❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつだって馴染めはしないから。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





これは
私が作ったうつわ。



これ1本じゃ食べられないけれど
うつわの創作は
私の本業でもある。



「月」
「夜空」
「猫」
「花」
「金魚」模様の飲食器は

とても多く創作して居る。



梅雨の時期になると
増えるご依頼は 

「金魚」模様の物。


秋が近付くと 

「月」模様のご依頼が増える。

春には「花」。



私の子供の頃よりも
日本は暑くなったけれど

それでも
やはり
四季の意識は根付いて在るんだなぁと思う。



新しく仕事も始めて
作陶時間が限られている為

出来るだけ
在庫からお選び頂けるよう
お願いをしているのだけれど


先日
それでも
選びお買い求め頂いた
金魚模様のうつわには


1番始めに
素麺を入れて使ったと
メールを頂いた。






私を知って下さって居られる方が

お買い求め下さったり
差し上げたりした

私の生み出したうつわ達の写真を


ブログなどに
記事と共に
掲載して下さって居る事に
気付く時が在る。



何かが注がれて居たり
盛り付けられて居たり


うつわを使って下さって居るシーンを

その写真から知れて
嬉しくて
暫く見て居る事が在る。




うつわをお渡しする時

お買い求め頂く物も
差し上げる物も

全ては新品だ。


使い古した物をお渡しする事は無い。



まだ
土の塊でしかない状態から

練り込んだ後
ろくろで成形し
素焼き
絵付け
釉掛け
本焼きと


約2ヶ月を掛けて

飲食器ひとつに
何日も掛けて

陶器として生み出す過程は


全て
私が
ひとりで
この身体で
起こして居る事だから

私だけは
それを知って居る。



それをしながら

自分が
その陶器が
どんな風に使われて在れるだろうか

色々な想像と共に
様々な光景を浮かべて居る事も
知って居る。



だけど
実際に
どう扱われるのかはわからない。


お渡しする前のうつわに
何か盛り付けてみる事も無いし
使ってからお渡しする事も無く

新品でお嫁に出す訳だから


その子に
何が入れられるのか
私にはわからない。



コップひとつを上げてみても

それで飲まれるのが
日本茶なのか
コーヒーなのか
アルコールなのかわからないし


野菜スティックなどを入れる食器として
使う方も居られるだろうし


中には
ペン立てや
花器として
使われる方もいらっしゃるのだろう。



この手を離れた後の
うつわ達の事は
見せて頂けない限りわからない。


2ヶ月程を掛けて生み出しても

食器棚の奥で
忘れられてしまって居るのかも
知れないしね。



だから
実際に使われて在る事を知れると
嬉しくてたまらないし
とても有難い。




20年間もの年月を
摂食障害と自傷癖と共存し

10年間は行ったり来たり。


やっとこの3年弱 
自傷癖からは
離れて生きられるようになれたけれど


摂食障害とは
未だ
完全に繋がりを絶てたかと考えれば
そうではないのだろうとも思う。



そんな私が生み出す

食べる為の
飲む為のうつわを


食卓に加えて頂ける事は
本当に有難い。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「孤独な痛みと楽しめぬ日に。」(2015.6.7)】

【「傷んだ身体で生み出すもの。」(2015.6.8)】

【「召される時までに。」(2015.6.10)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】




3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく書き戻れるよう
準備を重ねて居ります。


体調や仕事の都合で
自分が想い描いていたよりも
時間を費やしてしまって居ますが
もう少しだけお待ち下さい。

いつもありがとうございます。


5月16日のライブも
しばらくしたらYouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。





夢の中。


共に暮らす
たった一人の家族。


突然に召されてしまう。


その直後見付かった
短い
遺書のようなメッセージには 

「葬儀の喪主は私で在る事」
「しっかり生きて欲しい願い」が
書かれていた。




私は
言葉にはならない
大きな寂しさに狂う。


今夜から
家の中で
ひとり

誰も帰ってこない毎日を
どう生きれば良いのか


途方に暮れる。



感情の置場は
どこにも見当たらず
絶望に満ちる。




自分の毎日は

その人に対し
酷く依存しながら在った事を
思い知る。


私の24時間は
ただただ
孤独になった事を
思い知るんだ。




目覚めた瞬間に
それが夢で在る事は理解出来るのに。


とても気分の悪い目覚め。


辛い気持ちのままの目覚めだった。






私は
多くの人達と
深く付き合えるタイプでは無い。


自分の意見を
大きな我慢せずに
伝えられる人は
ごく僅か。



辛い時に
リアルに
辛いと

その時に
苦しいと


話せる人は
ひとりかふたり。

それ位。



助けてって言える人も
それは嫌だからやめてって言える人も

それ位。


もうやだって
辛いよって

しゃくり上げる程に
泣きながらでも
話せる人は

ひとりだけ。




ここで
記事の中に
どんなに
苦痛を書き綴った所で


それを
誰かを指名して
訴えるような言動は起こせない。


直接誰かに話す時には

そこに
ぶら下がらないように

寄りかからないように

意識する。



これまでに
散々と
人の荷物を背負い
尻拭いをし
後始末をしてきた私は


依存される事を
酷く嫌って居り


だから
人に対しても
それはしないで在りたいと
考えて居り



苦痛を打ち明ける時は

もう過ぎた事を
過去形で伝えるか

現状で伝えたいならば


浅く笑える範囲でと
決めて居る。




深刻な
悩みや痛みほど

人に対して
丸投げはしない。


「聞いて聞いて!」
「かまって!」みたいな
自己中心的な思考を向けられると
ぞっとするから。


頼られてばかりの関係は
重たくて疲れてしまうから。


自分もしないように
気を付けて居る。



そうしてると
深い関係性は
限られたものとなってゆく。






私は
浅く広く交流できるタイプでも
恐らくは無い。



例えば
ライブで出会った人たちや
遊びに行ったお店で出会った人たちと

その場を
楽しく過ごす中で


連絡先を交換したり
次回の約束をしたり

そう言う事は普通に在る。



でも
それらは皆
そこまで。


そこに居れば
共に楽しむ存在で在るだけで
特別では無いだろう。



例えば
月下陽香のライブにお越し下さって
初めてお会い出来た方々が
仲良くして下さる事もあり


でも

いつでも
何でも話し合えるような関係には

直ぐにはなれない。



私には
マメな交流に注げる時間も
少ないからね。


音楽と通院と家事以外に
仕事も掛け持ちだから

ネット環境に在れる時間にも
限りが在るし
SNSも
ほとんど出来なくなってきたしね。



特にこの2年位はね
それまで通りに
目一杯無理して頑張っても

それまでみたいには
もう
動けなくなってしまったんだ。


持病の悪化も在るからね。
悔しいけど。

だから
広く付き合う事も難しい。






私の事を
友達が多いと
思って下さってる人も居る。


でもそうじゃない。


知り合いは多いけど

親しい人達は決して多くはない。



私は
私だけど

ひとりではなくて


何人かの私で
日々を生きて在るからね

そうなってしまうんだ。



月下陽香でも在るけれど

陶芸作家として在る時間も在れば

白衣を着て
必死で仕事を覚えてる
新人パート従業員の日も在るし


その都度
自分を着替えてでしか
居られないから


そうなるんだろうなとも思う。




私は
結局は
まともではないから


いつでも
ありのままでは居られない。


限られた場所でしか
そうはなれない。



顔色を伺ったり
空気や雰囲気を探ってたり


必要以上に
神経質に

常に
そうして張り詰めて居て


結局はいつも怯えて居るから


人に
自分を見せる事が
とても苦手。



本当はしたいくせに

躊躇して
隠して
繕って

逃げてしまうんだろうな…。





昨夜見た夢が

少し先の
私の未来では無い事を
とても祈った。




今日は
本業と
通院と
月下陽香の練習。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


他 詳細は近日中にお知らせ致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。