❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみを抱きしめ続けた月日に。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨年の今日を思い出すと

痛い。


胸の真ん中に
拳を突っ込まれるかのように

痛い。



出来れば
細かくは思い起こさずに
今日と明日を過ぎたい。



でも。


それでも

思い出して
想い起こして

しまうのだろう。




これまでに

私は
私なりに

沢山の
「死」と向き合ってきた。



それらは


ある日
突然に知らされ
付き付けられたり


何となく
その気配を感じながら
現実となる様を見て居たり


病と闘い果てた
無念の姿であったり


自死を選択し
残された者達に
無念を焼き付けたものであったり


様々で在った。



その

私が触れた
「死」の

どれよりも


恐らくは

衝撃的で
悲し過ぎた

「死」と


その日を迎えるまでの過程は


この胸に
鮮明に刻まれたままで
まだ褪せない。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「途方に暮れて思いやられても。」(2015.6.19)】

【「記憶はいつまで涙を呼ぶだろう。」(2015.6.20)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく書き戻れるよう
準備を重ねて居ります。


体調や仕事の都合で
自分が想い描いていたよりも
時間を費やしてしまって居ますが
もう少しだけお待ち下さい。

いつもありがとうございます。

5月16日のライブも
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。





明日は命日だ。

1年になるんだ。



私の生活から


看護と言うものと
介護と言うものが無くなり


その夜
私は


7年振りに


毎日
様子を伺いながら
リビングの床で
うたた寝を続けた生活を終えて

ベッドに横たわったんだ。



その日から1年。


もう
何ヶ月も
上手く眠れない日々を
過ごしてはいるが


それでも
私は
ベッドで眠って居る。上



手くは眠れなくとも


7年もの年月を
床の上で
丸まって寝て居た頃と比べれば

とても楽なのだと思う。


眠るべき為の物の上で
横たわれると言う事が

こんなにも楽なのかと
思い知った。




それ程に
7年間の
怯えた睡眠は
心身に堪えて居た。



それでも
そう出来たのは

愛して居たからだと思う。

愛して居たと言える。





昨年
2014年の4月30日から
6月22日までの記事には


愛おしいものの
最後のイキザマを
あちこちに記して居た。



最期まで

私に
与え
生きた
愛おしいものの姿を


あちこちに記してきた。




まだ
それらを
振り返り読む事も

私には出来ない。

辛過ぎて出来ない。




昨年の今頃の記事を
3つだけ
ここに上げておくね。



これ以上の説明は
泣いて
ボロボロになってしまうから

私には辛いので

当時の事を

知りたいとか
振り返りたいとか
思って下さる方は

飛んでお読み下さい。

【「あと少しの命と。」(2014.6.20)】

【「私が殺してしまうのか。」(2014.6.21)】

【「昨夜召された愛おしい命。」(2014.6.23)】





この1年ね


私なりにでは
あるんだけどね


私ね
めっちゃ頑張って来たんだよ。


本当に。
すっごく頑張ったの。




寂しさが
足枷になって

身動き取れなくならないように

一生懸命頑張って


辛い治療にも
立ち向かったり

環境にぶつかって
挑戦したり

やりたい仕事に就く為に
やりたくない仕事もしたり

勉強もしながら
乗り越えたり。



簡単じゃなかったよ。

物凄く大変だったよ。


楽じゃなかった。
難しかった。


体にも心にも。

厳し過ぎた。



それでも逃げなかったよ。


どんなに
毒を吐いても


言い訳して
逃げる事はしなかったよ。



置いてきぼりな想いを
目一杯に抱えながら

羨みも妬みもしながら


それでも
自力で
社会に在って生きる事に
懸命に向かってきたよ。



言い訳並べて
足踏みするような生き方も
しないで来れたと思う。


美味しいとこ取りせずに
向かって
越えようとして来たと思う。



そうしなきゃいけないと
自分に思い言い聞かせて来た。


やり方は
必死で探せば
必ずいくつか在るはずで


あとは
本人の問題。



頼って
楽な方に逃げるのか

向かって
越える為に注ぐのかは

本人次第。




本当に必死になって

1日1日を生きて

そういうのを
心底
沁みて感じながら

1年が過ぎる日を待った。


その継続の中で思った。



どんなに
過酷な現実を
背負おうと

飛び込もうと闘い

飛び込める人の

精神は

正常で
しかも
きっと豊かだ。


私もそう在りたいから


そんな人達との繋がりを
選びながら
自分もそうなれるように
目指して在りたい。






明日は命日。


1年を迎える。


愛おしく思う
特別だった命を看取り

1年を迎える。



有難い事に出勤日だ。


夜までは
仕事と家事に
追われて過ぎれるだろう。



だけど
何度も思い出してしまうのだろう。


帰宅後には
骨と話そう。



1年間
欠かせずに供え続けて来た花も
明日は
新たに買い足して
賑やかにするのだろう。



その花が枯れ始めたら

花を供えると言う行動に
依存しながら
紛らわせてきた寂しさを
少しずつ越えてゆこう。


花が無くても
辛くない思考を

少しずつ取り戻してゆこう。


日々
欠かさずに
供え続ける

花代も決して安くはない。


花代に当てて来た出費を

2年目は
自分の学びに
少しずつ回してゆけたなら


その方が
召されたものも
安心をするだろう。


私もまた少しだけ
悲しみを越えられるだろう。





家の中
壁にも床にも
あちこちに
爪痕が残ってる。


この爪痕だけは
ぽんちゃんのだってわかる。


ここを
こうして蹴り上げた勢いで
冷蔵庫の上に乗って
下りれなくなったんだよね。

もう何年も前の事。



全部捨てたはずなのに
掃除をして居たら
命日を前に出て来たのは

ぽんちゃんの遊んでた
またたびの枝。


これは置いておこうかね。






今日は
大切な友人の
お父様の誕生日だそうだ。

おめでとうございます。

父の日と
お父様のお誕生日が一緒って
素敵ね。


お父様にはお会いした事も在る。


無駄な事をおっしゃらず
穏やかなお父様に感じた。


そこに伺うと
私の知らない
家族の匂いがして
あったかくて
ほっこりして。



やばいなって思った。

油断したら
いつだって
そこに帰りたくなくなってしまうなって。

たまらなく居心地が良すぎてね


これが家族なんだなって
一瞬で
教えてくれたような

匂いがした場所だった。


また行けたらいいなぁ…。


私には
ちょっと遠くて
簡単には行けないんだけど。


いつかまた
お伺い出来たらいいな。





来週の今日は
ステージに立つ。


体調が
少しでも
良くなってくれたら

助かるんだけどなぁ…。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・他一組
    (ライブ終了は22時)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。