❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

人を破壊する不足。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





先日。


約1年振りに
やっと立てたステージ。



その日は
前夜から降って居た雨が
お昼過ぎには上がり


ベランダのユーカリには 

美しい
小さな水溜りが出来て居て


暫く見惚れたのを覚えて居る。




その日から
もう10日が生き過ぎた。



昨年の今日を想い起こせば

胸が
潰れそうに締め付けられて

記憶の回想を止める。





2014年の今頃は

本当に
毎日が
ただただ
悲しくて苦しかった。


体にも心にも

辛くてたまらなかった。



傷み過ぎた
心と体が


もう一度立ちたいと
強く強く願って居ても 


結局は
1年間

立つ事が出来なかったステージ。




その期間の苦痛は
誰にも
伝わらないかも知れないなとも思う。



私には
途轍もない
壮絶な
深い苦痛だったから。




2015年の
今の私は


やっと
ひとつのライブを終え

新たな仕事も決まり



そして
もうひとつだけ
次のライブ出演も与えて頂いて



心の目は
とてもとても久し振りに
少しだけ空を見て居る。




ずっと

暗闇を
俯いて
立ち尽くして居たけれど



少しだけ
薄らいだ空の下で

顔を上げて

空を見ながら


恐らくは
そこだと思う方角を向いて


少しだけ
歩いて居るように思う。




明日は月下陽香の練習だ。


先日のライブの時に
「練習で食べてね」って言って
頂いたお菓子を持って行く。



きっと
ギタリストさんは
また


「あーうまいうまい」って
「こりゃぁうまい」って


マンガみたいなセリフを
もぐもぐと
言ってくれるんだろうね。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「全ての自傷までも己の選択だったのだろうか。」(2015.5.25)】

【「拒絶は憎悪と自責に在りて。」(2015.5.26)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく書き戻れるよう
重ねて居るその準備も
随分と整って参りました。


待って居て下さるみなさま
もう少しだけお待ち下さい。
いつもありがとうございます。



16日のライブは
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。





「大人」って


一体
いくつになれば

そう言われるの?

そう思われるの?

扱われるの?



