❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏っても壊れても偏在でも。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



骨壺の前には
欠かす事無く

花が在る。



先日
買い足した撫子が可愛い。


撫子を買ったのは初めて。



昨年の6月22日に
愛おしい命を看取って以来
切り花を欠かした事は
1日も無い。



これはきっと

再び
家族を迎えるまで


日々の儀式のように
続けられるのだろう。




私の本音は


やはり
寂しさに耐えられない。


毎日は

どこか

大きな穴が空いたまま。




楽にはなった。


ベッドで横たわれる生活も
7年振りに戻って来た。


今日死ぬかもしれない
私が殺すかもしれない
危機感も

日常から消えた。




体には
前よりも
制限が増えてゆくけれど


環境的に

私を縛り付けるものは
減った。



どこかに出掛けても


1分1秒を気にして
走って帰宅する必要も
無くなった。




そうだ。


楽になった。



楽になったのに。



悲しくて苦しくて
寂しい

まんまなんだ。



まるで

紙のように軽くなった
体を抱きしめて
看取った記憶は


まだ余りにもリアルで


どこにも行き場が無い。




だけど

まだ
新たに迎えてはならない。


そう思って居る。



体にも
環境にも
仕事にも
月下陽香にも



まず


先に
終わらせなければならない事が

在る。


片付けなければならない
出来事が
まだ多く在る。





2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「上手く生きれない自責の思考。」(2015.4.15)】

【「いつも馴染めない私は偏在だから。」(2015.4.17)】

【「気付いて貰えぬ悲しさを知ってる。」(2015.4.18)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きからは
また離れて過ごして居る。


私に残された時間は
もうあまり長くはない。

悔しいけれど
それは現実だ。


だから
間もなく書き戻れるよう
準備を始めて居る。



再び書き始めたなら
きっともう
そんなに長い月日を掛けずに
記事は

現在と手を繋ぐだろう。


その絵面は
かなり頭には描けるようになった。


私には
見付けて
言葉にしなければならない
答えが在るから


更に今
とても慎重に準備をして居る。







今日の大阪は静かな雨。


今日は
バイトは無かったが


器の発送や
作陶作業が立て込んで居た。



作業部屋の窓の外には
降り続く雨の向こうに
白い “ はなみずき ”。



お昼には
一度作業の手を止めて


うつわの発送に出掛け


帰りは遠回りをして
歩く時間を作った。

そして
帰宅後は作業と家事。




体調にもよるけれど
歩ける距離は
少し増えたように思う。


車の免許も持ってないんだし
歩けるようにならなきゃ


人頼りでしか
動けない人になる。


自分の足で
生きたい場所に行ける

体に

今よりもなりたい。







環境を
ひとつずつ整理したり


新しく始める事を
決めて準備したり


精神的に
大きな痛手である出来事を
ひとつずつ
分析や
理解を
してゆけるように向き合ったり




毎日は


とても地味な


自分以外の人には
見えないし
理解もされないだろう


努力を

コツコツ重ねて居るだけ。






不意に
思いきり落ちる。


気持ちは

どーんと落っこちる。





特に

それは
決して


何気なく
悪気なく
吐かれたものでは無く


明らかに

何かしらの
悪意が含み
突き付けられたと


深く考えるまでも無く 


頭では無くて
心で


明らかに
感じて受け取ったものは


私の精神を
突き落とす。



何度も思い出しては

やはり
どう考えても
それは
気のせいでは無くて


私に

刺した棘だと

確信をして



悲しみと共に
怒りさえも
感じてもしまう。


そして
そんな自分にも疲れる。






日常の中で


私が


状況や想いを
正直に話せる人は
恐らくはふたり居る。



決して
全てでは無いけれど


そのふたりには

本音の
愚痴や不満も
そこそこ言えてしまう。



勿論
言葉を選ぶ時も在るし

言い方を
考える事も在るけれど



そのふたりには

きっと私は

誰に言われたこの言葉が嫌だとか

誰にされたこの行動に傷付いたとか

きっと言えてしまう。



誰の何が矛盾してるとか
勝手だとか

そんな話も出来てしまう。



何が辛いとか
嫌だとか


こうしたいとか


全部では無いけれど言える。


何がしたいとか
何が欲しいとか

言える。






摂食障害も
自傷癖も


月下陽香で在る事も


隠して
一労働者として
バイト先で存在する時など


私はとても無口だ。


それはそれはおとなしい。


必要以上な意見を発しない。




出来るだけ目立たずに
静かに
確実に存在し
働いて賃金を得る。



それで良い。


だから

冷静で
静かでおとなしい人を
着て
存在してる。



だけど

そのふたりの前では


私は
かなりの
お喋りな女なんだと思う。




自分の中の
インナーチャイルド

ちびっこの私も


そのふたりの前では
現れる。


隠さないで居られる。




いつも
ぬいぐるみを連れて居たって

遊園地で駆け出したって

軽蔑されない。



シールを貼りたがっても
馬鹿にしない。


基本的に


とても
孤独に怯える年月の
長かった私には




その
ふたつの居場所が在る事は


何よりも大きく
日々感謝して在る事だ。




そのひとりに
言って貰った事が在る。



もう
我慢は
ほどほどで良いと。




例えば


自分がやりたい事の為に
必要な
何かもするに当たり


しなければいけない我慢なら

頑張って
して
向かう方が良い。




でも
そうでないのならば



辛いなら辞めれば良い

苦しいなら捨てれば良い


代わりなんて
他にも選べるのなら


そこに執着して
義務のように捉えて

我慢を注がなくて良い。





どんなに辛くても 
苦しくても
傷付いても

私の親は
私に
「我慢しなさい」と
植え付けた。


それも
私の人生を
大きく狂わせた
間違った教育の
ひとつだったと


偏在者となり果てた私は思う。








さて。


数週間前の事だ。


私は

在る出来事に
辛くて泣いた。


話した相手は言った。


「辞めてしまえばいいよ」って。


我慢する癖は
直してゆこうよって。


しなくても良い我慢に
気付いた方が
生きやすいよって。





そうだね。


自分の仕事の柱はこれでも在るんだし 

そうだよね。


これでも
毎日

決してさぼらずに
積み上げて生きてるんだし。



そうで良いよね。



そういう練習
重ねて生きたいね。





もうすぐまた月命日。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。