表曲のひとつとなった

『キズグチイバラ』と

並べて収録する為に
考えられた楽曲だった。


【 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 】


・・・・・・・・・・・・・・・・・
『イエマチノバラ(癒え待ち野薔薇)』


みんな笑ってる
遠くで見てるだけ
上手く馴染めない
私だけひとり
涙詰め込んで
ここにいるんだよ
壊れそうなのに
誰も気付かない。

孤独の中で息をしている
こんな私になりたくないのに
怯え寂れて突き刺さる棘
もうがんばれないよ‥

負けそうな今日を責めなくていい
やさしい言の葉を自分にかけたげよう
春が来る頃には可憐に咲けるように
輝く花荊(はなうばら)
可愛く咲けるように
大丈夫
君を愛してる


みんな楽しそう
ここから観てるだけ
いつも馴染めない
消えてしまいたい
嘆きを切りつけて
叫び続けてる
壊れそうなのに
誰も気付かない。

真ん中から吹き出す痛み
こんな私になりたくなかった
羨み妬み突き刺した棘
もう闘えないよ‥

負けそうな今日を責めなくていい
やさしい言の葉を自分にかけたげよう
秋が来る頃には強く実るから
潤う紅果実(べにかじつ)
美しく実るから
大丈夫
君は愛される

輝く花荊 可愛く咲けるように
潤う紅果実 美しく実るから
大丈夫
君を愛してる
大丈夫
君は愛される


※野薔薇の花言葉・・痛手からの回復
※野薔薇の実(ローズヒップ)の花言葉・・無意識の美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはまた。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。