❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

上手く生きれない自責の思考。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



マンションの
共同スペースに在る

「はなみずき」。



ほんの何日か前までは

固く
つぐむように

小さな丸い蕾を

枝先に
じっと
持っては居るものの


一見は

まだ
何の彩りも無い木でしか
無かったのに



突然に

一斉に

花開き


純白や
薄紅の

華やかさが


敷地内の
あちこちの目に触れる。




季節が
春めいて
増し行く頃。



木々や花々は

突然に
花開く光景を
良く見掛ける。



本当に
突然に

パッと

その花は咲く。



昨日までの

地味な苦労を
忘れてしまう程の

艶やかな花を咲かせる。




その瞬間を
見てみたいと
とても思う。




その瞬間。

どんな音がするのだろう。



パチパチパチ…とか
シャカシャカシャカ…とか


囁きのような

小さな音が


炭酸の泡が
弾けるような音が


して居そうな気がとてもする。





2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷させる者を排除する事を覚えながら。」(2015.4.10)】

【「自傷の誘いに振り返らぬよう。」(2015.4.12)】

【「自傷行為との距離感。」(2015.4.13)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】






3月6日以降


過程の続きからは
また離れて過ごして居る。



私に残された時間は
もうあまり長くはない。


悔しいけれど
それは現実だ。



だから
間もなく書き戻れるよう
準備を始めて居る。



再び書き始めたなら

きっともう
そんなに長い月日を掛けずに


記事は

現在と手を繋ぐだろう。



その絵面は
かなり
頭には描けるようになった。



私には
見付けて
言葉にしなければならない

答えが在るから


更に今

とても慎重に準備をして居る。








4月も半分が過ぎる。


今年も
3ヶ月半が過ぎてしまう。



1ヶ月後には


約1年振りに

やっと
ひとつ

ステージに立てる。



だから

私は


やっと


あと
1ヶ月の間は


目指す場所を
胸に描きながら

生きる事が出来る。




でも
それもあと一月。


それが過ぎてしまえば

また
どこにも向かえぬ苦痛に

毎日は

落ちてしまうようで


もう既に怯えて居る。







体にも
心にも


もう頑張れないと


心底に
思い知って以来



私の生活は
あちこちに変化が在った。



SNSを辞めたり
ログインをしなくなったり


ブログのコメントを未設置にしたり


ネット環境に
触れる事を大きく減らした。



パソコンや
スマホの

画面から得る
情報や状況に


救われる事よりも


痛む事や
傷付く事


不安が増す事が
明らかに増えたと

痛感して


ネットに
依存はしたくなくて


自分が必要だと思う
最低限の範囲しか
使わなくなった。




メールも
それまで程しなくなった。



葉書や手紙で
対応出来るものは

あえて
それを選んだりした。



知り合いのブログにも

以前は
毎日
沢山訪問して居たけれど


今は
ほんの数人

2~3人以外は


毎日行く事も無くなった。



自分のブログから
コメントを未設置にして

人からの言葉を
貰わない選択をしたから


知り合いのブログにも
コメントをする事を
極力控えるようにもなった。




文字として届く声は


メールでも
コメントでも


時に
恐ろしい凶器である事を
思い知ってしまって

とても疲れてしまったら


文字にする事にも
恐怖を覚えた。



だから
キーボードで打つよりも
手でペンを持ち
書く一言を
選んだりするようになった。





私が
くたくたに疲れ果て
使い果たしてしまったと

感じた時。




私の思考は


あらゆる
記憶や
感覚や感情を呼び起こし


その根に在るものを探した。



考えて
分析し
考えて考えて



根本に在るのは
やはり

重ね過ぎた
「我慢」
で在ると思えた。



そして


いつも

まず
「自分を責めてしまう癖」。



これが
「我慢」と手を繋いでしまう


叩き込まれた

思考の経路。




悪いのは
自分では無くとも


まず
自分を責めて
我慢してしまう。



矛盾を飲み込めないままに
沸々と
疑問は沸点に向かう。



破裂した時の勢いは激しく


それに対して
再び起こる

自分を責める感情が

私を苦しめる。


自傷したくなる。






人が怖くなった。

人と関わる事に
とても苦しくもなった。



人は
私から
奪うばかりにも
思えたりした。



そうなると

益々
人との関わりが怖くもなった。



なぜだろう。



それは

私が
人に対して

常に我慢して居るからだ。



本当に
僅かな数人の


自分の意見を言える人との


時間は
苦痛では無いし
会える事が楽しみで
会いたいとも思えるのだ。


人全てが辛い訳では無い。





自分の中に
吹き出す本音は


相手に対し
良い物だけを
厳選して
言葉などにはしても



自分がされたくない事や
言われたくない事が

付き付けられても


優しいフリして
受け入れて
対応してる時


私の心は

ただただ
我慢を重ねて在るから



そういう人が相手になると
当たり前に疲れてしまうから


あえて
会おうとも思わない訳だ。




自分が

もっと
誰にでも

その都度
本音を言える人間になれたなら


人と関わる事は


今より
ずっと楽で楽しくなるのだろう。




でも
私には
そのやり方がまずわからない。



どうしても

思考の先端
一番
始めに在るのは


「我慢しなくてはいけない」と
考えてしまう

呪いだから。



そして
結局は
そこへと向かってしまう自分を

また責める。




この
植え付けられた思考を
変えてゆかなければ



私の中に

とても大きく存在する

疲れ果てた感情は


変わる事無く

繰り返し
ねられてゆくだろう。



繰り返し繰り返し

同じ針で
刺され続ける胸は


朽ちる事を選ぶのだろう。







少しずつ少しずつ
変化を得られるように


絶望に満ちた胸に
小さな希望を呼べるように



毎日は


地味な努力の積み重ね。




その中のひとつ

日々に
課せて在るのは



自宅での仕事の日でも
必ず
度は外に出る事。


外に出て歩く事。



寝込む程に
体調を崩して居ないのならば



心が
どんなに乗らなくとも


必ず外を歩く事。


雨でも
晴れでも

少しでも

必ず。




今日もそれは守った。


通院は徒歩で行った。



明日は
バイトも練習もあるから

それも徒歩で行けば良い。



少しずつ体力も付けたい。


行きたい場所に
もう少し行ける体になりたい。






また

顎から首が腫れて
輪郭が飛び出て見える。


ぼこっと飛び出て

顎が無い顔のように見える。



こうなると
人と会うのが
益々苦痛になる。


そんな姿を
見られたくないと思う。



それでも
バイトに出掛けて人と会うと

そういう時は

心まで萎縮する。



声も小さくなってしまったり
目線を反らしてしまったり


顔も重たくて
笑顔が無理矢理になったり。



明日の出勤には
少しでも
マシになってくれてたら有難いな…




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: