❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

付き纏う痛みに耐えられるように。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





また


月下陽香には
目指せる所の無い生活が
戻って来た。



やっと
1年振りに立てたステージは
先週の土曜日。



その16日の夜を
目指して生きたこの数ヶ月は

この胸に
希望を感じて向かって在れた。



でも…。


そこを過ぎれば
また
ぽっかりと穴が空いた。



もうひとつだけ


何とかして
次を得たいと

願う気持ちは
失くしては居ないけれど


何を起こして
それを決めれば良いだろうか
その標が思い付かない。



今の自分の
身体
メンタル
環境


この現状を抱えたままで

どこまで背負い動けるだろうか。



一番良いのは
自分で立ち上げる事だろう。


でも
そうする為には
物凄く大きなエネルギーが要る。


心にも
体にも
大きな負担に
耐えられるチカラが要る。



今の月下陽香には
それは余りにも厳しい。


でも
何かひとつ見付けないと。


急激な不安定に
突き落とされてしまう。



先日のステージで
沢山の幸せを頂いて来たのに

パワーを頂いて来たのに


まだまだ
リアルに感じて在れて居るのに


今朝は
胸の真ん中が
締め付けられるような不安と共に
過呼吸になった。



また
見失って苦しむ毎日に
連れてゆかれないように
なにか探さなきゃ。


いつもいつも
付き纏う
顎の痛みや
息苦しさを


ただただ
我慢しながらの発声で


目標も無く
練習を続ける事は

辛過ぎて
もう耐えられないから。


早く探したい。



今年は
たった1回しか
ステージに立てないなんて
苦しくて嫌だから。
ね。



付き纏う痛みに耐えられるのは

目指す希望だけだと思うから。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「切り裂かれた月日を。」(2015.5.15)】

【「痛む悲しみに上書きを。」(2015.5.16)】

【「深い痛みの向こう側へ。」(2015.5.17)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居るが

間もなく書き戻れるよう
準備を整えて居ます。


待って居て下さるみなさま
いつもありがとうございます。





今日も
まささんが写して下さった写真と
共に記事を書きます。



16日のライブの前に

私には
ひとつ
闘いが在った。



私は
創作陶芸を仕事にして居るけれど

一時期のように
それ1本で安定した収入を得る事は
環境的にも
体力的にも難しくなって


基本的には
何かしらのバイトと
掛け持ちをしている。



一昨年に
ひとつ資格を取得してから
それに関する仕事をしていたものの

体を故障して退職。


その後は看護と介護をし
命を看取り
持病の治療に数ヶ月が過ぎゆき。



再び
資格を活かせる仕事がしたくて
探して居たが


掛け持ちをしながら
自宅から通える職場は
なかなか見付からず。


昨年秋からは
資格とは関係ない
自宅近くの会社でお世話になって居た。



丁度
この5月は
本職がとても忙しくなった事や

1年振りのライブも在った事

やはり
やりたい仕事を探したい想いから
それも4月で退職。



自宅から
2駅先の会社の求人を見付けて

応募し
二次選考を通過して

先日のライブの前に
試験と面接を受けた。



大きな会社だから

もう若くはないし
経験も浅い私には
難しいだろうなと思いながら

それでも

仕事を辞めてからも
ずっと勉強は続けて居たし

体力作りも通院も
さぼらずに頑張って来たから


どうか
積み上げてきた努力に
見合った答えが貰えるように


強く願い
祈りながら臨んだ。



ライブを終えて
翌々日の昨日。


答えを得られた。



6月1日に入社決定。

僅か数人の求人の
ひとりに採用して頂けた。
有難い。

とっても。


やりたい仕事がまた出来る。



嘘みたいなラッキーに感じたけど
人事の方に
白衣とナースシューズの
サイズを聞かれた時に

何だか実感に変わった。

嬉しいととても思った。



本業の忙しさが落ち着くと同時に
バイトもまた始められる。
タイミングも素晴らしい。
収入も維持してゆける。


もう
本当に
有難い嬉しい事だ。



ちゃんと振る舞える私で居られるように
練習と訓練だね。





毎日毎日繰り返し。


人前に居られる自分の練習。


顔を上げるとか
目を見るとか
笑うとか
声を出すとか


そんな簡単だろう事も
私には簡単では無い。

だから毎日練習。


会話も上手に出来ないし
直ぐに萎縮しちゃうしね。


毎日練習してても
失敗ばっかりだしね。





新しくお世話になる職場では

私は
月下陽香で在る事は話さない。

誰にも言わない。



「人並み」って服を
目一杯心に重ね着して

偏在が
チラリとも見えないように

物凄く気を付けながら

存在する事を選ぶつもりだ。



そうでなければ
在れない場所も在る。

しんどいけれど
それで良いと思う。


月下陽香で在る私も

それを隠して存在する私も


両方ともに私だ。

自分で選んだ私。



「デタラメ」やら
「嘘吐き」やら

会った事も無い人ほど

自分の顔も名も
晒しもせずに

一方的に
吐き付けてゆく事も在るけれど


そういう事を言える人は

自分で選んだ自分で在れずに
痛んで在るのかも知れないね。







16日のライブ写真。

本当に沢山写して頂きました。


いつもいつも
まささんは
沢山の写真を
月下陽香に残して下さいますが


彼が写して下さる写真を見ると
自分を知れる時があります。



彼の写真は
嘘をつかないと
とても思います。


いつも写して下さる
ライブ写真だけでは無くて

彼の写す
花や景色もそうだけれど。


嘘をつかないんだなと
とても思うのです。



写して頂いた写真を見ると

しわが増えたとか
肉が垂れてきたとか

嘘をついて欲しいと思うような
現実にも気付くけど。。



1年前の
とても辛かったステージでは



辛い顔いっぱいしてた。


歌詞によって
演じての
辛い悲しい表情ではなくて


本当に悲しい顔してた。


笑顔も必死で作ってる顔。



けど
今回は違った。


緊張は凄いしてる顔だけど。


歌詞によって
辛い顔もするけれど。



アンコールの最後の
私の顔は

しっかり笑ってると思う。


汗だくだし
美しい微笑みでもなくて
おばちゃんの素の笑いやけど


本気で
嬉しい顔してるなって思う。



会いに来て下さった方々や

お誘い下さった方々や
お店の方々


ご一緒下さった皆さまのおかげで

1年振りのステージで

私は
笑ってたんだなって

とっても思う。


ありがとう。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