❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての自傷までも己の選択だったのだろうか。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



人は

この世に生まれ落ちる時に


自分の
親も環境も

自分で選んで居るのだと
聞いた事が在る。



そう聞いて
そう信じた事も在る。


でないと
やってられなかったから。


そう考えなければ
飲み込めはしない痛みが在ったから。



それが
本当なのかどうかは
わからない。



でも

今でも
そう思おうと思う事は
多々在る。



母に
父に対して
抱いてしまう

憎悪や嫌悪感に

対し感じる罪悪感は


私を
永遠に苦しめるように思え


だから

これは
自らが選んだ環境なのだと
思おうと


目一杯に
努力して
言い聞かせた時代も在った。



もしかしたら
本当かも知れないし
全くのデタラメかも知れないし


それは
それぞれが

そう思いたければ
そう信じれば良い事だと思って居る。



そう信じるかどうかなんて
悩む必要もない人生を
生きて来た人も居るだろうしね。




私が
そう信じようと思った時は


私が

摂食障害者で在り
自傷癖者で在る事を
カミングアウトし

自傷写真を
初めてフライヤーに使い
知る人達に知らしめて

ステージに立った時だった。



大切な人の自死に
無念と言う感情の意味を知り

その直後に立ったステージ。



物心付いた頃から

この胸に
犇めいて居た憎悪に


心底疲れ果て
捨てたいと思ったからだった。




あなたはどう思う?

世代や環境で
現状の感情は
様々で在ろうけれど。


どこかに不足が在る人は
どう思うのだろうね。



少しだけ未来に
私は
どう考えて在るだろうか。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷付けたのか。傷付けたのか。」(2015.5.23)】

【「身体中に痛みを知り選ぶんだ。」(2015.5.24)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが
間もなく書き戻れるよう
重ねて居るその準備も
随分と整って参りました。

