❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年5月12日(土)
★tetsu企画・番外編
東梅田【Live Bar B-flat】

18:00オープン / 18:30スタート ・ おひとり様¥1,500+1ドリンク
月待陽は20:10頃~出演します。
21:00~は
プラス1000円でドリンク・フードが付いたうち上げもあるそうです。

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



深い痛みの向こう側へ。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





約1年振りでした。


やっと立てたステージでした。


昨夜2015年5月16日。



月下陽香は

やっと
ステージの上に立てました。



想いは様々に溢れ
悔しさも数多く知り


今日は
使い果たした抜殻のようです。




噛みしめて居るのは
昨夜頂いた
皆さまの優しさ。



味のなくならないガムのように
ずっと噛み続けて在れたならと
考えたりしています。




1年前の月下陽香のステージは

私にとって
余りにも深い悲しみが
焼き付いてしまったものでした。



自分で選んで立ったステージは

見合う言葉を
探せないと思うような痛みが
犇めいて居ました。



そのステージを
見守って下さっていた
ほとんどの方々が


昨夜も
月下陽香を
見守って下さって居ました。



心から
ただただ
感謝が溢れます。


ありがとうございました。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「切り裂かれた月日を。」(2015.5.15)】

【「痛む悲しみに上書きを。」(2015.5.16)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きを書く作業からは
離れて過ごして居るが

間もなく書き戻れるよう
準備を整えて居ます。


待って居て下さるみなさま
いつもありがとうございます。






1年振りのライブも

まささんが
沢山の写真に残して下さいました。

【まささんのブログ・風を感じて】



今日の記事内のライブ写真は
全てまささんの撮影です。


まだまだ沢山頂いて居ます。

少しづつ
紹介してゆきますね。


まささん
ありがとうございます。






1年間。

離れたステージ。


距離を置いた音楽環境。



戻りたいのに戻れない。

歌いたいのに歌えない

体と心。


ステージに立ちたいのに
立てない精神。



焦りと戸惑いは
いつも
この胸で競り合っては
砕け散るような痛みを
抱きしめて居ました。




1年振りに決めたステージは
HATTREATさんのブッキングイベント。


1年前のライブの時も
ご一緒だったHATTREATさんと
1年振りのライブも
ご一緒頂ける機会を頂けました。


有難い事です。


HATTREATさんとご一緒だから
月下陽香は
このステージを決めたように思えます。






昨夜のライブは
主催のHATTREATさんと
もう一組
おRIKOHさんと言うデュオのミュージシャンの方が
出演予定でしたが
体調を崩してしまわれたそうで
急遽D51さんの出演となりました。