選挙権とか刑事責任とか
この国には
この国の決まりが在る事は
わかって居る。


そういう事に
疑問を抱いて居る訳では無くて。




常識的に
精神的に

思考的に


人として
間違いのない判断力を持つ

正しい大人になれるのは


いつなんだろうね。



人は
そこに辿り着けるシステムに
果たして
組み込まれて在るのだろうか。






私が
まだ10代の頃。



職場に居た

20代後半や
30代の先輩たちを

私は
「おばちゃん」だと思ってた。


十分に歳を重ねた
大人で
おばちゃんだって思ってた。



きっと

いつも

冷静で正しい判断が出来て

間違いなんて起こさなくて

悩み事も無くて

取り乱して
泣く事もないんだろうと思ってた。



大人は
そんな生き物だと思ってた。




感情的に
剥き出しに
私を押さえ付ける


異常な言動を起こす大人は


自分の両親だけなんだろうとも
思ってた。



それでも
そんな両親でも

「大人」だと思ってた。



自分は子供だから
耐えて
従わなければならないだろうと

沿う努力もしてた。



何より

幼い私には


壊れた母にでも
愛されたくて
好かれたくて


必死で
ビクビクと顔色を伺いながら

先読みし続けて
生きてた

幼少期は衝撃的だった。






30になれば

もう
すっかり“おばちゃん”で


40なんて
半分はもう
“おばあちゃん”だと思ってた。



そんな歳まで生きてれば

迷いも過ちも無いように思えてた。




そして
私は
そんな歳まで生き続けられないから
未完成で
偏在なんだろうとも

一瞬の逃げ道的に
思った時代も
随分と長く在った。



私の予定では
私は
20代で死んでたからね。

そう望んで居たしね。






生き延びてしまいながら
気付いた。


人には嘘を付けても
自分には嘘が付けない。



どんなに
目を閉じたいと考えても
自分の真実は見えてしまう。



傷んで
痛んで

悩んで苦しんで

泣いて乱れて

気付いてゆく。



歳を重ねても
大人ではないのは


私だけでは無いのかも知れない。






私が
まだ若い頃に 

「大人」だと思いながら



従ったり
疑ったり
信じたり
軽蔑したりしてた


30代や
40代50代
それ以上でも



それぞれに
成人で在る人達皆が

大人とは限らない。



完成された
冷静な大人も
沢山居るのだろうけれど




私が
これが大人だと思い
描いて居たような大人も


あちこちに存在するだろうけれど。



その中には


一見冷静に見えるだけで
ただ
諦める事を覚えただけの
大人も居るのかも知れない。


それに

人は
いくつになっても


大抵は
「大人」では無いのかも知れない。





きっと
沢山の大人たちは


悩んで頭抱えたり

傷付いて苦しみ続けたり

すり減らして怯えたり。


不安になったり
決められなかったり
わからなくなったり。



苛立ったり
腹立ったり。


滅茶苦茶に泣いたり。






私が
まだ10代の頃に


「大人」だと思って居た人間像が

本当に正しい「大人」の形で在るならば


大人なんて
ほとんど居ないのかも知れない。






“大人なんて
 きっと居なかったんだよね。


昔の
10代の頃の私を思い出して

心の中
声を掛ける。



“大人は大人じゃなかったよね。”





10代の私が思って居た
おばちゃんの歳になった私は


今でも


摂食障害や
自傷癖と
向き合って居るし



上手く眠れないし
上手く喋れないし


直ぐに萎縮して
上手く笑えなくもなる。




この頭の中
心の中には


一生子供のままの私が
今日も生き続けてる。



しょっちゅう
頭抱えて悩んでる。


しゃくり上げて
声を上げて
泣く事も在る。



牙を向く事も
爪を立てる事も在る。



ちっとも大人じゃない。




周りを見渡しても

同じ年頃の人達も

年上の人達も



悩んだり
問うたり

嘆いたり
泣いたり


冷静じゃない事も
多々在る事がわかる。



痛みに苦しんだり

現状に足掻いて
懸命に模索してみたり


いっぱい頭抱えてる。



きっと
みんな

いくつになっても


その都度
壁にぶつかって

悩みながら選択をしてるんだろう。





経験を重ねて来た
年月が在る分

分析が早かったり

選択に長けて居たり


する事も在るだろう。


誤魔化しが上手かったり
諦めを
付けられる事も在るだろう。





都合よく
大人ぶらずに

偉そうに見栄を張らずに


話したり
教えたり
導いたり


沿うて歩ける大人が


ちゃんと居てくれたなら


私の人生は
もっと
違うものになって居ただろうと思う。




人格を破壊するような

人生を狂わせるような

抑圧も
束縛も


与えても良い人間なんて

居ない。



自分の不足を

間違った
武器に

してはいけない。







10代の頃の私に会えるなら
言ってあげたい。


君の両親は残念だけど
大人ぶってるだけだよ。


それでも
きっと
一生懸命に
悩んで在ったのだろうね



けれど

悲しい事に

君の不足を見ればわかるように

君の親の不足は
きっと大き過ぎたんだ。




鵜呑みにしなくて良いよ。

何もかも
従わなくても良いんだよ。


顔色を
一々伺いながら
自分を殺して居ても


君は
母親に愛しては貰えない。

父親に守っては貰えない。



我慢をし過ぎなくても良い。


意見を述べて良い。


全部背負う必要は無い。


嫌な事は
嫌だって言ったって良いんだよ。


自分を大切にして良いんだよ。






あの頃

1人で良いから

本気で
そう言ってくれる人が居てくれたら

そう言って
沿うてくれる大人が


教えてくれる人が

居てくれたなら



私の人生は
きっと
こんなものでは無かったんだろう。





1ヶ月後には

もう一度


ステージに立てる。



この
体と心を
きちんと準備さえすれば


板の上に行ける。



そこに
私は
何を連れてゆけるんだろうか。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


他 詳細は近日中にお知らせ致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: