❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インナーチャイルドを殺さぬよう。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨夜も何度も目が覚めた。


眠りに落ちてから

朝まで
一気に眠れた事は


もう何か月も無い。



それでも
眠れない苦痛は
一時期よりはマシに思う。



思考を巡らせない事を
コントロールする
練習だと

思うようになってきた。




バイトが終わった事も大きいね。


本当にハードな仕事だったから

睡眠不足での出勤は
物凄く大変で


夜な夜な目覚める度に

翌日のバイトを
こなせなくならないかと
追い詰められる気持ちは
無くなったからね。



でも
それもほんの一時期の事。


本業の詰め込みが落ち着けば
また新しくバイトもするんだし


上手く眠れるようになれたら
有難いんだけどな。




数日
晴天続きの大阪。


朝起きて
天気が良いだけで
気持ちがふっと救われる。


雨降りは苦手。



目が覚めたら

寝室のカーテンを開けて

寝室を出て
まず向かうのは作業部屋。



電動ろくろが置かれた
東向きの窓際。


射し込む朝日の眩しさを確認して

リビングへ向かい

観葉植物をベランダに出す。



1日の始まりが
そのリズムで
動きだせるだけで


気持ちは少しだけ軽く居られる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷癖も摂食障害も仮面で誤魔化しながら。」(2015.4.21)】

【「そこには必ず悲しみが在ったんだ。」(2015.4.23)】

【「自傷癖が自分に嘘を付けたなら。」(2015.4.24)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降


過程の続きからは
また離れて過ごして居る。


私に残された時間は
もうあまり長くはない。

悔しいけれどそれは現実だ。


だから
間もなく書き戻れるよう
準備を始めて居る。



再び書き始めたなら

きっともう
そんなに長い月日を掛けずに
記事は現在と手を繋ぐだろう。


もうすぐ
あと少しで
残りの書き綴り始めるから

もう少し待って居てね。


いつもご訪問下さる方々には
本当に感謝しております。
ありがとうございます。









先日

京都まで
ライブ観戦に行けた事は
ここに書いた。

【「そこには必ず悲しみが在ったんだ。」(2015.4.23)】



頑張っても頑張っても
電車と徒歩での外出は
片道で1時間ほどまでが
私には限界だったのだけれど


それよりも少し遠くまで

自分の足で
ひとりで行けた事は

大きな喜びだった。



そこを目指して
毎日毎日
ただただ地味に
食い縛って続けて来た事が

報われたように思えて
嬉しかった。



日々は
報われない事の方が大きいから。



行きたい場所に行けて

見たい景色を見れて

聴きたい歌を聴けて
会いたい人に会えた1日は


この胸に
小さな自信も与えてくれた。





この日。

私は
出掛ける前に
チョコレートを食べた。


バレンタインと
その翌月に頂いた
アンパンマンのチョコレート。






頂いてからずっと
毎日見てた。



冷蔵庫の
自分の目線の棚に
飾るように入れて


毎日
冷蔵庫を開ける度に

見て
ほくほくしてた。




食べる物を頂いた時に

私には
直ぐに食べられなくて
置いておく

癖(?)が在る。



勿論
賞味期限内に
大切に味わって頂くのだけれど。


嬉しい物程
しばらくは
毎日眺めて過ごす事が多い。



下さった方を思い浮かべて
嬉しさを
何度も思い出して


毎日見てたりする。



アンパンマンたちもそう。


毎日見ては
嬉しさを再生してた。


それを
思いきって食べて出掛けた。



アンパンマンたちは

私の
体にも心にも
チカラをくれた。


おかげで
私は
ご機嫌に小さな旅を楽しめた。




我が家の冷蔵庫には
そんな食材が
いつも置かれている。


チョコレートや
キャンディやビール。



私にとって

冷蔵庫は宝箱だ。


宝物貯蔵庫なんだよね。


大好きな方々に頂いた物が
飾られて在る。


頂いた飴の最後の1個とかも
期限ぎりぎりまで
眺めてたりする。





ここ数日

私を悩ませているお菓子はこれ。


ホワイトデーに
ギタリストさんに頂いたお菓子。


これはクッキーだから
冷蔵庫には入れてないけれど


毎日毎日開けて
中を見ては喜んで
蓋をして飾ってた。


かわいいなぁ・・
うれしいなぁ・・って。


無くなっちゃうのが寂しく思えて
毎日毎日楽しんでた。



でも
賞味期限が近付いてきちゃった。


美味しく頂ける内に
ちゃんと食べて

体の一部に
してあげなきゃね。

どれから食べようかな…





私の

この
置いておく癖を

知ってるギタリストさんは
よく言う。



「また買ってあげるから
  景気よく食べちゃいなさい」

 「飲んじゃいなさい」って。


でも

何か頂く度に
しばらく毎日見て過ごす事が多い。




だから
かつて
こんな風にされた事が在る(笑) 


消されてる賞味期限。。



今日から
ひとつずつ

ホワイトデーのお菓子を頂こう。






私の中には


もう十分に大人の私も居るけれど


確実に
幼いちびっこの私も存在している。


この
置いておく癖は



大人の私よりも
ちびっこの私の仕業なんだろうなと
思って居る。




ちびっこの私は

愛されたかったんだと思う。



母の
父の
ご機嫌を伺い

びくびくしながら


親の望む娘になろうと

我慢して在り続けた私は


無条件で
愛されてみたかったんだと思う。



我が儘を言っても

欲しい物を望んでも
嫌な事は拒絶しても


愛されて
抱き締められる経験を

してみたかったんだと思う。



でも

それらは叶わなかった。



だから

私の中には

ちびっこの私が
成長を拒否して
生き続ける事になったのだと思う。




しばらくの間

過程の続きの記事を
書く作業からは離れて在るが


その離れて居る間にも


私は
それまで以上に

自分の中の
インナーチャイルドを感じ


その
ちびっこの私と

仲良く暮らしてゆくやり方を

模索している。




満ちる事の無かった

私の中のインナーチャイルドは


いつか
成長を遂げて
消えてしまうのかも知れないし


このまま
死ぬまで
共存するのかも知れない。





少し前までの私は


自分のインナーチャイルドを

否定して居た。

良くない事だと思って居た。


恥ずかしい
情けない事だと思って居た。


酷く劣る現象だと
捉え責めて居た。




最近はそうは考えない。


子供の自分の声は
大人の自分で
聞いてやらなきゃいけないと
思って居る。



大人の私が
ちびっこの私を
満たしてあげなければ


ちびっこの私は

満ちる事を知らぬまま
不足を抱きしめて

死んでゆく。



それじゃ

私は
ずっと
幸せにはなれないんだろうと思う。





大人の私は

最近


私の中の
インナーチャイルドと


手を繋いで歩く事を
意識して居る。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。