❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り付け焼き付け吐きながらも辿り着く明日。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





もしかして…

ぶーにゃん?




愛おしいものを亡くして

深く
大きな喪失感に
飲み込まれたまま



収入も必要だし
家に居るのも苦しいし

探して居る仕事ではないけれど

バイトを始め


でも
その仕事は
体には
本当にきつくて大変で


だけど

このままではいけないと
一所懸命働いた
通勤路に

居てくれた野良猫。




この頃を最後に
会えなくなってしまった。

【「斬り付けられて抉られたのは腹を見せたからなのか。」(2015.2.2)】




どこに行ってしまったのか
とても気になって居た。



とても苦しかった時に
寂しかった時に


きっと


他の誰よりも


私の心の穴に
手を当ててくれたのは
この野良猫だったように思う。



私は
その猫を
「ぶーにゃん」って呼んで
いつも探してた。


けど。

会えなかった。




4月でバイトを辞め
今月から
新しい職場で働き始め
通勤路は変わった。



駅からは

自宅と反対方向に在る
その道は
余り通らなくなってしまった。


ぶーにゃんに会えなくなった道を
わざわざ遠回りして
通る事もなくなっていた。




今日

約1ヶ月ぶりにそこを通った。




居た。



「ぶーにゃん」って呼んだら
鳴きながら近付いて来た。

撫でたら
お腹を見せてごろごろ。



生きてたんだね。


良かった。


寒さに負けて
死んじゃったかと思ったり
心配してたんだよ。



痩せたね。

ちいちゃくなった。
大丈夫かな。


おかえりなさい。

また
会いに来るね。





今日は

この歳
最後の日。



明日から

新しい歳の
1年が始まる。




そんな日に

ぶーにゃんに会えて良かった。





2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「死にそうだったんだよ。」(2015.6.12)】

【「傷付けても食べられなくても。」(2015.6.13)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく書き戻れるよう
準備を重ねて居ります。


体調や仕事の都合で
自分が想い描いていたよりも
時間を費やしてしまって居ますが
もう少しだけお待ち下さい。

いつもありがとうございます。



5月16日のライブも
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。





昨日は
海の見える所に出掛けた。


命日に墓を参った。



いつもは
渋滞に巻き込まれて
それだけでも
かなり疲れてしまうのだけど
珍しく
大した渋滞も無く往復できた。



現地でも

大抵
墓参り以外は雑用に追われて

我慢しながら
使い果たして過ぎてしまうのだけれど


昨日は
追われる雑用も
珍しく少な目で


いつも立ち寄る
ご夫婦のお宅で

しばらくお話が出来た。




大好きなご夫婦だ。

【「朽ちて逝く。」(2015.3.24)】




ご主人は
まだ車の運転もされており
視力も良いし
足腰もしっかりして居る。


それでも
来年の更新では
もう
免許を手放さなければいけないように思うと
おっしゃって居た。


電車も無い田舎の町で
車は必須だ。

生活はどうされるのだろうか。



奥さまは
足も悪くされて居り
最近は
ひとりでの外出も出来なくなり
いつもご主人と一緒だ。


一緒でも
買い物に行けば
迷子になってしまう事も在る。


ご自身の
記憶力が乏しくなってゆく事を受け止め

毎日
日記と家計簿を書く事を
始めたと言って居た。



80代と90代のご夫婦。


おふたりを見ながら
色々な事を考える。


自分の
これから少し先の事も
とても考える。


おふたりのような
長生きは
出来る体ではないけれど


これから
どんどん
老いて朽ちてゆくに当たり


私は
どこまで
自分に責任を持ち在れるのか


大切な人に
依存するのではなく
支え合えるのか

思考を巡らせたりする。



おふたりのように

イキザマや
現実を


教えてくれる存在や
環境は

私には無かったから



このご夫婦との出会いは


私の人生に
とても大きな影響を
与えて下さって居ると思う。







共に出掛けた人は
昨日も言った。


「自分の物を買いなさい。」





その人には
よく言われる言葉でも在る。




どこに行っても
君は
いつも
人の為の買い物ばかりしてるよって。




「これは◇◇ちゃんに似合うかな?」

「これは
 ◆◆さんに喜んでもらえるんじゃないかな?」

「これは▽▽くんが好きだよね」

「▲▲さんにこれ差し上げたいな…」





どこかへ立ち寄れば

そんな言葉ばっかり言って

自分の物を我慢して

人のお土産や

同行してる人達の
飲み物やおやつばかり買ってるって。



飲みに行ったりしても

ほとんど食べてないのに
自分の方が多く支払ったり

自分が支払って頼んだメニューも
ほとんど
他の人に食べられてしまったり


いつもしてるって。




毎日
一生懸命働いてるお金は

たまには

自分へ
使ってあげたらいいのにって。



もうすぐ誕生日なんだし
新しい仕事も頑張ってるんだし


人の事ばかり
気にして動かずに


たまには
人より
自分優先でも
良いんじゃないかって。






自分の事
そっちのけで選んだ
お土産を送っても

到着の連絡すら
くれない人が居る事も
その人は知ってる。


その事で

私が

ずっと
悩んでた事も


知って居るから


そう言ってくれたんだろうなって
思った。






何かを
誰かに
お渡ししたいと
お贈りしたいと思って

送るのは



結局は
私の自己満足だ。


選ぶ物だって自己満足だ。



送るのも

“送ってあげる”