待って居て下さるみなさま
もう少しだけお待ち下さい。

いつもありがとうございます。



16日のライブは
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。






過程を綴る記事の中では

あちこちに
書き遺してきた事だが。



私の
生まれ落ちた家庭は

結構しっかりと
普通では無かった。



母親は
異常な抑圧と束縛で
私を縛り付けたし

父親は
いつまでも子供で
私を
母や妻のように
こきつかってきた。




母親の顔色を
ビクビクと見ながら
生きた子供時代だった。


摂食障害と自傷は
小学低学年の頃から始まった。



私は
親から小遣いも貰った事は無い。

お年玉も取り上げられた。


だから
私は
中学生の頃から働いて居た。


高校も大学も
自分で働いて賄ってた。




中学から働いた職場の
上司と母親が出来て
家を捨てて出て行った。

ゴミと
借金と
父と私を置き去りに

金と妹を連れて出て行った。




中学でも高校でも
私は
いつも
家事と仕事に追われていた。


だから
学校に友達は少なかった。


出席日数はぎりぎりだったし


学校よりも
社会に存在している時間の方が
長かったから


いつも
年上の大人と付き合っていたように思う。



当時
付き合っていた大人たちは

両親よりも
若かったけれど

両親よりも
大人だった事は

物凄く感じた。


当時の私が
見て居た大人達の中で

誰よりも

矛盾し
偏り
イカレテ居たのは
両親だった。



大学は
学費の安い国立を選んで
更に学費が低くて済む
夜間コースに入学した。


そこを選ぶ人達は皆
きちんと働いて
社会に在りながら
学ぼうとする人が基本。



自宅から通って居る人でも
昼間はきちんと働いて居た。


みんな
親に全部を甘えては居なかった。




それでも良く言われた。

同級生には
よく言われた。


「自由で良いね」って。


当時の私は

夢を追いかけながら
アナウンサーの仕事をしてた。


田舎の放送局だけれど
属して働いて居た。



それだけでは
生活費も学費も賄えないから
バイトもしながらだけど。


それでも
ラジオで喋って居たり
イベントで司会をして居たり


一応には
華やかに見える所に身を置けていた。


一見は
確かに華やかだったろうと思う。



でも

本当の私は

日々
支払いに追われながら
懸命に働き


摂食障害も
自傷も

誰にも言えずに


心は
のたうち回って

何とか生きて居た。



だけど
そんなのは
周りには見えない。


見せないからね。



だからだろうか
よく言われた。

「自由で良いね」って。




今夜
家に帰らなくても
叱る親なんて居ないし


夢に向かって

何をしようが
誰と居ようが

どんな生活をしようが


家族に
一々
了解を得なくてはいけない状況に

無い私に

よく当時の友は言った。



「陽ちゃんは自由だから夢も見れていいね」って。



私は
いつも
笑って
こう答えた。


「そうだね。私は自由だからね。気楽だよ。」





当時の私に夢が無ければ・・・

きっと
私は死んでたよ。


自由なんかじゃなかったよ。





そう言ってた君が

あの日
着ていた

その服も
パンツも
ブラジャーも


お母さんが
洗ってくれてはったんでしょ?



あの日も
君の分の夕食は
当たり前のように
作られてあったんでしょ?



友達の事
仕事の事

きいてくれる
お母さんがいたんでしょ?



お父さんの面倒を
見なくても過ごせてたでしょ?




今日
私が

何も食べずに

何も飲まずに

トイレも使わずに


ただ
自宅マンションに
横たわって居たって


それだけでも
家賃を日割りすれば

素泊まりなんぼ

のお金が必要で


私は
それを稼がなければ
そこには在れないけれど


君は
そうではなかったでしょう?




本当に自由なのは
君でしょうに。


与えられながら
本当に選べるのは
君でしょうに。


この先に
正しく生きてゆける人生を
選べるのは

君でしょうに。





そうやって生きてきてしまった私には

ひがむ気持ちも
妬む気持ちも


恐らくは
人一倍に在っただろうし


それがどんなだか
深く知って居るつもりでも在る。




だから
余計に
強く思うんだと思う。



これから先には
穏やかさに包まれた
残りの人生が欲しい。



穏やかさの続く環境で
生きてみたい。



幸せだと
揺らがずに
自分に思い続けて

朽ちれる人生が欲しい。







私は名前も変えて生きてきた。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】



嘗て
この記事を書いた頃


私のもとには
いくつかの
メッセージが届いた事が在った。



「自分も名前を変えたい」
と言うような内容。



「どうしたら良いのか」
尋ねられたり



その人が
なぜ名前を変えたいのかを

わざわざ
私に
訴えるように打ち明けてきたりだった。





やり方を尋ねる人には

本当にそうしたいのならば
自分で調べる事を勧めた。




名前を変えたい理由を
言ってきたある人は


きっと
誰かに
話を聞いて貰いたかったのだろうけれど



その人の話す内容は
私には理解出来なくて

名の変更を勧めなかった。

反対の意見だけは伝えた。




その人なりに
辛い事が在った上での
想いなのは
わかるけれど


話を伺えば


その人は
SNSで
堂々と本名を晒して
存在する事も出来るし

同窓会にだって
行けたりしてる。



自分の
本名を晒せる人や

過去の自分から
逃げなくて良い人に

名の変更は必要ないと
感じたからだ。



ありのままで在れるのに
変わる必要なんて
無く思えたからだ。





今朝ふと考えた。


新しい私は
いくつなんだろう。


今の名になってからの私は
いくつになったのだろう。



指折り数えたら
7歳になるんだなって思った。

小学校1年生くらいだね。



まだまだ
これから
学ばなければならない歳だね。




週末の仕事で

首も肩も腕も
腫れて
凝って
痛くて

振り返る事も難儀な今日。


肉体は7歳ではやはり無い(笑)



1週間後には
新しい仕事も始めるから


今週は
その準備で大忙し。



次のステージも
ひとつ頂けたし


気持ちだけは
落っこちないように



頑張って居る。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。