トップはD51さん。






そして
トリはHATTREATさん。


月下陽香&井上タイキは
その素晴らしいステージに挟まれた
2番目に出演させて頂きました。








1年振りのステージは

怖かったです。


とてもとても怖かった。



気合は目一杯入れて居たし
やる気もがっつり抱きしめて居たし

嬉しさや喜びも
胸一杯に
ぱんぱんに感じて居たんだけどね。



怖くてたまらなかったんです。



リハーサルから
声が出ていない事も
すごく感じて

不安は
むくむくと吹き出してゆくし


果たして
私は
ステージに上がっても良いのか


いつもの萎縮までが
顔を出しかけては
叩き潰して居ました。



こんな緊張は
もう
長い間感じた事が無いと思うような
変な感覚の緊張も

身体中を包みました。



それでも


開店の前から駆け付けて下さる
久し振りの方々のお顔を見ると

たまらなく嬉しくなりました。




1年前の私にとって


壊れそうだった
壊れてしまった

ステージを知る方々が


そこから
1年を経ても

う一度立ちたいと願った

月下陽香に
会いにお越し下さった。


こんなに嬉しい事はありませんでした。



私の事
忘れないで居てくれたんだって


もう
本当に嬉しかったです。



和歌山や
京都や
兵庫や堺


遠方から
駆け付けて下さった方々も居られました。



貴重なお時間を使い

月下陽香は
1年もステージから離れて居たのに


忘れないで
会いに来て下さいました。




「待ってたよ」
「1年に1回じゃ寂しいよ」

そんなお声を下さいました。


「歌っててよ」
「ゆっくりでいいからがんばってよ」

そんなお声を沢山頂きました。



1年前のライブを
ご覧くださって居た
HATTREATさんのお客さまも 


「1年振りやね」って
「おかえり」って
お声を掛けて下さいました。





月下陽香は

摂食障害者で在り
自傷癖者で在る事を

ステージでも話します。



そうする事を
決めて始めたのは自分なのに


それを
大きく後悔する事も多いです。



胸を張って
それをしたかったはずなのに

実際は
そうはいかない事も

思い知らされる事も在ります。



誰かを不愉快にしては居ないか

いつも
どこかではビクビクしながら


なぜ
そんな思いまでして
それをするのか


わからなくなる時も在ります。




それでも
昨夜も
それを選びながら


とてもとても嬉しかったのは


そんな私でも
居ても良い場所が

立たせて頂けるステージが
在るんだって

心が感じた事でした。





1年振りのステージでは

自分の体が
まだまだ
ステージをこなせてはいない事も

大きく確信出来ました。


悪化してる呼吸器疾患も
まだ
それに見合う発声を
私の体は得られてはいないから

自分の楽曲なのに

歌いこなせても居ない。



毎日歩いて
一生懸命増やしてきた体力も

まだまだ足りて居ないから

足元がふらついて
踏ん張りがきかない。



スタミナが無いから
昨年秋から
頑張って2キロ程増やして
維持して居たはずの体重も


緊張が高まると

せっかく増やした分が
サクサクと
この1週間弱で落ちてゆき


たったそれだけでも
急に落ちれば
パワーは酷く減少する。



先週の練習の方が歌えてたやん・・・

みたいなね。


悔しい現実も思い知りました。



だけど。
だからね。

思えたよ。



私は

もう一度
ステージに立ちたいです。



まだ何も決めて居ない。


決めるとしても
きっと
やっと
ひとつずつとかが


これからの私の
出来る範囲なのかも知れない。


だけど

願う「もう一度」が

今日の私の胸には在ります。






ステージの上から

いつも
誰かの涙を見ます。



月下陽香のステージの間

客席を見渡せば
涙を拭う女性の姿が

いつもどこかしらに伺えます。


昨日もそんな姿を見付けました。




何かが通じ合えたり
感じ会えたりしながら

きっとその時


私は
その方々と共に
ステージの上に
立って居るように感じます。



月下陽香&井上タイキのステージは


彼女たちの涙は勿論

ツッコミの声や
笑い声


見守って
共に楽しんで下さる皆さまが

作り上げて下さって居ます。
ありがとうございます。





昨夜のライブに頂いたアンコールで

私は
もう数年歌っていない楽曲を
歌いました。



もし
アンコールが頂けるならば

これを歌いたいと
思って居ました。


とても強く
歌いたいと思った

この楽曲は


今まで
一番嫌いな楽曲でもありました。



このステージが決まってから
突然歌いたくなりました。


今の私には
必要に思えました。

大好きだと感じました。



それを歌う前に
少し話しました。



摂食障害と自傷癖から

やっと
離れて生き始めた私が

最近

やっと
わかって来た事。




ありのままの自分を
受け入れてくれる
場所を
人を

ひとつで良いから

持った方が良いと。


言いました。



私は
やっとそれを知れたから

自傷行為が
要らなくなって来たように
感じて居ます。





摂食障害と自傷を発症したのは

まだ
小学校低学年の子供だった私。


ひとりで抱えた20年間と
行ったり来たりの10年間。



その過程を
ここに綴り始めたのは
2013年の七夕でした。





過程を書き綴る作業は
ここしばらく休止しておりましたが

また書いてゆこうと思います。


私なりの答えでは在りますが

人には
何よりも
きっと愛が必要だと

言葉に出来るように
なり始めた気がしているので


また近々書き始めてゆきます。






昨夜ご一緒下さったみなさま・・・


ご来店下さったお客さま
出演者さま
お誘い下さったユタカさん 

ライブスペースの「音」さま


本当にありがとうございました。





昨年のライブでは
お留守番だったぽんちゃんも
昨日は連れてゆきました。


小さなお骨になりましたが

今年は一緒に立てました。



優しい贈り物も沢山

本当にありがとうございました。










★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。