のではなくて


勝手に
送り付けて居るだけ。

私の勝手な行為。




それは

相手にとっては
迷惑行為かも知れない。


一々面倒くさい
されたくない行為かも知れない。




そう悩みながらも
送った時に。



丁寧なメールだったり

ネット環境に触れられない心境の方は
数日後
ハガキを下さったり

して下さる方々がほとんど。


有難い事だ。



私の
勝手な行為を

受け入れて


「ありがとう」とも
言って下さる。


幸せだと思う。



ご自身のブログに掲載して
届いた事を
知らせて下さったりする方も居られる。





そんな中で
何の連絡も頂けない時も在る。


決して間違っては居ないだろう。



頼まれて送って居る訳では無い。


私が
勝手に押し付けて居る事なのだから。


見返りを求めて
送って居る訳でもないのだし。


そう言う事もあるだろう。





大きな物や
割れ物などは

宅急便や
ゆうパックで送ったりする。



そう言う時は


到着を調べる事が出来るから
自分で把握できる。



でも


宅急便で送る程の
大きな物でなかったり
高価な物でもなかったりすると


送料の安い
普通郵便を選ぶ事も在る。



普通郵便だと
到着を
こちら側で
勝手に知る事が出来ない。





私の出した普通郵便は

これまでにも
何度か

迷子になったり
届かなかったりした事が在る。





特定の誰かに
送る事も在れば


共通に知り合う
大好きな人達
数人に送る事も在る。



その

数人皆に
送るような時は


もし
誰かの郵便だけが

何か
トラブルにあって
届いて居なくて



そんな時に


誰かが
ブログに書いてくれて居たりするのを見たら



自分だけに無いような


自分だけが

避けられたり
仲間外れにされているような


寂しい気持ちに
なってしまう事も
あるかも知れないと


いつも心配をしてる。




自分が
その立場に立てば
きっと寂しい。




大切な仲間だと思う
ひとりひとりに


勝手に
押し付ける行動を
起こして居るのは自分なのに


勝手な考えかも知れないが 


これでも

私がした事で
誰かが
そんなふうになって居たなら


とても嫌だと思う。




万が一そうなって居るならば

探して送り直すとか
対処したいとも思う。




直接

迷惑ですか?

とは尋ねにくい。






考えた結果

何回か
郵便局に
調べても貰った。



数ヶ月もをかけて
調べて下さった。

合間には
何度も電話も下さった。



そうやって調べて貰って


帰って来た返事は


郵便物は
届いて居るはずだと言う事と


これまでにも
その方への郵便物が
きちんと届いたか

調べて欲しいという問い合わせは

他にもいくつも在り

今後は
申し訳ないけれど
対処が難しい


との事だった。




仕事でも
いつも利用する郵便局だったから

何だか
申し訳ない気持ちがしたり

何だか
行きにくい気持ちにもなったりもしながら


考えた。



私みたいな人は
他にも沢山居たんだなって。



その方が
受け取った連絡をする事が
苦手で居られるのならば

私は

その方へは何かを送る時に


どんなものでも
送料のかかる宅急便にするか


万が一の紛失にも
諦めて送るかを

選んでお送りするか



もしかしたら

私の行為そのものが

お相手には
迷惑だったのかも知れないのだから

もう
勝手に
物を送らないようにするか




どっちが正しいのか

まだ
悩み中だったりしてる。







そんな事も知って居るその人は

自分の為の
買い物をして良いんだと言った。




私は
買い物かごに入れて居た商品を
陳列棚に戻した。



職場へのお菓子と

ギタリストさんに
いつも買ってゆく物以外 

昨日は買わなかった。


自分の為に
産地のお野菜を少し買った。

食べた事の無い
変わった物を選んで買った。





昨日は

出先で会った方に
お誕生日の贈り物を頂いた。


可愛らしいストール。



夏場は
必ず
毎日使う物だから
有難い。







新しい歳が始まる明日は
出勤日。



新しく始めた仕事は


いつも
あっという間に時間が過ぎる。



勤務時間が終わる時に
まだ帰りたくないなって思う。



楽しいんだと思う。

私は
この仕事が凄く好きなんだと思う。






明日は
仕事帰りに

ちょっと贅沢なビールを買ってこよう。


1日一生懸命働いたら

いつもより
ちょっと豪華な晩酌をしよう。






昨年の誕生日は
悲し過ぎたから


今年の誕生日は

穏やかに
楽しく過ごしたい。




きっと


ぽんちゃんを思い出して

泣いてしまうけど。

【「飲み込めぬ喉。食べ切れぬ心。(転居後前半・2)」(2014.6.15)】

【「明日が見えないけれど。」(2014.6.16)】

【「愛されぬありのまま。(転居後前半・3)」(2014.6.17)】





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・他一組
    (ライブ終了は22時)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。