❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体中に痛みを知り選ぶんだ。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日は

通院後
大量のうつわの梱包に追われた。


ひとりで
バタバタと作業を進めていた中


ギタリストさんから連絡があり
月下陽香の
次のライブが決まった。



6月の28日(日の夜

大阪我孫子のお店に出演する。



2年前に一度
出演した事の在るお店。



その時は
とても辛い想いをした。


私は
とても大きな疎外感を感じて居た。


会いに来て下さった方々のおかげで
なんとか越えられた夜だった。



あの日
疎外感に潰されて居た私を
リベンジしなきゃ。



顎の痛みと
息苦しさが
常に付き纏う練習に


目標が無い事に

もう
耐えられないと
感じてしまって居たから


目指す場所が出来た事は
本当に嬉しくて有難い。


ライブ詳細は
近々お知らせ致します。





昨夜
全ての作業が終わったのは
夜9時過ぎだった。


大切な方のライブが在ったけれど
昨日は
どうしても
お伺いする時間を作り出せなかった。


どうか
楽しんで過ごして居られる事を祈った。



観に行きたい
聴きに行きたいと思う人は

私には余り多くは居ない。


今の私には
そういう人たちは少ない。



だからこそ
お伺いしたいと思う気持ちは強い。



私が
出掛けて
人と会おうとすれば


体も
心も
仕事も
環境も

整えられなければ叶わない。


昨日は
心はとても行きたがったけれど


仕事を
選ばなければならない状況に追われてた。



追われて終えた梱包。



今日は
朝からそれを積み込んで居る。


ひとつの破損も無く無事に届けたい。


頑張って居た時に
荷物が届いた。



京都にお住いの
美しい歌声の
歌姫さまからの贈り物。



とてもとても
可愛らしいお弁当箱。


大好きな桃色を地に
和の花柄。


ど真ん中に
きゅんとくるような
可愛らしさ。



来月から
お世話になる職場に
連れてゆけそう。


ありがとうございます。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「命が消えた日から。」(2015.5.20)】

【「死にたい想いを繰り返した頃から。」(2015.5.22)】

【「傷付けたのか。傷付けたのか。」(2015.5.23)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居ますが

間もなく
書き戻れるよう

重ねて居るその準備も
随分と整って参りました。



待って居て下さるみなさま
もう少しだけお待ち下さい。

いつもありがとうございます。


16日のライブは
しばらくしたら
YouTubeにもアップしますから
お待ち下さいね。





先日

16日のライブでお世話になったお店で
ギタリストさんと
友人のお誕生日を祝った事を
記事に書いた。

【「死にたい想いを繰り返した頃から。」(2015.5.22)】



彼女と知り合ったのは
もう20年程前だ。


でも

「友達」だと言えるようになったのは
とてもとても最近。

つい最近の事。



「家族」とか
「友達」とか
「恋人」とか


自分の中で

人は
皆それぞれに

関わる人達を
振り分けていると思うけれど。



これまで

彼女が
自分の中の
どの部屋に振り分けられる存在なのか
わからなかった。


でも
最近
「友達」なんだなって
気が付いた。


「友達」に
なれたんだなって。



もう
20年程前。


私は
大阪では無い土地で
ハードロックバンドのボーカルをしていた。


黒尽くめの衣装で叫んでた
若かりし頃。


その時に
「ファンです」って言って下さったのが
彼女だった。


とっても小柄な
可愛らしい女性でね。


ファンだなんて言って頂けた事は
とても嬉しかった。



当時は
まだ
携帯なんて持ってる人は少なくて。


メールもホームページもなくてね。


ライブ会場では
よくアンケート用紙を配って居て。


ライブのお知らせは
そこに住所を書いてくれた人達に
郵送とかしてた時代。



彼女は
そのアンケート用紙の裏側に
いつも
メッセージを書いてくださっていてね 


勿論
住所も書いて下さって居たから
ライブのお知らせ葉書を送ったりして。


よくね
親友の女の子と
ライブにも来て下さいました。



編み物の講師でもおられる彼女は
たくさんの
手編みの贈り物も下さいました。


手編みのマフラーとか
女の子に頂いたのは
初めてでした。


今でも全部置いて居ます。




そうやって関わって頂いて居たのに
関係はそこまで。


ライブ会場以外で
お会いする事も無かった。


年賀状のやりとりがメイン位の
関わり方。




その内に
時代は流れて
メールなんかもするようになったけど
それも
決して頻繁ではなかった。


深入りしようとは
思わなかったのかも知れない。


してはいけないように
思って居たのかも知れない。



私は
自分の偏在を思い知って居たし。


ファンだって言ってくれる人と
深く関わると


この偏在が
ばれちゃうのも
怖かったのかも知れない。




当時はまだ

摂食障害者で在り

自傷癖者である事を

誰にも
明かしては居なかったから。



でも
私は
その土地を離れて
大阪に逃げて来る時に

彼女に
その事を報告した。



本当に
逃げて来たからね

10数人の人にしか
伝えては居なかった。



それまでの私を
捨てて逃げたから


言えなかった。




その僅かな人達の中に
彼女は入って居た。

言わなきゃと思った。


だけど
その後も
特別深く関わる事も無く。



だけど。

いつかこうなる事を
神様は知って居たのかな…



この3年程だ。
急接近をする事となった。



人生の中のタイミングが
重なり始めたのかも知れない。


私は


自分が

摂食障害者で在り

自傷癖者で在る事も

カミングアウトして
存在をして居て


それでも
変わらずに
繋がりを守ってくれる彼女が居て。



今でも
ライブの客席には
彼女が居てくれて。





話す機会が増えた。


彼女は
年下の私が
タメ口で話しても

言いたい事を言っても

嫌な顔ひとつしない。



気の小さい
引っ込み思案な一面も在りながら
姉御肌で
一生懸命
私に与えてくれる。



昨年
愛おしい命を看取り
ボロボロになった私を

外に連れ出したのは彼女だった。


看取るまでの
悲しみに満ちた日々に


毎日のように祈り
お金まで送ってくれて
助けてくれて


その後喪失感に
身動きの取れなくなった私を
お祭りのライブに
連れ出してくれた。



その時
初めて一緒に出掛けた。


初めて一緒に遊びに出掛けた。


知り合ったのは
もう20年程前なのに。


ギタリストさんも交えて
一緒に遊んだ。



20年も掛けて
実に面倒くさく
じわじわと
近付いていったように思う。



それが
私達らしかったのかとも思う。


私達は
お互いに
お互いの事を

「友達」だと

表現するようになった。

そう言えるようになれた。





「友達」って何?

そう聞かれるとわからないや。

「親友」って何?
やっぱりわかんないや。

よくわからない。



昨年
私にとっては
最も苦しかった時に


私は


それまで
たったひとりの親友だと思って居た人との
関わりを失った。



その時思った。


「親友」だと思って居たけれど
改めて考えてみれば
今の互いの
一番の痛みも喜びも
細かい環境も

私達は
何も知り合って居なかった。


現在の相手の事を
誰よりも知らないのは
互いかも知れない事に

気が付いた。



現在の相手の事を
理解出来ないままに


理解していると言う思い込みや

理解してくれると思い込んだ
甘えだけが

大きく育って居た事を
改めて理解した。



何でも言えたはずの親友に
いつの間にか
私は
いつも言いたい事を言えなくなり
我慢していた事にも気付いた。




過去を振り返れば
親友と過ごした年月は
輝いて居る。


親友と過ごせた20代は
彼女が居てくれなかったら
もっと寂しかっただろう。



共に過ごしてくれた事に
心底感謝してる。


素晴らしい思い出を
くれた事にも
感謝してる。



だけど。

それは
現在とイコールではない事を

私の心は
やっと理解出来た気がした。



今年の親友の誕生日には
贈り物を送った。

これが最後かも知れないなと
思いながら送った。





何が「友達」かなんて
やっぱりよくはわからない。


でも
20年を越えた後に
「友達」って言い合える関係は

悪くないなって
とっても思う。





関わりは変化してゆく。


それは
きっと
自分も変化してるからだと思う。


環境や考え方

色々な
その都度の
条件や選択で


自分も
関わる人も変化してく。



失う事を恐れなくても良いと
やっと最近は考える。




私自身が
そもそもは
とても面倒くさい性格なのだ。



心には

いつも

怯えが在り
不安が在り


確かめながら
やっと少しづつ
生きて居る訳だ。



大胆に振る舞える
度量も無ければ

注目を
与え続けるオーラも無い。



その程度の中で
目一杯足掻いて在るだけ。



ただ不器用に
正直に在ろうと
ジタバタしてるだけ。


そんなもん。


所詮は
“そんなもん”の偏在者だ。





それでも。

私はイカレタ奴やけどね


大切に想う人たちが誰か位は

きっと
わかるようになれてきたと思ってる。



私は私で
関わって貰える人たちを
選ぶ事は
正しいと
思えるようになれてきたかなと
少しだけ思う。



そして

自分が
いつ捨てられるかも知れない事も

忘れてはいけないし


その覚悟も要れば


そうならぬように
繋がりを大切にする事を
適当にしてはいけないのだとも思う。




さぁ。納品だ。

もうすぐ出発。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。