❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年6月16日(土)
★HATTREAT企画・ハットモットサタデー
玉出【喫茶館プロコップ】

19:00スタート ・ おひとり様¥500+ご飲食代金
HATTREAT+3組の出演
★HATTREATのギタリストヒロ星さんとの共演です♪

   ❤ 2018年8月12日(日)
★tetsu企画
東梅田【B-flat】

19:00オープン/18:830スタート ・ おひとり様¥1500+1D
21時前頃から出演します。
★タイキさんとの共演です♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



キズを持ち痛みを知りて在る人たち。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



愛おしい命を
この手の中で看取ったのは

昨年の昨日だった。


昨日は1年の命日だった。


やっと
1年が過ぎたんだなと思った。




昨日は出勤日だった。


体調は
先週から物凄く悪く

それでも頑張って居るのだが


昨日は
投薬を忘れて出勤してしまい

更に
体調は一気に悪化。



感覚は明らかにおかしくて
顔もぱんぱんに浮腫んだまま

浮腫みで目が開け辛く
視界はチカチカと眩しくて

頭痛が続いてた。



帰りには
花だけは買って帰宅。


帰宅後に
薬は飲んだものの


時間が過ぎる程に悪化。


予定よりも早く本業も切り上げた。



夜には
ギタリストさんが
わざわざお供えを届けてくれた。

家の前まで来てくれてるのに
出て行ける体調では無かった。


ポストに
彼へのお菓子を入れて置いて
持って帰って貰った。




我が家のポストは
私とギタリストさんを繋ぐ
不思議な箱みたいな役割を
よくしてる。


昨年の
看護と介護に追われてた頃には


何回も何回も
ギタリストさんからの差し入れが
そこに入って居た事を
改めて思い出した。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「記憶はいつまで涙を呼ぶだろう。」(2015.6.20)】

【「悲しみを抱きしめ続けた月日に。」(2015.6.21)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが
間もなく書き戻れるよう
準備を重ねて居ります。

体調や仕事の都合で
自分が想い描いていたよりも
時間を費やしてしまって居ますが
もう少しだけお待ち下さい。

5月16日のライブも
しばらくしたらYouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。

いつもありがとうございます。








命日を迎えて

昨年の今日に
愛おしいものは
もう
存在をしない
次の1年が始まった。


今はまだ
写真も見れない。



でも。

花を供え続ける事に依存して
何とか治めていた悲しみも

これからは
越えてゆかなくてはいけないと思う。



供える花を少しづつ減らしながら
心が
写真を見れる程になれたら



花瓶を置いて在る場所に

愛おしいもの達の
写真を

置きたいと思う。






特別に祝うような
イベントではないけれど


私にとって

今年の誕生日
6月16日と

命日の6月22日は

特別だった。


めでたいとか
そういうのじゃなくて
特別だった。



だから

沢山
想って
感じて
過ごした。



今年の誕生日に頂いた
贈り物のひとつに
扇風機が在った。


一見扇風機には見えない

可愛い
茶色い
小さな物体。



これが
かなりしっかりと涼しい。



作業部屋には
エアコンが無い。



極々一般的な扇風機は
持ってるけれど

それをかけると
手元にも風が当たって
作業の妨げになる。



作業部屋の為に
何か買うのも
勿体ない気がして


夏の作業部屋は
ひたすら我慢だった。



けど
これなら
足元だけを涼しくも出来る。


とっても嬉しい。



小さいからね
お風呂上がりの脱衣場とか
簡単に持ち運べるから

髪を乾かしながら
汗をかかなくても
大丈夫になるよ。


ありがとうございます。



これを下さったのは
イベント等色々とされて居られる会社の
社長さん。 



私が
大阪に来て
音楽活動を
やっと再開した頃は

月下陽香ではなくて 
バンドだったんだけど


そのバンドの頃から
ライブイベントにお誘い下さったり

馴染みのお店で
ご一緒させて頂いたりしてね。



今でも
お誕生日を覚えて居て下さって
気に掛けて下さって居る。



大きな病気をされて居り

今は
ヘルパーさんが居ないと
外出も出来ない状況にあって

凄く凄く会いたいのだけど
なかなか叶わないで居る。



そんな大変な毎日なのに
選んで贈って下さったのね。


有難いと思う。


どうか
近い内に会えたらと
とても願う。





昨日は
夕方
ポストに可愛らしい封筒が届いた。


京都にお住いの
歌姫さまからだった。



とてもとても可愛い
立体的なカード。

キラキラな朝顔だ。





昨年の6月。

看護と介護に追われる日々。

日に日に弱り
死に近付いて行く現実を
身体中に感じながら

過ごした日々。




胸の中
心配だけをいっぱいに溢れさせて
お留守番させて

流動食等を買いに
全力で走った道。



植え付けたばかりの
朝顔があった
ある家の玄関先。こ


れから生きる命も在るのにと
悲しかった。


命が召された後
そこを通れば
勢いよく伸びた緑に
ピンクとブルーの朝顔が咲いてた。



心の中で
亡きものに言った。


「綺麗に咲いたよ」って。



今年は朝顔独り占めだね。


朝顔のカードに書かれていたのは

ぽんちゃんへのメッセージだった。


「めぐちゃんを応援してあげてね」って。



そして。
一緒に入って居たのは
可愛らしい
扇子のデザインのピアス。


「ぽんちゃんからのプレゼントだよ」って。





この方は

きっと
とってもお辛い時間を過ごして居られる。


とてもとてもお辛いはずなんだ。


それなのに
22日に着くように贈って下さって居た。



胸の真ん中が
ぎゅーってなった。

ぎゅーって。




失う悲しみも
深い喪失感も

歌いたい想いも
歌えない想いも


とてもとても
知って居られる女性だ。



折れてしまいそうな
小さな細い体の

隅々まで

爪の先まで

優しさに満ちて在るような方。



この方の抱えて居られる痛みが
少しでも
小さくなって欲しいと
心から願う。









今週末はライブだと言うのに
私は
目一杯落ちて居る。


体調が悪すぎる。


心は

こなせない体に

不安を抱き
悲しい現実を思い知る。


いつまで歌えるんだろう。




この日曜日のライブが過ぎれば 
もう次の予定は無い。


決めたいと強く思いながら

もう
体が歌えない事も

感じてしまうんだ。


あと数日しかない。



当日に
このままならば
うたえないだろうと
本気で悩む現状は

精神に重くて痛い。



あと数日。

問うて悩んで向かうだけだ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・他一組
    (ライブ終了は22時)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。