❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拒絶は憎悪と自責に在りて。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





これまでに

人で在れ
人以外で在れ


命が消え逝く出来事には

いくつも直面してきた。


その都度

痛み
悲しみ


それらが薄らぐまで

時間の流れを
ひたすらに待った。




昨年の6月22日。


看取った命は
私にとって余りにも大きかった。

本当に大きかった。



これまでに直面した
どの死よりも
深く焼き付いてしまった。


人生の半分を
共に過ごした存在が
居なくなる。



その気配を
日に日に感じながら

付きっ切りで過ごした
最期の日々に


身体中で味わった苦痛は
未だ鮮明だ。




昨年の6月22日。

そろそろ日が暮れる頃に

降って居た雨が止み
心臓は動きを止めた。


この親指で

止まりゆく心音を
ずっと聞いて居た。


死を
自分の手で確認した。



翌日には骨となった。



骨となった尊い命に
大切な方から花が届いた。


その日から
骨壺の回りには
花を欠かした事が無い。


必ず
花を買い求めては
そこに置いた。



そんな私に
ギタリストさんは
これまでに
沢山の花を下さった。



深く刻まれた寂しさに
手を当てるように
沢山の花を届けてくれた。


その中の
いつ頂いた花だったろうか。



もう
数ヶ月前の事だったと思う。


花束に一緒に入って居たヘデラ。



随分と小さくなりながら
それでも
少し前から根を張り始めた。


毎日水を変えながら
がんばれって思ってた。



根も長くなって来たから
鉢に植え替えた。


ふたつの
小さな鉢植えが出来た。



片方は
ギタリストさんに
プレゼントしたい。



誰よりも
いつも
忘れずに

沢山の花をくれた
彼に渡したい。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷付けたのか。傷付けたのか。」(2015.5.23)】

【「身体中に痛みを知り選ぶんだ。」(2015.5.24)】

【「全ての自傷までも己の選択だったのだろうか。」(2015.5.25)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく書き戻れるよう
重ねて居るその準備も
随分と整って参りました。


待って居て下さるみなさま
もう少しだけお待ち下さい。
いつもありがとうございます。



16日のライブは
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。








もう2年程になる。


この2年程は
私は
父と
数えられる程しか
言葉を交わして居ない。



避けている。

電話も出ない。



たまに
自宅電話に入っている
留守電のメッセージも
聞かずに消去。



少し前までは
まだ
メッセージ位は聞いて居たけれど

もう駄目だって思った。


留守電から聞こえてくる声を
聞くだけで

締め付けられる想いがして

嫌悪感が吹き出して

吐き気がしてしまう。



吐き気は止まらなくなって
喉が切れるまで
えずいてしまう。



こんなに苦しんでも
我慢しなければいけないのか

わからなくなってしまった私は

もう耐えられないと思い
避けて過ごして居る。




ここまでの状況に至るまでには
様々な出来事が在った。



それは

このブログの
過程を綴る記事の中にも
沢山
沢山
記してきた。




そりゃぁ

父には父の
考えや想いは在るだろう。



それでも

私の心の中のコップには

もう

1滴の我慢も

入らなくなってしまった。



ずっとずっと
耐えて来たけれど


詰め込んで来た我慢は


とうとう
溢れ出し


今は
ただただ
吹き出しながら
流れ出し続けて居る。




まるでアレルギー。


溜め込んで
破裂してしまえば

もう元には戻らない。


拒絶反応を引き起こす。




私の心は
少し前までの
壊れてでも
我慢を重ねる

私には

戻らない。





私は物凄く頑張った。


大阪に越して来てからの
この10年程。


それまでの距離を縮めようと


親なのだから
そうしてあげなくてはいけないんだと

想い
考え


懸命に注いで来た。




父の希望を
いつも先読みして

一々

父が言葉にする前に


動いて与えては
疲れ果て



父に
要求を突き付けられたならば


何でも
どんな想いをしても
それを叶え



どんなに嫌な事でも
辛い事でも


飲み込んで


自分の


体も
心も
仕事も

犠牲にしてまでも
注いで来たと思う。


懸命に注いで来たと思う。



だけど
もう
どうしても
我慢が出来なくなった。


どうしても出来なくなってしまった。




父と関わる程に


私は


摂食障害に呼ばれ
自傷に引き戻された。



もう駄目だと
もう勘弁してくれと
心底思った。






2年前の年明けに
父に伝えた。


あなたが変わらなければ
私は
もう話もしたくないと。



それに結び付く様々な出来事は
記事としても
あちこちに
山程記してきた。



私は
初めて
直接的に父に対し
父を拒絶した。




それでも

その年は
数えられる程ではあるが
父の電話にも出て
話にも付き合い

時に面倒も見た。



でも

それら全てが
狂いそうな程に辛かった。




昨年からは
電話にも出なくなった。


父からは
留守番電話に
暴言が入る事も在る。


それでも出なかった。

どうしても嫌になった。

【「苦しんで死ねば良い。」(2014.11.10)】

【「キズグチを掘り起こさないで欲しいんだ。」(現在に向かう私・12)(2014.11.19)】






父を避けながら

自分を責めた。



父親なのに

私は
とても酷い事をしているのではないか。

私は
間違って居るのではないか。



親なのに。



私は
なぜ
こんな事をしてしまうのだろうか。



自分を責め続けた。


それでも
声も聞きたくなかった。



もう
我慢して
関わる事が出来なかった。



自分を責める事は
とても苦しい。



でも
それ以上に

父の要望に
沿うて生きる事の方が
苦しくてたまらなくなった。




10代の頃から
ずっと我慢してきたけれど
ついに出来なくなったんだ。




なぜ
そこまで
我慢を重ねて来てしまったのだろうか。






父が
父では無く

ただの知り合いだったなら


何の迷いも無く
とっくの昔に
切り捨てて居たはずだ。



ただの知り合いでは無く
例えば友人であっても

ここまで苦しまずに
関係を絶って居ただろうし


例えば恋人であれば

あっさりと
別れて居るのだろう。




父だから

親だから

家族だから

苦しんだ。


自分を責めて苦しんできた。




でも
最近思い始めたんだ。



確かに
父は
私の父であり
家族だ。



でも
そもそも

我が家の家族関係は
元々がおかしい訳だ。

まともではない。


壊れてるし狂ってる。
普通じゃない。




家族だからとか
親だからとかって
勝手なんじゃないかな?



当たり前に与えて貰って
育ってきた訳じゃない。



子供の頃から

母親にはビクビクし

父親には
妻か母のように
面倒をみて接してきた。



もう
そろそろ
自分の為に生きたい。


自分を守って生きたい。




家族って何?

犠牲になる為の家族なんて
おかしいよ。


家族だから
我慢しなくちゃいけないのなら



私を

自傷癖者に育てた親は何?



その挙句
出て行った母親は何?



私だけ
ずっと我慢してなきゃいけないの?



血の繋がりこそ
残念ながら在る。


それは傷む現実。



だけど
私にとっての家族は

父でも母でも無い。



とてもとても情けない事に

血の繋がりが在るだけ。


それに振り回されて

苦しんで
ボロボロに朽ちるなら


そんなの不要じゃないのかな?



「家族」って言う振り分けに
決めつけられた
「病気」じゃないの?







子育てに悩みながら
一生懸命に頑張って居られる
お父さんもお母さんも
いらっしゃる。


ご両親の看護や介護に
日々頑張って居られる方々も
多くいらっしゃる。


それは
私にも
感じて知って在ります。



尊敬はしても
否定も軽蔑も在りません。



あくまでも
これは


私が生きて来た
私に与えられた
環境の中で


私が

やっと思う事です。


そこは疑わないでね。






家族なのだから
親なのだから
こうしなければいけない


そういう思考は
持たなくても良いと
思いたいと思った訳。



そんな事を言って居ても

今日
どこかで
父が倒れて居たり
死んで居たなら


そこに行くのは
私しか居ないんだけどね。




私には
子供が居ないから


その人生を選んだのだから 


そう言う時でも
独りを覚悟して
準備する事も
必要なんだよね。



そう考えれば
うちの父親はまだ
楽に思うかな・・・



そう思えたら
どこか救われるし


私は
今は
自分を守って生きて居たいと思う。


傷付いて
壊れてしまうとわかっているのに


もう
我が身も
心も

捧げらないと

とても思う。




それが
正しいとか間違いとか
わからないけれど。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

詳細後日

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。