❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

哀れに寂れ傷付けたのならば。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





これは


「ハイホーちゃん」と
私が呼んで居る

靴下。


今日はこれを履いて居る。





これは
昨年の12月に頂いた靴下。


見てるだけで
ご機嫌になれた靴下。


お正月に履くぞって思って
良く見える所に置いて

頂いてからの昨年内
毎日見て。



お正月に履いて以来
大事なお出掛けには
いつも履いていた。




私の中のちびっこ

ここには
何度も書いて来た 


“インナーチャイルド”。


“アダルトチルドレン”とも言うけれど


私の中には
満ちる事無く
生き続ける

ちびっこの私が居て


その私が
もう
走り回って喜んだ靴下は


ど真ん中を
どきゅんと打ち抜く
お気に入りになった。




以来
賑やかな
元気になれる靴下にはまった。



私は
プライベートでは
服装は
決して地味なタイプでは
多分無い。


暖色系の
明るい色が好きだし


蝶や花の柄物も好き。


クローゼットを見ても

仕事着以外は
明るい色や
柄物が並んでる。



でも
靴下では
余り冒険をしない人だった。


ほとんどが
単色の物だった。



でも
靴下ひとつで
こんなにも
嬉しくなれるって事を
教えて貰ってからは

柄物を良く選んでる。



一般的な物なら
高額では無いから
お金を掛けずに
お買い物出来てしまうから


お財布気にしないで

欲しいって
思った勢いで
買えてしまうしね。



ちまちまと
ご機嫌になれる靴下を
集めてる。




服装によれば
靴下なんて
靴を脱がなきゃ見えない。



それでも

勝負下着着けてる時の方が
気持ちが上がってるみたいに


楽しくなれる靴下は


その日の
心のテンションの
お守りのひとつ

みたいになったんだよね。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「全ての自傷までも己の選択だったのだろうか。」(2015.5.25)】

【「拒絶は憎悪と自責に在りて。」(2015.5.26)】

【「人を破壊する不足。」(2015.5.27)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく書き戻れるよう
重ねて居るその準備も
随分と整って参りました。


待って居て下さるみなさま
もう少しだけお待ち下さい。
いつもありがとうございます。


16日のライブは
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。








私はよく

自分の事を
「偏在」だと言う。


それは
本当にそう思うから言う。


ライブでも
このブログでも
オリジナル楽曲の歌詞にも


この
「偏在」って言葉は

とても良く
選んで使用してきた。





私はよく

自分のこのブログの事を

「毒吐き」だと言う。



これは

確かにそうだと
思う時も在れば

気を遣って
一応そう言う時も在る。




ここを知る知人の中で
浅くしか知らない
きちんとは
読んで下さらない方程


そうだねっておっしゃる。


私は
いつも
毒ばかり吐いていると
思って居られる。




まぁ
そう言う方々は
私には興味が無いのだろうし

私も
恐らくは同じだから
お互い様で


分かり合えない仲だと
判断して居るから
何も思っては居ない。

もう慣れてるしね。




でもね。

本当に
とっても大事に
きちんと読んで下さって居る方々も
いらっしゃってね。


それこそ
こんな毒吐きブログにね


本当に本当に
有難いと思って居る。




そして
そういう方の中には
言って下さる人が居る。



「毒を吐いてるっていうけど
 陽ちゃんは
 自分で言ってる程
 毒なんか吐いてないよ。

 もっと酷い事言ってる人は
     沢山居るよ。」



先日
誕生日を共に祝えた友人も
そう言ってくれた事が在る。



「陽ちゃんみたいな人達の方が
 正直でピュアなんだと思うねん。」


先日
共演して下さった方も
そう言って
受け入れて下さった事が在った。





先月。

私は
ひとりで京都に出掛けた。


電車と徒歩での移動は
片道1時間かかると
もうボロボロにくたびれて
翌日から寝込んだりしてた私が


毎日毎日
一生懸命


通院しながら
体力作りに励んで


そこに行きたくて
積み上げて
叶えられた外出だった。



そこで

聞きたくてたまらなかった声と
聴きたくてたまらなかった歌声と
会いたくてたまらなかった人に会えた。



声を掛けてくれた
その方の指は
細くて冷たくて。

だけど
ぽかぽかだった。


優しさに溢れててね。



それを叶えられた事は
本当に嬉しくて


それは
私の
やっとの
小さな自信にもなった。



その日の帰り際
その方は言ってくれた。



「ブログいつも見てるよ。」って。



それに対して
私は
いつものように言った。


「毒ばっかり吐いてるでしょ?」って。



そう言った私に
その方は

「チカラを貰ってる。」って。


言って下さいました。



そして
後日メールを下さいました。



「毒を吐いて…って。
 確かにそうかもだけど
   きれいだよって思う。」って。


「毒って
 相手を殺したり
 麻痺させる為の物のような
     イメージも在るけれど

 自分を守る為の物でも在って。
  決して悪い物ではないよ。」 って



「陽ちゃんの書いてる事は
 汚い毒では無くて
 むしろ綺麗で
 全然毒ではないと 私は思うよ。」って。


「いっぱい書いて
 気持ちを整理して
 幸せになって下さい。」って。





時に頂ける
そんな言の葉たちは

 
とてもとても優しくて
有難く

救われる想いを与えてくれる。

嬉しいと思う。


心の深い所で
嬉しいと思える。





このブログから
本格的に
コメント欄が消えたのは
昨年の夏。



私の心が
もう
それを継続出来なくなった。



でも
ライブの前後位は
設置出来るようにと

一応は目指して意識して居た。




16日の
ライブ後の記事を更新した時に

あえて
記事のどこにも
お知らせはしなかったけれど


実は
1日だけ
設置してたコメント欄。


その
たった1日を狙って居たのか


偶然か


そんな事はわからないけれど


早速に
頂いたひとつのコメントは


私にとっては
失礼な暴言で在り
速攻
削除された。



本名こそ出しては居ないが
顔も
活動名も晒して

自分のブログ内で

自己表現をして居る私の


このブログのコメントに


顔も名も正体も明かさずに

否定と
疑いと
押し付けの

暴言が書き込まれていた。



月下陽香は
愚かだと
嘘つきだと
改めろと

言った内容だった。


なんじゃそりゃって思った。



自分で
不思議だったのが

そこに湧き出た想いは
怒りや苛立ちでは無かった。



読んだ直後には
確かに衝撃も走ったけれど

そんなのは一瞬だった。



迷惑だから
直ぐに
見える場所からは消去したけれど。



その後
数回読み返したら

とてもとても可哀想になった。



人のブログで
自分に対して
直球で
嘘や悪口を書かれたのならばともかく

そうでも無く


直接会い関わった事も無い人が
そんな言葉を書き込める事が

余りにも
普通には思えなくて


私のブログを読んで
そうする事を
選ばなければ在れなかった

その人の心は


きっと
いつも荒んで居り
病んで居られるように思えた。



私が
私の場所に
日々綴る

毒よりも


それは
酷く歪んだ
毒にも思えた。


とてもとても
身勝手で失礼な毒。



何にせよ
やはりもう
コメント欄は要らないなと思った。


私は
両手を広げて
全てを許して
ここで
奉仕活動をして居る訳では無いから

もうそれで良いなって感じた。






アクセスの解析をしているから
ちょっと調べたらわかるのだけれど

その暴言の主は
何度もここに来てた。


何度も何度も。


不満を抱いて在ったのだろうに
何度も来てた。



そんな書き込みをしてしまう程に
私が嫌ならば
ここに来なければ良いのに。


自ら
不満に思うここに
頻繁に訪れては


様々な記事を読んで

選んで
苛立って居るのかとも感じた。



可哀想だなぁと
想像を増してしまった。








月下陽香は
1ヶ月後には
もうひとつだけ
ステージに立てる。


痛みや息苦しさを感じながら
目的なく続ける練習に


もう
これ以上
耐える自信が無かったから


次がひとつ在る事には
本当に救われている。



付き纏う痛みや
息苦しさは


歌いたい私を



苦痛と不安に包み込んでしまう。




目指す場所も無く


それでも
歌い続ける事に

私の心は
もう
限界を超えてしまったのだと思う。




ひとつ。
頂いたステージの会場は
2年前に
辛いライブをしてしまった場所。


やり直す気持ちで

向かいたいと思う。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


他 詳細は近日中にお知らせ致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